« February 2012 | Main | April 2012 »

カネについて

ずっと前に聞いたラジオ番組で、
近未来の会話というのをやってたんです。

「昔はカネがなくちゃ生けてなかったよなあ」
「そうそう、今はこうして畑を耕せば大丈夫なのに」
「昔は、自給率も低く、物々交換もできなったみたいだし」
「輸入に頼り、おすそわけしないで捨てるものも多くて」
「ほんと、あの政治改革がなかったら、どうなってただろう?」
「それを考えると恐ろしいな」
「ほんと、オトコの政治家をなくして、大正解だったね」

と、そんな内容。

今もよく覚えているんです。

このカネにまみれた世界を変えるのは、
大変なことでしょう。
しかし、カネに頼らない小さな世界をつくるのは、
できそうな気もするんです。

カネというのは、ほんとに大きな力を持っています。
いともたやすく人を変えてしまったり、
戦争やテロや犯罪や自殺の原因になったり、
何でも値付けして、数字に変えてしまったり、
持てば持つほど欲しくなったり、
などなど。

今年は、このカネを研究しようと思ってるんです。

現代人は、
自分の腕を切って、売って、
それで、収入が増えた、と思っている。
次に、自分の足を切って、売って、
また収入を増やそうと企んでいる。

これは、森林破壊して、木を売って儲ることのたとえ。

なるほど。

娘よ、パパのこづかい減らして、自分のこづかい増やしても、
自分の腕を切り売りするようなもんだぞ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

キケン思想

最近、とても元気な西のほうの市長。

 弱者切り捨てはいけません
 格差を拡大してはいけません
 競争はいけません
 こういう考えこそキケンなんです。

と。

なるほど。

怠け者で、、
楽をしてもうけようとか、
ズルをしてでも得をしようとか、
考えるような人たちは、
弱者救済措置につけ込んでくるので、
たしかに、それはキケン思想でしょう。

競争に勝って、
弱者を切り捨てまくり、
格差を広げ、
勝ち組・負け組と格差を固定して、
孫の代まで、もうけまくり続けたい人たちにとって、
その市長の存在は、とても頼もしいはずです。

しかし、弱者は、その市長の存在に、おびえているはず。

どの社会にも、必ず、
怠け者もいれば、
弱者もいるんです。

ある制度が、
怠け者につけこまれようと、
弱者を救うのならば、
続けるべきです。
怠け者対策は、もちろん、必要ですが。

ひとは、送ったように、送られる。
と思うんです。
自分が親を看取ったように、自分も子に看取られる、と。

だから、元気でカネがあるうちに、
微力を尽くそうと思うんです。
弱者にやさしい社会づくりのために。

今、たとえ、どんなに元気でカネがあっても、
いつか、必ず、病んだり、老いたり、弱者になります。

そのとき、やさしくしてもらいたかったら、
「情けは人のためならず」運動に参加すべき。

今、元気で、稼いでいるからこそ、忘れてはいけません。、

娘よ、ま、パパが送ったように、送っておくれ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

今日もいつもの生活

娘が、しばらくうちにいないので、
その間に、ふだんできないことを、
思いっきりしようと思ってたんです。

明日の夜には、娘が帰ってくるもので。

で、何をしたかというと、
結局、いつもの生活を繰り返しただけ。

つまり、僕が今一番したいことは、
このいつもの生活なのでしょう。

仕事と家事をこなして、
料理をして、
実家に顔を出して、
長編小説を少しずつ読んで、
一日一杯は美味しい珈琲を飲んで、
高校野球も追っかけて、
夜な夜なブンガク、
ベッドでウイスキをチビチビ……

娘よ、パパはまた人生の新たな段階に入ったかもしれん。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

断カネ効果

あのわずか二日半の断カネ生活、
その後、少し、影響が出てきたようです。

つまり、前より、カネを使わなくなったんです。

昨日、山奥の町に行き、
老夫婦の家におじゃまして、
つくづく思ったのは、
カネを使わなくとも、豊かに暮らせるのだな、と。

その町には、店も少ないので、
カネを使う機会も少なくなり、
自然、カネを使わないで、
暮らしを楽しむ技術が身につくのでしょう。

今日は、突然の来客があったんです
教え子が、何か食わせろ、と押し掛けてきました。

で、いつもなら買い物に行くのですが、
今日は、買い物には行かず、
うちにあるものでもてなしました。

ひよこ豆のサラダ、トマトの冷製スパ、ツナおろしパスタ。
それでも、まだ食わせろ、というので、お好み焼きを。
食後、デザートを出せ、というので、
卵二つで、手伝わせて、シフォンケーキを。

