« February 2011 | Main | April 2011 »

送別会最終夜

団子はあっても花はない我が家に、
花がいっぱいあるんです。

今日は、離任式。
7年間お世話になった学校に、
お別れをしてきました。

教え子たちから、
花だけでなく、
手紙や、寄せ書きや、プレゼントももらい、
感無量、ただただ感謝。

同僚の先生がたからも、
お餞別や、プレゼントをいただき、
こちらも、ひたすら感謝。

で、飲み会に行ってきました。
娘は、母親に預けて。

一次会、二次会、三次会……

朝まで行くぞ、
と意気込んでいたのですが、
午前2時には、たった二人になってしまい、
ファミレスに行き、男二人で、苺パフェを食べてきました。

僕はまだまだ行けたのですが、
結局、午前3時に帰宅。

14年住んだこのうちで寝るのも、
もう、あとわずか3回です。

ベッドで、寄せ書きと手紙を読んで、寝るとします。

娘よ、ところで、ママんちで宿題はかどったか?

高校をナメんなよ。

だから、パパは高校ナメてないって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

送別会は続く

連日の送別会、
今日は最後から二番目の。
水泳部OG・OBたちが開いてくれました。
みな成人してないので、ノンアルコールで。
さんざん食って、さんざん語って、
いよいよ、お会計というとき、
突然、プレゼントをくれたんです。
ネクタイとタイピン。

そして一冊のノート。
ひとりひとりのメッセージが、
丁寧に書かれていました。
女子のページには、プリクラも。
男子のページには、僕に反抗したことへの反省も。

思えば、僕が就職したときは、
バブル絶頂期。
田舎に帰って、教師になるのは、
トレンディとはかけはなれたことでした。
ところが、そのおかげで、教員採用試験は、倍率も低く、
こんな僕でも、なんとか合格できたんです。

つくづく、教え子たちに、バブルに、感謝感謝です。

娘よ、明日はママんち泊まってこい。

パパは、朝まで飲んでくるから。

ははは、パパだって、いくときゃいくから。

そこんとこ、よろしく。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

タツトリ作戦

このごろの昼間のお仕事は、
もっぱら、起つ鳥後を濁さずな作業。

今日は、朝から、
書類や本を縛って捨てたり、
シュレッダーにかけたり。

僕が転勤というので、
卒業した教え子たちが訪ねてきました。
ばっちり化粧して。

もちろん、
起つ鳥作業を手伝ってもらいました。

7年もいると、
ずいぶんとゴミをため込んでいるものです。
さんざんこき使ったので、
お昼に讃岐うどんをごちそうしました。

午後も、訪ねてきた教え子がいたので、
当然、お手伝い。
喫茶店で、コーヒーとホットケーキをごちそうしました。

これまで、まったく片づけをしてなかったのですが、
今日で、一気に片が付きました。

教え子の存在は、
まったくありがたいもの。

娘よ、つぎはうちの片づけだ。
マジで、がんばろうぜ。

あ、引っ越しのときも来てくれるってさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

菜の花

今年も、この季節がやってきたので、
いつものメンバーで行ってきました。

花見へ。

といっても、菜の花見へ。

祖母と兄と。

娘も行きたかったようですが、
友達と映画に出かけていきました。

それにしても、黄一面。
運動場10個くらい。

今日は、兄がかぜぎみということで、
車の中からの花見。
兄の好物のカフェオレは、
僕がつくって持っていきました。

去年も一昨年も、
ここで見た風景は、
まったく同じ。
僕たちも、ほぼ同じ。
来年も、きっと、僕たちはほぼ同じでしょう。

夕方には、娘も合流して、
ひさしぶりにファミリー全員で夕食。
粗食でしたが、みなで食べると、
けっこうなごちそうに感じました。

娘よ、忘れてはいけないぞ。

感謝の気持ちを。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

ちょっといい話

今朝、引っ越し屋の若手営業マンが来たんです。
見積もりに。
うちは、本が多く、なかなかの作業になるとのこと。

ギリギリの攻防の交渉が続き、
ようやく折り合いがつきました。

で、なんとなく、いろんな話になったんです。

その営業マンの生い立ち、とか。

高校を中退し、半年引きこもったんだそうです。
うちを追い出され、
バイトしながら、一人暮らしを始め、
そのうち、学ぶ意欲が出てきて、
大検を受け、合格、進学もして、
いくつかの職種を経て、現在にいたる、と。

