« October 2012 | Main | December 2012 »

レイトショーな夜

ちょっと、一人で映画を見てきました。
うちで、簡単な晩ごはんを食べてから。
近所に映画館があるんです。
ま、僕が好きなのは、あまり上映しないのですが。
うちを出て、15分もすれば、席に着くんです。

しかも、レイトショーは、1200円とお得。

娘も北海道に行っているので、
たまにはいいかな、と。

 「幸せの特等席」

なんともベタなタイトル。
アメリカン親父クリント・イーストウッド主演、
いかにも共和党好きそう。

斜に構えて見始めたのですが、
けっこう楽しむことができました。
野球の映画、好きなんです。

で、今、オリオン・ビールを飲んでいるところ。
たまにはいいかな、と。

娘よ、今頃、小樽だろ。

小林多喜二の出身地だぞ。
命がけで小説書いたエラい人だぞ。

わかってるか?


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ほんとヤバっ

憲法9条かえて、
国防軍つくって、
集団的自衛権を認めて、
アメリカがやられたら(やられたことにして)、
いっしょに戦争しちゃう。

原子力集金所もバンバン再稼働させる。

戦前、戦費を調達したのと同じワザで、
国債をバンバン発行し、
日銀に札をバンバン印刷させる。

通貨量を増やし、インフレにして、
物価もバンバン上げちゃう。

給料や年金は増えず、ただ物価が上がる……

狙うは、ハイパーインフレ。
一発逆転、国債を返すには、
もうこれしかないと思っているのでしょう。

そんなことを言う党首の党が、
支持率トップを走っているそうです。

ただでさえ、毎年3万人以上が自殺する日本。

次の選挙次第では、
多くの人が血を見るでしょう。
血を。

娘よ、北海道で、ジンギスカン食べてる場合じゃないぞ。

え、沖縄でいろいろ食べてきたくせにって?

ま、明日はいくら丼でも食ってこい。
土産なんか気にしなくてもいいから。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

後悔、少し

高校時代、
恋にバンドに麻雀に受験勉強、
完全燃焼したのですが、
一つだけ、後悔してることがあります。

それは、せっかく農業高校行ったのに、
農業の勉強をさっぱりしなかったこと。

もちろん、農作業はさんざんやらされたのですが、
結局、先生の目を盗んでサボる技術ばかり向上し、
頭の中に、何も残らなかったんです。

ああ、もったいない、もったいない。

僕と娘が食べるものは、
だいたい料理できるようになったんです。
この10年で、1万食以上つくりましたから。

次は食材を育てられるようになりたいんです。
一人ですべてを育てるのは無理ですから、
同志と別々のもを育て、物々交換して、
少しでもカネから逃れらればいいかな、と。

 You are what you eat. 
 あなたは、あなたが食べたもの

中に何が入っているかわからない工業製品を食べるのは、
自分をベルトコンベアに乗せるようなもの。

ああ、やだ、やだ。

娘よ、今、勉強しておかないと、後悔するぞ。

ほんとだって。

しかし、better late than never!

遅くなっても、やらなないよりまし、だぞ。

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

北極星

僕は、わりと、ひとの話は聞くんです。
ま、数年前は、聞かずに話すタイプでしたが。

誰の話も、よく聞くと、
なかなかいいことを言ってるな、
と、感心するんです。

だから、影響されやすいんです。
そう、ブレるんです。

CMなどにも、よく影響され、
もう、ブレる、ブレる。

そんなブレブレな僕であるがゆえに、
ブレない人を尊敬するんです。
旅人を導いてきた北極星のようにブレない人。

最近、ニュースでは、
ブレる政治家が大騒ぎ。

ああ、やだ、やだ。

結局、カネをもらってるから、ブレるんです。
たとえば、企業からカネをもらって、当選すれば。
どうしたって、企業のために尽くさざるをえません。

カネが目の前にちらつくと、
もう、ブレる、ブレる。

だから、企業からカネもらってない党に一票!

多少、カタよってても。

だから、娘よ、パパは、カタよってないって。

パパに言わせりゃ、まわりがカタよってんだって。

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

夕日

夕日を見にいってきました。
海へ。
もう5時前に日は沈むんです。
太陽が大きくなって、
ゆっくりと、水平線に沈んでいきました。

祖母と兄と。

正面には、灯台が見えました。
祖母は、兄に、灯台守のことを教えました。
あの灯台には夫婦が住んでいて、
灯りを点けたり、消したりしている、と。
それは大変な仕事だ、とも。

日が沈んでも、まだ明るいんです。
そして、しばらくすると、ブルーモーメント。
西の空が下から、オレンジ、白、青の三色になるんです。
空気が澄んだこの季節しか見えない空模様。

缶コーヒーを飲みながら、
灯台の点灯とブルーモーメントを待っていたら、
兄がトイレに行きたい、と。

残念ながら、ブルーモーメントは次回ということに。

え、娘よ、一緒に行きたかったのか?

