« February 2010 | Main | April 2010 »

Write,Eat,and Love

今日で3月が終わります。
僕は学校で働いているので、
明日から、4月1日から、新しい年が始まるんです。
ということは、3月31日は、大晦日みたいなもの。

今、この1年を振り返り、しんみりしているところです。

今年は、実は、ブンガクイヤーだったんです。
けっこう、書きまくりました。
まだ、書き足りないほど。
発表のめどはついてないのですが、
売らんかなの世界の外で、書きたいものだけを書いたんです。
たとえ、すべてボツになったとしても、満足です。
ボツの裾野が広ければ広いほど、ブンガクの峰は高くなるんです。

やはり、書くために生き、生きるために書く。

料理もつくりまくりました。
新しいものにも挑戦して、
創作料理もいくつか生まれ、
こちらの世界も広がりました。

やはり、食うために生き、生きるために食う。

実家の面々は、今年もなんとか乗り切りました。
いろいろとピンチはあったのですが、
一致団結して、最後には笑顔を取り戻すことができました。

やはり、愛するために生き、生きるために愛する。


娘よ、パパの墓には、こう刻んでくれ。

 書いた、食った、愛した、と。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

一期一会

今日は、お別れの日でした。
学校で離任式があったんです。

つくづく、一期一会だなあ、と思いました。

どんな出会いにも別れがあるんです。
たとえ家族となって一緒に暮らしたとしても、
死別という別れからは逃れられません。

そう、人生は、出会いと別れの間にあるんです。
いや、出会いと別れの間にしかないんです。

昨夜は、ずっとオーブンをフル回転させて、
クッキーを三種類焼きました。
で、今日、そのクッキーを職場に持っていき、
餞別として、お別れになる同僚に渡してきました。
お金はかけてませんが、手間と愛情はかけました。

いいか、娘よ、人生にはな、愛と別れしかないんだぞ。
どんなに愛しても、必ず別れが来る。
悲しいけれど、それが、人生だ。

だからこそ、別れるまで、精一杯、愛さなくちゃならないんだって。

え、パパは何を愛してるのかって?

パパは世界を愛している。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ラブ&ピースなブログ

先日、娘がデジタルの腕時計を持ってきて、
時報が鳴るようにして、と言いました。

以前、僕が買い与えた無名ブランド安物ウォッチ。
たしか1980円。

ボタンは三つあり、いろいろ試したんです。
一つずつ押したり、二つ同時に押したり……
僕は、こういうとき、粘り強いいんです。

1時間ほどがんばったのですが、ダメ。

ふと、インターネットで検索してみたんです。

すると、思わぬものがヒットしました。
見知らぬ人が、ブログに書いていたんです。
まさに同じデジタル時計の画像付きで。
そのブロガーは、ブログのネタがなかったらしく、
それで、そんな記事を書いたようです。

そのブロガーのおかげで、
娘の腕時計は時報が鳴るようになり、
娘に感謝されました。

そのブログの記事には、コメントがいくつかつけられていました。
そのすべてが、感謝の言葉。
僕と同じ問題を抱えていたひとたちが、そこに辿り着いたようです。
そのブロガーは、自分がそんなに感謝されて、驚いていました。
もちろん、僕もお礼の書き込みをしました。

今、我々は、今までない形で助けあっているんです。

娘よ、今日も腕時計ピッピって鳴ってるか?

世界は今日もラブ&ピースだなあ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

町はずれの洋食屋

町のはずれに小さな洋食屋があるんです。
店内は、決して、おしゃれでもきれいでもなく、
流れる音楽は、80~90年代歌謡曲、
で、めちゃめちゃ、おいしいんです。
一度だけ、行ったことがあったんです。

今日、久しぶりに娘と外食することになりました。
娘のバイオリンの発表会があったのでその打ち上げで。
ハンバーグが食べたい、と娘。
ファミレスに行くと、たくさん客が待っていて、
ふと、その洋食屋を思いだしたんです。
きっと、その店なら空いているだろう、と。

で、その店に行くと、すでに先客がいましたが、
すぐに席に座ることができました。
あいかわらず、昭和Jポップスが流れていました。
娘はハンバーグ、僕はチキンステーキをオーダー。
昭和の恐怖コミックスを読みながら、料理を待ちました。

店内では、子どもが走り回り、
ぽつぽつと新たな客も入ってきました。
なかなか繁盛している様子。
地域にはなくてはならない店なのでしょう。

で、料理は……
やはり、絶品。
娘は僕のチキンの方が気に入ったらしく、
途中で、皿を交換しました。

チキンの間にチーズが挟まっていて、
トマトソースがかけてあるんです。

とにかく、発表会が終わり、ようやく、一息です。
僕が弾いたわけではないのですが、なんだ疲れました。

娘よ、またあの洋食屋行こうぜ。

ああゆう店は大事にしなきゃいかん。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

計画って……

人生、なかなか、計画通りにはいかないもの。

会議室で、計画を立てても、
現場では、計画を越える事件が起こるもの。

計画を細かく立てればたてるほど、
計画通りにいかないものが増えます。

ならば、いっそのこと、
一切、計画を立てるのをやめたら……

いくら、イキアタリバッタラーの僕でも、
そこまでは、思い切ることはできません。

新年度が始まるまでの春休み、
いろいろと計画してたんです。
今のところ、、その計画の、半分も、
いや三分の一も、実行できていません。

こんなことなら、計画など立てなければよかった、と思う今日この頃。

ったく、娘よ、パパにだってな、
いちおうの計画くらいあるんだっつーの。

子育ての……

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

弱者上等っ!