おなかいっぱいになりました。

カネをつかわなくても、
シュフ魂があれば、
けっこう、人生は楽しめるものです。

わかったか、娘よ、断カネしろ、断カネを。

人生観変わるぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

春、取材へ

今日は、取材に行ってきたんです。
団塊世代の同志につきあってもらい。

山奥の静かな町、
産業といえば、林業と茶業、
もちろん、過疎地。

同志は、その昔、その町の分校のセンセイでした。

今日は、その町に暮らすある老夫婦宅訪問。
同志の同志、もう40年も前、
ともにたたかったんだそうです。
そんな田舎で、アカと言われつつ、
社会変革を目指すのは大変だったとか。

お昼を呼ばれました。
こたつの上に並んだのは、田舎料理、
食材はすべてすぐ近くでとってきた野菜や山菜、
味噌も、半年寝かせた、手作りのもの。

お金はかかってないそうですが、
いくらお金を払っても、
よそでは食べられないブラボーな料理。
愛情と手間のかけかたが違います。

たっぷり食べて、たっぷり語って、
ついでに、こたつでシエスタも。

お二人は、僕の連載小説も読んでくれていて、
僕を招待してくれたんです。

次はこの町を舞台に書きます、
と、無責任に宣言して、
土産をたくさんいただき、
また夏におじゃまします、
と、おいとましました。

その後、同志に町を案内してもらい、
和菓子屋で土産買って、
たそがれ時のその町に別れを告げました。

娘よ、予感がする。

だから、名作の……

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ダテナオト活動

実家の石油ファンヒーターが、すぐ止まってしまうんです。
ピピピッと電子音がして。

そういえば、うちのストーブも同じ症状が出たんです。
分解して、掃除機で、ホコリを吸い取ったら、
止まらなくなったんです。

で、同じように、
ドライバーで、ヒーターの裏の通気口をはずし、
掃除機の先を細いのに付け替えて、
ホコリを取り除いたら、
どうやら、復活したようです。

その後、しばらく、娘がいないので、
晩ごはんをよばれました。

食後は、ホームシアター上映。

「便利屋」として、「出張映写技師」として、
まあ、感謝されたこと、されたこと。

こんなことで、ダテ・ナオトになれるんです。

職場では、使えないヤツ、
うちでは、ウザイおやじ、
それでも、行くところに行けば、
キザ兄ちゃんになれるんです。

そう、タイガーマスクに。

僕は、実家に行けば、「歩く辞書」にもなるんです。
といっても、ケイタイで、ググって、答えてるだけですが。

僕は、どんなモノでも持ってくる「調達屋」にもなるんです。
といっても、アマゾンやオークションで、取り寄せてるだけなのですが。

僕に簡単にできることが、
お年寄りには絶対にできないこと、
なんてことが、けっこうあるんです。

ま、感謝されるということは、気持ちのいいもの。

こんな大車輪の活躍の僕ですが、
報酬は、きちんと、いただきます。
それは、食べ物。
いつ行っても、、何か必ず出てきます。
今日も昼休み、父の寿司と母の珈琲をいただきました。

もちろん、僕も感謝してるんです。

娘よ、いいか、人生ってのはな、
感謝のキャッチボールだぞ。

パパに感謝のボールを投げてこい。

だから、パパも感謝してるって。
少しだけどな、ははは。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

名車

僕の愛車は、軽自動車なのですが、
ワンボックス型で、荷台が大きいんです。

娘が小さい頃は、
後部座席と荷台を平らにして、
キャンピングカーの旅に出かけたものです。

昨日は、アメリカン人の同僚が、
ホームセンターで木材を買ったのですが、
それを運ぶとき、僕の愛車が大活躍し、
とっても感謝されました。

去年の春の引っ越しの時も、
大きなゴミを捨てるため、
うちと処分場を何往復したことか。

実は数年前、もらい事故で、
廃車にせざるをえなくなりました

ところが、保険金が出たので、
まったく同じ車をまた買ったんです。
中古車ですが。
色も同じシルバー、

前の車も今の車も、どちらもマニュアル車。
オートマ車は、嫌いなんです。

先日、職場の若いもんが、新車を買うというので、
強く、僕の車を勧めたのですが、
却下されてしまいました。
で、ハイブリット車を買うことにしたようです。

ま、僕の愛車は今もビュンビュン走るので、
これからも大事に乗ろうと思います。

しかし、娘よ、パパはアッシーじゃあないぞ。
電話一本で、どこでも迎えに送りに行くと思ってるだろ?

え、誘拐されてもいいのかって??

まあ、そりゃ、困るけどさ……

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

弁当は語る

弁当の本を何冊か持ってるんです。

弁当箱とそれを食べる人の写真が載ってるんです。
そして、毎朝、どんな工夫をして、弁当をつくるかや、
弁当についての哲学も、紹介されているんです。

本棚を見れば、その人がわかりますが、
弁当も、その人のいろんなことを語りかけてます。

子どもの弁当を見れば、
その子どもがきちんと愛されてるかどうか、
一目瞭然。

たいてい、母の弁当は不味いもんなんです。
健康のことを考え、
おいしさより栄養価を優先し、
家計のことも考え、
経済性も考慮し、
と、母の弁当は、むしろ不味くなくちゃいけないんです。

僕が高校生の時も、
母の弁当は不味かったものです。
今は、それが正しかったとも思っています。

母は、弁当を通して、
人生そんな甘いもんじゃない、
と、教えてもくれたんです。

弁当男子歴10年、
冷凍食品を一つも入れないで、
娘の弁当を1年間つくってきて、
まだまだ、甘いなあ、と思うんです。

娘よ、ほんと、申し訳なかった。

パパの弁当、やっぱ、美味しすぎたわ。

がんばって、もう少し不味いのつくってみるよ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

人生のような芸術、芸術のような人生

今年の高校入試の国語の問題をちょっと読んだら、
なかなかいいことが書いてありました。

その人の本棚を見ると、
その人のことがよくわかる。

人は成長するに連れ、
本棚に本が並んでいく……

本の読み方についても書いてありました。
ある作家の全作品を読んでみるのもよい、と。
名作だけでなく、駄作も、習作も。
その作家のたどった道をたどるように、
デビュー作から読んでいくと、
一人の作家の人生を読むことにもなる、とも。

なるほど。

今日は、美術館に行ってきたんです。
展示されているすべての絵が、
たった一人の画家のもの。
一人の芸術家の人生もたどることができました。

娘よ、いいか、人生は芸術で、芸術は人生だ。

え、芸術って何だって?