ま、次は誘ってやるよ。


Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ビンテッジ本

小さな頃から、古本が好きなんです。
本屋の店頭で平積みされた新刊本より。

小学生の頃から、古本屋で、
友達の誰も読んでないような本を買っては、
ひとり、こっそり楽しんでいました。

たまに、そんな本のことを友達に話しても、
何の興味も持ってもらえず、
さみしい思いをしたものです。

ちょっと前に出た本が安く売られてるお得な古本より、
古本屋でなければ出会えない絶版本がいいんです。

旅に出ても、
もし古本屋を見つけたら、
必ず入ります。

その本が出版された時代や、
元の持ち主のを、
想像しながら読むんです。

線が引いてあったり、
日付や名前が書いてあったり、
余白に書き込みがあったりすると、
さらに想像が広がっていきます。
この手の古本は、痕跡本と言うんだとか。

最初の方は、痕跡があるのに、
次第に、痕跡が見られなくなるのは、
明らかに挫折本。
たいてい、難しい本。
もし、そんな本を手にしたら、
元の持ち主の果たせなかったミッションを、
引き継がなくてはなりません。
挫折した地点から、少しでも前に進むことで。

大学生の頃、カネが貯まると、
リュックサックを背負って、
古本屋街へ買い出しに繰り出したものです。

この町では、小さな古本屋が二軒、
今も営業中なんです。

リュック背負って、自転車で行ってみよう、と思います。

娘よ、沖縄で買ってきたこの古本、
ほんと、メッチャいいぞ。

ちょっと読んでみって。
後で、語ろうぜ。

だから、読んでみって……

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

独立系大衆食堂的

おいしい沖縄そばを食べたい、
と、タクシーの運転手さんに言ったんです。
すると、連れていってくれたのは、
古いコミックがたくさん置いてある、
小さな大衆食堂的沖縄そば屋。

ちょうど昼時で、
運転手さんも一緒に昼食。
いつも来るお店なのでしょう。

ソーキそばをいただきました。
ソーキとは、豚の骨付きスペアリブ。
そばとは別の皿にのせて出てきました。

沖縄そばは、うどんを細くして固くしたような麺、
鰹だしのスープに、ネギとショウガをトッピング。

3泊4日のこの旅で、
一番おいしかったのは、その沖縄そば。
これで、なんと、600円。

今回のホテルは、修学旅行にしては豪華で、
一流シェフのつくるごちそうが並びました。
それでも、沖縄そばにはかなわないんです。

弁当も数回支給されましたが、
そのそばの味には遠く及びませんでした。

240人の生徒たちと行ったんです。
そんなに大量につくるとなれば、
冷凍したものやできあいのものを使わざるをえないはず。
どうしたって、つくってから食べるまで、時間も経ちます。
たくさんの人がいれば、当然、味の好みもその数だけ、
だから、そこそこの味を目指すのも無理はありません。

料理人が、心を込めて、料理を出すには、
その提供できる量には限界があります。
その限界を超える量を提供しようとすれば、
技術の劣る他の人の手を借りたり、
工業生産的技術も導入したりもするでしょう。

それで、味が落ちるのは無理もありません。
ま、安いには、安いのでしょうけど。

だから、独立系の小さな店がいいんです。
そこそこの値段で、めちゃめちゃ美味しい。

めちゃめちゃ安く、そこそこの美味しさを提供するチェーン店ではなく。

身の丈にあったベストをつくす。
量でもなく、カネでもなく、
ただひたすら質を求めて。

そば以外にも言えることでしょう。

ああ、娘よ、沖縄そば、食いてー。

沖縄そばのカップ麺買ってきたけど、ちょっと味見しね?

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

旅ごはん、うちごはん

旅先での楽しみの一つ、
旅先のローカルフードを食べること。

沖縄には、珍しく、おいしいものがたくさん。
ゴーヤチャンプルー、
ナーベラー(ヘチマ)、
ソーキそば、
ドラゴンフルーツ、
サーターアンダギー、
オリオンビール、
ほかにもたくさん。

ちょっと地元のスーパーに寄ってみたら、
僕の町では、見かけないものたくさん。
思わず、食材を買い込んでしまいました。

旅ごはんは、料理の幅を広げてくれます。

しばらく、包丁を握らないと、
創作意欲も沸いてきます。

しかし、旅先の美味は、
うちに帰ってきて、
再現するのは不可能。
似たものはつくれますが、
どうしたって、かないません。

ゆえに、旅ごはんは、尊いのです。

沖縄の旅も、いよいよ明日で終わり。
明日の晩ごはんは、うちで作って食べます。

おにぎりと漬け物と味噌汁。

これが、今、一番食べたいんです。

いつも食べてるうちごはんの美味を、
再発見するのも、旅ごはんの効能。

娘よ、腹減ったなあ。

え、なに、ダイエット中だと!