誰もが、弱者なんです。
つい忘れてしまうことですが。

誰もが、不完全で、弱いところがあるんです。
誰もが、かつては、赤ちゃんという弱者だったし、
誰もが、いつかは、老人という弱者になるんです。

「強い」なんて思っている人は、
自分の得意なところと他人の苦手なところを比べてるだけ。
他のところを比べたら、とたんに「弱く」なるもの。

結局、人間は二種類の弱者に分類されます。
弱さをかくす人と、弱さをかくさない人。

声が大きい人が、実は気の小さい人だったり、これはよくあること。
表に出ているところは、かくしている弱さの裏返し。
強がっているひとほど、弱かったりするんです。

幸いなことに、強さが多様なように、弱さも多様。
だから、我々は、助けあえるのです。
自分の強いところで助けてあげて、
自分の弱いところを助けてもらって。

誰もが抱える弱さを芸術にまで高めるのも、ブンガクの仕事。
ブンガクの主人公なんて、決まって弱いひと。
弱いながらも、なんとか生きていくところに、勇気づけられるんです。

強いひとについていくより、弱いものどうし助けあうべき。
強いひとも、ついていったら、
結局、同じ弱いひとだとわかるのがオチ。

娘よ、わかるか、誰もが弱者なんだぞ。

だから、パパは得意な料理するから、パパの苦手な掃除、よろしく。

弱者どうし、助けあわなくっちゃ。
これがラブ&ピースってもんだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

遅く帰る夜

今夜は同僚の送別会、
フランス料理を食べてきました。
キャンプ帰りの娘を実家にあずけて。

さんざん食べて、さんざん語って、
実家に行くと、娘は布団の中でスヤスヤ。
で、今夜は実家に泊まることに。

もうすぐ4月、また新年度が始まります。
今年は、どこまでがんばらないようにがんばれるか、
正念場になりそうな予感。

さきほど、僕より遅く、父が帰ってきました。
パチンコから。
母が風邪気味にもかかわらず。
母にこっぴどく怒られて、
お金もまきあげられていました。

さ、娘よ、明日は早起きだぞ。
ジイジがみやげにハンバーガー買ってきてくれたぞ。
朝ごはんに食おうぜ。

Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

かには釣れたか?

今日は、一日、雨が降っていました。
夜になっても、雨は降っています。

娘は、キャンプに行っています。
キャンプといっても、テントに泊まるキャンプではなく、
宮沢賢治の物語を、解釈して表現する活動に参加しているのです。

その劇は、人体交響劇といって、
とっても前衛的なパフォーマンス。
視覚班、聴覚班、言語班と分かれて表現するのです。

「パパにはどうせわかんないよ」、と娘がよく言います。

たしかに、僕にはちょっと難しいのです。

それでも、小さな子どもたちから、
大きなお兄さんお姉さんたちまで、
一緒になって、物語世界を共有するのは、
すごいなあ、といつも感心はしています。

毎週土曜、「ものがたり文化の会」という集まりに、
娘は楽しそうに通っています。

その先生には、実は子どものころ、英語を教わったんです。
今は英語ではなく、宮沢賢治なのですが、
親子二代にわたって、お世話になっているんです。

娘よ、今夜は、雨で、かに釣り、中止か?

ま、発表会近いんだろ。
がんばれよ。
見に行くから。

え、わかんないくせにって?

じゃ、いちおう、予習していく。
「鹿踊りの始まり」読んどくぜ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

直感で、前へ

ヒマさえあれば、何もしない、今日この頃。

今朝、娘が2泊3日のキャンプに出かけていきました。
夜は、かに釣りをやるんだとか。
みな楽しみにしているんだとか。

で、今日は気になっていた映画を見てきました。
「戦場でワルツを」
めずらしいアニメの戦争映画、
アニメだからこそリアルに描けるストーリーでした。
ちょっとガツンとやられました。

その後、ショッピング。
デパートに紺ブレを買いに行ったのですが、
びっくりするほど高くて、涙の撤退。

コーヒーは、カフェ3軒で3杯飲みました。

最後のカフェで、ちょっとめずらしいものも食べました。
ベジバーガー、豆腐が挟んであり、とっても美味。
そこのコーヒーには、アイスの木の棒みたいなのがついてきました。
砂糖とミルクをかき混ぜるように。
そこには、メッセージが書かれていました。

 Follow your instinct.
 (直感に従え)