だから、人生だ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

不屈の名作

ここ数日、頭の中で、ずっと同じ曲が流れています。
ごぞんじ、「大脱走」のテーマ。

♪チャッチャ、チャッチャーラ、チャッチャ、
♪チャッチャーラ、チャーラララララ、

そう、まだ感動冷めやらぬのです。

子どもの頃、テレビで映画を観るのが大好きで、
「大脱走」は二週にわたって放送され、
わくわくしながら観たのを覚えています。

第二次世界大戦中、ナチスの捕虜収容所から、
連合国軍の兵士達が、脱走を企てるという話。

彼らは、ナチとたたかっているんです。
たとえ捕虜になっても、
決して、屈したわけではないんです。

彼らが脱走をすれば、
ナチはその捜索に兵隊を割かなくてはいけません。
実際に何万人もの兵隊を動員したんです。
そうして、後方から攪乱させたのです。

それが彼らのたたかい。
人を殺すばかりが、たたかいじゃないんです。

彼らが、欲するものはただ一つ、自由。
そのための脱走、
もちろん、命がけ。

彼らは、何度、失敗しようとも、諦めません。
独房王と呼ばれるヒルツなど、
何日も独房に入れられても、
壁を相手にキャッチボールをしながら、
絶対にくじけません。

男達は、それぞれの特技を活かし、助け合います。
リーダーがいて、
情報屋、仕立屋、製造屋、偽造屋、調達屋など、
誰もが大脱走には不可欠な存在。

調達屋は偽造屋と同部屋。
調達屋が調達した茶葉と、
偽造屋が缶でつくったお茶セットで、
ティータイムをとり、男の友情を深めたりも。

この二人の後のエピソードには、心、撃たれます。

感動とは、そう、共有するもの。

今日は娘をつかまえ、
調達屋と偽造屋ほエピソードを話したんです。

「パパ、泣けるねえ」、と娘。

娘よ、わかってくれりゃ、それでいい。

で、観るか?
3時間かかるけど。

だから、急に宿題思い出すなって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

主食は感動

今日は、午後、仕事を早く切り上げ、
祖母と墓参りに行ってきました。

祖母が一人で行くと言いだし、
あわてて、連れて行ったんです。

91歳になる祖母は、
トンチンカンなことばかり言って、
笑わせてくれますが、
ちょっと心配になったりもします。

帰りに、菜の花畑へ。
毎年、見に行くんです。
満開一歩手前でしたが、
なかなかの景色でした。

喫茶店にも行きました。
コーヒーに豆菓子がついてくる、
チェーン店へ。

コーヒーを飲みながら、
先日の娘の合奏会のことや、
昨夜観たDVD「大脱走」もことを、
話しました。

なんでもすぐ忘れてしまう祖母ですが、
感動したことは、よく覚えているようです。

どうやら、祖母の主食は、感動のようです。
これからも、ボケ防止のため、
感動を調達し続けなくてはなりません。


娘よ、ま、パパの主食も感動だけどな。

我が家の家訓、覚えてるか?

芸術至上主義だぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

長編小説の愉悦

このごろ、長編小説を読むんです。

なかなか終わらないのがいいんです。
ずっとその世界に浸ることができて。

いつしか、登場人物達が、
古い知り合いのように思えてくるんです。

「衝撃のラストシーン」なんてものはいらないんです。
そんなことが帯に書かれている本は、
たいてい、最後にがっかりさせられるものです。

インターネットをするようになって、
読書持久力がかなり落ちてきました。
クリックで、他のサイトに飛び、
そこから、またクリックで、他のサイトに飛び……
と、そんなことばかりしているからでしょうか。

だからこそ、長編を読むのが、新鮮に思えるのでしょう。

「風の影」という上下巻のミステリーを読み終え、
今、「吉里吉里人」を読んでいます。
東北の小さな村が独立国家をつくる、ぶっ飛んだ物語。
このごろ、その分厚く重いハードカバーの本を持ち歩いています。

僕も、長編小説を書きたくなってきました。

娘よ、構想はあるぞ。

聞くか?

だから、いつものシングルパパは出てこない話だって。

え、この前の構想の話はどうなったって?

構想がふくらみすぎて、シャボン玉のように消えた……

だから、今度は消えないって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

断カネ

昨日から、ちょっと挑戦してるんです。

お金をつかわないことに。

昨日は1円も使いませんでした。
今日も1円も使いませんでした。

食材は、そこそこあるので、
シュフ魂で乗り切れるでしょう。
暇になれば、読みかけの本も、まだ観てないDVDもあります。

どうやら、明日も、1円も使わなくても、大丈夫そう。

断食のような断カネ。

カネを使わないことで、
カネの意味を再確認できそうです。

カネを使うことは、選挙のようなもの。
どこにカネを落とすかで、
どんな社会になるかが決まるんです。

たとえば、環境に悪い企業のモノを買い続け、
その企業が存続し、環境も悪くなるでしょう。
逆もまたしかり。

娘よ、明日はこづかいなしだ。

明日もノーマネーデイだ。

え、ごはん困ったらどうするかって?

じいじにお寿司つくってもらう……

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

定期演奏会

娘がこの町の高校に苦労して入った理由は、
ただ一つ、
弦楽合奏部があるから。

で、今日は、その定期演奏会。

ま、父親として、聴きに行ったわけです。
母と祖母を車で連れて。
娘にとっては祖母と曾祖母。

会場には、娘の母親は当然のこととして、、
なんと僕の保育園の恩師も、僕の高校の恩師も、
愚娘のために駆けつけてくれました。

娘は「ミスりまくった」そうですが、
まわりがしっかり弾いていたせいか、
ブラボーなステージでした。

それにしても、
シングルファーザー道を歩み、
はや10年。

一日たりとも、
「男手一つ」で育てたつもりはないんです。
僕と娘が、困れば、
すべを投げうって、駆けつけてくれるひとが、
いつでも何人もいてくれたのです。

娘よ、いいか、感謝の気持ちを忘れるな。
それを忘れたら、ひとじゃないぞ。

いいか、忘れるな。
毎日、ごはんをつくってくれたり、
こづかいくれたり、
ときに勉強教えてくれたり、
教育費積み立ててくれたり、
家賃払ってくれたり、
そんなことをしてくれるひとのことを……