沖縄土産あるぞお。
うまいぞお。

どうよ?


Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ピース・スタディ

修学旅行の大きな目的の一つ、
それは、平和教育。

十代の感性が豊かなうちに、
しっかりとむきあうことは、
とても大切なこと。

沖縄戦は、捨て石作戦。
ただ「本土」を守るため、
住民を巻き込んだ地上戦を、
一日でも長引かせるのが目的。

命を脅かしたのは、
アメリカ軍だけでなく、
味方のはずの日本軍も。

投降を許されず、
自決を強要され、
方言を話せばスパイと言われ……

40年前までは、
日本の戦争にさんざん巻き込まれながら、
日本の領土でさえなかった沖縄。

今日、僕たちを案内してくれた、
平和の語り部ピースガイドさん、
我々に与えられたたった一つの宝、
それは、命、これは、自分のもの、
奪うことも、奪われることも、
もう決して許してはいけない、
これこそ平和、と。

「本土」の犠牲になった沖縄は、
今もアメリカ軍の基地を抱え、
犠牲となっているんです。

いつもは僕の言うことなど聞きもしない生徒たちが、
今日は真剣に集中して平和学習していました。

よし。

その後、早めにホテルに着き、
海でひと泳ぎしたんです。


娘よ、ピース。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

一期一会的古本

那覇の国際通りには、
古本屋があるんです。

僕は旅先の古本屋が好きで、
ふらりと立ち寄っては、
古い本を買うんです。
ちょっとした運命的出会いを感じて。

目当ての店は2軒あったのですが、
悲しいことに、1軒はなくなっていました。

で、もう1軒へ。

2年前に来たとき、
買おうかどうか迷った本があるんです。
全3巻で3000円のコミック。
「ジロがゆく」といういかにも昭和なもの。
1冊の元の定価は350円、ほぼ③倍のお値段。
ただ主人公の名前に惹かれただけなのですが。
そのときは、結局買わなかったんです。

その後、どんな内容だったのか、気になっていました。

さて、今日、まだその本が並んでたんです。
2年間、僕が来るのを待っていたかのように。

今回も少し悩んだんです。
で、これも一期一会と、ついに購入。

ビニールで梱包されているのですが、
まだ開けてないんです。

おーい、娘よ、そっちはそっちで楽しくやってるか?

だから、パパは仕事できてんだって。
はあ、忙しい、忙しい。

ップッシュー(オリオン・ビール)

これも、仕事なんだって……

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

旅支度

日付が変わり、ようやく終わりました。
荷造り。
明日から、3泊4日で、沖縄へ。

もう9回目の修学旅行引率。

明朝は、なんと、4時半集合。
3時半には起きなくてはなりません。

で、これから、朝ご飯tの弁当の用意。

照り焼きチキンとツナマヨきゅうりを作っておいたので、
食パンをトーストして、サンドイッチに。

なんだか、このまま眠らずに、出発することになりそうです。

さ、娘よ、明日、ちゃんと起きろよ。

テーブルの上に、朝ごはんと弁当は置いておく。

やばっ、眠くなってきた。
まだ、サンドイッチができてない……

ここで、シュフ魂だし。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カフェ勤め風サンデー

今日は、母が、コンサートに出かけたので、
ひさしぶりにエプロンをして店に出ました。

といっても、僕の仕事は、
料理を運んだり、
お客さんとお話ししたり、
母直伝のコーヒードリップするくらいなのですが。

けっこう、好きなんです。

いつかジロー’sカフェを開いたら……、
などと、空想しつつ、一日過ごしました。

どんな音楽をかけ、
どんな本を置き、
どんな絵を飾るか、
そして、どんな美味しいものを出すか……

シャリとマグロとアボカドをもらって帰り、
うちで、娘と手巻き寿司を食べました。

娘よ、パパがコンサートとか行くときは、
ジロー’sカフェを頼んだぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

