« April 2009 | Main | June 2009 »

後半勝負

今週末は、今シーズン最初の水泳大会。
熱い二日間でした。
この夏も熱い熱いシーズンになりそうです。

僕が、好きな選手は、後半強い選手。

最初飛ばして、
後半バテバテになる選手は、
カッコ悪いと思います。

水泳の練習は、三つの力をつけるのが目的。
まずは、瞬発力。
スピードです。
しかい、これは、短時間しか持続しない力。
そこで、持久力が必要になるんです。
いわゆる、スタミナです。
瞬発力と持久力は、水と油。
瞬発力をつければ、持久力が落ち、
持久力をつければ、瞬発力が落ちます。
この正反対の練習のブレンドがむずかしいところ。
そして、もう一つの力は、耐乳酸力。
後半の一番つらいところを、耐える力です。
この練習は、たくさんしすぎると、つぶれてしまいます。

後半勝負するためには、
持久力、そして、耐乳酸力が大切。
つまり、スタミナとド根性。
瞬発力は、そもそも、生まれたときにほぼ決まっていますが、
持久力と耐乳酸力は、練習すればするほど向上します。

さて、後半とは……
100mのレースだったら、
最後の50mじゃないんです。
最後の最後の20m~10mくらい。
レースでは、ここらが、地獄、
このときが、勝負なんです。

仕事でも、
さっさと終わらせて、
のんびりしてるようではダメです。
最後の最後まで粘って、
耐乳酸力でふんばるんです。

そう、しめきり際に、ホントの力が出るんです。

さあ、娘よ、もうじき、テストだろ。
がんばれよ。
前半が大事だぞ、前半が。
直前だけ追い込んでもダメだ。
前半勝負だ。

え、パパは後半勝負が大事って言ってたって?

そんなことは言ってないぞ。
パパを信じて、前半勝負だ。

そして、後半勝負に持ち込めっ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

マジメにフマジメを

マジメにものごとにとりくむのは大切なこと、
そう学校では教わりました。
マジメな子=イイ子、と。
フマジメだった僕は、もっとマジメにやりなさい、と、
子どものからずっと言われ続けてきました。

実は今も、職場で管理職が僕にそう言いたそうです。

今、教育実習生を一人担当しています。
礼儀正しく謙虚でやる気まんまんな若者。
もちろん、マジメ。

ところが、僕のフマジメな教師っぷりを、
マジメに手本として、
マジメにフマジメになりはじめたんです。

さあ、大変。

で、僕の真似だけはしてはいけない、と、
指導担当教官として、
初めてきちんと、アドバイスしました。

これ以上、僕のようなフマジメな教師が増えたら、
日本の将来は危なくなってしまいます。
彼には、僕を乗り越え、大きく羽ばたいてほしいものです。

マジメなひとを見てると、
時に心配になってしまうことがあります。

「答はいつも教科書の中」で、
「センセイ」や「上」のひとにやたら従順で、
実は、自分の心に対しては、フマジメだったりして……

娘よ、答えはいつも風の中だ。

で、実はパパがマジメだって知ってたか。

何にマジメかって?

だからマジメにフマジメしてるんだって。

Love & Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ビジュ弁仕込み中

今、キッチンで、これを書いています。
娘の弁当の仕込みをしながら。

ま、いつもキッチンで書いていますが。

明日は、娘の中学の運動会なんです。

応援は、行かなくてもいいそうです。
中学生ともなると、保護者は、ほとんど来ないらしいので。

ちょうど、僕も明日は水泳大会に出かけるんです。
朝、早いんです。

だから、弁当のいくらかをを今晩つくってしまおうというわけです。

僕は、弁当男子なので、毎朝自分の弁当をつくるんです。
といっても、そばを茹でて、ネギを刻めば、ほとんどできあがりのそば弁。
10分もあれば、できてしまいます。

ところが、娘の弁当となると、そうはいきません。
女子の弁当はビジュアル系。
開けたときに、友だちに見られることが、前提。

だから、大変。

いくら、おいしくて、栄養バランスばっちりでも、
見た目がよくなければ、ダメなんだそうです。
女子弁は、見た目が9割ですから。

ふー。

きんぴら、
コールスローサラダ、
ポテトサラダ、
チーズ入りちくわ
キュウリ入りちくわ、
エリンギ炒め
三色ごはん、
を、つくる予定です。

娘よ、パパは先に出かけるから、
勝手に、弁当箱つめとけ。

で、一度でいいから、そば弁、持ってってみろって。
絶対、友だちに、うらやましがられから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

常に今が一番

今までの人生、何才の時が一番よかった?

と、生徒に訊かれることがあります。

そうえば、40才になって、人生ずいぶんと楽になりました。
きっと、枯れてきたからでしょう。

ちょっと前まで、いつも考えていたことは、
「どこかにイイ女はいないか」
そればかり。
恥ずかしながら。

このごろは、「今日のごはん何つくろう」
ほんとに、そのことばかり考えています。
カバンの中には、いつもレシピ本が入っているほど。

いい女はなかなか出会えませんが、
ごはんは、うちに帰れば、すぐつくれます。
それで、楽になったのでしょう。

ま、ポジ枯れ。

そう、ポジティブに枯れていこうと思います。

で、何才の時が一番よかったか?

