« お正月びより | Main | 仕事始め、ず »

うちに帰る夜

今日は、ショッピングへ。
お年玉でリッチになった娘と。

ショッピングセンターには、何でもあるんです。
シネマも、食べ物も、雑貨も、本も、服、服、服……

とても混雑していて、
臨時駐車場に車を停め、
冷たい風の中を歩いていきました。

ショッピングセンターに着くと、別行動。

僕はねらっていたものがあったんです。
塩を入れる蓋付きの陶器とイケてる三角コーナー。
さんざん歩いて、
結局、見つかりませんでした。

ならばほかのものを、と、うろつきましたが、
ほしいものは、思い当たりませんでした。
ま、ほしいものがないとは、ありがたいこと、幸せなこと。

1時間後、娘と合流し、本屋へ。
僕の誕生日プレゼント、
レシピ本を買ってもらいました。
ジャケットもお洒落な「野菜のおつまみ手帖」
カバンに入れておいて、夕食の献立の参考書にします。

ターシャ・チューダーの本も見つけ、
これは、母のために買いました。
自然とともに暮らすステキなおばあちゃんは、
母にとっても、僕にとっても憧れのひと。

夕飯は、実家で。
お節もあと少しとなり、
いただきものの野菜がどっさりあったので、
僕が、豚肉で、すき焼きをつくりました。
そして、食後はまた、オセロやら、はさみ将棋やら。

いよいよ、お正月三が日も終わり。
餅やらミカンやら野菜やらをもらって、帰宅

ここ数日、祖母の隣に布団を敷いて寝ていたのですが、
ひさしぶりに、うちのベッドで寝ます。
なんだか、さみしい夜です。

娘よ、明日の朝は、パパが雑煮つくってやるぞ。

おばあちゃんの雑煮じゃなきゃいやだって?

うるさい、食えっ。
いやなら、自分でつくれっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« お正月びより | Main | 仕事始め、ず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お正月びより | Main | 仕事始め、ず »