弁当持参映画鑑賞

今日は、土曜日でしたが、弁当をつくりました。

焼きカレーうどん。

ま、ふつうのカレーうどんに、
カレー粉と隠し味の砂糖を入れただけですが。

ロイヤルミルクティーと焼き芋も持参。

娘も僕も修学旅行を控え、
出費を抑えるための弁当。

娘と、車で、県庁所在地へ。

僕は、映画のついでに買い物。
娘は、買い物のついでに映画。

ミニシアターのあるビルのロビーで、
弁当を食べ、ティータイム。

 「イラン式料理本」

イランの家庭のそれぞれのキッチンで、
料理を作る女たちが主役のドキュメンタリー。

100歳で、もう料理はしない女性、
料理自慢のベテラン主婦、
子育て中の監督の妹、不機嫌な監督の若い妻。
それぞれのキッチンを通して、
イランという国をかいま見ることができます。

食べるばかりで、片づけも手伝わない男たち……
実は、この映画、イランでは上映禁止。
男たちには都合の悪い映画だからでしょうか。

映画の後、買い物につきあい、
車の中で、焼き芋を食べながら、帰ってきました。

そして、僕はおでんをつくりました。

娘よ、このキッチンは、まだ譲らないぜ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

クリティカル・シンキング

英語圏のひとたちが、
教育について話すとき、
よく出てくる言葉があるんです。

 critical thinking

その「批評的思考」を身につけるのが、
教育の目的の一つだとかなんとか。

そういえば、日本の学校の授業は、
ほとんどが、ただ座って、黙って、
ひたすら先生の言うことをノートに写し、
テスト前にガンガン暗記するスタイル。

これでは、「批評的思考」は身に付くわけがありません。
むしろ、それを持たせないのが、「教育の目的」
批評する暇を与えず、次から次へと暗記させ、
先生の言葉の要点をしっかりと押さえる能力を身につけさせるんです。

どうりで、「勉強ができた」ひとたちが、
権力側にとりこまれるわけです。

ある意見があったら、
まず、その反対の意見を考えてみる。
そして、もう一度最初の意見を考える。
最後に、どっちがいいかを、自分で、決める。

こんな簡単な「思考」が苦手なのです。

多くの高校生たちが小論文に苦労するのは、これが原因。

娘よ、大丈夫か?

パパが教えてやるか?

え、パパは偏ってるだと!

違う、ただ常に「批評的思考」してるだけだ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ためない活

ためこむことは、罪。

と、引っ越しの時、思ったんです。

当時、3・11直後、
まだ東北への物流が止まっていて、
引っ越しの期日も迫っていて、
被災地に送れば役に立ちそうなモノを、
捨てに捨てたんです。

捨てれば捨てるほど、募る罪悪感。
自己嫌悪も。

体においても、
栄養をためこむのは、メタボ。
メタボリズムとは、代謝のこと。
ためずに出せばいいのですが、
食べ過ぎて、出し切れず、ため込むのが、
いわゆる、メタボリック症候群。
太って格好悪くなり、健康にもよくありません。

そう、ためこむことは、罪。

カネもそう。
腐らないので、ついついため込みます。
しかし、何でもためすぎたら、
それがなくて困る人が出てきます。
何でも有限ですから。
これは、もう罪でしょう。

実は、最近、僕の小説を、何作か、
ウェブ公開し始めたのも、
このためない活動の一環なんです。

ま、娘よ、宿題ため込むのはな、
最大の罪、許されないっつーの。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ミステリーなミステリー

今、ひさしぶりに、「ミステリー」を読んでいます。

実は、苦手なんです。

ミステリーがあって、答えはすぐに教えてもらえず、
小出しにヒントを与えられ、
読み進むにつれて、わかっていく……
と、見せかけ、まなた新たなミステリーでわからなくなり……
最後は、予想を裏切る解答で、ジ・エンド。

注意力散漫な僕は、たいてい、
その小出しのヒントを見落としてしまい、
で、途中でわからなくなり、
何度も、ページを遡らなくてはなりません。

だから、純文学が好きなんです。

問いはあっても、答えはない。
だから、読み進めていくうちに、
わからなくなっても大丈夫。

このミステリーは、わかっても、わらなくても、
作家と一緒に悩んでいくのがいいんです。
答えは、読者の数だけあるんです。

アインシュタインは、ミステリーこそ尊い、といいました。
理解できると思うことこそ、理解できない、とも。

もちろん、このミステリーは、答えのない方の謎。

一流のスポーツ選手にとっても、
どうしたら勝てるかは、
永遠のミステリーなのでしょう。

ミステリーこそ、人生。
わかっても、わからなくても、
前へ、前へ。

な、娘よ、わかんないと思ったらな、
そう、人生は、ここからだし。

だから、この本、難しくないって。
今のところ、ついていけてるし。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