そういえば、これまでの人生、
たいてい、
今が一番いい、と思ってきました。

この今も、もちろん、今が一番いい、と思っています。

娘よ、今を生きろ。

人生は、一秒たりとも、止まらない。
後悔する暇があったら、今を生きろ。

パパなんて、これまでの人生、一片の後悔もないぞ。

ははは。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ダルくても家事

なんだか、このごろダルいんです。
大して仕事してるわけでもないのに。

昨夜は、テレビを見ているうちに寝てしまい、
気づけば、朝でした。
娘も、テスト勉強があったりで、ダルかったらしく、
同じようにソファーで、朝まで眠っていました。

学校祭が近づいてきて、
僕は生徒会顧問なので、
どうしてもサービス残業が続きます。

今日は、夕方、いったん、うちに帰って、
ごはんをつくって、娘と食べ、
僕は再出勤……

だから、娘よ、家事分担頼むよ。
自分の洗濯物くらい、自分で畳めって。

え、なんでうちはそうなんだって?
パパは子どものころやってたかって?

だから、うちはうち、よそはよそ。
それで、昔は昔、今は今。

ったく、仕事や勉強に休みがあっても、
家事にはないんだから。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

初心忘れるべからず

このごろ、僕の勤務する学校に、
教育実習生が来ているんです。

これから教師を目指す若者達を見ていると、
僕も教師を目指していたころを思い出します。
夢と希望と熱い気持ちを持っていました。

僕が大学4年のころは、バブル全盛期。
翌年にはバブルがはじけるとは知らず、
そんな時代がいつまでも続くと思っていました。
金、かね、カネの世の中、
教師でもやろう、教師しかない、とデモシカ先生となったんです。

実は、今年、僕は教育実習生の一人の指導をしているんです。

昨日が初日で、僕の授業を見せ、
「教科書に書いてあることだけ教えればいいってもんじゃない。
 教科書のむこうの世界を見せてあげなくちゃ」
などと、アドバイスしました。
えらそうに。

そして、今日、その実習生は生まれて初めて授業をしました。

で、生徒達の評判。

 ジロー先生より、授業うまい。
 字が読みやすいし、わかりやすい。
 なんで2週間しかいないの?

………………。

娘よ、初心忘れるべからず、って知ってるか?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ソウルフード

日曜の夜は、実家で、ごはんを食べます。
料理は、たいてい、僕が担当します。

食材は、冷蔵庫に残るものをメインに、
ちょこっとだけ買い足して、
シュフの知恵を駆使した節約レシピで料理します。

もちろん、野菜たっぷりで。

うちで二品ぐらいおかずをつくっていき、
実家でもあるもので一品くらいつくります。

大したものではないのですが、
みんなで食べると、けっこうおいしいんです。

そう、家族を一つにする、ソウルフード。

ソウルフードとは、
もともとは、アメリカ南部の黒人達が、
過酷な日々を送りながらも、
安い食材を駆使して、
日曜の夜に家族で食卓を囲んで食べたもの。

こんな時代、ソウルフードで、
おなかだけでなく、心も満たさなくっちゃいけません。

実は、このソウルフード、
次の長編のテーマになる予定なんです。

もし、編集者さんが、読んでいらしたら……

日刊でも、週刊でも、月刊でも、季刊でも、
オファー、お待ちしています。
僕の手料理でも食べながら、打ち合わせしましょう。

娘よ、オファーいっぱい来ちゃったら、どうする?

困ったなあ……

で、どうする??

聞いてる???

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

近くて遠い、小さな旅

雨が降ったり止んだりの日曜日、
午後、ぽっかりと御一人様タイムとなりました。

車で山をグングン上ると、
自家焙煎珈琲の看板を見つけました。
小さな古い木造の家のカフェ。
ドアを開けると、そこにはもう一つの世界がありました。
アンティーク調の内装、静かに流れるクラッシック。
挽きたての豆をハンドドリップしたコーヒーはとても美味でした。

おいしいコーヒーの条件は、
グラスに入った氷水と相性がいいこと。
冷たい水がおいしく感じられたら、そのコーヒーはホンモノです。

氷水が、コーヒーを引き立て、
コーヒーが、氷水を引き立てる……

そんなコーヒーに出会えて、幸せを感じました。

その後、峠のあたりに、車をとめ、少し歩くことに。
茶畑を見下ろせる散策路があり、
西行の歌碑を見つけました。
そして、峠の茶屋がありました。
ペットボトルも売っていたりしますが、
江戸時代から350年も続いているそうです。
建物は、ところどころ改修してありますが、
天井の梁などは当時のままだとか。
茶屋で一休みして、名物の水飴を買いました。

すぐ近くの小さな旅でしたが、
ずいぶん遠くまで行ってきたような気がします。

娘よ、箸持ってこいって。
水飴を、箸で練って、食うぞ。

もう歯磨いたって?

だから、水飴食って、また磨けばいぐね?