彼は、なかなか優秀な営業マン。
礼儀正しく、知識も豊富で、話術も巧み。
僕よりかなり若いのですが、
僕よりかなり社会人らしい社会人。

立ち直ったきっかけは?
と訊くと……

彼が引きこもっているとき、
お母さんが、流行りのCDを買ってきてくれたそうです。
昼夜逆転しているので、夜中に聴いていたら、
お母さんに、うるさいと注意され、
そのとき、彼はブチ切れたのです。
竹刀を振り回し、お母さんをも打ったんです。

 そのとき、母さんは、言ったんですよ。
 打たれても、よけもせずに。
 泣きながら。
 それで気が済むなら、好きなだけ打ちなさい、と。

この一言で、立ち直ったんだそうです。

ちょっといい話。

今や、彼は、マイ・マンションを持ち、二児のパパ。

 家賃代わりに、月々、ローンを払って、
 もし払えなくなったら、
 ローンより高い家賃で、
 そのマンションを貸しちゃえば、大丈夫ですよ。

これも、これもちょっといい話。
言うのが遅すぎですが。

娘よ、いろいろ、捨てまくらないと、
引っ越し代、跳ね上がるらしいぞ。

はいはい、パパも捨てます、捨てます。

ちょっとだけ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

新しい生活

今日は、転勤先の学校に行ってきました。
会議、会議、会議な一日。

昼休みは、実家に帰ってみました。
新しい職場からは、とっても近いんです。
持っていった弁当は、実家で食べました。
食後は、母にコーヒーを淹れてもらいました。

これは、実に便利なロケーション。
弁当がなくても、大丈夫そう。

新しい職場でも、
僕の仕事は今とほとんど同じ、
これもありがたいこと。

会議がすべて終わり、
新居も決めてきました。
その昔の宿場町にある手頃なアパート。
娘は、歩いて高校に通えそうです。

娘よ、準備はいいか?

春だぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

ひとこと

大丈夫、
この言葉の力は大きい、
と思うんです。

自分で、自分に、言い聞かせるのではなく、
誰かに、そう言ってもらうと。

こんな僕でも、時には、
心配で心配で、
最悪のケースばかり思い浮かぶこともあるんです。

そんなとき、
ただ一言、
大丈夫、
と言ってもらえさえすれば、
ふんばれるんです。

また、しばらくしたら、
大丈夫、と言ってもらわなくてはなりませんが。

誰に言ってもらってもいいわけじゃないんです。
しかるべきひとの、
しかるべきタイミングの、
しかるべきトーンの、
大丈夫でなくてはいけません。

娘よ、大丈夫か?

え、パパこそ大丈夫かって?

ま、大丈夫じゃね。

Love and Peace ・・)v

| | Comments (0)

高校生無限大

昨日、我らが生徒会が集めた義捐金を、
郵便局に持っていきました。

ほとんどが小銭なので、
まあ、その重いこと、重いこと。
高校生が、三日間で集めたお金は、417702円。

僕が声をかけてがんばっても、
とうてい集められない金額、
つくづく高校生の無限の可能性を実感しました。

この次は、
「私たちができることリスト」のビラをつくり、
いろんなところに掲示したり、
駅前でまいたり、
ということを考えているようです。

高校生たちは、
本気になれば、
軽く大人を越えていきます。

生徒会本部のメンバーたちとも、
この春でお別れになりますが、
これからも、教師など当てにせず、
活躍してくれることでしょう。

娘よ、まだまだ、パパは越えられないぞ。

かかってきなさい。

ははは。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

帰郷

19才で故郷を離れ、
いつしか23年が過ぎていました。
大学で上京して4年、
温泉町に5年、
故郷から車で小一時間のこの町に14年。

この春から、
娘は、僕の故郷の高校に通い、
僕は、僕の故郷の別の高校に勤めることに。

おかずをつくりすぎたとき、
実家に持っていっても、
冷めない距離に住む予定です。

僕の故郷は、
大きな工場があって、
適度な田舎で、
あまり特徴のない町。

それでも、今回の移住は、
とってもエキサイティングなんです。

娘よ、いいか、捨てるぞ。

新しい人生のためには、
いろいろとな。

だから、パパのモノは捨てるのないっつーの。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

ショック・ドクトリン???

昨日、東京で、同志に教えてもらったんです。

 ショック・ドクトリン

惨事利用型資本主義と訳され、
カナダ人ジャーナリストのナオミ・クラインさんいわく、
「現代のもっとも危険な思想」
金持ちに有利な急進的な市場経済社会を実現するために、
人々の抵抗力をあらかじめ奪う惨事を利用するというもの。
過去に、いくつもの例があるとのこと。

しかし、僕のまわりでは、変化が起こっています。

多くの人が、やさしくなって、
他者への想像力を働かせるようになって、
原発について真剣に語るようになって、
無駄なものを見直し、
本当に大切なものに気づき始めたようなんです。

コンビニやファミレスが、少々、暗くなっても、
電車の本数が、少々、減らされても、
今まで使ってきたエネルギーを、少々、節約しても、
どうってことないということにも、気づき始めようなんです。

こんなにつらいことがあったのだから、
日本が、今よりずっといい国にならなくっちゃ、
割に合わないというもの。


娘よ、ショック・ドクトリンなど、おそれるに足りず、だよな?

え、何言ってるか、わからない?

ま、日本は、よくなるってことだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

東京レポート

今日、東京で、ブンガクの会議があったんです。
ちょっと悩んだのですが、
思い切って、行ってきました。

ラジオ持参で、
ニュースをずっと聞きながら。

全国から集まる会議なので、
欠席も目立ちました。

会議の途中で地震があったり、
原発3号機内の水蒸気を抜くというニュースがあったり、
かなりビビりながらの議論でした。

街は、いつもに比べて人出が少なく、
節電で、照明を落とす店も多くて、
とっても静かでした。

会議の前にちょっと時間があったので、
渋谷にも行ってきました。
岡本太郎の「明日の神話」を観に。

この超大作をタダで見れるとは……

ビキニ核実験がモチーフになっているんだとか。

早めに帰ろうと思ったのですが、
結局、飲めないくせに飲み会にも参加して、
帰りは遅くなってしまいました。

ま、娘よ、それでも土産は忘れなかったぞ。

小物だけどな。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

卒業

ついに昨日、
娘が中学校を卒業しました。

卒業式には、
娘の母親と揃って参加。

この9年間、
僕たちは、けっこう協力したんです。
結婚してたころにはなかったパートナーシップで。

式の最後は、
在校生と先生たちが見守る花道を、
卒業生と親が歩いていくんです。

僕は、この手のものは嫌いなので、
二人で歩いてもらい、
カメラ係に徹しました。

これで、娘の義務教育の9年が終わり、
シングルファーザーも10年目突入です。

だから、娘よ、心配すんなって。

弁当づくりなんか、楽勝だって。
パパには、シュフ魂があるからな。

ははは。

ま、自分でつくってくれても、いいぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

かわる

ひとは、誰でも、弱者、

だと思うんです。

かつては、自分では何もできない赤ちゃんで、
いずれは、介護がなくては暮らせない老人に。
そして、今回のような天災の前では、どんなひとでも弱者。

誰もが、それぞれ、弱いところをもっています。
ゆえに、誰もが弱者なんです。
強者は、ただ、その弱いところを隠すのがうまいだけ。

たとえ、競争に勝ったとしても、
すべての競争は部分を比べるものなので、
そのひとの一部がすごいだけで、
そほひとの全部がすごいわけではありません。
だから、ある競争に勝って、勝ち組ぶるのは、愚の骨頂。

ひとは、誰もが顔が違うように、
弱いところもそれぞれ、
強いところもそれぞれ、
ゆえに、助けあうことができるし、
助けあわなくてはならないのでしょう。

弱者に手をさしのべることは、
弱者にやさしい世界をつくることで、
結局は、自分にやさしい世界をもつくること。

だと思うんです。

今日も、朝と晩、
高校生たちと募金活動をしたのですが、
日本が、変わっているのを感じるんです。

多くのひとが、やさしくなって、
無駄なものを見直し、
本当に必要なものに気づき、
原発のことを真剣に考え、
他者のための想像力を働かせています。

娘よ、パパは、感じる。

世界が変わるのを。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

ぼきん

昨日から、僕の勤める高校でも、
生徒会の呼びかけで、募金が始まりました。

僕は、生徒会本部の生徒たちと、
朝は、駅前、
夕方は、スーパーの駐車場で、
募金活動をしています。

今日行ったスーパーでは、
毛布を集めていました。

明日は、生徒会室で、会議です。
募金の他にも何ができるか、を話し合うのです。
カネを出すだけでなく、知恵も出そう、と。

娘よ、女子高生パワーはすごいぞ。
「募金お願いしま~す」というと、
千円札がバンバン、募金箱に入るぞ。

そういゃ、もうすぐ女子高生だなあ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

親心

昨日、最後の高校入試の合格発表があり、
春から、娘が通う高校が決定しました。
無事、学費の安いほうへ。

自分の子どもの受験というものは、
自分の受験より、はるかに大変。

この受験を通して、
親心というものを初めて知りました。

自分の心がこのように動くとは、
まったく予想もしなかったこと。

試験中、シャーペンが壊れたら……
ケアレスミスが連発したら……
緊張して頭が真っ白になったら……
まわりの受験生が絶好調だったら……
花粉症の鼻炎で集中力が続かなかったら……
苦手な分野ばかり出題されたら……

親たるもの、
たとえ子どもの合格の可能性が99%でも、
不合格の1パーセントだけが気になるもの。

顔では、大丈夫だ、と見せていても、
内心は、ビビリまくり、
そして、最悪のケースに備えておく。

娘よ、いつもお気楽なパパも、
これで、少しは成長したぞ。

ま、パパがいるから、
これからも、大丈夫だ。
安心しろ。

ははは。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (6)

よくわかる暮らし

よくわからないんです。
毎日のように流れる原発のニュース。
時には、イラストを使って、教えてくれるのですが、
僕の理科の知識では、理解不能なんです。

今日、職場で、
理科の先生が二人、
原発のことで語っていました。
近くで、聞いていたのですが、さっぱりわかりませんでした。

そもそも、このパソコンも、
どのような仕組みになっているのか、
まったくわかりません。

今回、我々が、どれだけ、
よくわからないものに依存しているか、
を、思い知らされたような気がするんです。

うちの電気は、
おそらく、ここから21キロほど離れたところの、
原発によってつくられたものでしょう。

さきほど、電気を消して、ろうそくをつけ、
文庫本を読んでみました。
この仕組みは、よくわかります。

よくわからないものに頼ることは、
減らしたいものです。
極力。

よくわかるものなら、
トラブルの際、
誰でも対処できるでしょう。

娘よ、なんで、原子で電気がつくれるんだ?

学校で、先生に聞いてきて、パパに教えておくれ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ことば

マザー・テレサのことば。

 Little things are indeed little,
but to be faithfull in little things is a great thing.

 小さなことは、たしかに小さい。
 しかし、小さなことに誠実になることは、
 偉大なこと。
 
また、頭のいいマザー・テレサは、
高級車を寄付されたとき、
それをクジの賞品として、
その車の5倍のお金を集めたことも。

娘よ、とりあえず、ごはんだ。

おい、起きろ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

いのる

僕は、生まれたときから、
うちに、仏壇がありました。

物心ついたころには、
仏壇に手を合わせるようにしつけられたんです。

成長するにつれ、
紙切れに手を合わせて、
お題目を唱えるくらいで、
何か起こるわけがない、
と思うようになりました。

大学に入り、一人暮らしを始めたら、
祖母が宅急便で小さな仏壇を送ってきて、
中身はわざわざ持参してきたんです。

信仰心はまったくなかったのですが、
困ったときには、お題目を唱えたり、
罰が当たりそうで、仏壇を粗末に扱えなかったりも。

数年前、
木工細工が得意な父に頼み、
さらに小さい仏壇を作ってもらいました。
持ち運べて、ちょっとかわいらしいんです。

ここ数日、
素直な気持ちで、
その仏壇の前に正座して、
手を合わせ、
お題目をあげるんです。

こんなことをして何になるのか?

と思ってしまうこともあるのですが、
今日も手を合わせて祈りました。

娘よ、ということだ。

Love and Peace ・・)v

 クリック→<地震情報サイト>


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ふつう

福祉とは、

 「ふ」 ふつうに
 「く」 くらせる
 「し」 しあわせ

のことを言うんだそうです。

朝、布団の中で目覚め、
朝ごはんをつくって、食べて、
仕事や学校に行って、
弁当も食べて、
うちに帰ってきて、
晩ごはんをつくって、食べて……

こんな普通の暮らしができることは、
ほんとに幸せ。

「普通力」は、ここしばらく、うちのテーマでした。

 目の前の
 できることを
 当たり前にやる
 だけ

娘よ、ということだ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

にっぱちの不思議

蕎麦は、二八がおいしいそうです。
小麦粉:蕎麦粉の割合が、2:8のが。

2:8は、不思議な数字。

8割のクレームは、
2割のクレーマーから来るんだそうです。

ふむ。

また、働き蟻は、2割はサボるんだそうです
サボる蟻だけをはずして集団をつくっても、
その2割が、またサボり出すんだそうです。

ふむふむ。

たしかに、
どんな教室で授業をしても、
2割は聞いてないもの。

教師は、ついつい、
その聞いてない2割が気になって、
カリカリしてしまうもの。

8割うまくいっていて、
2割うまくいってない。
これは、むしろ、自然な状態。
だいたいオーケーなら、よし、としなくっちゃいけません。

ところが、
うまくいってない2割ばかりが、
気になってしまい、
うまくいっている8割を忘れてしまう……

すると、負のスパイラルに入り、
何をしても、裏目に出てしまう、
なんてことも。

だいたい、このへんで、
テキトーに手を打つことは、
実は、勇気ある決断なのでしょう。

娘よ、完璧主義のパパには、それがむずかしいんだよな。

どーすりゃいいかな?

おい、聞いてるか??

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

積極的ギリギリ派

なんてったって、
ごはんは、できたてが一番。
だから、シュフたるもの、
ごはんの時間から逆算して、
ギリギリまで、つくりはじめず、
できたと同時に、いただきます、とならなくてはいけません。

原稿もそう。
締め切り間際の最後の最後まで、
考え抜いて、
ようやく書いたら、
今度は、推敲に推敲を重ね、
ギリギリまで、磨き上げなくっちゃいけません。

ごはんを、はやばやとつくったら、冷めてしまうし、
原稿も、はやばやと送ったら、もうそれ以上よくならないし。

だから、シュフであり、物書きである僕は、
積極的ギリギリ派なわけです。

職場でも、なんでもギリギリ。
出勤もギリギリ、
仕事のとりかかりもギリギリ、
それでも、いちおう、〆切は守っています。
極力。

たとえば、何人かが、それぞれ、
同じ作業をしなくてはならないとき、
一番最後にとりかかるほうがいいんです。
なぜなら、先人たちの試行錯誤を参考にすれば、
最短距離を最短時間で進むことができるからです。
もちろん、先人たちへの敬意と感謝は忘れてはなりません。
ひととして。

で、娘よ、ギリギリに学校に行くのはよくないぞ。
学校で一番遅く、登校してるらしいじゃないか。

明日は早く行け。

パパみたいになったら、どーすんだ?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

人間はただの管

人間は、ただの管、
食べて、出すだけ、
中身は何もない

なんて、大学の同級生が言ったんです。

なるほど。

たしかに、管だと思うんです。
もう少し詳しく言うと、更新し続ける管。

食べ続け、出し続け、
管の細胞は、死滅と再生を繰り返し、
すっかり入れ替わりつつも、形を維持する。

出し切れないほど食べると、メタボに。
そもそも、メタボリックとは、代謝のこと。
食べた分は、きっちりと出さなくてはいけません。
でないと、肥満や動脈硬化など、恐ろしいことに。

人生は、
一枚とっては、一枚捨てて、
常に5枚だけ持っているポーカーのよう。

ひとつ覚えたら、ひとつ忘れ、
ひとつ手に入れたら、ひとつ捨てて、
ひとつもらったら、ひとつあげて、
ひとつ出会ったら、ひとつ別れ……

娘よ、春だなあ。

え、人間が管なら、中身がないって?

だから、何でも入れられるように空っぽなんだって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

ゆとりある夜

このごろ、夜、けっこうゆとりがあるんです。

で、晩ごはんを食べ、食器も洗ってから、
ビデオレンタル店に行ってきました。

娘は、CDを借り、
僕は、DVDを借りました。
店内を隈無く探し、
北欧の映画を二本見つけたんです。

このブログを更新すれば、特にすることはなし。

お茶と菓子を用意して、
ソファで毛布にくるまり、
いよいよ、DVDナイトとなるわけです。

おい、娘よ、つきあえよ。

だから、途中まで見て、
おもしろくなかったら、部屋行っていいからさ。

こんなマイナーな映画、
ともに語ってくれるひといないんだからさ。

だから、見てみなきゃ、
おもしろいか、おもしろくないか、
わかんねえだろよ。

え、明日学校だって?
パパだって、学校だっつーの。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

バーに行きたい

このごろ、娘が録りだめしておいたドラマを見るんです。

 「バーテンダー」

人気アイドルグループの一人が主役の。
おしゃれなバーのカウンターで、
様々なカクテルと人生模様が交錯する……
これが、また、けっこうおもしろいんです。

 三つの醜い真実より、
 一つの美しい嘘……

なんて、言葉を今知りました。

すっかり飲みにいくことの減った僕ですが、
二十代の頃は、よくバーに通ったものです。

社会人になりたてで、温泉街に住んでいたんです。
世界の酒の瓶が壁一面に並び、
ほどよい証明の下、ジャズが静かに流れ、
無口な蝶ネクタイのマスターと、
ひとあたりのいい、やさしいマダムが、
どちらもシェイカーを振っていました。

僕がよく飲んだのは、
アマデウス、シュワルツネガー、グラスホッパー、
どれも、甘くてクリーミーな、お子ちゃまフレイバー。
調子に乗って飲むと、けっこう酔ったものです。

十数年前、そのバーの閉店の噂が流れました。
ところが、しばらくすると、新装開店したんです。

さっそく、昔の仲間と訪ねると、
マスターとマダムは健在、
二人の息子さんも、
シェイカーを振るようになりました。

僕のコインケースは、
そのときもらった改装記念品。

今すぐにでも行ってみたい、そのバーは、
ここから車で3時間ほどのところにあるので、
なかなか行けないんです。

娘よ、なんだか、今日は飲みたい気分だなあ。

おい、次のも見ようぜ、次のも。

で、次の次のも見ようぜ、次の次のも。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

サンデー・ナイト

ひさしぶりに、日曜日、実家に行ってきました。

受験が終わり、遊びほうける娘とは別行動で。

兄と、いつもの大池の畔で、コーヒーを飲んで、
祖母と、いつものコロンボを見てから、
母に頼まれて、いつものカレーをつくりました。
今日、初めて、設置したばかりの電気ヒーターをつかいました。
圧力鍋で、いつものように、ふつうのカレーができました。

夕方は、うちに戻って、娘と合流。
娘の友達を招き、手巻き寿司パーティ。

もうパーティもお開きになり、
今、テレビをだらだらと見ているところです。

さっきまで、ビフォア・アフター、
今、松本清張のミステリー。

娘は、ソファで、眠ってしまったようです。

静かで、長い夜です。

娘よ、明日は学校だろ?
パパも学校だけどさ。

ま、いっか。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (3)

究極の持ち物

本番に持っていけるもの。
試験会場に持ちこんでもカンニングにならないもの。
試合会場に持ち込んでも反則にならないもの。
たとえ、真っ裸になったとしても持てるもの。

死の床に横たわりて、
最後の最後に持っているもの。

そんな究極の持ち物は、言葉。

どんな状況でも、
言葉は、我々を助けてくれます。

ピンチに陥ったとき、
頭の中に響く言葉に、
どれだけ励まされてきたことか。

有名スポーツ選手の名言などではなく、
ただ「大丈夫」と身近な誰かに言ってもらうだけでも、
ずいぶんと勇気づけられるものです。

生かす言葉もあれば、
もちろん、
殺す言葉もある。
そこが、おそろしいところ。

胸ポケットには、いつもメモ帳
枕元には、いつもボイスレコーダー、
何かいい言葉があったら残しておくんです。
言葉はすぐにいなくなってしまうので。

娘よ、言葉だぞ、言葉。

え、なんか、かっこいい四文字熟語いってみろって。

じゃ、ひとつ。

家事分担

パパはこの言葉が大好きだ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ひさしぶりの解放感

今日、ようやく、高校入試の全日程が終了しました。

毎晩、娘が解けない数学の証明問題を解かされ、
4色ペンを駆使して、図で解説した日々から、
ようやく解放されました。

おかげで、僕の数学の学力がグッと伸びました。

入試は、朝から行われるので、
最後の一週間は、
毎朝早起きして、
朝型の生活に切りかえたんです。
それも、今日で終わり。

入試は、仕事を休んで、付き添ったんです。
体育館が控え室で、一日、そこにいました。
これまでの人生で、もっとも寒く、長い一日でした。

今日は思いっきり夜更かしして、
無駄に時間を過ごし、
明日は思いっきり朝寝しようと思います。
目覚まし時計をかけずに。

娘よ、でも、終わってみると、なんだか物足りないなあ。

また、数学でもやってみるか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

忘れられない弁当

高校時代、
僕は外食派だったんです。
毎日、母に500円もらって学校に行きました。

学校の外に出ることは、
もちろん、校則違反。

それでも、フェンスを乗り越えて、いつもの店に行きました。

たいてい、コタニという同級生につきあってもらって。
コタニは弁当を持ってくるんです。
だから、コタニの弁当を、僕も手伝って、
午前中の休み時間に食べてしまうんです。

まあ、コタニの弁当の美味いこと、美味いこと。
大きな弁当箱に、ピカピカのご飯が入っていて、
おかずが、横のほうにあって、仕切はなく、
おかずの汁気が、ご飯へ絶妙に染みこんでるんです。

いつもの店は、お好み焼き屋。
ワンコインで、

焼きうどん 250円
ライス 150円
缶コーヒー 100円

で、食後は、店にキープしてあるマイ煙草で、いっぷく。
午後の農業実習に備え、至福の昼休みでした。

母にはいつも言ってたんです。
「弁当はつくらないで」
すると、母は喜んで、言いました。
「ジローは、ホントにやさしいねえ」
店で夜遅くまで働く母を気遣ってたわけじゃないんです。
ただ母のつくる弁当が、嫌いだっただけ。

それにしても、コタニの弁当は美味でした。
どうやったら、再現できるのでしょう。
春休みに研究することにします。

で、娘よ、今日の弁当は美味かったか?

春からは、コタニ弁当持ってくか?

それとも、そば弁当にするか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

教師に向いてない教師

つくづく、思うんです。

僕は教師に向いてないなあ、と。

「それでも教師?」

などと、よく生徒に言われるんです。
そして、今日も……

でも、この仕事、好きなんです。

あのバブル期に、
公務員が不人気だったおかげで、
教員採用試験に合格したんです。
今受けたら、間違いなく不合格。
ほんとに、ありがたいことだと思っています。

まあ、そのバブル崩壊後に採用された後輩達の、
優秀なこと、優秀なこと。

で、今日、「それでも教師?」と言った生徒に、ひとこと。

「じゃ、君は、高校生に向いている高校生か?」
「そりゃ、違うけどさ」
彼は、少し問題児。
「なら、教師に向いてない教師もいたっていいじゃないのか?」
「ま、そうだね」
「むしろ、必要じゃね?」
「はいはい」

こんな僕を「センセイ」と呼ぶ生徒達の存在への、
感謝の気持ち、
これだけは忘れてはいけません。

娘よ、感謝の気持ちだぞ、感謝の気持ち。

ありがとうって言えば言うほど、幸せになれるぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (8)

八の字根性を撃つ

たしかに富士山は美しいと思うんです。
特に、冬、遠くに見える雪化粧をした姿が。
凛とした姿に、こちらも、多少、稟とします。

その富士山、世界遺産になることを目指しているんです。
なぜ、世界遺産に登録されないかというと、
ゴミが多いからなんだとか。

岡本太郎先生は、
料亭の襖などに描かれた富士山を見て、
「日本一高い富士山は日本一美しい山」
と自動的に理解し、美しい、と感じることを、
富士山の絵が「八の字」の形をしていることから、
「八の字文化」と呼び、
それを、我々が決別すべきもの、と蔑んでいます。

なるほど。

芸術とは、そんな安っぽいものじゃないんです。
これまで誰もつくったことがないものだけが、作品。
常に、今を撃ちぬかなきゃいけないんです。

日本一の富士山は誰が見ても美しい。
だから、富士山の絵でも描いときゃいいだろう……

そんな安易な気持ちで、
芸術、いや人生は切り抜けられるものじゃありません。

わかるか、娘よ。

子どもはカレーが好き。
だから、カレーでもつくっときゃいいだろう……

なんて、パパが思うわけないだろ?

え、話がかわってるって?

かわってない。
料理は芸術だ。
ゆえに、シュフも芸術家だ。

明日も、パパの新作を食え。

ま、今日の新作が不味かったのは、認めるからさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

« February 2011 | Main | April 2011 »