密かな野望

このごろ、密かに欲しいモノがあるんです。

 石油ストーブ。

上に、やかんをのっけるタイプの。

最近は、ファンヒーターが主流のようで、
実家のストーブもすべて、それに。

うちは、リビングにラジエーターと、
それぞれの寝室にセラミックヒーター。
どちらも電気で、電気代が大変。

子どもの頃、石油ストーブのところにいくと、
やかんの脇で、
父は、パンやお餅を焼いてくれ、
祖母は、甘酒やお汁粉をつくってくれたものです。

先日、実家にもらいに行ったら、
もう捨ててしまった、とのこと。

週末に、近所のリサイクルショップをのぞいてみようかな、
と、密かに野心に燃やしつつ、
ここのところの寒さをしのいでいる今日この頃です。

そう、リサイクルショップも、エコなだけでなく、パンクなんです。
大量生産大量消費大量廃棄の資本主義とたたかってるんです。
壊れた自転車を3台で、2台組み立てたり、
こっちの部品をあっちの製品に使って修理したり、
と、そんな職人芸を持ってるんだとか。

娘よ、まだまだ、こんなの寒くないぞ。

厚着すりゃ、なんとかなる。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

パンクでいこう

カネの研究を続けて、
まわりまわってたどり着いたのは、
パンク・ロックでした。

中学の頃、バンドをやっていて、
パンクをやってたんです。

 アナーキー

とても親しんだコトバ。
その意味もわからず。

僕の今の知識での理解では、
アナーキズムは、さほど過激なことでもないんです。
「無政府主義」と訳され、
破壊や無秩序などと思われがちですが、
本来なら「無強権主義」と訳したほうがいいでしょう。

つまり、
いばられたくないので、いばりもしないし、
自分のことは自分でやるから、
ほっといてね、という主義。

アナルコ・パンク(アナーキーなパンク)の哲学は、
DiY (自分でやる。日曜大工のDIYと区別して、Iを小文字に)

カネにものを言わす大手プロダクションなどに頼らず、
自分たちでライブをして、
自分たちでCDをつくって、
自分たちで売って、
自分らしさを失わないで、
パンクなロックをし続ける。

「売れる」ということは、
カネをもらうということで、
カネをくれるひとの言うことをきくということになり、
これじゃあパンクじゃないよ、と。

  Punk is attitude ,not style.
  パンクは生き方、スタイルじゃなく。

身近なところに、パンク・ロッカーがいました。

誰にも雇われることなく、
自分の城は自分でトンカチしてつくり、
自分の腕で、自分らしさを表現し続け、
売れる売れないなんて、大して気にせず……

娘よ、誰のことかわかるか?

そう、じいじだ。

昨日も店さぼってたぜ。

パンクだろ?

パパも、もう一回パンクする。

だから、もう止められないって。

いっしょにパンクするか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

11月11日

今日、午前中、車を運転してたんです。

すると、車のデジタル時計が、11:11に。
そういえば今日は、11月11日、1が8個も。

今日11月11日は、全国で、
100万人規模の脱原発のアクションがあったようです。

この田舎でも、雨でデモこそ中止になりましたが、
集会が行われ、ちょっと顔も出してきました。
専業農家の方の切実な訴えが印象に残りました。

夜も、雨が降っていました。
風も出てきて、冷たく、強い雨に。

そんな中、劇を観にいってきました。
教え子が主役を張ったんです。

なんと、野外劇場。
雨天決行。
観客は、カッパを着て、
特設テントの下で観れたのですが、
役者さんたちは、ずぶ濡れで、
寒さなど微塵も感じさせず、
しかも薄着で、
全身全霊を込めた魂の演技を披露。

僕の教え子など、
ステージ上で、のたうち回り、
もう、命がけの演技。
劇そのものだけでなく、
その芸術至上主義者魂にも感動しました。

今年の11月11日は、ちょっと思い出深い日になりそうです。

おい、娘よ、日付が変わる前に
ポッキー食うぞ。
今日、ポッキーの日なんだろ。

ま、パパは水割りのマドラー代わりに、
ポッキー使わせてもらうけどな。

ははは、大人の味だぜ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

弱者論

我々は、みな弱者なんです。

たとえ、今、健康で、そこそこ稼いでいたとしても、
かつては、三日も放置された死んでしまう赤ちゃん、
いずれは、また赤ちゃんのようになる老人、
ゆえに、みな弱者なんです。

つい、忘れてしまいますが。

強者とは、実は、
弱みをかくすのがうまいひと。

ひとは、誰もが弱みを抱えています。
もちろん、強みも。

幸いなことに、
ひとの顔がそれぞれなように、
ひとの弱みも、強みも、ひとそれぞれ。

だからこそ、助けあえるんです。
そう、助けあわなければ生きていけないんです。

今、健康で、そこそこ稼いでいたら、
弱者にやさしい社会づくりにとりくまなくてはなりません。

それは、弱者のためではなく、自分のため。
いつか、弱者になったときに、やさしくしてもらえるように、
今のうちに、準備しておくんです。


ま、娘よ、パパは自分のために、いろいろやってんだって。

え、知ってるって?