おい、寝るなっ。

Love and Peace ・・)v

 
今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お寿司なサタデー

昨日から、娘は風邪気味。
今日も一日安静にゴロゴロしていました。

いちおう看病しつつ、
おかげで僕ものんびりできました。
もちろん、シエスタも。

晩ごはんは、娘にはリゾット。
タマネギとニンニクと白米を炒め、
シメジを入れ、コンソメスープでコトコト。
塩こしょうして、粉チーズを入れ、味を整えてできあがり。

「昨日の玄米粥の10倍おいしい」、と娘。

玄米がゆは、タマネギ、山芋すりおろし、シメジ、白みそを入れたもの。
こっちのほうが、おいしいんです。
娘には、わからないようですが。

今日は、ゆとりがあったので、
生まれて初めて、寿司にチャレンジ。

祖母にケイタイで指導をうけながら。
米を1合炊き、寿司酢を混ぜ、うちわでパタパタ。
ま、それらしいシャリはできました。

ネタは、穴子。
父が冷凍したのをくれたんです。
秘伝のタレも。

弁当箱にシャリを入れ、
穴子をのせ、タレをかけ、
穴子寿司弁当。

娘にも勧めましたが、
「絶対に不味い」と言って、
一口も食べませんでした。

それでも、そんなに不味くはありませんでした。

娘よ、パパの寿司も、けっこういけるぜ。
ツナでも巻いてやるか?

だから、「絶対に不味い」とか言うなって……

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

初恋、初ロック、初ブンガク

この季節、中学1年生の頃をよく思い出します。

ツッパッていた、恥多き日々。

初めて、女の子とつきあい始めたんです。
結局、恥ずかしくて、一言も話さないうちに、フラれました。
手紙を一回交換しただけで。

初めて、RCサクセションを聴いたのもそのとき。
友達からもらったカセットテープで。
歌謡曲しか知らなかった僕には、
ソウルフルな清志郎の歌は強烈でした。

そして、初めて、ブンガクにも触れました。
初めての文庫本に挑戦したんです。
母の本棚から一番薄い本を選びました。
ヘルマン・ヘッセの「青春は美わし」
ストーリーは忘れてしまいましたが、
とっても感動したのを覚えています。
たぶん、ストーリーより、文庫本を読了したことに感動したのでしょう。

今、ここにその文庫本があるんです。
活字は旧字体、そういえば読むのに苦労しました。

 「1966・1・1 いろは堂にて」

と、母の字で裏表紙に書かれています。
僕が生まれる前、
まだ母が独身だったころに買ったのでしょう。

それで、ツッパリ時代、けっこうヘッセを読んだんです。
クラスに、ヘッセ好きな優等生の女子がいて、
ヘッセの本を貸し借りしたり、ブンガク談義で盛り上がりました。
彼女は、ツッパリの僕の将来を心配しつつ、転校してしまいました。

娘よ、文庫本読んだことないだろ?

あるって?何読んだんだ?

 「容疑者Xの献身」

そうか……、けっこう厚いな。
ま、いつか、この文庫本あげるから、読めよ。

人生はブンガク、いやブンガクが人生だ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック


| | Comments (0)

コアな少数派

どういうわけか、
僕が何かの仲間に入ると、
いつも少数派なんです。

もう、子どものころから。
一度も、多数派のグループに入ったことがありません。

社会人になってからも、
組合に入る、といったら、ものすごく歓迎されたんです。
で、入ってみたら、少数派でした。

それでも、少数派でいることは、
実は、嫌いじゃないんです。

少数派というのは、
実は、社会にとって、必要な存在。
と、思うんです。

生物は、多様性がないと、種を保存できないんです。
もし、あるグループが均一なメンバーばかりになってしまったら、
何かが起こったとき、全滅してしまうことがあります。
しかし、多様なメンバーがいれば、全滅は免れ、命をつなげます。
我々の多くが、生理的に、ファシズムを拒否するのは、そのため。
我々の中に眠る野生が、受けつけないんです。
少数派は、種の多様性を保つために、必要なはず。

で、少数派である我々は、
何も主流派にしろって言ってるわけじゃないんです。
ただ、居場所を確保させて、と言ってるだけなんです。

少数派は、少数派である誇りとともに、
謙虚でもなくっちゃいけません。
しかし、少数派の存在が危うくなったら、
その時はたたかわなくっちゃなりません。

少数派のいる場所からは、
ものごとがよく見えるんです。
多数派の流れに呑まれてないゆえに。

娘よ、少数派って知ってるか?

だから、友達少ないひとじゃないっつーの。

ま、英語で言えば、コアなインディーズってとこだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

豆皿二つ

今夜は、呑み会に誘われました。

で、いったん、早くうちに帰りました。
娘に、晩ごはんを作るために。

娘がおやつも欲しいというので、
食前にホットケーキを焼きました。

娘は、このごろ、野菜をどっさり食べたいらしいので、
中華鍋に山盛りの野菜を入れて炒めました。
味付けは、塩こしょう、酢、醤油、仕上げに水溶き片栗粉。
味噌汁と冷や奴もつけました。

そして、呑み会へ。
娘は、留守番。

古民家を利用したお好み焼き&寿司の店。
器は、マスターが焼いたもの。

その店では、マスター作の器も売っているんです。
今日は、豆皿に一目惚れして、二つ買うことにしました。
すると、マスターは笑顔で、タダでいいよ、と。

僕はノンアルコールでしたが、
おいしい料理を、味のある器でいただき、満足です。

実は、このお店、もうすぐ閉めてしまうのです。
まったく、この不況、悲しくなります。

さきほど、うちに帰ってきました。

だから、娘よ、起きろって。
いつまでソファ寝てるんだ。
宿題終わってないんだろ。

土産あるぞ。
豆皿、好きなほう、1ヶやるからさ。
いい加減、起きろって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

