« December 2009 | Main | February 2010 »

ごくふつうの家庭的なハンバーグ

ひそかにベジタリアンになろうと思ってるんです。
でも、なかなか難しいんです。
娘が、壁に「アイラブお肉」と張り紙して、抗議運動を始めたり、
実家に行くと、肉料理をリクエストされたり、
他にもいろいろとつきあいがあり……

ま、ここ数年、朝食と弁当は、ベジタリアンを続けてますが。

さて、今日は、母がひさしぶりに食べたい、というので、
実家の台所で、母を助手に、ハンバーグをつくりました。

ごくふつうのハンバーグを。
タマネギのみじん切りを炒め、
卵と椎茸と豚挽肉とコネコネ。
塩こしょうして、丸めて焼きました。
最初、強火で焼き、水を入れて蒸し焼き。
最後に、ソースと絡めます。
ソースは、ケチャップ、ふつうのソース、しょうゆ、砂糖で。
つけあわせは、レタス、きゅうり、トマト。

ひさしぶりに食べたハンバーグ、
母に手伝ってもらったおかげか、
本当においしくて、びっくりしました。

娘よ、見たか、パパの実力。

しかし、明日は玄米菜食精進料理だ。

アイ・ラヴ・ベジタブルって書いて、張っとけ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

限界が見えた時

今日は、今年最初の読書会。
昼過ぎ、団塊世代の同志が三人やってきました。

まずは、うちのダイニングで、
コーヒーを飲みながら、長い近況報告。
そして、いつのまにやら、読書会に。

「弁証法」の続き。

生活があって、思想が生まれるんだそうです。
思想があって、生活が生まれるのではなく。

たしかに。

日々、仕事だけでなく、
家事や育児をこなし、
僕の考えもずいぶんと変わってきました。

僕は、同志と話を続けながら、
立ったり座ったり、
お汁粉をつくりました。
餅がなかったので、小麦粉を水で溶いて入れました

冬のおやつには、お汁粉がいいんです。

自分の部屋にいた娘にもお汁粉を持っていくと……
シエスタ中で、後で食べる、と。

お汁粉をフーフーしながら、いいコトバを見つけまた。

 限界があるということは、
 限界を超える可能性がそこにあるということ。

「限界が見えたら、喜ばなくちゃなあ」
「たいてい、限界までいかないけどな」
「生徒には限界までがんばれって言うくせに」

などと、同志たちが笑っていました。

娘よ、いいか、限界が見えたら、
それは、チャンスが来たってことだ。

しかし、いつまでシエスタ続くんだ?
お汁粉冷めたし、もう暗くなってきたぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

偶然と必然の間のベーグル

ふと、思ったのですが、
我々の体内で、血は、勝手に流れているな、と。
そういえば、
心臓も、勝手に速く打ったり、遅く打ったり、
そして、いつか勝手に止まったり。

自分で自分をコントロールしているつもりでも、
実は、コントロールできる部分は、わずかなのかもしれません。

とかく、ひとはコントロールしたがります。
自分だけでなく他人も、
環境や未来までも。

コントロールできないのに。

ストレスのほとんどは、
もともとコントロールできないものを、
コントロールしようとして、
やっぱりコントロールできない、
ということのような気もします。

ある陶芸家が言いました。

ねらっていっても、ねらいどおりにはならない。
焼き物は、偶然と必然の融合。
だから、おもしろい。

なるほど、芸術とは、、
コントロールできるものとコントロールできないものの融合。

時に、他人をコントロールしようとするひとに出会います。
たいてい声が大きかったりしますが、
そんなときは、君子危うきに近寄らず、を心がけていますが。

そもそも、死ぬまで自分の体もコントロールできない人間が、
他人をコントロールしようとするなんて、おこがましいこと。

やはり、人生は、
コントロールしようとムキになるのでもなく、
コントロールできないとヤケになるのでもなく……

娘よ、いいか、わかるか?

ま、ベーグルみたいなもんだ。

え、今日もつくってんのかって?

ま、もうすぐ焼けるから待ってろ。
今日は、大きくして、穴も大きくしたぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

妥協なきベーグルつくる夜

今朝、ひさしぶりに寝坊しました。
目覚まし時計が、夢の中で鳴っていると思ったもので。

娘に起こされたんです。
「パパ、大変」、と。

朝食は、昨夜仕込んであったベーグル。

娘を送り出し、
僕も、朝ヨガをしないで、出勤。
弁当をつくる時間もなかったので、ベーグル持参で。

そのベーグルは、
まだ改善の余地はありますが、
まあ、素朴な味で、おいしかったんです。

昼休み、まわりの同僚にも、おすそわけ。
わりあい、好評でした。

が、しかし、やっぱり……

改善の余地があるなら、
改善しなくちゃいけません。

で、また今日も残業。
で、また娘から「おなか空いた」メール。

急いで帰り、急いで晩ご飯をつくりました。
今日は、スピードメニュー。
讃岐うどんと塩豚野菜炒め。
この手のものは、時間をかけないほうがおいしいんです。

さて、まだ改善の余地があるんです。
そう、ベーグルのことです。

今、オーブンの中で焼いているところです。

昨日より発酵の時間を長くして、
昨日より、打ち粉を増やし、穴も大きくしました。

さ、娘よ、人生ってのはな、簡単に妥協しちゃいけないんだ。

おい、見に来いって。
いい感じに焼けてるぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

今日もベーグルをつくる夜

今朝、あまりに、おいしかったんです。
ベーグルが。

少し、網で焼いて、
まず、そのまま食べて、
バターを塗って食べて、
ジャムを塗って食べて。

で、夕食後、またベーグルをつくりました。
娘に数学を教えながら。
今日は、途中までホームベーカリーで作り、
ドーナツ型にして、
オーブンで、発酵させ、
茹でてから、オーブンで焼きました。

今日は、ちょっと形がイマイチでしたが、
焼きたてを、ひとつ、娘と味見すると、
何もつけなくても、美味でした。

娘よ、明日の朝が楽しみだぜ。

で、「AはBより2大きい」はな、
A=B+2だぞ。
わかったか?

で、もうひとつ、味見しね?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

残業してもベーグルはつくる夜

昨日、今日と、残業続き。
会議が長引き、暗くなってくると、
頭の中は、もう晩ご飯のことでいっぱい……

ポケットの中のケイタイがブルブルっと震え、
娘からの「おなか空いた」メールが。

結局、頭を下げ下げ、
途中で、失礼させてもらいました。

娘が、毎日ナベがいい、というので、
昨日はトマトなべ、
今日は豚白菜なべ。
野菜をあふれんばかりに入れ、得意の蒸し煮。

至福の満腹感。

で、今夜は、ベーグルをつくりました。
本当は、昨日、つくる予定だったんです。

この前の日曜日、MUJIで、手作りキットを買いました。
値引きされて、4個分、なんと183円。

テーブルの上で、こねて、寝かせて、
ドーナツ型に丸めて、発酵させて、
茹でて、オーブンで焼いて、
2時間ほどかかり、ようやく、できあがりました。

これは、明日の朝食となります。

ふー、娘よ、今日も一日よく働いたぜ。

ところで、ベーグルって、どうやって食べるんだ?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

たたかう小さな幸せ発見家

人生はたたかい。

こんな僕でも、そう思うんです。

格差社会、やはりこれが一番の敵です。

それは、トランプの「大富豪」に似ています。
プレイヤーは、みな、大富豪を目指します。
いったん、大富豪になると、
大貧民から、税金を徴収、強いカードを巻き上げ、
かわりに弱いカードを押しつけます。
このため、大貧民はなかなか這い上がれない……
革命だって、あるんです。
革命が起こると、価値が逆転、
強いカードが弱くなり、弱いカードが強くなる。
すると、大富豪の強いカードは紙切れに同然になります。

さて、「たたかい」とは?
相手を叩きつぶすことでしょうか?
大貧民が大富豪となることでしょうか?

これだと、ただ大富豪と大貧民が入れ替わっただけ。
その後もまだそのゲームは続いていきます。
あいかわらず大富豪は大貧民から搾取し続ける。

たとえば、勝ち組・負け組社会で、
負け組が、勝ち組を目指そうとしたら、
たたかう前から、もう負けなんです。
勝ち組の価値観に毒された時点で。
カネがなくちゃ、幸せになれない、と。
どうせ、ルールは勝ち組の味方。

だから、
「大富豪」なんかより、もっと楽しいことを見つける。
これが、たたかいなんです。
相手を叩きつぶすのではなく、
新しい価値観をつくるというたたかい。

そう、小さな(カネで買えない)幸せ発見家は、革命家なんです。

で、娘よ、革命だ。
革命を起こすぞ。
小さな幸せを見つけては、ブログにボトム・アップするぞ。

ところで、「大富豪」やらない?
ひさしぶりに、やってみたくなったんだけどさ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

フランスの古い鍵を買う日曜日

ちょっと、出かけてきました。
娘と。
県庁所在地へ。

まずは、小さなシネマ。
大学の文学の講義で先生が見せてくれた映画。
20年ぶりに。
「ミツバチのささやき」という静かな美しい映画。
20年前は、寝てしまったんです。
で、今日は最後まで見ることができました。
きっと、娘の記憶にもずっと残る映画でしょう。

次に、小さなカフェへ。
僕はタコライス&コーヒー、娘はサンドイッチ。
アンティークな店内、食器も持って帰りたくなるほど。
外国に来ているような気分でした。

そして、小さな雑貨屋へ。
僕が買ったのは、なぜかフランスの古い鍵。
どんな人がどんな扉をこれで開けたのでしょう?
想像が、時空を越えていきます。
早速、キーホルダーにつけました。

娘よ、シネマも、カフェも、雑貨屋も、小さいのがいいなあ。

で、この鍵いいだろう?うらやましいだろう?

え、何に使うのかって?

だから、そんな小さなこと気にすんなって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

そんな羊飼いに

村のはずれの羊飼い、とは僕の憧れの職業。

というのは、ある大作家が、新聞で言ったこと。
文学者の役割について。

村のはずれの羊飼い、
村にとってはよそ者、
いつも夜空を見ていて、
星を読むことができるので、
村人がたまに星の意味を聞きにくる。

ソンナヒツジカイニワタシハナリタイ、と思ったんです。

職員室の窓際の教師、
管理職にとっては使えないヤツ、
いつも学校の外ばかり見ていて、
やけに学校と関係ないことに詳しいので、
同僚がたまに聞きにくる。

娘よ、ソンナセンセイニワタシハナリタイ。

え、もう、なってるって?

そんなほめるなって。

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あえてスーパーに寄らない夕方

 だって、お金の無い時の食事ほど楽しくて、おいしいのですもの。
 つぎつぎに私は、いいお料理を、発明したでしょう。
 いまは、だめ。
 なんでも欲しいものを買えると思えば、
 何の空想も湧いて来ません。

これは、昨日見つけた文章。
太宰治の「きりぎりす」の中の一説。
やはり、太宰はすごい、と思いました。

このごろ、あえて、スーパーに寄らず、うちに帰るんです。
うちにどんな食材が残っているか、うろおぼえのまま。

うちに着くと、娘が「おかえり」も言わず、すぐひとこと。

「おなかすいた」

で、すぐキッチンに立ち、冷蔵庫を開けるんです。
あると思っていたものがなかったり、
ないと思っていたものがあったり。

それで、ひらめいたものをつくって、食べるんです。
限りある食材を組み合わせて、ちょっとした創作料理気分。
けっこう、なんとかなるものです。
なかなかおいしかったりもするんです。
これで、食材の無駄がずいぶんと減りました。

1本100円の大根を、
葉っぱは、塩もみして、
上の方は、サラダにして、
真ん中あたりは、煮て、
先の方は、おろして、
まるまるすべて使い切ったりすると、なかなかの充実感。

毎晩のようにスーパーに行っていたころは、
野菜などを、けっこう腐らせてしまったものです。

肉じゃがが食べたいから、肉とジャガイモを買うのではなく、
肉とジャガイモがあるから、肉じゃがをつくるんです。

娘よ、わかるか?

この小さな違いは、パパにとっては大きな違いだ。


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

こうしてもああならない時

こうすればああなる。

と、我々は、日常生活で考えます。

ストーブをつければ、暖かくなる。
窓を開ければ、寒くなる。
酒を飲めば、いい気分になる。
塩を入れれば、しょっぱくなる
のどが渇けば、何か飲みたくなる。
結婚すれば、幸せになる。
などなど。

学校のお勉強も、その積み重ね。

1と1を足せば、2になる。
三人称単数現在形なら、動詞にSがつく。
石灰石に塩酸をかければ、二酸化炭素が出る。
校則を破れば、先生は怒る。
などなど。

こうすれば、ああなる。
ああならないのは、こうしなかったから。
こうしなかったら、ああならない。

つまり、一つの原因が一つの結果を生む、と。

だから、縁起を担ぐようになったりも。
この前の試合で勝ったとき、このパンツを履いていた。
ゆえに、このパンツを履けば、次の試合でも勝てる。
などと。

とはいえ、本当に、
風が吹けば、桶屋が儲かり、
北京で蝶が羽ばたけば、ニューヨークで嵐が起こる、
のでしょうか?

自然界は、「こうすればああなる」ほど単純じゃありません。
原因と結果が、一対一ではなく多対多、複雑なんです。
それに、原因と結果の多くは、こじつけなんです。

学校のお勉強をがんばりすぎると、
頭の中には「こうすればああなる」事例がてんこ盛り。
それで、いつも「こうすればああなる」はず、と考えがち。
すると、「こうしてもああならなかった」とき、
大きな声を出したり、誰かのせいにしたり、自分のせいにしたり、
ストレスがたまってしまうでしょう。

だから、学校では、
「こうしてもああならない」ことを体験させ、
そこから本当の勉強が始まることも、教えなくっちゃいけません。

「センセイ、どうして、そうなるんですか?」
「どういうわけか、そうなるんだよ」
「ええ、センセイ教えてくださいよ」
「わかんないから、いつかわかったら教えてくれ」
とは、僕の授業でよくある生徒とのやりとり。

娘よ、いいか?
思い通りにいかないのが、人生。
思いがけないことが起こるのも、人生。
だぞ。

パパは毎日、明日が楽しみだぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

根と翼のナベ

今日は、5時に仕事が終わりました。

「さ、はりきって、やるぞ」、と独り言。
「何の仕事をするの?」、と同僚。
「晩ごはんづくり……」

他の同僚も聞いていて、笑われてしまいました。
何がおかしかったのでしょう?

早速、スーパーへ、軽バンを飛ばしました。
ブルーモーメントを見ながら。

水曜日は、こねこシール3倍の日。
半額になっていた手羽を買いました。
シールも、トイレットペーパーと交換できるほど、たまりました。

で、今夜もナベ。
玄米を炊き、
ル・クルーゼに、大根と手羽を入れ、コトコト。

テーブルの真ん中にナベを置き、
今日もおいしくいただきました。

最近、ロー・カロリー生活。
年末年始に食べ過ぎたので。

ダイエット中は、とにかく、ごはんがおいしいんです。
やはり、空腹が一番のスパイス。

「晩ごはんが一日の一番の楽しみだよ」、と娘。

今日も、心地よい満腹感。

娘よ、同感だ。

やっぱり、仕事は手を抜けても、晩ごはんは手を抜けないなあ。
とても、大きい声じゃ言えないけどな。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

トム・ソーヤ家事術

ある日、トム・ソーヤは、ペンキ塗りを命じられます。

もちろん、トムはそんなことやりたくありません。
遊べないし、疲れるし。

しかし、トムは楽しそうにペンキを塗り始めました。
演技ですが。

友達が通りかかり、何をやっているのか、と訊きます。

トムは、この仕事は、とても子どもじゃできない、と答えます。

やらせてくれ、と友達。
だめだめ、とトム。
じゃ、このおもちゃをあげるから、と友達。
仕方ないなあ、とトムは刷毛を手渡します。

次々に通りかかる友達にも、
同じことを言って、
おもちゃと引き替えに、ペンキ塗りをやらせてあげます。

トムは、ペンキ塗りを楽々終わらせ、
一日でけっこうな物持ちになりました。

なるほど。

で、娘よ、いいか?

家事ってのはな、とても中学生じゃできないな。
なんたって、高度な知的作業だからな。
ま、皿洗いとか掃除に比べりゃ、中学の勉強なんか楽勝だぜ。

おい、聞いてるか?

だから、あきらめるなって。
やる前から……

Love and Peace ・・)

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

手塩にかける幸せ

ようやく、とりあえずの決着です。

塩壺問題。

塩を使うとき、手でつかんで、パッとかけたいんです。
少々のときは、親指と人差し指で。
ひとつまみのときは、親指と人差し指に加え、中指も使って。

昨日、娘と雑貨屋に行ったんです。

小物ショッピングへ。
千円出しておつりがくる買い物。
小物だけど、あるとないとじゃ大違いなモノを狩るために。

娘は、友達への誕生日プレゼントを選んでいました。

僕が選んだのは、
ちょこっとのせる蓋のついたガラスの丸い容器。
外国製ですが、315円。

今日、さっそく、海の塩を入れて使ってみました。
指が入りやすいちょうどいい大きさ。
キッチンでも、テーブルの上でも邪魔になりません。
本当は、手作りの焼き物のモノを探していたのですが、
このガラス塩入れ、長いつきあいになりそうです。

娘よ、わかるか?

この幸せ。

この前買った温泉たまご器もよかったなあ。
お湯を入れて、待つだけ。
945円。

明日の朝、温泉卵でも、食うか?

だから、食べ飽きるの早すぎだって。
たかが一週間毎日出てきたくらいで。


Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ありがたい山寺

今日は、祖母が、ドライブに行きたい、というので、
僕の新しい車(中古車)で、出かけてきました。

近くの山寺へ。
祖母と兄と娘と。
兄の車いすと、僕の登山用の杖を、車に積んで。

山寺には車で30分ほどで着きました。
混んでなくて、静かで、ひなびたいいところです。

車いすの兄は僕が担当。
祖母は、僕の登山用の杖を渋々ついて、娘と歩きました。

山寺へは石段があるので、
僕と兄は下で待機、
祖母は、娘と、ゆっくり上っていきました。

そして、下の茶店で合流。
こんにゃくの味噌おでんと甘酒をいただき、
金山寺味噌を土産に買いました。

夕方うちに帰ると、家族そろって、サンデーカレー。

で、先ほど、もらいものの野菜を、どっさりもらって帰ってきました。

娘よ、ありがたいなあ。

何がって?

だから、いろいろ、ありがたいなあ……


Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

引き算

今日は、髪を切ってきました。
そのとき、雑誌を読んでいたら、
ある料理研究家の記事があって、

「素材本来の味を活かした引き算の料理」

という記述に出会いました。

よけいなものを引いていくからこそ、
素材本来の味を引き出せるのでしょう。

調味料は最小限にして、
素材の味を最大限に引き出す、
まさに俳句のような料理。

父の卵焼きは、好評なんです。
卵焼きだけ買いにくるお客さんもいるほど。
材料は、卵、砂糖、塩、水、サラダ油だけなのですが。
父が焼くところを何度も見ましたが、
特に変わったことはしていません。
本当に不思議です。

教育も似ているような気がします。
教えるのは最小限で、
生徒の潜在能力を最大限に引き出す。
あれもこれも教えたら、それは教師の力であって、
生徒の本当の力にはなりません。
これは難しいんです。
教えることが教師の仕事で、教師は教えたがりですから。

文章もそう。
削れば削るほど、よくなります。
削れば削るほど、原稿料は減りますが。

娘よ、わかるか?

だから、パパの料理は手抜きじゃない。
引き算だ。

え、学校ではどうかって?

いい加減がよい加減ってことは、
引き算の教育ってことだ。

だから、手抜きじゃないぞ。

で、どうよ?
髪切って、パパ本来の……

はい、もう黙ります。

Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ハッピー・フュー

車は、田舎の職場では、よく話題なることの一つ。
特に、同僚の誰かが、車を買い換えるときなど。

僕も、最近、車を買い換えたんです。
車をぶつけられ、廃車になったもので。
車両保険の範囲内ということで、中古車を。

で、同僚が、驚くんです。

なんで、新車にしなかったのか?
なんで、違う車にしなかったのか?
なんで、もっといい車を選ばなかったのか?

僕が買ったのは、全く同じ車種、同じ色、
今まで通り、後ろの座席を倒せばキャンピングカーになる、
5速マニュアル、軽自動車のバン。
ただ、7歳だったのが、4歳に、ちょっと若返りましたが。

僕は、この車が、本当に名車中の名車だと思ってるんです。
もちろん、ほかにもっと高くて、いい車はあるでしょう。
でも、この車が一番好きなんです。
だから、迷わず、同じ車にしたんです。
まだ今のところ、ハンドルを握るたびに幸せを感じています。

これは、これで、幸せなこと。
ベンツに乗りながら、ロールスロイスに憧れるより。

ハッピー・フュー(幸せな少数者)なんです。
他の多くの人とは価値観がズレていても、
他の多くの人にはわからないものを偏愛して、
大きな幸せを見つける少数派。

今回は該当作なしの芥川賞選考委員の先生の言葉。

「何かを偏愛することから小説は始まるのに、そこまでの愛がない」

なるほど。

娘よ、小さな幸せも、偏愛すれば、大きな幸せだぞ。

で、明日こそ、ドライブ行かね?

え、友達と約束あるって……


Love and Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

根を、翼を

長持ちする木の家を作るには?

近くに生えている木を使うといいそうです。
その木は、その土地の気候にあっているからです。

なるほど。
僕には家を建てる予定などありませんが。

食べ物も、そう。
近くでとれるものを食べるのが、体にもおいしいはずです。
もちろん、旬のものを。
人間以外の動物はみなそうしてるはず。
身土不二という言葉があるそうです。
身体と土地は、切っても切れないものだ、と。

なるほど。
スーパーでは、できるだけ県内産のものを買わなくては。

これまで、遠くのものばかり見ていました。
そういえば、近くのものを見るのを忘れていました。

遠くへ速く飛んでいくのではなく、
近くをのんびり歩くこともいいんです。
できれば、あてもなく。
のんびり歩けば、元気に遠くへ行ける、とはイタリアの諺。

地産地消、
生きていく上で必要なものは、
たいてい、近くのもので間にあうのでしょう。

とは言うものの、
珈琲がなくては困るし、
中華もイタリアンもなくてはひもじいし、
外国文学も人生の必需品だし、
そもそも英語を教えて生計を立てているし……

娘よ、いいか、だから、根を持て、翼を持て。

明日は、大根と手羽の煮込みでも食うか?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ズレてこそ

結局、ひとはズレの中でしか生きられないのでしょう。

他人は、こちらの思うようには動かないし、
人生は、希望通り進まないし、
現実は、理想通りにはならないし、
予想と、結果は、常に違っていて、
ホンネとタテマエは別物で、
同じ歌でも、歌う人の数だけバリエーションがあり、
子どもは、たいてい、親の期待と違う方向に伸び……

ほんと、世界はズレばかり。

そもそも、自分という存在も、
無意識と意識のズレの中、
他人とのズレの中、
自分が自分だと思っている自分とのズレの中、
昨日の自分と今日の自分と明日の自分のズレの中、
つまり、ズレの総決算。

ひとは、生きているかぎり、ズレからは逃れられないのでしょう。

ズレは、悪いことばかりではありません。

たとえば、ハーモニーとは、
同じものがたくさんある状態ではなく、
ズレとズレが響きあう心地よいズレのこと。
まさに、生物多様性のような美しさ。

思いがけないことが起こるのもズレ。
予想もしなかったものに出会うのもズレ。
自分にないものを持つ他人に惹かれるのもズレ。
もし、そんなズレがなかったら、人生は味気ないものになるでしょう。

ズレてこそ、人生。
ならば、ズレを楽しまなくっちゃなりません。

わかるか、娘よ、ズレだぞ、ズレ。?

え、パパは言ってることとやってることがしょっちゅうズレるって?

いいか、娘よ、それは生きてる証拠だ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

Never Give Up!

あきらめきれるくらいなら、
夢じゃないんです。
あきらめられないからこそ、夢なんです。

映画「アンヴィル!」を見て、そう確信しました。

今日、娘のテストが終わったので、ちょっと県庁所在地へ。
デパートで小物ショッピングして、
地下でベーグルを食べて、小さなシネマへ。

伝説のバンド、つまり、もう忘れられたバンド、
30年も演奏を続けてるんです。
家族を大切にして、ふだんはふつうに働きながら。
まだ新しい曲も作っています。
もちろん、50才になっても、夢はあきらめません。

なんだか、ひさしぶりに、熱い気持ちを思い出しました。

映画の後は、街を少しブラブラして、ドンキで買い物少々。
ベーグル1個では、物足りないので、ファミレスへ。
パンフをペラペラめくりながら、映画の合評会。

娘よ、いいか、諦めないから夢、夢だから諦めない。

わかるか?

え、パパの夢か?

家事分担。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

三食@ホーム

三連休最終日の今日、
娘いわく、明日は大変なテストということで、
一日、うちにいることに。

そういえば、この三連休、実家とスーパーしか行ってません。

一大イベントなんです
一日、うちにいて、
三食、うちでつくって、食べるなんて。

<朝食>ふつうの和風朝定食

ま、うちにあるもので。
白米、大根と油揚げの味噌汁、冷や奴、卵焼き、白菜の塩漬け。
豆腐には、ネギとごま油と醤油と豆板醤を混ぜたタレ。

<昼食>ピザ

痛んだトマトをもらったので、ピザソースにして、
ホームベーカリーでピザ生地を作り、
冷蔵庫の中で年を越したチーズをのせて。
バジルソースは、市販のドレッシングタイプのもの。
あまった生地は、ナンにしました
昨日あまったカレーで、明日の弁当にすることにしました。

<夕食>ポトフ&スパゲッティ鍋

昼間テレビで見たスペイン風鍋をつくろうと思ったのですが、
レシピをメモしなかったので、忘れてしまい、
で、テキトーにつくってみました。

鶏肉をオリーブオイル&ニンニクで炒め、
キャベツ、ジャガイモ、玉ねぎ、大胆に切って投入、
ダシがわりにベーコンも入れ、
水を足し、塩こしょうで味を整え、蓋をして蒸し煮。
ポトフのような鍋ができあがりました。
その具だけを皿に盛り、まず食べました。
残ったスープに、スパゲッティを半分に折って入れ、シメ。

テレビのとは、かけ離れたものになりましたが、絶品でした。

娘よ、テスト勉強がんばれよ。
明日は、朝カレーだ。

え、数学の問題難しくて解けないから、教えろって?

いや、今日は早く寝て、明日に備えたほうがいいぞ。

だから、瞬間で解けるって。
しかし、瞬間では教えられないからな。

ははは。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

コロンボなサンデー

週末の楽しみの一つ、
それは、「刑事コロンボ」
実家のビデオのハードに録りだめしてあって、
コツコツ見ています。

そういえば、小学生の頃から、好きでした。
コロンボは、愛妻家にして、恐妻家、
いつもよれよれの薄いコート、
アイロンがかかってないワイシャツ、
ぼろぼろの車を長年運転していて、
葉巻を吸いながら、メモを取り、
犯人に教えを請うほどの謙虚な姿勢、
誰にもフレンドリーで、お茶目で、好奇心旺盛。

このいつものスタイルがいいんです。

犯人は、最初はコロンボをずっとバカにしてるんです。
しかし、それはコロンボの思うつぼ。
犯人が、コロンボに上から目線で話してるうちに、
ボロが次々と出て、最後はコロンボに追いつめられます。

どのストーリーも
最初に、殺人シーンがあり、
誰が犯人か、わかってしまいます。
そして、コロンボが登場、
答えではなく、答えにたどりつくプロセス重視のドラマ。

このいつものスタイルがいいんです。

僕は、コロンボを尊敬しています。
スゴく見えないけど、実はスゴいところを。
謙虚で、人の話をよく聞き、犯人にもやさしいところも。

明日も休日、
冷蔵庫には充分な食材、
特に予定はなし、
ということは、やはり、コロンボでしょう。

娘よ、いつもパパをバカにしてるけどさ、
それは、パパの思うつぼだぜ。

ははは、今にわかる。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いつもの

いつかは言ってみたいセリフ。

「マスター、いつもの」

やはり、「いつもの」がいいんです。

いつもの味を出し続けるのは、実は大変。
同じことを繰り返していては、いつもの味にはなりません。
天候や、素材や、雰囲気などに応じて、微調整が必要。
まさに、いい加減がよい加減。

僕は、保守的なんです。
ペンでも、財布でも、パソコンでも、家電でも、
ずっと同じものを使いたいんです。

しかし、それもままならないのが、
この大量生産大量消費のルールなき資本主義社会。

こわれて、修理しようとしても、
「買った方が安い」と言われ、
何度、涙の別れをして、買い換えたことか。

それじゃエコじゃないと思っていたら、
「エコ替え」なんてCMが流れ出したり……

今日、新しい車が来たんです。
といっても、中古車ですが。
実は、暮れに、車をぶつけられたんです。
僕の車は横転、あばら2本にひびが入りました。
修理は、140万円かかる、と言われたんです。
それは、買ったときの価格以上の値段。
で、また泣く泣く愛車とはお別れ。

たまたま、車両保険に入っていたので、
中古車に買い換えることにしました。
同僚に、新車を勧められたりもしましたが、
僕が選んだのは、まったく同じ車種、
色も同じ、軽のワンボ・ックス、5速マニュアル。

ただ、僕の車は走行距離13万キロだったのですが、
今度の車は、なんどたった4万7千キロ。
アラフォーの僕が、高校生に若返ったようなものです。

さて、今日、ハンドルを握ると……、
やはり、いつもの、あまりにいつもの走りっぷり。

娘よ、明日は、ドライブ行かね?

え、連休明けテストで、それどこじゃないって?

じゃ、勉強に疲れたら、いつでも言ってくれ。

え、いつもの、だって?