………。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

大人のプレゼント

いつごろからか、
プレゼントは、
もらうより、あげるほうが好きになりました。

そういえば、僕のまわりには、
もらうより、あげるほうが好きそうな人ばかり。
これまで、もらってばかりの人生、
そろそろ、あげる時期になったのでしょう。

プレゼントを選ぶのは、大変なんです。
高けりゃいいってもんでもないんです。
相手のことをよく知ってなければ、選べません。
相手が持ってたら、意味がないのは当然、
相手にほしいモノを聞くのも野暮。
できれば、相手の潜在的ニーズを満たすようなモノ。

たいしたモノじゃないけど、
これがあるとないとじゃ大違い、
そんなモノは、そう簡単には見つかりません。

プレゼントを選ぶ過程も楽しいものです。

な、娘よ、あげるほうが好きになったら、大人だぞ。

ははは。

さ、この冬もプレゼントを選ばなくちゃ。

誰にあげるのかって?

パパがパパに。
自分へのプレゼントを選ぶのが一番むずかしいだよなあ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お仕事

仕事とは?

僕の教え子のうち、一番の問題児が言いました。

 感謝されたいんだよね。
 そんな仕事に将来就きたいよ。

なるほど。

以前通っていた床屋で聞かされたこと。

 いい仕事ってのはね、貢献だよ、貢献。
 お金もらいすぎたら、そりゃ貢献してないよ。
 もらったお金以上のことをしなきゃ。

これも、なるほど。

適正価格というのは、
おたがい感謝の気持ちが残るギリギリのところ。
売った方も、買った方も、感謝して、取引成立。

そんな仕事がしたいものです。
定年までには。

な、娘よ、仕事ってのはな……

そんな仕事に就けるよう、勉強がんばれ。

え、パパはそんな仕事してんのかって?

ま、そんな難しいことパパにきくなって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

フォワード、その後

今日は、一日、大変だったんです。
ずっと緊張しっぱなしで。

何度もアメリカ時間をチェックして、、
同僚のアメリカ人の先生とネットを見て、
地理の先生にいろいろ解説してもらいながら、
休み時間のたびに、大統領選の行方を見守っていました。

僕のアメリカ人の友達は、
全員、オバマ支持。

富裕層を元気にして、軍備増強して、
強いアメリカをつくるロムニーか、
または、
富裕層に増税して、軍備削減して、
新しいアメリカをつくるかオバマか、
それが、争点のようでした。

同僚のアメリカ人の先生は、ずっと心配していました。
また、インチキが行われてるのではないか、と。
投票の機械が誤作動を起こし、
オバマに入れてもロムニーになってしまったり、
何時間も並ばなくては投票できないところもあったりして。

12年前、大票田のフロリダで、何かが起こり、
ブッシュが、逆転勝利したことを思い出しました。

そのフロリダは、今回もまだ集計が終わってないようですが。

彼女は、熱烈にオバマを支持していたわけではなく、
政治には、失望していながらも、
オバマのほうがまし、less evil と言ってました。

さきほど、オバマの勝利演説を聴いていましたが、
聴衆の心に響く言葉と声と、
そして、あの間。
アメリカのベシャリ文化には、つくづく、感銘を受けました。

とにかく、いまは、少し、ほっとしているところです。


娘よ、そっちの学校でも、大統領選盛り上がったか?

え、パパは学校で何やってんだって?

だから、黒板の向こうに世界を見せてたんだって。

The best is yet to come.

じゃ、これ、訳せるか?

解答例「一番いいところは、これから」


そう、こっからだし。

Love and Peace ・・)v


Love and Peace ・・)v今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

出会いの総決算

娘と鍋をつつきながら、
話すことは、たいてい学校や恋の話。
将来の話は出てこないんです。

そういえば、僕が高二のころは、
バンドと女の子のことしか考えていませんでした。
で、将来の夢は、もちろん、ミュージシャン。
もちろん、やがて、才能のないことに気づくのですが。

今の自分は、出会いの総決算。

高三の時、転勤してきた先生がいるんです。
今の僕の年齢くらいでしょうか。
農業の先生で、造園を教わっていました。
先生と、実習で、庭を作ったんです。
8人の仲間と。

先生は、とても几帳面で、
僕たちは、ワイルドで、
たいてい、けんかになったんです。
おたがい、クチもきかず、庭造りに励みました。
ようやく、庭ができあがると、感動して、
先生とまたいい関係になったんです。