玄米の哲学

今や、我が家のごはんは、すっかり玄米。
娘も、文句を言わず、食べています。

玄米を食べるようになり、おかずが大きく変わりました。

白米だと、ごはんに力がないので、
どうしても、おかずに頼りがちになります。
ドカーンと主菜、チョビっと副菜という感じ。

玄米だと、ごはんに力があるので、
おかずは、副菜がチョコチョコ、これで充分。
もちろん、こちらのほうがローカロリー、胃も疲れません。

ダイエット後リバウンドせず、
周囲の期待を裏切り続けている僕は、
だんぜん、玄米派です。
こちらのほうが、おいしいんです。

玄米を食べるとは、米を丸ごと食べること。

ということは、野菜も皮をむかなくてもいいんです。
で、このごろは、野菜も丸ごと食べるようになりました。
これが、けっこう、おいしかったりするんです。
それに、料理もラク。

これは、愛に似ています。
愛するとは、相手を丸ごと、受け止めること。
いいところだけでなく、悪いところも。
意外に、悪いところをなくすと、いいところもなくなったりするんです。
人間は、長所と短所、プラマイゼロの複合体ですから。

競争社会のいけないところは、
競争はしょせん部分評価でしかないので、
人間の部分しか見なくなり、
部分で全体を評価するようになるところ。

気取った料理家が、
食材の一部だけを使っていたりすると、
なんだかなあ、と思ってしまいます。
食材は命がけで食卓に上るのですから、
その命、丸ごと受け止めなくては、失礼です。

娘よ、いいか、玄米は哲学だ。
わかるか?

つまり、パパの悪いところも、いいところなんだ。
わかるか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

万年筆快気祝い

ようやく、僕の万年筆が復活しました。
毎日使う、日記用の万年筆。
ペン先の部分をぬるま湯につけて、そのまま一晩寝かせ、
吹き矢のように口に当てて、何度か水を吹き、
ペン先から、中に蓄積した老廃物を吐き出させました。
ペン先をティッシュ当てて、中の水分を染み出させてから、
コンバーターをとりつけ、インクを吸わせると、
以前のサラサラ感が戻りました。

このペンは、極細字。
年に数回この作業をしなくてはなりません。

もとは、捨てられていたこのペン、
中のインクが粉になるほど何年も放置されていたんです。
僕が拾い上げ、四日ほど、この作業を繰り返し、
ようやく書けるようになり、
今では僕の体の一部といってもいいほど

以前、娘とケンカして、
このペンを隠されたときには、
本当に困りました。

僕の日記は、ほぼ日手帳というものですが、
このペンと、この手帳の紙の相性はバツグン。
相性がよすぎて、他の紙には書けないほど。

他にも万年筆を3本持っています。
プラチナの細字、ペンテルの中字、セーラーの太字。
どれも個性があり、用途別に使い分けています。

万年筆は、昼間の仕事には使わないんです。

職場では、ボールペンで充分。
お気に入りは、
細字のブルーブラックのゲルインクのボールペンか、
最近人気の軽く速い油性のボールペン。
僕は、キャップ派ではなく、ノック派です。

万年筆の字は、100年経っても残るんです。
60年以上前の僕の祖父の手紙があるのですが、
その字は、今も、はっきり読むことができます。

ボールペンの歴史は、まだ浅く、
100年耐えられるかどうかは、人類はまだわからないんです。

だから、ブンガクには、万年筆です。

娘よ、パパの万年筆、勝手に使うなよ。
ったく、この前、日記用のでお絵描きしてただろ。

パパは、万年筆で、100年後も読める文書いてんだから。

え、誰も読まないって?

孫が読むかもしんないだろっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

すべては明日のために

昨日は、土曜日なのに、終日、休日出勤。
おまけに、戸締まり当番で、帰りが遅くなり……
長~い1週間でした。

今日は、娘と別行動、
午前中は、ブンガクしてきました。
月1の勉強会なのですが、ずっとサボっていて、
ひさしぶりの参加。
昼は、仲間と十割そばを食べてきました。

午後は、御一人様カフェ ×2

うちに帰ってきて、キッチンに立ちました。
あるもので、簡単なおかずを作りました。

新じゃがを、皮付きでスティック状に切り、
ニンニクを先に炒めてから、一緒に炒め、
コチュジャンと醤油で和えました。

ほうれん草は、おひたしに。

カボチャを蒸し、炒めたタマネギと混ぜ、
塩こしょう、カレー粉で味付けして、
パン粉をフライパンでから煎りして、上にのせて、
揚げない、丸めないコロッケも作りました。

炊き込みごはんの素を見つけ、それも作りました。

夕方、娘と合流し、料理をすべて風呂敷に包み、実家へ。
実家にある食材で、もう2品追加しました。

休日の夜くらい、一族集合してのディナーです。
今夜は、1円も使わず、野菜たっぷりで、おなかいっぱいに。

この長い1週間は、実は、すべて明日のためにあるんです。
明日は、土曜の休日出勤の代休。
娘は、もちろん、学校へ。

そう、大人の、大人による、大人のためだけの休日。

ははは、娘よ、明日も学校がんばってこい。

え、午前中3時間で終わりだって?
給食なしだって??

金やるから、コンビニで何か買って食え。

パパは、仕事あんだからっ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ロック魂

僕もジャスト・フォーティとなった今、
「近ごろの若いもんは……」なんて思うことも増えました。

若いひとたちは、とってもマジメで優秀なんです。
そうでないと、採用されない、ということもあるでしょう。
それでも、なんだかなあ、と思ってしまうんです。

不耕起栽培、というのがあるそうです。
農薬をまかず、肥料をあげず、耕さず、とマジメにやらない農業。
自然にまかせ、作物の中に眠る野生を蘇らせるんです。
いわゆるマジメに、いろいろやってあげると、
作物は甘やかされ、弱くなり、おいしくなくなるのだとか。

マジメなセンセイが、熱心にせっせとプリントを作る。
生徒達は、大喜び。
しかし、生徒達がそのプリントに頼りすぎて、
そのうち自ら学ばなくなる……
これは、マジメゆえに陥ってしまうつまずき。
そんなことが、学校では、よくあるんです。

Jポップを歌う若いミュージシャンたちも、
マジメにせっせとラブソングを歌います。
君と僕がラブラブなら幸せ、そんな歌を。
決して、金や権力を持ってるヤツには逆らわず、
二人の、二人による、二人だけのためのラブをマジメに歌って、
狭い世界にずっといてくれれば、ヤツらは安心、そして安泰。
ミュージシャンが、本気で世界を変えようとしたら、ほんとにスゴイでしょうから。

それにしても、清志郎はブラボーです。
もちろん、ラブも歌いますが、
ヤツらには決して媚びることなく、
ラブ&ピースを叫び続けました。
ほんとに、ブラボーです。

「蟹工船」が発表後80年もたって、
ブームとなり、多くの若者を勇気づけ、
多喜二がまだ生きていることを証明したように、
清志郎のロック魂も、永遠の命を持っているはずです。

もちろん、マジメにやることも大切ですが、
ときには、ロックしなくちゃいけません。
マジメに上の言うことだけ聞いてれば、
なんとかなるほど、世界は単純じゃないんです。

娘よ、ロックしてるかい?

え、ロックって何かって?

ま、ひとことじゃ言えないが、
中学2年生には、まだ早いかもしれない。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カフェでホットミルク

このごろ、カフェの本をペラペラめくりながら、
コーヒーを飲むんです。
職員室やうちで。
ちょっとしたカフェ気分。
今まで行ったいろんなカフェも思い出しながら。

そうえば、父も酒を飲まないんです。
だから、カフェによく通っていました。
父は、コーヒーも飲まないんです。
たいてい、紅茶を飲んでいました。

子どものころ、父は時々僕をカフェに連れていってくれました。

父には、お気に入りのカフェがありました。

地下にあった小さなカフェ。
カウンターの5席がほどと、2人ずつ向かいあうところが一ヶ所。
ショートヘアで、キモノを着たマダムが一人で切り盛りしていました。

父とカウンターに並んで座ると、
父が何も頼まなくても、紅茶が出てきました。
カウンターの向こうには、茶釜があって、
お湯は、そこからひしゃくですくっていました。
紅茶と一緒にあんパンも出てくるんです。
父の好物で、いつも置いてあるようでした。
おかわりは、緑茶、何も言わなくても、マダムが淹れてくれました。
煎餅をつけて。

まだコーヒーが飲めなかった僕は、
ホットミルクに砂糖をたくさん入れて、飲みました。

マダムは、とてもチャーミングで、話し上手、
幼い僕もきちんと客として相手をしてくれました。
大きくなったら、一人で来よう、と心に決めていました。

とっても、居心地がよい場所でした。

しかし、そのカフェはもうないんです。
父は、このごろ、どこで紅茶を飲むのでしょう?
週末、実家で、父とそのカフェのことを話そうと思います。

娘よ、これまで黙ってたけど、実は、この町にも、
一軒だけ、パパの隠れ家的カフェあるんだぜ。
今度、連れてってやるぜ。

え、コーヒー飲めないって?

なら、ホットミルクに、砂糖いっぱい入れたのでも、飲みなって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ホンモノを見る眼

このごろ、久しぶりに知人に会うと、
無視されるんです。
僕が僕だと気づかなくて。

体重が10キロ以上減り、
髪型とメガネがかわり、
顔を洗った後、時々、クリームを塗るようになったからでしょう。
少しは若返って見えるようです。

自分では、よくわからないのですが、
見かけが、そうとう変わったらしいのです。

しかし、しかしです。

全然変わらないよ、というひともいるんです。
もちろん、よく会うひとですが。

そんなひとって、信用できる、と思うんです。
ちょっとくらい見かけが変わっても、
見かけにはとらわれない目を持っていて、
まっすく内面を見ているからです。

たしかに、見かけは大切なこともありますが、
そんな目を持つことは、もっと大切だと思うんです。

娘よ、ひとは見かけじゃないぞ。
中身だぞ。
外見を突きぬけて、中身に届く目が大事だ。

え、テレビで美人が出ると、固まるくせにって?

だから、内面を見てるんだって。
内面を。
じっくりと、な。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

真っ白な嘘

最近、英語の授業で、生徒達と「嘘」について読んだんです。

嘘は、たいてい、悪いことですが、
嘘にもいろいろあって、
white lie(白い嘘)は許されるんです。

 他人の利益のためにつく嘘。

友人が髪を切ってきて、
それがまったく似合わなくても、
ステキだね、というような嘘。

僕はかつて野球部の第3顧問だったことがあるんです。
夏の大会の一回戦直前のこと。
エースの投球練習を何気なく見ていました。
そしたら、「先生、どう?」と訊かれたんです。
「ちょっと内角にストレート投げてみて」
彼はミットめがけて投げ込みました。
「ボールにキレがあるよ。これなら打たれない」、と僕。
その後、ある体操をやらせました。
「これはメジャーがやってるのだから、効くぞ」、と僕。

その日の試合、
彼は、それまで見せたことのない投球で、
見事、初戦を突破したんです。

実は、僕が言ったことは、全部、嘘。
僕には、どんなボールも同じに見え、
メジャーリーガー体操も、僕がテキトーにつくったのです。

これも、白い嘘。
嘘が、真実まで、生んでしまったのです。

僕は、小説も書きますが、
基本、小説は、真実のような嘘。
しかし、真実をつくってしまうかもしれない嘘。
世界を変えるような嘘もあるはずです。

娘よ、宿題終わったのか?
終わったって?
そんな嘘ついて何になる?

え、パパもよく嘘つくくせにって?

だから、パパはプロの嘘つきなんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

窓際通信

今年、僕は職場で窓際なんです。
仕事の責任が少し軽くなって。
本当に、振り向けば、窓。
このごろは、新緑が鮮やかです。

新緑を見ていると、
いろんな緑があるんだなあ、と感じます。
つくづく。
濃い緑、薄い緑、鮮やかな緑、深みのある緑……
風が吹くと、葉っぱの揺れ方も違うんです。

多様性、これが自然を支えているのでしょう。
複雑なLove and Peace をつなげて。
均一性、これを人類が求めて、自然を壊してきたのかもしれません。

新緑は、窓際からいつも見ているので、
最近、なんだか、海が見たくなってきました。
むしょうに。

娘よ、週末、海見にいくことんなったから。

海で何するのかって?

だから、「特に何もしない」ってことをするんだって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

連帯@カフェ

僕は、あまり酒が得意じゃないんです。
だから、職場の呑み会では、いつも烏龍茶。

よく言われる「呑みにケーション」。
アルコールが入ってのコミュニケーション。
それは、それで楽しいのですが、
飲み過ぎで頭が痛くなったり、
酔っぱらいの間の長さにじれったくなったり、
と、僕は、あまり好きじゃないんです。

僕が好きなのは、コーヒーを飲みながらのコミュニケーション。

お一人様カフェも大好きですが、
しゃべり場カフェも大好きなんです。

この週末は、
東京のファミリーレストランで、
深夜1時まで語ってきました。
もちろん、ブンガクを。
呑み会を抜け出して。

しかし、それは、それで楽しかったのですが、
四十男が、二十代女性をつかまえて、
エラソーにしゃべりまくったので、
翌日、反省、自己嫌悪。
やはり、人間、謙虚でなくっちゃいけません。

コーヒー1杯から始まる連帯もあると思うんです。
フランス革命も、実存主義哲学も、
パリのカフェの議論から生まれたんです。
カフェは、世界を変えるんです。

しかし、娘よ、そんなカフェ、日本になくね?
やっぱ、パパが、つくるしかなくね?

はいはい、カフェは、ジロー's カフェだけにします。
はいはい、学校の仕事、がんばります。
がんばらないように、だけど……。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

愛し合ってるかい

さきほど、東京から帰ってきました。
こちらは、蛙が元気に合唱しています。

今日も、ブンガクな一日。

ある世界を、
外から、
変わらない自分が見て、書く。

んじゃなくて、

ある世界を、
その中に入って、
そこの人たちと同じ目線で見て、
自分が変わりつつ、書く。

のが、大切だなあ、と思いました。

うちで、テレビをつけたら、
忌野清志郎が歌っていました。
夢は?と聞かれ、「世界の平和」と答え、
観客には、「愛し合ってるかい?」と叫んでいました。

昨日は葬儀があったようですが、
清志郎の歌は、これからも聴けるので、
清志郎は死んじゃいないんです。

で、娘よ、パパは、一人偲ぶ会を決行する。

心配するな、土産はある。
レゴのキーホルダー。
名前、英語で彫ってもらったぞ。
900円もしたんだから。

じゃ、明日な。


ップッシュー。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

東京タワーな夜

今日は東京タワーの近くのホテルにいます。

今日は一日ブンガク漬け。
もちろん明日も。

創作は、構想が先にあってつくるのではなく、
まず、とりかかると、
構想を越えるものが生まれる……
そんなことを考えていました。

今年は、小説を書きます。
本気(マジ)で。

で、娘よ、今年、パパはやるぜ。
本気(マジ)だって。

だから家事分担よろしく。

とりあえず、東京タワーの写メ送るから。

Love & Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

サンドイッチ仕込む夜

ようやく週末、
といっても、連休後二日働いただけなのですが、
ほっとひと息です。

今夜は、バイオリンのレッスンも休みで、
娘の買い物につきあわされ
僕はまた漫画を1冊買ってきて、
夕食は、娘のリクエストで、ミートソース&ペンネ。
ニンニク、タマネギ、ニンジンと豚挽肉を炒め、
トマトジュースで煮込んで、塩こしょうとケチャップで味付け。
サラダもどっさりつくりました。
ドレッシングは、醤油、黒酢、蜂蜜、ごま油。
味はいいけれど、盛りつけがイマイチ、と娘評。

娘が宿題を片づけている間、
僕はサンドイッチの具をいろいろつくりました。

そして、ひさしぶりにDVDナイト。
名画「アイアン・ジャイアント」
セリフを暗記しているほど、何度も見たことがあります。

実は、明日、朝早いんです。
娘をおいて、東京に行くので。
ちょっと文学の集まりで。

おい、娘よ、いつの間に眠っちゃったんだ?
まだ映画半分も見てないぞ。

ま、娘よ、明日は起きたら、食パンのサンドイッチ食えよ。
昼は、フランスパンのサンドイッチ食えよ。

じゃ、よい週末を。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

貧しい人は幸いなり

高校3年の英語の授業で習った英語の諺。

 Poverty is virtue. (貧困は美徳だ)

先生の説明では、
金持ちが千円札を拾っても、うれしくないけど、
貧しいひとだったら、とてもうれしい、
ということは、
貧しいひとのほうが、うれしいことが多く、幸せかも、と。

もちろん、貧しさにも限度はあると思いますが、
その考えには、十代の僕はとても感銘を受けたんです。

で、経済学部を目指していた僕は、進路変更。
金銭的価値ではなく、普遍的価値を求め、英米文学部に入学しました。

そして、1年の夏休みから、実家からの仕送りを拒否。
あの諺の哲学を実践するために、
バイトと奨学金と麻雀で生計を立て始めました。

当時、日本は、バブルでウハウハ。
そんな中での実践でした。

たしかに、ビンボー生活だと、
ちょっとしたことがイベントになり、
ちょっとした食べ物がごちそうになり、
それはそれで、幸多き日々でした。

結局、バブル時代は、
「ないモノ」に、値段がついていたんだと思います。
「ないモノ」が売買され、札束が飛び交っていたのでしょう。
だから、「ないモノ」ないないとバレれば、バブル崩壊は当然のこと。

今は、たしかに、厳しい不況が続いていますが、
空腹時、ごはんがおいしく感じられるように、
不況だからこそ、本当に価値があるモノが見えるはずです。

娘よ、貧困は美徳ってわかるか?

よし、とりあえず、小遣いなしにしてみろ。

え、パパの小遣いはって?

子どもは子ども、大人は大人、現状維持だって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

GW最終日

ゴールデンウィーク最終日は、
娘とともに、祖母のための一日としました。

最近、絶好調な祖母。
背筋も伸び、スイスイ歩きます。

祖母とお出かけといえば、
映画とお食事。

今日の映画は、「レッド・クリフⅡ」
「Ⅰ」も、もちろん、鑑賞済みです。
娘は、他の映画を一人で見る予定だったのですが、
ちょうどいい時間にいい映画がなく、結局、三人で見ました。

もちろん、キャラメルポップコーンを食べながら。

祖母は、映画に、大感激でした。
ずっと楽しみにしてたんです。
娘も、期待してなかった分、おもしろかった、と。

夕食は、古民家の店で、天丼を。
祖母は、生ビールもグイッと飲みました。

娘よ、遠くへは行かなかったが、いいGWだったな。

え、パパの映画の感想はって?

一国の王になるより、
カフェの主になりたい……

そんなところだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ねこまんま

昨日は、昼はうちでパーティ、夜は焼き肉、と、
一日中、肉食獣のように肉を食べまくりました。

それはそれで、おいしかったのですが、
いかんせん食べすぎで、
しばらく、草食動物のように暮らしたいと思います。

さきほど、漫画を一冊買ってきて、
コーヒーを淹れて、
うちで、一人漫画喫茶をしたんです。

「深夜食堂」①

新宿で、夜12時から朝7時までやってる食堂、
主も客も、あやしい人ばかり。
後で、②を買おうと思います。

ねこまんま、というのが出てきました。
ごはんに鰹節と醤油をかけた、猫のエサのようなごはん。
実家では、冷やごはんに味噌汁をかけたのを、そう呼びます。

僕のうちでは、ねこまんまを食べられません。
ごはんは、いつも食べる分だけ、土鍋で炊くからです。

ごはんは炊きたて主義の僕も娘も、
冷やごはんが苦手、
だから、実家で冷やごはんが出てくると、
僕は味噌汁をぶっかけて食べるんです。
これは、これで、おいしいんです。
懐かしい、我が家の味です。

実家の味噌汁は、ずっと祖母がつくっていました。
具が二つか三つ入っていて、おいしいんです。
時々、卵が入っていて、それが僕の好物でした。

数年前、世代交代して、母が作り始めました。
母の味噌汁は、愛情たっぷり、具もたっぷり。
残念ながら、バランスがイマイチでした。

このごろは、父が作るんです。
仙台味噌という味噌で。
どういうわけか、やさしい味がします。

実家の朝は、冷や飯に味噌汁ぶっかけ。
母がイヤな顔をしますが、いつもそれ。
ふるさとの味がするんです。

僕も、うちで、ちょくちょく味噌汁をつくりますが、
どうも、実家の味噌汁と違うんです。
何が違うのかよくわからないのですが。

今夜は、実家に泊まるので、
明日の朝は、当然、ねこまんまでしょう。

で、娘よ、いつ帰ってくるんだ?
パパはもう支度できてんだけど。

明日の朝は、ねこまんま食うぞ。

だから、食べてみなくちゃ、おいしいかまずいか、わからんだろっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ボリウッドな夜

昨日は、夜、娘と街にくり出しました。

いつものベーグルを食べ、小物ショッピングをして、
その後、小さな映画館へ。
娘は、ヤッターマンを見たい、と言いました。
当然、無視。
なんでパパが勝手に決めるの、と娘。
当然、無視。

話題作「スラムドッグ$ミリオネア」を見ることに。

スラムに生まれた少年が、
過酷な人生を生き抜き、
ついに、クイズ・ミリオネアの最終問題たどりつく……

こんなストーリーを思いつくとは、ブラボーです。

ボリウッド映画といえば、
集団での歌と踊り。
ないのかなあ、と思っていたら、
映画の最後にちゃんとありました。
僕はこれが好きなんです。

この映画は、当初、アメリカでDVD販売のみの予定でしたが、
主人公同様、この映画も、運命に導かれて、
徐々に多くの映画館で封切られ、話題を呼び、
ついには、アカデミー賞を8部門も受賞してしまったんです。

なんだか、勇気と元気が沸いてくる映画でした。

娘は、映画の後、言いました。
勉強やる気出た、と。

娘よ、その言葉、パパは忘れないぞ。
ブログにも書いたからな。

だから、ヤッターマンなんて、見にいかないっつーの。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ソウルに届く声

僕は、基本的に、日本語の歌は聴かないんです。
歌詞が、音楽の邪魔になってしまうからでしょうか。

特に、娘と車に乗ると必ず聞かされるJポップ、
好きだの、会いたいだの、抱きしめたいだの、
そんなのばかりで、もうウンザリなんです。

しかし、しかしです。
RCサクセションだけは聴くんです。
忌野清志郎の声がソウルに届くんです。

中学生になり、ラジカセを買ってもらい、
初めてのカセットがRCの「ラプソディ」というアルバムでした。
テープが伸びるまで聴きました。
後に、CDを買いました。
そういえば、大学時代の恋人もラプソディという曲が好きでした。

水泳部の後輩をプールサイドに座らせ、
ほうきをマイクにして、
雨上がりの夜空に」を熱唱したことがあります。
ジャイアンのように。

♪Woo授業をサボって~陽の当たる場所にいたんだよ♪
と、「トランジスタラジオ」を歌いながら、
中学をサボって帰ってしまったこともあります。

今もよく聴くんです。
嫌なことがあると、「いい事ばかりはありゃしない
ロマンティックな気分なら、「スローバラード
学校の仕事に疲れたら、「ぼくの好きな先生

清志郎は、ジャンルなど関係ないんです。
清志郎の歌は清志郎しか歌えないので、
一人で、清志郎というジャンルを背負ってるんです。
そんなソウルの入った歌を歌えるのは、
後にも先にも、清志郎ただ一人……。

これからも、日本語の歌はあまり聴かないでしょう。
清志郎のブルース以外は。

娘よ、レコードって知ってるか?
ま、黙って、聴いてみろって。
誕生日にマブダチにもらったのが1枚あるからさ。
ラプソディだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ベジタブルな一日

今日も、娘は出かけていき、
僕は、一人、のんびりすることしにしました。

おうちランチは、イタリアンそば。
モッツァレラチーズ、トマト、レタスに、
そばとドレッシングを和えました。
ドレッシングは、オリーブ油、塩こしょう、酢、蜂蜜。
カフェで出したら人気が出そうな一品。

午後は、カフェ研究に行こうと、
ネットでいろいろ調べているうちに、
眠くなり、シエスタ……

至福の時を過ごせました。

ベッドから出ると、、
そういえば、ベランダの緑がさみしくなったので、土いじり。
プランターの土に、生ゴミ処理した肥料を混ぜ、耕しました。

それから、ホームセンターに行き、苗を買ってきました。
で、ベランダは、ハーブ園になりました。

グリーンピースをもらったんです。
娘の大嫌いな。
ちょうど娘もいないので、実家で豆ごはんをふるまうことに。

マイ鍋を持参して、実家で豆ごはんを炊きました。
白米3合に、豆、酒大さじ3、塩小さじ1.5を加えて。
そして、実家の面々と、豆ごはんパーティ。
おかずは、焼き山芋、ホーレン草と卵の汁、だけ。
一汁一菜ですが、豆のおかげで、おいしくいただきました。

娘よ、豆ごはん、めちゃうまだったぜ。
で、明日の朝ごはん、豆ごはんだ。

ははは。

だから、嘘だって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

カフェ・ノート

今日は、出張で、街へでかけました。
会議があってその後、呑み会も。

会議と呑み会の間は、3時間。
僕の、僕による、僕だけのための時間。

まず、小さなノートを買いました。
今日から、カフェ研究家となったので、
このノートを、カフェ・ノートとして、持ち歩くことにしました。

まず、中国茶を出す店へ。
茶葉や茶器などを売る店の奥に、ひっそりとティールームがあるんです。
僕のお気に入りの場所。
ジャスミン茶を注文。
砂時計の砂が落ちるのを待って、いただきました。
うちのとは、香りとコクが違いました。

この店の頃は、カフェ・ノートの記念すべき1ページ目にメモメモ。

次は、街中のふつうの喫茶店へ。
ストロングブレンドというコーヒーを注文。
ストロングとはいえ、飲みやすく、ブラックでいただきました。
永年の常連客の多そうな店でした。

この店のことも、
カフェ・ノートにメモメモ。
下手なイラスト付きで。

カフェは、まず、居心地がよくなくっちゃいけません。
しかし、いくら居心地がいいからといって、長居はいけません。

ゴールデンウィークは、
予定を入れないという予定を入れたので、
カフェめぐりでもすることにします。

娘よ、つきあえよ。

ところで、パパは、カフェ研究家になったから。

え、小さな幸せ発見家はどうしたかって?

ま、兼業だ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »