« One for All, All for One | Main | ハンバーグ弁当のこと »

生きてるだけで

ロンドンでは、五輪パレードはまだなんだそうです。
パラリンピックが終わってから、
オリンピアンとパラリンピアンがいっしょにパレードするんだとか。

ロンドンオリンピックでは、
義足のランナーが活躍し、
こちらも多くのひとに感動を与えました。

障害を抱えながらも、
健常者以上に努力し、
そのハンデを乗り越え、
健常者にもできないことをしてしまう……

これで、感動しないわけにはいきません。

で、兄のこと。

兄は、重度の障害者。
しゃべれないし、
一人では、歩けないし、トイレも行けないし、
障害のハンデはハンデのままで、
特技も、特になし。
社会に貢献するようなことは一切なく、
努力も特別しているようには見えません。

しかし、そんな兄ですが、
我々家族にはかけがえのない存在。
もちろん、腹が立つことも、多々ありますが。

かつて、施設に空きが出た、と言われたことがあるんです。
兄が施設に入れば、家族は介護から解放され、
ずいぶんと楽になるはずなのですが、
家族会議を開き、満場一致で、兄をうちで面倒見ることを選択。

兄はそれほどの存在なんです。

娘も、会議では、うちにいてほしい、と主張。

な、娘よ、人間てのは、生きてるだけで、立派なんだなあ。

しかし、だからといって、努力しなくていいわけではない。

おい、頼むから、宿題終わらせろって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« One for All, All for One | Main | ハンバーグ弁当のこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« One for All, All for One | Main | ハンバーグ弁当のこと »