そして、次の新しい庭にとりかかると、
また、先生と険悪な雰囲気なったり。

一年間で、いくつも庭を手がけ、
先生を見て、ふと思ったんです。

こんな人生も悪くないんじゃないか、と。

で、高三のとき、
高校教師になろう、と思ったんです。
一番なりたくないと思っていた職業に。

あの先生が転勤してこなかったら、
あの先生と庭をつくってなかったら、
高校教師になろうとは思わなかったでしょう。

教師になりたてのころ、
ある研修があったんです。
僕は日を間違えていて、大遅刻。
何時間も遅れて、ようやく研修先に着くと……

なんと、研修の講師が、その先生。
「ジロー、まったく進歩がないじゃないか」
と、ひさしぶりに叱られたんです。

そんな僕がもう20年、
高校教師で生計を立てさせてもらってるんです。
その後、先生とは会ってませんが、
会えたら、もう一度、お礼を言わなくてなりません。

さて、娘よ、将来、どーする?

ぼちぼち、考えてもいいんじゃね?

え、パパは真剣だったのかって?

だから、真剣にやったから、
音楽の才能ないってわかったんだって。

Love and Peace ・・)v


Love and Peace ・・)v今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

夏にできなかったこと

日に日に寒くなってきました。
暖房器具の導入もそろそろ検討しなくてはならないほど。

この季節、夏にはできなかったことをするんです。

テーブルクッキング。

つまり、卓上コンロをテーブルの上に置き、
肉を焼いたり、鍋をしたり、と。
ちょっとした暖房代わりにも。

今日は、ポトフ鍋。
野菜をどっさり食べたかったんです。

鶏もも肉を炒め、
ジャガイモ、にんじん、タマネギ、キャベツをどっさりと入れ、
マイタケも入れ、
塩こしょうして、コンソメスープで、グツグツと。

スパゲッティを半分に折って入れ、
ごはんがわりに。

鍋にあふれるほどに野菜を入れたのですが、
娘と二人ですべて食べてしまいました。

野菜でおなかいっぱいにしても、
後が苦しくないのが、うれしいところ。

反省点としては、
ジャガイモは煮くずれるので、
時間差で、後で入れるべきでした。

そういえば、娘よ、たこ焼きプレートもあったっけ。

これも、テーブルの上で、できるぞ。

いやあ、冬も楽しみだなあ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

日曜日の弁当

今朝、娘が部活の遠征で、
学校に朝6時集合だったんです。
当然、お弁当持ち。
さすがに、そんなに早く起きて、弁当をつくるのはつらいので、
昨夜、仕込んでおきました。

 トルティーヤ

強力粉200g オリーブ油大さじ1 塩ひとつまみ
に少しずつ、ぬるま湯105cc注ぎ、まとめ、
それから、こねて、こねて、こねて、
ラップにくるんで、30分寝かせ、
6等分して、綿棒で、丸く薄くのばして、
フライパンで多少焦げ目がつくくらい焼きました。

休ませている間に、チリミートを。
ニンニクみじん切りと豚挽肉を炒め、
塩こしょう、ケチャップ、チリパウダーで味付け。

ここまで仕込んでおいて、
今朝、まだ暗いうちに起きて、
レタス、チリミート、チーズを巻いて、
ラップで包んで、弁当完成。

味見してみたら、なかなかの美味。

照り焼きチキンとかツナマヨなどを巻いてもおいしそう。

そして、娘を送り出し、至福の二度寝……
目覚めてから、少し遠出して、小さなおいしいそば屋へ。

で、娘よ、トルティヤ弁、うまかったか?

え、固かったって。

じゃ、少し水を増やそう。

中に何入れる?