やはり。

考えぬいて出した結論より、
なんとなく決めた結論のほうが、
うまくいくことが多いんです。
僕の人生の場合。

そして、駅のトイレ(小)に行くと、次のメッセージが。

 さらに一歩前へ。

で、覚悟は決まりました。

娘よ、もう誰にもパパは止められないぜ。
直感に従い、前に進むだけだ。

しかし、中学生は、親に従いなさい。

で、かには釣れたか、かには?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

ビーフすじシチュー

昨日は、墓参りに行ってきました。
祖母と兄と娘と。

ぼた餅がなきゃいかん、
と祖母が言い張るので、
その帰りに、スーパーで、ぼた餅を買いました。
きな粉と粒あんの2種類。

うちに帰って、ぼた餅を食べながら、
グリーン・ティー・タイム。

夕飯は、カレーをリクエストされていたのですが、
娘が、たまにはビーフシチュー、というので、変更。

スーパーで、牛すじを買ったんです。
とても安かったもので。
最初に、圧力鍋で、安物赤ワイン煮にしたら、柔らかくなりました。
それから、タマネギ、ジャガイモ、にんじんを煮て、
缶詰のデミグラソースとホールトマトと入れて、コトコトと。
祖母が味見をすると、もっと醤油を、と。
父が味見をすると、もっとソースを、と。
で、醤油もソースも、おまけにケチャップも入れ、完成。

安上がりな、牛すじシチュー、くせになるおいしさでした。

今日の朝食は、
タッパーに入れて、お持ち帰りした牛すじシチューを、
フランスパンにつけていただきました。

それにしても、娘よ、牛すじ、美味かったな。

ちくしょー、なかなかベジタリアンになれねえぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

紺ブレなわけ

僕はよく学校へ紺のブレザーを着ていくんです。

ちょっと訳があって。

というのは、
まだ教壇に立ったばかりの頃、
「世界の先生」というテレビ番組を見て、
いたく感動して、
いまだにその先生の真似をしているんです。

アメリカの学校の授業が紹介されていました。
先生は、社会を教えていて、
その授業では、湾岸戦争を取り上げていました。
あらゆる方向からその戦争を見るために、
様々な生の声を聞くんです。
イラク人、クウェート人、国連、アメリカの政治家や兵士などの。
教室から、直接、電話をかけたり、ゲストを招いたりして。

先生は、決して、自分の考えを押しつけません。
いつも、生徒に言うんです。

「で、君はどう思うんだい?」

生徒たちは、なかなか答えられません。
でも、先生は、待つんです。
そして、ついに、生徒は、自分の言葉で話し出すんです。

ものごとを多面的にとらえ、
自分の考えを自分の言葉で言うこと。

これを教えようと、何度失敗してきたことか。

番組の最後に、先生は言いました。

 この国をいつか教え子たちが変えてくれるのを、
 僕はとっても楽しみにしている。
 こんな職業、他にあるかい?

ブラボー。

で、その先生が着ていたのが、紺ブレ。
あわてて、買いに行きました。

ということで、娘よ、
パパは新学期に向けて、
明日、街で、イケてる紺ブレ、買ってくる。
ちょっと今着てるのが、すり切れちゃったからな。

え、パパだけ買うなんてずるいって?

うるさい、これは、日本の将来への投資だ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

イチブとゼンブ

結局、どんなにがんばっても、
ひとは、ものごとの一部しか見られない。

と、つくづく、思うんです。

しかし、ものごとの一部だけを見て、
全部をわかったような気になるひとの、
なんと多いことか。

まったく。

ま、僕もその一人ですが。

あるひとが、
ある一部で他に秀でていたからと言って、
そのひとが他よりエラい、
ということはありません。
絶対に。

逆もまたしかり。

たとえば、肌の色が濃いというだけで、
その人種が「下」というわけではないように。

どんなものも、
それ一つで存在することはなく
他の多くとつながっていて、
全体の一部なんです。

どんなものも一部しか見られないのなら、
どんなものも完璧にわかることはない。

ということなんです。

だから、我々は、謙虚にならざるをえない。

のです。

ものごとを、わからないながらも、
謙虚に、
多面的にとらえようとすること。

これが生きるということ、
つまり、ブンガク。

だと思うんです。

さ、娘よ、今日もパパはブンガク、ブンガク。

だから、パパのグータラしてるとこだけ見て、
パパを怠け者だなんて思ったら、、
それは、間違い、間違い。

ははは。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いくときゃいかナイト

送別会シーズンが始まりました。

今日は、その最大のヤマ場な日。

こんな僕でも、たまには、
行くときは行くところを、
世間に見せつけようと、
娘を、娘の母親に預け、行ってきました。

もちろん、娘の夜の弁当はつくって。

まずは、しゃぶしゃぶ食べ放題の一次会。
二次会、三次会、ラーメン屋、
そして、深夜のファミリーレストラン。

僕は、朝まで行くぞ、と宣言していたのですが、
結局、午前2時で、みんな帰ってしまいました。
まだ、朝までたっぷり時間があったにもかかわらず。

実は、途中で、持っていた金がなくなってしまいましたが、
職場の若いもんに金を借りてまで、
行くときはとことん行くところを世間に知らしめてきたんです。

実は、こんなことは、
シングルファーザーになってからは、
初めてのこと。

娘よ、今夜、パパは10年ぶりくらい飲んできたぞ。

何をって?