はいはい、ホットミルクココア、今つくるから。

Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

蝶の羽ばたき

でっかいことは、いいことだ。

ま、そういうこともあるでしょう。

鯨も小さかったら、わざわざ見に行く人もないだろうし、
富士山が、小さかったら、あのありがたさは感じないでしょう。
とかく、オトコはビッグになって、でっかいことをしたがるもの。

しかし、小さなこともいいことだ、と思うんです。

たとえば、
小さな家は、掃除が楽。
小さな車は、燃費もいいし、駐車場に入れるのも簡単。

また、もし小さなことで、幸せを感じられたら、
これはとても経済的で、
毎日が幸せで溢れることでしょう。

北京で蝶が羽ばたいたら、
その小さなことが、何かに影響して、
その何かが、また他の何かに影響して、
結局、ニューヨークで、嵐が起こる……

これは、バタフライ効果と呼ばれるもの。
最初のほんの小さなことが、
最後に大きなことを引き起こすという例え。

で、新年の抱負は、決めました。

 「小さなことを大事にしよう」

目標は、強気に、プラマイゼロ。

小さなことを積み重ねてでっかいことをする、
というのではなく、
小さなことを、ポツポツと、弛まず倦まず。

娘よ、バタフライって知ってるか?

歌じゃないぞ。

たとえば、パパがブログ書くと、核兵器が減る、とか。

え、結局、でっかいこと言ってるって?

…………。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック

| | Comments (0)

言い古されたこと

今日の授業で出てきた英語の諺。

 God helps those who help themselves.

 神は、自ら助くる者を助く。

自分で自分を助けられるのなら、
神の助けはいらないとも思うのですが……

ま、立ち上がろうとしているひとなら、
手を貸して、立ち上がるのを助けられるけれど
立ち上がろうともしてないひとは、
手を貸しても、立ち上がらせられない、
ということでしょうか。

いいか、娘よ、パパは自らを助くる娘を助く、だ。

だから、自分でできることは自分でやんなさい。

湯呑みがありゃ、勝手にお茶が注がれるって思ってるだろ?

え??

パパは召使いじゃない。

そこんとこ、ヨロシク。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

新年のプルーモーメント

オトコの老後は、おそろしく孤独……
もしかしたら、今も孤独……

「男おひとりさま道」を読んで、そう思いました。

オトコとは?
いばりたがり、自慢したがり、ひとの話を聞かないオスのこと。
「見て、見て、ボクを見て」、と、
ミギにもヒダりにも、うようよ。

オトコというビョーキなんだそうです。
家父長制が、無意識の奥底に根付いてしまった状態。
そんなオトコが、老後、オンナに見捨てられるのは必至。

マザコンなんです。
幼少期はママが面倒を見てくれ、
大きくなったら、恋人または妻に甘える。
常に、オンナに依存。
しかし、もうそんなのは不可能なご時世。

家父長制とは、ファシズムの核となるもの。
お父さんを頂点とする「家」という小さなピラミッドが、
いくつも集まって、
独裁者を頂点とする「国」とう大きなピラミッドをつくるんです。
基本的に、強者の幸せが、弱者の犠牲の上に成り立っています。

そこに、愛はあるか?
はい、ありません。
「愛とは、自由と平等に基礎づけられるもの」
とは、ナチの収容所から生還したフランクルのコトバ。

オトコの生息地は、競争社会。
勝つか、負けるか。
勝つ側につくか、負ける側につくか。
上にペコペコ、下にビシビシ。
実は、オトコも大変なんです。

以前、職場で言われたことがあるんです。
バリバリ働くオトコの同僚に。
「あんたは、男だけど、オトコじゃないからなあ」
ま、使えないヤツ、と。

僕は、シングルファーザーになったとき、オトコをやめたんです。

今日は、新学期初日、さっさと仕事を片づけ、
スーパーに寄って、うちに帰り、西の空を見ると……
今年最初のブルーモーメント。
夜になる前のわずかな時間、
空は、三色になるんです。
地平線のオレンジが、白くなっていき、深い青色が広がります。

娘よ、すまん、今年も七草粥セット売り切れてた……

それにしても、玄米&トマト鍋もうまかったなあ。

な?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (5)

おひとりさまな冬の午後

冬休み最終日、
娘は宿題は夜終わらせる、と言って、遊びにいきました。

僕は、午前中に、ちょこちょこっと用事を済ませ、
午後は、ひとりで、ずっとキッチンで過ごしました。

冬の午後、キッチンは日当たりがよく、居心地がいいんです。

日だまりの中、
テーブルの上にはパソコン、
窓際にはラジオ、
緑茶を飲んだり、珈琲を飲んだり、
読んだり、書いたり、ぼんやりしたり。

なんとも贅沢な、至福のおひとりさまタイム。

珍客が来ました。
両親です。
親戚の墓参りの帰りに立ち寄ったのです。
水飴と煎餅を買ってきてくれました。
二人には、緑茶と駄菓子を出しました。
両親は、実家に会いに行く存在なので、
二人が僕のうちにいると、不思議な気がしました。

両親が帰り、
録画した映画「タクシードライバー」と、
再放送の水戸黄門を見ました。

ちょうど「男おひとりさま道」も読んでたんです。
自分の老後を想像しながら。
きっと、こんな日が続くのでしょう。
ちょっと楽しみです。

娘よ、たまには会いに来いよ。
茶くらい出してやるからさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

仕事始め、ず

今日は、仕事始め。
でも、僕はまだ休みをとっていたので、
映画に行くことにしました。
宿題が終わってない娘をおいて、
ずっと街に出たがっていた祖母と。

 「カールじいさんと空飛ぶ家」

3Dとやらを、見てみたかったんです。
たしかに、ド迫力、くせになりそうなほど。

祖母も僕も、3Dメガネをかけ、
キャラメルポップコーンを分けあい、
ミラクルな世界にいってきました。

さて、ストーリーは、
ディズニー黄金法則にのっとり、
悪役の死を経ての、ハッピーエンド。
僕は、途中で、ひと眠り。

「たまにゃあ、こんなのもいいだよ」、と祖母。

夕飯は、お好み焼き屋へ。
祖母は、お銚子を一本。

祖母を送り届け、
急いで、空腹の娘の待つうちへ。

で、娘よ、宿題終わらせたんだろうな?
ええ??

え、その紙袋なんだって?

だから、かわいい孫に誕生日プレゼントってさ……

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

うちに帰る夜

今日は、ショッピングへ。
お年玉でリッチになった娘と。

ショッピングセンターには、何でもあるんです。
シネマも、食べ物も、雑貨も、本も、服、服、服……

とても混雑していて、
臨時駐車場に車を停め、
冷たい風の中を歩いていきました。

ショッピングセンターに着くと、別行動。

僕はねらっていたものがあったんです。
塩を入れる蓋付きの陶器とイケてる三角コーナー。
さんざん歩いて、
結局、見つかりませんでした。

ならばほかのものを、と、うろつきましたが、
ほしいものは、思い当たりませんでした。
ま、ほしいものがないとは、ありがたいこと、幸せなこと。

1時間後、娘と合流し、本屋へ。
僕の誕生日プレゼント、
レシピ本を買ってもらいました。
ジャケットもお洒落な「野菜のおつまみ手帖」
カバンに入れておいて、夕食の献立の参考書にします。

ターシャ・チューダーの本も見つけ、
これは、母のために買いました。
自然とともに暮らすステキなおばあちゃんは、
母にとっても、僕にとっても憧れのひと。

夕飯は、実家で。
お節もあと少しとなり、
いただきものの野菜がどっさりあったので、
僕が、豚肉で、すき焼きをつくりました。
そして、食後はまた、オセロやら、はさみ将棋やら。

いよいよ、お正月三が日も終わり。
餅やらミカンやら野菜やらをもらって、帰宅

ここ数日、祖母の隣に布団を敷いて寝ていたのですが、
ひさしぶりに、うちのベッドで寝ます。
なんだか、さみしい夜です。

娘よ、明日の朝は、パパが雑煮つくってやるぞ。

おばあちゃんの雑煮じゃなきゃいやだって?

うるさい、食えっ。
いやなら、自分でつくれっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お正月びより

今日も、正月らしい一日、
朝は、またゆっくりと寝ました。
なにせ、昨夜のホームシアターが終わったのが、
日付が変わって1時半、
やはり、「クレオパトラ」は超大作でした。

クレオパトラに膝枕をしてもらい、
息を引き取ったダメ男アントニー、
うらやましいかぎり。

昼は、親戚が来たり、
午後は、年賀状の残りを書いたり。

録りだめしたビデオを見たり、
「沈まぬ太陽」や「斜陽」を読んだり。
文学では、太陽は、沈まなかったり沈んだり。

夕飯は、ご飯を炊くだけ。
おかずは、お節、らくちんらくちん。
そもそも、お節料理は、
シュフが正月くらい休むためのもの。
僕は祖母と、お節を肴に、ウイスキー。

今日は、娘も合流。
夕食後は娘とオセロ、
初めて娘に負けました。
千円かけたのが失敗でした。
その後、娘は、僕の母とオセロ、今も続いてます。

娘よ、正月はいいなあ。
しかし、明日はオセロ負けないぜ。

Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いつもの、あまりにいつもの元日

元日の朝、ブランチは、
祖母に、雑煮をつくってもらい、
黒豆、なます、きんぴらごぼうのお節を食べました。

いつもの新年です。

夜は、恒例の新春ホームシアター上映。
今年は、豪華2本立て。
1本目は、兄の好きな恐竜のジュラシック・パーク。
2本目は、超大作「クレオパトラ」
全部で6時間の上映時間。
今、祖母と母ががんばって観ています。

いつもの新年を迎えられたということは、
とんでもなく幸せなことなんです。
これを忘れないようにしたい、と思います。

今年も、
断固たるシュフとして、
断固たる日常を暮らし、
断固たる平和を生きて、
断固たるものが書けたらなぁ、と。
これは、新年の誓いです。

 下部へ、下部へ、
 根へ、根へ、
 花咲かぬ処へ、
 暗黒のみちるところへ、
 そこに万有の母がある。
 存在の原点がある。
 段々降りてゆくしかないのだ。

これは師のコトバ。
原点回帰、
ちょっと潜ってみようかな、とも思っています。

娘よ、わかるか、いつもの正月のありがたさが?

ま、お年玉も、いつもの額でよろしく。

Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »