« お寿司なサタデー | Main | ソウルフード »

近くて遠い、小さな旅

雨が降ったり止んだりの日曜日、
午後、ぽっかりと御一人様タイムとなりました。

車で山をグングン上ると、
自家焙煎珈琲の看板を見つけました。
小さな古い木造の家のカフェ。
ドアを開けると、そこにはもう一つの世界がありました。
アンティーク調の内装、静かに流れるクラッシック。
挽きたての豆をハンドドリップしたコーヒーはとても美味でした。

おいしいコーヒーの条件は、
グラスに入った氷水と相性がいいこと。
冷たい水がおいしく感じられたら、そのコーヒーはホンモノです。

氷水が、コーヒーを引き立て、
コーヒーが、氷水を引き立てる……

そんなコーヒーに出会えて、幸せを感じました。

その後、峠のあたりに、車をとめ、少し歩くことに。
茶畑を見下ろせる散策路があり、
西行の歌碑を見つけました。
そして、峠の茶屋がありました。
ペットボトルも売っていたりしますが、
江戸時代から350年も続いているそうです。
建物は、ところどころ改修してありますが、
天井の梁などは当時のままだとか。
茶屋で一休みして、名物の水飴を買いました。

すぐ近くの小さな旅でしたが、
ずいぶん遠くまで行ってきたような気がします。

娘よ、箸持ってこいって。
水飴を、箸で練って、食うぞ。

もう歯磨いたって?

だから、水飴食って、また磨けばいぐね?

おい、寝るなっ。

Love and Peace ・・)v

 
今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« お寿司なサタデー | Main | ソウルフード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お寿司なサタデー | Main | ソウルフード »