ウーロン茶、オン・ザ・ロックで。

もういいわ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

褒めて伸ばす塾

脳は、自発的に、よく働くんだそうです。
強制されると、動きが鈍るんだとか。
また、脳は、褒められると、よく伸びるんだそうです。
叱ってばかりだと、萎縮してしまうのでしょう。

つまり、お勉強は、自発的にやるもの。
そして、学力は、褒めて伸ばすもの。

なるほど。

このごろ、塾生が娘一人というジロー塾では、
娘の苦手な数学に取り組んでいるのですが、
娘をむりやり机に向かわせ、僕がビシビシ教えて、
間違えると、嫌味を言ったり、怒ったりしてたんです。

もちろん、効果はイマイチでした。

やはり、
馬を水辺に連れて行くことはできても、
水を飲ませることはできない、
とは言ったもの。

水を飲ませることはできなくても、
飲みたくなる気にさせることはできます。
そこが、指導者の腕の見せ所。

娘よ、勉強したくなったら言ってくれ。
もう怒るのはやめたぞ。
褒めて伸ばす方針にしたから。

で、もうずっと待ってんだけど……
だんだん、腹立ってきたんだけど……

だから、早くしろって言ってんだろっ。
いつも、いやなことを後回しにすんなって言ってんだろ。

なんて言わないぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

動かざること山のごとし

ときどき、じっとしてるんです。
動かざること、山のごとく。
やがてまわりが動き出すんです。

たとえば、学校で。
いいセンセイは、とにかく動きます。
動けば動くほど、そのセンセイの評判が上がり、
さらにいいセンセイは動き、さらにいいセンセイに。
しかし、やがて、止まるんです。
生徒の動きが。
センセイにまかせておけばいい、と。

学校というところは、
いいセンセイをつくるところではなく、
いい生徒を育てるところ。
生徒を動かしてなんぼの世界。

だから、ときにセンセイがあえて動かないことが必要。
あんなセンセイ頼りになんないから、と、
やがて生徒が動き出すのを、じっと待つのです。

実は、これが勇気がいることなんです。
生徒にはバカにされるし、
同僚にはサボっていると思われるし。

娘よ、見たか、このパパの計算づくの勇気。

ははは。

え、ただのグータラだって?

だから、今は動かないで、力ためてんだって。
そのうち、動きたくてたまんなくなるまでな。
パパが動き出したら、誰にも止められないぜ。

そこんとこ、ヨロシク。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

二日遅れの

昨日おとといと、生徒たちが休みだったので、
今日、ようやく、義理クッキーを配り終えました。
今年のクッキーは2種類。

抹茶クッキー(約40枚)

 <材料>
 薄力粉160g
 抹茶パウダー15g
 無塩バター120g
 粉砂糖60g
 卵黄1ヶ

 ラップで2本の筒状にして、
 160度で16分、2回焼きました。
 香りよく、サクッとした歯ごたえが美味。

チョコチップコーンフレーククッキー

 <材料>
 砕いたコーンフレーク80g
 薄力粉110g
 無塩バター60g
 チョコチップ50g
 ベーキングパウダー小さじ1
 砂糖70g

 スプーンですくって、掌で平たく丸め、
 180度で12分焼きました。
 コーンフレークのジャリジャリした食感が美味。

本当は、おからクッキーを作ろうと思ったのですが、
昨日買いに行ったら、売ってませんでした。
おからは、いつも売ってるわけではないようです。
知りませんでした。

娘よ、週末は、おからクッキー作るぞ。

え、本命クッキーはないのかって?

ま、お子ちゃまは、そんな心配しないでよろしい。

宿題やれ、宿題を。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

夜の弁当

よく娘に弁当をつくるんです。
学校に持っていく弁当でない弁当。

娘が学校に持ってく弁当をつくるのは大変。
女子中学生は、とにかくビジュアル重視。
友達の前で弁当を開けたとき、イケてなくちゃいけません。
僕はおいしくて栄養バランスがとれた弁当はつくれますが、
女子中学生好みのビジュアル重視弁当はつくれません。
だから、弁当の前日は、娘とメニューを決め、買い出し、

当日の朝は、僕が調理、娘が詰め込み&デコ。

娘が高校生になったら、毎日弁当。
僕の人生最大の試練が待っていることでしょう。

さて、学校に持っていかない弁当とは、
娘と別行動の時に、娘が一人で食べる弁当。
休日出勤の時の娘の昼ご飯や、
夜飲み会に行く時の娘の晩ご飯など。
弁当箱に入れて、テーブルの上に置いておくんです。

お総菜やホカホカ弁当を買っておいたり、
コンビニで好きなものを買うようお金を渡したり、
そうすれば、楽なのですが、
そういうことは、僕はできないんです。
この数年で築き上げたシュフ魂が邪魔して。

罪悪感弁当でもあるんです。
僕が一人よろしく楽しんでいるとき、
多少、娘に申し訳なく思うもので。
もし娘が一人でコンビニ弁当を食べる姿を想像したら、
楽しいときも楽しくなくなってしまいます。

娘よ、今日の晩ご飯は、
ビジュアル的にはイケてないけど、
おいしいおいしい肉食系女子中学生用弁当だ。

じゃ、いってくる。
だから、仕事だって。
呑み会なんて、好きで行くんじゃないんだから。

で、数学のプリント1枚やっとけよ。
帰ったら、丸付けしてやるから。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お花見サンデー