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

評判の小さなそば屋的な

たとえば、小さなおいしいそば屋。

職人が、磨きに磨いたその腕で、
その日売る分だけそばを打ち、
店を開け、売り切れたら、
その日の営業は終了。
もちろん、評判の店になります。

職人は、ただそばを打つために、そばを打つ。
そば至上主義者、
おいしいそばをうち続けることが、人生の目標。

しかし、あまりに評判で、食べられない客も。

そこで、従業員を一人雇い、
2倍のそばを提供することに。
当然、売り上げは2倍。
従業員の給料を払っても、収入は上がります。

食べられる客の数が増え、
ますます評判に。

次に、カネを借りて、店を大きくし、
従業員も増やします。

最初は、いいんです。
で、そのうち、味が落ちたと、悪評が。

それは、当然のこと。
新たに雇う従業員は、
職人ほど上手にそばを打てないからです。
職人一人で打てる量は限られているので、
もはや、従業員の存在は不可欠。

従業員の給料を払い、
店の拡張費のローンを返すため、
売り上げを、今さら、減らすことはできない……

ここで、職人の目標が、
おいしいそばをつくるより、
売り上げを伸ばすことに変わっていきます。

悪評が悪評を呼び、客足はさらに遠のきます。

そこで、売り上げ増をねらい、そばの値下げを敢行。
一時は、戻る客足。
しかし、もとの値段に戻すと、いっそう客離れが……

ライバル店が値下げしたら、
またさらに値下げ。
味で競うのではなく値段で競い始めます。

ここらで、そば屋はつぶれてしまうでしょう。

もともとの小さなそば屋を続けていれば、
そう、問題は起こらなかったんです。

こんなことが、世界中で、
いろんな分野で起こっています。
格差拡大や環境破壊は、たいてい、これが原因。

 
娘よ、なんだか、美味いそばでも食いにいきたいなあ。

明日、どうよ?

え、部活?

ま、健闘を祈る。

部活のために部活してこいって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

追え、それを追え

カネを追え、
とは、社会の一つの見方。

なるほど。

たとえば、原発は、
電気を追うとなかなか見えてこないものが、
カネを追うと、鮮やかに浮き上がってきたり。

たとえば、911テロも、
その後のカネの動きを見れば、
陰謀説を支持したくなるもの。

まだ、カネの研究をしてるんです。
もう、半年くらい。

さて、我々のカネを預かる銀行。

僕は銀行からカネを借りたことがないので、
銀行は、給料を入れておく貯金箱のようなもの。
しかお、光熱費などの自動支払い装置付きでとっても便利。

と、思ってたんです。

しかし、カネを追うと、また違ったものが見えてきます。

我々が銀行に貯金をすると、
銀行はそのカネで、国債を買います。
すると、国にカネが流れていきます。
次に、国は、輸出に不利な円高ドル安を避けるため、
そのカネを使って、金融市場に介入、
つまり、円でドルを買うんです。
ドルをただ持ってるだけでは、得がないので、
国は、そのドルで、アメリカ国債を買うんです。
ここで、我々のカネが、海を渡ってくんです。
最後に、そのカネが、アメリカの戦争の費用になり、
ただカネを預けただけのつもりが、戦争協力させられてる……

そんなカネの動きもあるんです。

おお、こわっ。

娘よ、やっぱ、カネはこわいぞ。

持たんほうが、いいな。

え、パパはって?

だから、シュフは買わなきゃいけないものが多いんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

モノは大事に

今、パソコンを修理に出してるんです。
買ってまだ1年経ってないのに、
突然、動かなくなって、
サポートセンターに電話すると、
ハードディスク交換が必要だ、と。
当然、無償修理、
しかし、ハードディスクに入っていたデータは消滅……

ちなみに、DELLのノート型パソコン。

で、今、しかたなく、
その前まで使っていたパソコンを出してきて、
ネットにつないで、これを書いているんです。

まあ、このパソコンの遅いこと、遅いこと。
ほんとに、イライラします。

修理中のパソコンで、もう5台目。

そのうち、そのパソコンも古くなり、
また買いかえることになるのでしょう。

まったく、まったくです。

今着ているプーマのジャージは20年着てるというのに。
うちの中華鍋も包丁も25年使っているというのに。
成人式のスーツはまだ着れるというのに。
ル・クルーゼの鍋は、三代使えるように、つくられてるというのに。

僕は、基本的に、モノを大事にするんです。
モノは大事にしなくちゃいけません。
どんなモノも、20年くらい使うと、
体の一部になり、
傷すら立派な個性になるんです。

大量生産、大量消費、大量廃棄…………

ああ、やだ、やだ。

娘よ、モノは大事にしろよ。

え、スマホ買わずに、ずっとケイタイ使ってればって?

ケイタイ上等っ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

菓子を食べる日

今日、学校に行くと、
生徒たちが「トリック・オア・トリート」と言って、
手を出してくるんです。

「ハッピー・ハロウィーン」と言って、
お菓子を配り歩いてる生徒も。

昨年、英会話の授業で、
ハロウィーンについては、
お勉強したんです。

さすがに、仮装してる生徒はいませんでしたが、
今日は、よく菓子が出回る一日でした。

娘も、どっさり、お菓子を持って、登校。

「トリック・オア・トリート」と娘に言って、朝、分けてもらい、
僕も学校に菓子を持っていき、
「トリック・オア・トリート」と言ってきた生徒にあげました。

職員室に、手作りの菓子を持ってきてくれた女子もいました。

この田舎でも、
ハロウィーンは定着しつつあるようです。
ま、菓子を食べる日として、ですが。

娘よ、ユーチューブで、あれ、見ようぜ、あれ。

スリラー。

いやあ、マイケルは偉大だった……

で、明日は、玄米菜食で、よろしく。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »