« インターナショナル・ディナー | Main | ナマステ »

おとなは説明しなきゃわからない

これまで、何度読んだかわからない本、
読むたびに、新たな発見がある名作。

 「星の王子さま」

このごろ、「星の王子さま」を教えてるんです。
二年生の英語のテキストで。
今日は冒頭の部分を。

 おとなは、説明しなきゃわからない。
 何一つ、自分だけでは、わからない。
 こどもは、そんなおとなにうんざり。

説明とは、言語化のこと。
対象の一部をとらえ、
言葉に置き換えること。
ときに都合のいいところを見て、
都合のいい解釈をすることだったりも。

自分の感性だけでは判断しないで、
ブランドや権威や数字で、
ようやくものの価値がわかる……

画家になりたかった主人公は、
そんなおとなのせいで、
画家になる夢をあきらめるんです。
絵より、数学、文法、歴史をやれと言われ。

自分にしかわからない、
言葉にできないすばらしさ、
大人になると見えなくなってしまうのでしょうか?

冒頭だけで、すでにこの奥の深さ。

娘よ、パパには見えるぞ。

だから、見えるって。

しかし、数学、文法、歴史はやんなさい。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« インターナショナル・ディナー | Main | ナマステ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« インターナショナル・ディナー | Main | ナマステ »