花見に行ってきました。
祖母と兄と三人で。
といっても、菜の花ですが。
故郷の町はずれに、
運動場10ヶ分くらいの菜の花畑があるんです。

コンビニで何か買っていけばいいと思っていたら、
祖母が、どこかお店に行きたいというので、
さんざん悩んで、イタリアンなファミレスへ。
祖母はシーフード・スープスパゲッティ、
兄はピザ、僕はバジルのスパゲッティ。
祖母も兄も僕も、もちろん、食後のコーヒー。

そして、菜の花畑へ。
たくさんのひとがいました。
いつの間にか名所になっていたようです。
菜の花を見渡せるところに車を停め、
兄にはちょっと車の中で待っていてもらい、
祖母と少し菜の花畑を歩きました。

帰りに、田舎道を通っていくと、
道ばたに、タンポポも咲いていました。

実家に戻ると、
僕はカレーをつくりながら、
祖母と録画しておいた「刑事コロンボ」を見ました。

で、さきほど、母親と一緒にいた娘と合流して、
うちに帰ってきました。

娘よ、明日は、朝カレーだ。

で、今からホワイトデーのクッキー作るぞ。
手伝わないと、味見させてやらないぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ほぼ毎日のこと

このごろ、ダイニングテーブルの上には、
いつもベーグルがのっています。

朝ご飯になったり、
おやつになったり、
僕の弁当になったり。

2日か3日おきに、ベーグルを作ります。
形がきれいにできる時とできない時はありますが、
あのモチっとした食感と、あの素朴は味はいつも同じ。

ベーグルは、上下半分に切って、少し焼いて、
娘は、ピーナツバターを塗るのが好きなようです。
僕は、トマトとオリーブ油と塩こしょうを混ぜてのせるのがお気に入り。

サンドイッチもバリエーションがあって飽きが来ません。
ポテトサラダとベーコンとケチャップとか、
ベーコン、レタス、トマトとか、
ゆで卵ペーストとか、
生ハムとレタスとマヨとか。

毎日のように食べると、
つくづくベーグルの世界は奥が深いなあ、
と思うんです。

何でも毎日続けると、見えてくるものがあります。
それは、毎日続けないと、見えないもの。

ほぼ毎日のこと、
料理とか、ヨガとか、ブンガクとか、
それらを極めるには、ひとの一生は短すぎます。
ゆえに、生涯続ける価値があると思うんです。

娘よ、毎日だぞ。
毎日続けることが大事だ。
一日さぼったら、次の日二日分やれ。

継続は力なりだ。

え、パパはバイオリン毎日練習してるのかって?

はいはい、練習します、練習します。
え、でも、もう遅いから、近所迷惑だし……
明日、二倍やるから、今日はお休みということで。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

人間だもの

このごろ、ちょっと勉強してるのが、弁証法。
月に一度の読書会で。

弁証法は、つまり、ものの見方の研究。
ものの見方、これは人生において、とても重要なこと。
ブンガクはものの見方、といった作家もいたほど。

キーワードは3つ。

①矛盾

 ものごとは、矛盾してるんです。
 かつて、歴史上、矛盾のない時代はなく、
 ひとは、常に、矛盾の中で、
 引き裂かれそうになりながら、がんばってるんです。
 矛盾上等、そこんところヨロシク。

②変化

 ものごとは、変化します。
 形あるものは必ず壊れ、
 どんな生物も老いていき、
 絶対に正しい答えが、間違いになったり。
 唯一変化しないものは、ものごとは変化するという事実くらい。

③全体

 ものごとは、他と切り離して、単独で存在できないんです。
 一部だけを見て、全体を理解した気になるのは、傲慢。
 一部が正しくても、全体的には間違いなんて、よくあること。
 誰にも、いいとこがあって、悪いとこがあって、当然。
 
弁証法は、日常生活で、結構役に立ちます。

矛盾にぶちあたっても、これは自然なことと思えばいいし、
ものごとは必ず変化するので、今はダメでもよくなることもあるし、
これで負けたとしても、あれで勝負して、全体的には引き分けを目指せばいいし、
などと、考えると、ストレスが減る経る。

娘よ、
言ってることとやってることが矛盾してて、
考えてることがコロコロ変わって、
長所を消してしまうほどの短所があるってことはな、
人間だってことだぞ。

え、それはパパのことだって?

人間だもの。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

新しい人間

何か問題を解決しようとするとき。
たとえば、本の助けを借りるとして、
二つ方法があると思うんです。

 ①その問題についての本を読む。
 ②その問題に関係ない本を読む。

①では、how to ものや、分析したものや、
その問題を解決した人の体験談など。
すぐにも参考になりそうな本。

しかし、実は、①が役に立たないことが、けっこうあるんです。
問題は、それぞれ似ていても、状況が違ったりするので。
金持ちになる本、幸せになる本、痩せる本など、たいていインチキです。

では、②。
まったく違う世界の話なのに、大きなヒントが隠されている本。
ここで、ブンガクの登場です。
僕はこれまでブンガクにどれだけ救われてきたことか。
何百ページもある本のたった1行や、
物語のたった一場面の風景や、
登場人物のたった一言が、
心の支えになったりするんです。

さきほど、テレビに大江健三郎が出て、
いろいろと、難しいことを話してました。
ベーグルをつくりながら聞いていたので、
すべてはちゃんと頭に入らなかったのですが、
一言だけ、心に残っているんです。

 ブンガクとは、新しい人間を作ること。

まったく、ブラボーなコトバ。

そう、我々は、日々、新しい人間になるために生きてるんです。
たとえ、一日一日年老いて、死に向かっていようとも。

たとえば、学校。
教えることは、まったく①ばかり。
「前例にない」ことは、誤りで、
答は、たいてい、教科書の中、教師の頭の中。
これじゃ、「新しい人間」なんて、育ちっこありません。

娘よ、で、今日は、本屋でいいの買ってきたぞ。

 「5教科入試によく出る1・2年総復習」


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あえてのマイノリティ

子どもの頃から、
あえてマイノリティを選んでしまうようです。

みんながワーっと同じ方向に行くと、
スーっと冷めてしまい、
違う方向へ足が向いてしまうんです。

小学校の初めてのテストで一人だけ0点だったり、
中学校では、ツッパリとなり、高校へ行けなかったり、
農業高校造園科では、一人だけ英文科の大学をめざしたり、
大学では、バブルの波に乗りきれず、貧乏ブンガク青年だったり、
社会人になっても、あいもかわらず。

いろんな大腸菌を集めて、
生き残りレースをすると、
強い(と思われる)のばかりが生き残るわけでなく、
弱いのも、変なのも、少数ながら生き残るそうです。

もしある生物の種(しゅ)が、
同じようなのばかりになってしまったら、
なにか環境の変化があったりすると、
絶滅してしまう可能性もあります。
だから、生物は、均一性より多様性を選び、
マイノリティを抱えるのでしょう。

社会の健全さは、マイノリティへの配慮で計られる、
と思うんです。
マイノリティといっても、弱者のマイノリティへの配慮で。

そもそも、だれもが、弱者なんです。
赤ちゃんの時は究極の弱者だったし、
年をとれば必ず弱者になるし。

そういえば、デンマークにいったとき、
老人、赤ちゃん、障がい者を、どこでも見かけました。
街はどこもバリアフリー、さすがは北欧福祉大国。

中学の時テレビで見た弁護士のことをよく覚えています。
その弁護士は、反体制派専門。
「社会には、反体制派が必要」とその弁護士は言っていました。
よしツッパるぞ、と心に誓ったものです。

やはり、娘よ、映画は、
キャラメルポップコーンを食べながら3Dより、
飲食禁止のミニ・シアターで、平日の夜、ってのがいいなあ。

だから、パパは友達少ないんじゃないって、
あえて、マイノリティの道を選んでるんだって。
人類の種の保存のためにな。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

SMALL BUT...

昨年末に再開した両親のおすしカフェ、
どうやら、好調のようです。

といっても、儲かっているというわけじゃないんです。

母の陣頭指揮の下、
店をこれ以上小さくできないくらい小さくして、
支出をこれ以上減らせないくらい減らして、
とにもかくにも、事業仕分け。

壁には、ちょっとしたアートギャラリー、
ごく数人の常連さんが集うコミュニティー。

両親は微々たる年金をもらいつつ、
祖母と兄の面倒も見つつ、
店を僕に乗っ取られるその日まで、
ぼちぼち店を続けるのでしょう。

小さなビジネスは、
儲けは少ないのですが、
支出も少ないので、
とてもサステイナブル(持続可能)。

昨年は、母が、心身のバランスを崩し、
大変な時期もあったのですが、
今は、とても元気に店に出ています。
父が、体調不良を言い訳に五輪休暇をとっていたときも、
ひとりで店を開け続けました。

 いつか一発当てる……

勝ち組・負け組社会を前政権が推進したとき、
ホリエモンなどを持ち上げて、
がんばればいつか……、と幻想を持たせ、
多くの若者を黙らせてきました。

恥ずかしながら、この僕も、
いつか……、などと思っていました。

今は、僕も両親を見習い、
売らんかなの世界の外で、
本当に書きたいものだけを書いて、
本当に食べたいものだけを食べて、
ほどほどにそこそこに、
書くために生き、生きるために書き、
食うために生き、生きるために食う、
これでいこうと思っています。

娘よ、パパも好調だぜ。

え、校長になるのかって?

だから、そのコウチョウじゃない。
パパは、おのれを知っている。

いいか、人生に「いつか」は来ない。
今しかない。
今を生きろ。

おい、だから、もう寝るな。
まだ、夜はまだ若い。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

春を感じる夜

冬来たりなば春遠からじ

とは、英国詩人シェリーの詩の中の言葉。
大学時代、「英国文学史Ⅰ」で苦しみながら覚えました。

今年もこの季節がやってきました。
もうすぐ春です。
それを僕が最も感じる場所は、スーパーなんです。

イチゴが突然安くなるんです。
今日、スーパーに行くと、
なんと1パック150円。
すかさず、2パック購入。

小さくて、形が悪いんです。
しかし、そんなことは関係ありません。
ジャムにしてしまうからです。

玄米菜食の夕食の後、さっそくジャムづくり。
すると、なぜか、娘がジャムをつくりたい、と。

しめしめ。

絶対、手も口も出すな、と娘。

イチゴのヘタをとり、
ル・クルーゼに放り込み、
砂糖をどっさり入れ、
レモンを搾り、
あとは木べら一本勝負。

娘は、途中、何度かくじけそうになりながら、
いつもだったら僕に押しつけるところを押しつけず、
ついにジャムをつくり終えました。

シュフにとってはへでもないことでも、
中学生にとっては大仕事だったようです。

ここは、ほめるところ。
ほめまくりました。

娘よ、今、ベーグルつくってるから、
焼きたてに、ジャム塗って味見しよう。

もう春だ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (3)

ハッピーサンデー

タイジョウホウシンで寝ていた父が元気になり、
ようやく、家族が全員、健康を取り戻しました。

これは、本当にありがたいこと。

そして、ついに今日、
2ヶ月も延期になっていた兄の誕生会を挙行。

祖母がスポンサーとなり天丼をとり、
母が得意のジャンボプリンをつくり、
みなでハッピーバースデイを歌い、
娘が難しい曲をバイオリンで弾き、
僕がユーモレスクを弾き、
兄は僕と童謡を1曲歌い、
兄の43才の誕生日を祝いました。

兄のような障害者は、
どうやら老化が早いようで、
43才でもけっこうなおじいちゃん。
生きてるだけでも、もうけもの。

昼間は兄と二人でドライブに行き、
夜は一緒に風呂に入ったりも。

兄は、今日一日、ご機嫌で笑顔が絶えませんでした。

娘よ、パパは幸せだ。

今日はもう言うことはない。

あ、勉強しろよ、勉強。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

ガーリックライス

で、早速、今日の昼にガーリックライスをつくってみました。

とりあえず、昨夜のシェフのワザをまず頭の中で再現。

広くて厚い鉄板の上で、
ニンニクのみじん切りを炒め、
ごはんと混ぜて、脇によせ、
卵を炒め、ごはんとあわせます。
味つけは、塩こしょうと、
2年間しょうゆにつけ込んだという自慢の漬けニンニクのみじん切り。
最後にバターをポトリと落として、混ぜ込んでできあがり。

これをうちで再現しよう、と。

鉄板はないので、とりあえず中華鍋で。
あまったニンニクをみじん切りにしては、
瓶の中のサラダ油につけておいたのがあったので、
まずそれを炒めました。
色づいてきたら、溶き卵を入れ、
半熟のうちに、ごはんとからめ、
おたまでは重いので、レードルでカンカンジュウジュウと。
味付けは、塩こしょう、それと……
我が家秘伝のしょうゆ漬けニンニク、
もう6年くらい冷蔵庫の中に放置してあったのを思い出しました。
半分に切ってみると、中まで真っ黒、
みじん切りにしてごはんとあえ、バターは省略。
ついに、ガーリックライスの完成。

赤だしのみそ汁と白菜の浅漬けと、
隣のコンロで焼いた野菜と一緒に、テーブルへ。

ガーリックライス、絶品でした。
昨夜のより、美味でした。

娘よ、パパは今日の昼ご飯のために、
6年も前から準備してたんだぞ。

これが、ソウルフードだ。
覚えとけ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

 

| | Comments (0)

特選黒毛和牛ヒレ110gな夜

今日は、同僚とステーキを食べに行って来ました。
街のホテルの31階、夜景がきれいな店。
シェフが、目の前の鉄板で焼いてくれるんです。
値段は高いので、毎月こつこつ積み立てたお金で払いました。

その会に先立って、少し早めに帰り、
夜の弁当を作りました。
娘の。
豚のショウガ焼き弁当。
蒸したブロッコリーをどっさり添えて。

タクシーも予約して、
バイオリンの送迎を頼みました。

メニューは、
湯葉、サラダ、焼き野菜、ステーキ、ガーリックライス、みそ汁、漬物。
そして、アイスクリームとフルーツと珈琲。
今日は、めずらしく、ワインを一杯いただきました。

プロの技を近くで観るのは、なかなかいいものです。
指先まで、気持ちが伝わっているのがステキです。

娘よ、夜の弁当うまかったか?

土産ちゃんと買ったぞ。
ケイタイのカメラ用特殊フィルター(700円)。

明日の昼は、ガーリックライスと焼き野菜つくってやるぜ。
プロの技、盗んできたからな。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

イキアタリバッタリズム

仕事がデキると言われるひとは、
綿密なプランを立てます。
そして、それをパソコンを駆使して、
まわりに伝えます。

ワード・エクセルで作成されたその計画表を見ただけで、
仕事がデキるなあ、と感心させられます。
時にパワーポイントでプレゼンしたり、
まったくその計画力には驚くばかり。

プランナーとよばれるデキるひとたち、
そのひとたちのおかげで、世の中は回ってるんです。
感謝の気持ちは決して忘れてはなりません。

で、僕はプランナーになれないんです。
何度もなろうとはしたのですが。
だから、当然、仕事では、デキないひと。

計画を立てて、旅に出るのが、プランナー。
いちおう計画を立てようとするのですが、
面倒になり、その時間ももったいなくなり、
とりあえず旅に出てしまうのが、イキアタリバッタラー。

ま、人生、計画通りになることは少なく、
旅も、予想外の出会いこそ、醍醐味なので、
イキアタリバッタラーでも、けっこうやっていけるんです。

そもそも、生物は、イキアタリバッタラー。
受精卵が、細胞分裂していき、生物は生物らしくなりますが、
神様の計画通り細胞の役割が決まってるのではなく、
隣の細胞と相談しながら、そのつど決まっていくそうです。

イキアタリバッタラーは、
テキトー、イイカゲン、アバウトなどと形容されますが、
四文字熟語で、臨機応変というべきです。
イキアタリバッタリ能力は、危機管理能力と呼ばれるもの。

さて、我々イキアタリバッタラーは、
マジョリティを占めようなどと野望を抱いたりしてはいません。
ただ、一つ願うことは、
世の中の隅に、イキアタリバッタラーのままでいさせて、
ということ。

こんなささやかなマイノリティの願いが叶わない社会は、
健全とはいえません。
たたかわなくっちゃいけません。

だから、娘よ、あと1年で、高校受験だ。
計画を立てて、受験勉強しろよ。
人生は、計画、実行、反省、また計画、この繰り返しだぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ひな祭りディナー

今朝は、寝坊してしまいました。
いつもの時間に起きたのですが、
僕は早朝出勤で、娘の弁当もつくらねばならず……

人間、やればできるものです。
20分ちょっとで、娘の朝食と弁当をつくりました。
生ハムとレタスをベーグルに挟んで朝食、
ごはんを炊いて、オムライス弁当。

で、晩ごはんは、ゆっくりとつくりました。

そういえば、ひな祭りということで、
五目ちらし寿司を。
ひさしぶりに、高級天然木飯台を使って。
具は、ごぼう、れんこん、にんじん、油揚げ、椎茸。
ほうれん草と卵のおつゆをつけて。

いやあ、娘よ、パパは満腹満足だ。

え、ひな人形出てないって?

今年は、自分で、出してみろ。

人間、やればできるぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

祝開通

我が家の家事分担における、
娘より頼りになるパートナー、
全自動乾燥機付ドラム型洗濯機が、
先週末から休業中だったんです。
排水口がつまり、脱衣場が水浸しになって以来。

僕もベストを尽くしたんです。
効果のない薬剤を流し込んだり、
使えないツールを買ってきたり。
ただひたすらの無力感……

A friend in need is a friend indeed.
(まさかの友が真の友)

救世主が現れました。
僕の数少ない友の一人、
水道屋マーちゃん。

さっそく、昨夜、かけつけてくれました。
マーちゃんはは、小4の娘を連れて。

マーちゃんが作業にとりかかっている間、
なんどか手伝おうとしたのですが、
あまり役に立ちそうになかったので、
僕はせっせとごはんをつくりました。
これでもかとどっさり野菜が入ったトマト鍋。

作業を中断して、晩ごはん。
マーちゃんは、さっさと食べて、作業再開。

娘は、マーちゃんの娘といっしょに宿題。

作業は、難航しました。
経験と筋力と技術と道具と勘がなくてはできない仕事。

宿題が終わると、
僕と娘たちは、チョコケーキをつくりました。

マーちゃんは偉大でした。
マー様に格上げになったほど。
僕が一人でとりくんだら、
一年かかっても解決しない問題を、
マー様は、なんとか解決してくれ、
ついでに、つまりぎみの洗面台も処置してくれました。

なんて幸せな、水がすいすい流れる暮らし。

さっそく、洗濯機が動き始めました。

排水口開通を祝い、
焼きたてのチョコケーキで、フィーカ(注)。
挽きたて豆のコーヒーを淹れて。

 注 北欧のコーヒータイムのこと

マー様は、よく言うんです。
水道は町の血管だ、と。
水道博物館を建てるのが夢だ、とも。

娘よ、水道博物館設立運動を起こすぞ。
マー様に館長になってもらおう。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あいつはがんばってないか?

ときどき、聞く言葉。

 あいつはがんばってない。

それは、たいてい、
自分ががんばってることを、
相手ががんばってないと言ってるだけ。

サッカー選手が、野球選手に向かって、
あいつはサッカーの練習がんばってない、
と、いうようなもの。

そういうことをいうひとは、
自分が相手に勝っている、
と思ってるんです。

しかし、それも、たいてい、
たまたま自分が得意なことに、
たまたま相手が不得意なだけ。

サッカー選手が、野球選手に向かって、
あいつはドリブルが下手だ、
と、いうようなもの。

がんばってなくて、負けてるように見えても、
実は、がんばってるし、負けてもない、
そんなひとはたくさんいます。

逆もまたしかり。

勝負というのは、
磨きに磨いた得意技で、
どちらが勝つかわからないたたかいをすること。

格差社会で、
たまたま勝ち組の家庭に生まれ、
勝ち組に有利なルールをつくってもらい、
勝ったつもりで、負けは自己責任と罵るのは、
勝負とはかけ離れています。

勝負で勝つとは、
そんなに甘いもんじゃないんです。

さ、娘よ、がんばるぜ。
マオちゃんも、4年後がんばるって言ってるからさ。

パパも、本気(マジ)になってきた。

え、何をがんばるのかって?

まず、何をがんばるか考えるのを本気(マジ)でがんばるぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

« February 2010 | Main | April 2010 »