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

選択するということ

そりゃ、僕も昼間はセンセイなもので、
ビシッと生徒達に言うことを聞かせたいわけです。

右を向け、といえば、右を向き、
この歌を歌え、といえば、大きな声で歌い、
と、これが理想といえば理想。

もちろん、カリスマ性不足なため、
そんなことできた試しがありませんが。

たとえ、怖いセンセイが言うことを聞かせても、
そのセンセイがいないところでは、
センセイの言ったことなど忘れてしまう……
なんてこともあり、
なかなか生徒達に言うことを聞かせるのは難しいわけです。

西の方のあの市長も、そうとう張り切って、
センセイ達に言うことを聞かせようとしていますが、
ま、この町の市長じゃなくてよかったと、思うばかり。

さて、動物園の動物は、
外敵もなく、住環境もよく、エサも潤沢なのに、
野生の動物より早く死んでしまうんだそうです。

それは、「選択」するからなんだとか。

生きるとは、そう、選択すること。
決まったレールの上を走らされるのではなく、
「自由に宿命づけられている」のでしょう。

もちろん、限度はありますが。
殺す自由とか、盗む自由とかは、あったら大変。

教育とは、きっと、
言うことを聞かすことではなく、
悔いのない選択をさせることなのでしょう。

だから、娘よ、ケイタイ触ってるひまあったら、
宿題終わらせろっつーの。

まったく、少しはパパの言うこと聞けって。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

調達屋

刑務所が舞台の映画を観たら、
調達屋が出てきたんです。

ほしいモノを言えば、
独自の人脈を駆使して、
調達してくれるんです。
もちろん、有料。

そんな調達屋がいたらなあ、と思うんです。

ここにある不要なモノが、
どこかでは必要なモノ、
なんてことはよくあるんです。

インターネットを使えば、
簡単に安価で手に入るモノも、
パソコンを使わないひとには激レア、
なんてこともよくあるんです。

どこにどんな不要なモノがあって、
どこにどんなニーズがあるか把握して、
あちらからこちらへ、こちらからあちらへ、
とモノを届ける調達屋。

コミュニティに、一人、
そんな調達屋を雇えば、
さほどカネのかからない暮らしも可能かも。

調達屋が出てくる映画をもう一つ見つけたんです。
ご存じ「大脱走」
あまりにも有名なテーマ曲の。
どうしても観たくなりました。

ビデオレンタル屋を2軒回ったのですが、
残念ながら見つかりませんでした。

がっかりして、ケイタイで検索すると……、
なんと千円でDVDをゲットすることができました。

実家の面々に、そのことを話すと、ぜひ観たい、と。
春休みにホームシアターで観ることにしました。
今から、楽しみです。


娘よ、なんかなくて困ってるモノないか?

パパが調達してきてやるぞ。

え、「時間」を調達してきてほしいって?


…………。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

粉ものデイズ

ホワイトデイ前夜のおとといから、
うちのオーブンはフル回転。

僕の学校でも、
娘の学校でも、
バレンタインデイ以来ずっと、
焼き菓子が出回っているんです。

廊下でカバンの中からタッパーを出して、
焼き菓子を配る女子がちらほら、と。

娘は、お菓子をもらってくると、
お返しにと、またお菓子を作るんです。

昨夜は、娘にクッキーの作り方を伝授しました。
今日、また娘はお菓子をもらってきたので、
シフォンケーキをいっしょにつくりました。

明日は、チョコチップ・コーンフレーク・クッキーをつくるんだとか。

うちのクッキーはとっても評判がいいそうです。
サクッとした食感がうけるんだとか。

このごろ、ライ麦パンをよく焼きます。
大きな丸いパン。
映画「しあわせのパン」に出てきたもので。

 素朴なパンもいいですよ

と、原田知世に透明な声で言われたら、つくるしかありません。

実は、途中まで、ホームベーカリーにおまかせ。
丸めて、休ませて、第二次発酵後、焼くだけ。
クリームチーズとブルーベリージャムを塗るのが、お気に入り。

娘よ、今日、粉2キロ買ってきたぞ。

で、いつまで、続くんだ?

ま、いつまででも、パパはいいけどさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

アリのように働くこと

最近、アリの本を読んだんです。
とても難しく、すべては理解できなかったのですが。

アリの社会はよくできているんです。
仕事によっては、人手のいらないものも、いるものもあります。
あるときは少しのアリだけですみ、、
あるときは半分のアリが必要になり、
あるときはほとんどのアリが働かなければならなくなります。

ならば、どうやって、そのつど必要なだけのアリを働かせるか?

アリには、もともと、やる気の差があるんだそうです。
やる気の違いこそ、アリの個性。

ちょっとした仕事は腰の軽いアリがこなし、
もっと大変になると、もう少し腰の軽いアリも動き、
どうしようもなくなると、腰の重いアリも働かざるをえなくなります。

また、アリの社会では、いつもサボってるアリがいるんだそうです。

アリの社会では、毎日、仕事があります。
卵の世話など、怠ったら社会の存続に関わる仕事も、
アリの社会は、年中無休。

もし、全員が働き者で、働きすぎて、疲れ、
全員がいっせいに休んでしまったら、
その社会が存続できなくなってしまいます。

だから、困ったときにいつでも動けるサボりアリが必要なんだとか。

エサを運ぶ道を間違えるおっちょこちょいアリも重要。
道を間違えたら、そっちのほうが近道だった……
と、そんな具合に、新ルートを発見するからです。

なるほど。

社会が僕を必要とするわけです。

娘よ、アリとキリギリスって話、知ってるか?

夏にしっかり働かないと、冬にエサがなくなるぞ。
夏に遊んでばかりのキリギリスは、冬、死んじゃうんだぞ。

わかったか、働きアリみたいに、勉強しとけ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

パテシエな前夜

先ほど、ようやく、クッキーが焼き上がりました。
紅茶シフォンケーキも。
オーブンは、6回使いました。

オーブンを使っている間、
読みかけで放置されていた文庫本を読了。

 「日の名残り」

イギリスの執事のお話。
作者はインタビューで言ったんです。
我々は、王様でもない限り、誰もが執事だ、と。
なるほど、たしかに、誰もが誰かのために働いています。

そして、袋詰めも完了。

きっと、娘が同じことをしたら、3倍は時間がかかるでしょう。

ははは、だから、娘よ、心配すんなって。
ちゃんとあるから。
余った卵白でつくったシフォンのおまけもあるって。

ところで、バレンタインデー前夜、パパは手伝ったのに、
なぜ、パパを手伝わない?

パパは、執事か?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

毎日のふつうのこと

暗く寒い夕暮れ、
仕事が終われば、
うちに帰ります。

毎日のふつうのこと。

うちに帰れば、
家族がいて、
あったかい鍋も、
あったかい布団も。

毎日のふつうのこと。

朝、うちを出ます。
帰ってくるために。

毎日のふつうのこと。

34万3935人にはできないこと。

娘よ、暗くなったら、早く帰ってこいよ。


Love and Peace ・・)v

| | Comments (0)

静かな日曜日

今日は、午前中、娘にシフォンケーキを伝授しました。
娘は、それを手土産に、いとこのうちへ出かけていきました。

その後、うちで、ひとり、映画を観ました。
図書館でVHSのビデオカセットを借りてきたんです。

 「渚にて」

1959年の白黒映画。
核戦争後、人類滅亡の日を迎えるまでの物語。

午後2時46分、僕は兄と車の中にいました。
いつもの池のほとりで、缶コーヒーを飲みに行く途中。
ラジオで、黙祷が呼びかけられ、鐘の音が聞こえてきました。

今日は、静かな日曜日でした。

娘よ、今日は静かな日曜日だったなあ。

Love and Peace ・・)v

| | Comments (0)

突然のギター

高校時代は、よくギターを弾いたものです。

エレキ少々、
もっぱらフォークギターを。
アルペジオの弾き語り。

あの名曲「神田川」が十八番でした。

当時のガールフレンドに聞かせたら、
彼女は涙を流したんです。

また泣かしてやろうと、
「22才の別れ」を練習していたら、
彼女から手紙が届きました。
別れの手紙でした。
彼女の涙は、別れを考えてのものだったようです。

そんなこと何も気づかない僕が、
一生懸命練習した歌を歌っていて……

 ♪ただ あなたのやさしさが こわかった

その意味がわかったような気がしました。

大学時代、アパートに、恋人が来ると、
僕がギターを弾いて、
二人でよく歌ったんです。

 ♪あのころ二人のアパートは裸電球まぶしくて

熱血教師の頃は、教室で、英語の歌を歌ったんです。

そして、いつしか弾かなくなって
ギターも壊れてしまいました。

で、今日、フォークギターをもらったんです。

突然。

前のギターよりずっといいのを。
ハードケース入り。

娘よ、どっちがいい?

パパがストリートミュージシャンになるのと、
パパの弾き語りをうちで聞くのと。

だから、どっちもいやじゃないっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

早起きなわけ

冬はつとめて……

やはり、冬は朝がいいんです。

ちょっと早く起きるんです。

冬の布団の中ほど、
心地のいい場所が、
世界のどこにあるのでしょう。
僕は知りません。

だから、その心地よさを味わうため、
もう一度眠るんです。

この至福のとき……

また目覚ましが鳴ります。

そして、その温かさを全身で再確認しつつ、
まだ眠れると、目を閉じます。

まさに、至高の瞬間……

また目覚ましが鳴ります。

これで、起きてしまったら、
もったいない、もったいない。

またまた眠るんです。

五分眠ったら、目覚ましが鳴り、
また五分眠ったら、また目覚ましがなり……

これを数回繰り返して、
ようやくベッドを出るんです。

毎朝、小さな幸せ、大きな喜びを感じられることに、感謝です。

で、娘よ、「つとめて」って意味知ってっか?

早朝だっけ??

たしか、そうだよな???

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

今日もバター品薄

今日は、チョコ味にしてみました。
シフォンケーキ。
昨日のレシピに、ココアパウダーを加えて、焼くと……

辛口料理批評家の娘によれば、
今日もおいしいとのこと。

ところで、まだ続いてるんです。

毎晩鍋生活。

今日の鍋は、
レタス、豚肉、椎茸、大根の鬼下ろしの水炊き。
ポン酢をつけて、いただきました。
レタスのしゃきしゃき感がたまらなく美味。

今日、仕事帰りに図書館によって、
パンの本を借りてきました。

で、娘よ、週末はパンだな。

パンに合う鍋、考えなきゃ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

バター品薄なもので

このごろ、バターがスーパーにないんです。
無塩のほうが。
毎年、ホワイトデーにクッキーを配るのですが、
これでは、クッキーが焼けません。

で、さきほど、シフォンケーキをつくってみました。
専用の型がうちにないので、
百均で、紙の型を買ってきました。

材料は、卵と砂糖と小麦粉とサラダ油と水、
だけ。

型がドーナツ状になっているのは、
中まで熱を通すためなんだそうです。
型の内側にバターを塗らないのは、
型にくっつけたまま、ふわふわの状態を保つためなんだそうです。

そして、ひっくり返したマグカップの底に、
型をひっくり返して置き、冷まします。

このすべて計算し尽くされたレシピは、
1927年にアメリカのハリー・べーカーが考案したもの。
公開しなかったので、1948年にこのレシピが売却されるまで、
幻のレシピだったんだそうです。

で、紅茶を入れ、娘を呼び、試食。

恐るべし、ハリー・べーカー。
彼は、カリフォルニアで、保険外交員だったとか。

少ししっとりした、ふわふわ感。
くどくない、やさしい甘さ。
なるほど、シフォンとは絹織物のことだとか。

娘よ、型、もう一つあるから、
明日もやるぞ。

何味にする?

これで、バターなくても、ホワイトデーは乗り切れるなあ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あれから一年の今日

今日から、高校入試が始まりました。
僕はテスト監督業務を。

最後のチャイムが鳴り終わるまで、
シャーペンの手が止まらないんです。
すごい迫力。

僕の学校は今年さほど競争率は高くないのですが、
それでも、受験生たち、いや親御さんたちは、
ものすごく緊張しているはず。

ま、この脳天気な僕でさえ、そうでしたから。

去年、娘が入試を受けた日は、
それまでの人生で一番長い一日でした。

娘のシャーペンが壊れて、
それで動揺したらたらどうしよう……

そんなことばかり気になっていました。

いやあ、娘よ、今年は気が楽だなあ。

でも、気抜きすぎじゃね?

いい加減にしろよっ。

パパが気抜いてるわけないだろっ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

小さな店、小さな映画

晩年は、小さな店を開く予定なんです。
ジロー’sカフェ、ほんとに。
まだ、どんな食べ物を出すかは未定ですが。

で、先日、映画を見たんです。

 「しあわせのパン」

小さな、静かなカフェの映画。
マスターが、パンを焼き、
マダムが、コーヒーを淹れ、料理をつくります。

何かを売って何かを買う以外の何か、
そんな何かがある小さな店。

僕の好きな映画は、小さな映画。
アクション、ラブシーン、特撮、ヤマなしで、
登場人物も少ない。

この前に「戦争と平和」(ソ連版)を見たんです。
7時間、エキストラ12万人という超大作。

それに、負けず劣らず、心に染みる映画でした。

娘よ、途中で寝ちゃったから、
もう一回観にいきたいんだが、
つきあうか?

ま、少しは買い物つきあってやるからさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ソウル・フードな日曜

五目ちらし寿司をつくりました。

酢飯をつくり、
椎茸、にんじん、ゴボウ、あぶらげを甘しょっぱく煮て、
これだと四目なので、
レンコンを酢と砂糖と水で煮て、五目にして、混ぜ合わせました。

我が家は、マグロの刺身をトッピングして食べます。

これは、つくるのにけっこう時間がかかるので
ついでに、ポテトサラダもつくりました。
ニュー・バージョンの。
ジャガイモとにんじんは蒸して、
炒めたベーコンを入れるんです。

五目ちらし寿司を重箱に詰めて、
ポテトサラダも一緒に、
実家に持っていきました。

ひなまつりの歌を母と祖母が歌ってから、
いただきました。

寿司は、我が家のソウル・フード。

娘よ、今日も美味かったなあ。

パパのポテサラもそろそろソウル・フード入りじゃね?

ま、ひな人形、片づけといたから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ハッピーひな祭り

ここ数年さぼってたんです。

で、昨夜、思い切って出しました。

雛人形。
五体あるうちの二体だけ。
台とか屏風とかは省略。
コーヒーテーブルの上にちょこんと。

で、昨夜、娘とひなあられを食べました。
今夜も、食べました。

明日は、実家で、五目ちらし寿司を食べます。
調理は、僕が担当します。

そういえば、昨年のこの日は、
娘の高校受験本番。

ひな祭りどころじゃありませんでした。

娘よ、来年も、ひな祭りやれるなあ。

え、ちゃんと飾ってないって?

ないよりましだろ、ないよりは。

で、明日、人形かたづけるから。

はやく、孫に会いたいからな、ははは。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

小さなこと

 男子に家事をやらせるな。
 人間が小さくなる。

と、マッチョな政治家が言ったんだとか。

僕も、男子で、家事をするのですが、
ずいぶんと、「小さく」なったんです。

小さな幸せを見つけては、
大きな喜びを感じる毎日。

ほんと、「小さく」なれてよかったな、と思うんです。

大きなことでしか満足できないオトコは、
まわりに迷惑をかけることも多々、ですから。

必要もない大きな建物を建てたり、
ひとのものまでとって大きくなろうとしたり、
大きいからといって、小さいのをバカにしたり、
そして、身近な愛を忘れがち……

ああ、いや、いや。

さ、これから皿洗いでもして、
さらに小さな人間になろうと思います。

娘よ、小さなことはたしかに小さい。
しかし、小さなことに誠実になるのは偉大なことだぞ。

わかったか?

ま、それ、マザー・テレサが言ったんだけど。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いまこそ わかれめ

今日ひさしぶりに歌ったんです。
卒業式で、「あおげばとうとし」

 ♪いまこそ わかれめ いざさらば

高校三年生の時も歌いました。

高校三年生になり、
いよいよ受験勉強を始めたとき、
もっとも驚いたことは、
古文にも文法があったこと。

当時、農業高校造園科で、
ワイルドな日々を送っていたので、
受験生になるまで、古典文法に出会わなかったのです。

国語の先生に、古典文法の参考書をもらい、
単語カードをつくって、活用と助動詞全部覚えました。

で、わかったんです。
「こそ」が来たら最後は「已然形」とキマリがあるんです。
ゆえに「わかれ」のあとに「め」が来る。
「め」は、意志を表す助動詞「む」の「已然形」
ということで、
「いまこそ わかれめ」の意味は、
「今こそ分かれ目」ではなく、
「今こそ別れよう」だ、と。

これを知ってから
「あおげばとおとし」を歌ったので、
感慨深いものがあったわけです。

で、大学に入ってから、
せっかく覚えた古典文法を使って、
短歌をつくりまくったものです。
時には、恋の歌を、ガールフレンドに捧げたりも。

娘よ、助動詞全部覚えたか?

そんなの常識だぞ。

古典はためになるんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »