« February 2009 | Main | April 2009 »

ソウルうどん

今日は、娘と、街にくり出しました。
まず、ランチに、ベーグルを食べ、
小さなシネマへ。
ロシアの人形アニメーションの古い映画。
娘は、大喜びでした。

ほんとは、祖母と一日過ごすことになっていたのです。
しかし、祖母は、今日、一日寝ていました。
昨日、繕い物をがんばって、目が回ったので。

映画の後は、
高速道路をかっ飛ばして、実家へ行きました。
途中、おやつの和菓子を買って。

布団の中で、高校野球を見ていた祖母が、
卵が入ったうどんを食べたい、というので、
僕が、早速、台所に立つと、
娘が、つくりたい、と言って、つくり始めました。
もちろん、僕の指導の下で。

ちゃんちゃんこを着た祖母が、
布団の横に置いた小さな机で、
娘と、おいしそうに、卵とじうどんを啜っていました。

祖母は、明日には、元気になるでしょう。

娘よ、もしパパが寝込んだら、ソウルフルなうどん頼むぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

花束と抹茶

今日も、花束を持って、帰ってきました。

職場の送別会があったのですが、
花束の忘れ物があったんです。
きっと、飲み歩くのに、花束が邪魔になったのでしょう。
僕も、花より団子タイプなので、その気持ちはよくわかります。

で、結局、誰の花束かわからず、
他にその花束を欲しいひともいなかったので、
ちゃっかり、僕がもらってきたんです。

もう、ダイニングテーブルは、花盛り。
今、うちの中が、とてもいい匂いがします。

今日、定年退職する同じ英語の先生が、
僕に託したいものがある、と言ったんです。
抹茶セットです。
英語科研究室に置いていく、と。
抹茶茶碗、茶さじ、茶せん、抹茶の粉。
いつでもみんなが一服できるようにするのが、僕のミッション。
茶菓子は、甘納豆が、安くて日持ちして抹茶にあう、とのこと。

最近、学校は、忙しいんです。
数値化ばやりで、世知辛くなっています。
合理化、効率化、コスト削減……

だからこそ、花とかお茶とかが大事なんです。
決して、無駄じゃないんです。
ここは、譲っちゃなりません。

無駄を省くことは、
一見、よさそうに思えますが、
無駄を省き続けると、
結局、自分しか残らないんです。
無駄から、ゆとりがうまれ、
ゆとりがなくては、他人のことは考えられないものです。

で、娘よ、一人で留守番、お疲れさん。
土産あるぞ。
花束だ。
喜べ。
だから、喜べって。

おい、娘よ、花より団子か?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

テーブルの上に花がある夜

今日の夕食は、久しぶりの外食。
肉食系の娘が、牛肉100%のハンバーグを食べたいというので。
ファミリーレストランに行ってきました。
草食系の僕は、春限定桜エビとジャコのビビンパを。

デザートを食べながら、
ドラえもんの映画を録画してあったことを思い出しました。
やはり、春休みといえば、ドラえもんの映画です。
娘が小さい頃は、毎年、見にいったものです。

「よし、ビデオナイトだ」、と僕。
「いいねえ」

コンビニで菓子を買って帰ると、
お湯を沸かし、お茶をセットして、
電気を消して、毛布にくるまって、
ソファでダラダラとドラえもんを見ました。

いつもより前向きなのび太、
いつもより頼もしいジャイアン、
いつもよりやさしいスネ夫、
いつもながらかわいい静香ちゃん、
あいかわらずのび太に甘いドラえもん……

気づけば、僕は途中で眠っていました。
そういえば、いつも映画館でも途中眠っていました。

こんなにダラダラしたのは、ひさしぶりのこと。
すっかり力が抜けてしまいました。

というのは、今日、バイオリンの発表会があったんです。
娘はソロで弾きました。
僕はみんなと合奏で弾きました。
あの練習量で、あのでき、こんなものでしょう。

とっても小さな子が、とっても小さなバイオリンで、
めちゃめちゃ上手に弾くんです。
僕にとってのバイオリンは、謙虚になるための道具。
そして、音楽家の偉大さを知る道具。
これだけでも、充分、バイオリンを習う価値があります。

今、テーブルの上には、花が飾ってあります。
参加賞の鉢植えと、娘の母親からの花束。

娘よ、今日はこれだけダラダラしたんだから、
明日から、心入れ替えるぜ。

で、孫には、3歳からバイオリン習わせるぜ。
ま、パパが、送り迎えしてやるから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カレーの冷めない距離

今日は、午後、うちでカレーをつくりました。

母に頼まれたんです。
母が先日カレーをつくったら、祖母がまずいと言ったらしくて。
いわゆる、ふつうのカレーです。
豚肉、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、市販のルーでつくるカレー。

まずくつくるほうが難しいと思ったのですが、
とにかく、ふつうのカレーを、ふつうにつくってみました。

肉を炒め、野菜を炒め、水を入れて、煮込む。
やわらかくなったら、ルーを入れて、弱火でさらに煮込む。

取っ手がとれて、
タッパーのふたができる鍋に入れて、
風呂敷に包んで、実家に持っていきました。
カレーがまだ温かいうちに着きました。
ごはんを炊いて、カレーを温めなおしました。

ふつうにつくった、ふつうのカレーは、
ふつうにおいしく食べることができました。

「おいしいやあ」、と祖母、満足したようです。

母が言うには、違いは、ジャガイモにあったようです。
僕は、ジャガイモを後で入れるんです。
男爵ではなく、メークイーンを。
ジャガイモが煮くずれるのが、嫌なもので。

昔、カレーライスは、祖母がよくつくってくれました。
大学が休みになって帰省すると、必ずカレーライスでした。
祖母のカレーは、そういえば、ジャガイモが煮くずれていて、
ルーが黄色っぽくて、ソースをかけて食べたのを覚えています。

そんなカレーも食べたくなりました。

で、娘よ、カレーの感想、まだ聞いてないんだけど。
黙って食うなって、いつも言ってるだろ。

え、おいしいって言ったって?

だから、どうおいしかったか聞いてないんだけど。

ふつうにおいしいって?

………………。

ま、今度、おばあちゃんにカレーつくってもらおうぜ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ほんとのおいしさ

僕は、食いしん坊なもので、
一日中、おいしいもののことばかり考えています。

シュフになりたてのころ、
おいしさとは、舌が喜ぶことだと思っていました。
だから、いかにも子どもが好きそうなものばかりつくっていました。

しかし、そんなものばかり食べていたら、
気づけば、当然、すっかりメタボ。

で、ダイエットしたんです。
ダイエットとは、「毎日の食事」という意味。
カロリー制限で、いつもおなかが空いていたせいか、
食べるもの食べるもの、すべて、おいしいことおいしいこと。
空腹は、おいしさの必要最低条件だと知りました。

また、体が喜ぶおいしさも知りました。
玄米菜食、郷土食、スローフードなど、まず体に効くんです。
体に遅れて舌が喜び、味の好みも変わりました。

そんなおいしいダイエットで、
ついにメタボは卒業できて、
今のところ、なんとかリバウンドも抑えています。

おいしさは、舌と体だけでなく、心にも効くんです。
友と語らうにも、家族だんらんするにも、シングルママとデートするにも、
おいしいものは欠かせません。

僕に必要なひとは、僕の料理を食べてくれるひと。
どうせ料理するなら、おいしさをシェアしたいんです。
シェアすれば、おいしさも倍になりますから。

さて、このごろ、台所に立つとき、
新しいテーマがあるんです。
それは、美しい料理。

美味で太らないものはつくれるようになったので、
次は、家事をアートに高める芸術至上主義シュフとして、
テーブルの上に、おいしさで、美を表現したいものです。

魂に効く料理、ソウルフード目指して、
新学期からもシュフ道に日々精進です。
シュフ魂が燃えてきました。

娘よ、おいしさをシェアするためにも、 
家事もシェアしなくてはならねえ。

そこんとこ夜露死苦っ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あなたは、あなたが……

今日は、休みだったのですが、早起きしたんです。
映画に行こう、と。

映画を見るときは、
たいてい、
ストーリーや映像美、
または好きな女優さんが目当てだったりするのですが、
今日は、映画に出てくるおいしそうな料理が目当てでした。
尊敬する料理研究家さんが料理を担当しているというもので。

実に、おいしい映画でした。

あなたは、あなたが食べたもの。
そして、
あなたは、あなたがた出会ってきたもの。

そんなことを思いました。

さて、午後、うちに帰ってきました。
今夜は、娘がキャンプから帰ってくるのです。
実は、僕はビビっています。
そうとう。

昨日、頼まれていたビデオ録画を忘れたんです。
一日仕事で、フランス料理店で送別会で、
すっかり、記憶の中から消えていました。
娘が愛してやまないオバカタレントの番組、
そうとう、ヤバイです。

娘よ、今夜、なんかおいしいものつくってやるぞ。

で、人間は、完璧ではない。
わかるか?
完璧でない人間どうし、許しあうことが、Love and Peace だ。
わかるか?
パパなら、たいていのことは許してやるぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

給料日

昨日は、兄の給料日でした。

兄は重度の心身障害者で、
体は不自由で、知能も赤ちゃんくらい。
それでも、仕事をしています。
施設に通い、卵の殻をつぶすのです。
それが、肥料として販売されます。

僕は卵を料理に使ったら、殻はとっておきます。
そして、貯まったら、兄にあげるのです。

兄の通う施設では、障害の程度に応じて、
いくつかの班に分かれて、働きます。
木工班、アート班、兄の卵班など。

兄は、卵班の班長なんです。
コトバもしゃべれない兄ですが、
どうやって、班をしきっているのでしょう?

兄は、「班長さん」、と呼ぶと、うれしそうな顔をします。

兄の給料額は、3980円でした。
日給じゃないんです。
年収です。

で、昨日は、兄の給料日を祝い、
家族で、ファミリーレストランに行きました。
決して、おいしい味ではありませんでしたが、
母がいうには、兄を連れてくるには、気を使わなくて一番いい、そうです。

兄ちゃん、お仕事、お疲れさん。
また、がんばって。

さて、娘よ、パパも兄ちゃんに負けずにがんばるぜ。
今日は、一日、仕事がんばってきたぞ。

だから、ほんとだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

映画一本、珈琲一杯、そして海

今朝、駅のホームで、娘と別れました。
娘は西へ、僕は東へ。

まずは、小さなシネマへ。
ノルウェイの静かな映画を見ました。
やはり、僕はこういう映画が好きです。

その後、街をブラブラすろと、おなかが空いてきました。
ランチは、実はジャンバーのポケットに入っていました。
バンダナに包まれて。
おにぎり。
朝つくったんです。
海苔も巻かないシンプルな塩おにぎり。

景色のいいところで食べたくなったので、
電車に乗って、二駅で、下車。
歩いて5分で海岸に着きました。

少し寒かったのですが、
堤防に座って、足をブラブラさせて、
おにぎりを食べました。
おなかがペコペコだったので、美味なこと、美味なこと。

海岸に下りて、何かいいモノが落ちてないか探しました。
僕の好きなビーチグラスは、一つも見つかりませんでした。
しかし、最後の最後に、錆びた鉄の駒を見つけました。
ずっと欲しかったんです。
子どものころ、正月によく駒をまわしたんです。

食後は、当然、コーヒー。
駅前の小さな喫茶店に入りました。
洒落たコーヒーを前に、日記へ映画の感想などを書きました。

コーヒーを飲み終わっても、まだ3時半。
人生が、楽しくなってきました。

さて、娘よ、そちらは楽しんでるか?
朝、咳してたけど、止まったか?

で、土産あるぞ。
今度こそ、喜ぶぞ。

昭和の駒だ。

ま、いらなきゃ、ムンクのキーホルダーに続いて、
パパがもらうけどさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

旅支度な夜

さきほどから、娘はずっと旅支度をしています。
明日から、2泊3日で、キャンプにでかけるのです。
キャンプといっても、アウトドアのキャンプではなく、
宮沢賢治の物語を読んで表現するワークショップの。

僕は、今日、一日、よく働いたんです。
新学期の準備で。
といっても、僕なりにですが、
つまり、人並みに。

よく働いた日の夕食はおいしいものです。
今日の献立は、いつもの玄米&ごま塩。
おかずは、豚肉とジャガイモを炒めて、
醤油、みりん、コチュジャンで味付けしたもの。
これを、大皿に敷きつめた水菜の上にどっさりと盛ります。
トマトを添えました。
昨日東京で買った民藝風の小皿に、白菜の漬け物も。
おかずはおいしかったのですが、ちょっと玄米にはあいませんでした。

で、明日は、一日お休みをいただきました。
今日よく働いたのは、実は、そのため。

娘よ、パパも今から旅支度するぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

東京の北極星

今日は帰りが遅くなってしまいました。
大雨で、電車が止まったりして。
東京に、ひとりで、行ってきたんです。

娘は、友達と街へ行ったり、母親とごはんを食べたり、と別行動。

ブンガクの集まりがあったんです。
午前中は、時間があったので、美術館に行ってきました。

今日見たのは、絵とか彫刻ではなく、うちの中のもの。
アート&クラフト展
壁紙や、家具や、食器など。
生活の中の美、用の美、芸術と生活と労働の統一などがテーマの展示。
行った甲斐がありました。

午後は、ガチンコで、ブンガクの会議。

夜は、ブンガク談義で盛り上がりました。
一次会は、エチオピアカレー。
二次会は、喫茶店で。
と、ノンアルコールでしたが、熱く語り、やる気が出てきました。

たまたま入った喫茶店ですが、とてもよかったんです。
カウンターのむこうの壁一面が、コーヒーカップの飾り棚。
ただ、飾ってあるだけではないんです。
店員さんが、客のために、カップ&ソーサーを選ぶんです。
そして、洗ったら、拭いて、元に戻します。
まさに、今日の午前中のテーマ、用の美。
そして、シュフの高等テクニック「見せる収納」

いつもふらふらしている僕のような人間には、
北極星が必要なんです。
今日語ったブンガク同志は、まさにそんな北極星な面々。

娘よ、パパはやる気出てきたぜ。
いつまで続くかって?
北極星がなくなるまでだ。

で、土産のムンクの叫びのキーホルダー、激レアだぜ。
ミュージアムショップでしか買えないんだぞ。。
だから、カバンにつけたら、みんなうらやましがるって。

少しは、うれしそうな顔しろって。

おい、パパに返すなって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

歩いていける店

先日、職場の先輩がおごってくれるというので、
素直に、昼食をおごってもらいました。

せっかくなので、
僕の両親のお寿司カフェの売り上げに貢献することに。
総勢7人で、車を飛ばしました。

その日のメニューは、
ちらし寿司とカニシューマイ、
食後にコーヒー。

僕たちが食べ始めると、
ひとりのおばあちゃんが入ってきました。
おそらく80歳は越えているでしょう。
背中が曲がっていましたが、
ひとりで歩いてきたようです。

母が注文をとると、
小さな紙袋に入った手土産を渡していました。

母が、今混んでるから、少し待っててね、というと、
おばあちゃんは、「おかまいなく」と答え、
店に置いてある本を持ってきて、じっくりと読んでいました。

やがて、運ばれてきたお寿司を、
おばあちゃんは、少しずつ、丁寧に、食べ始めました。
僕たちが、料理をすべて平らげ、食後のコーヒーを飲んでいるときも、
ゆっくり、ゆっくりと、醤油はあまりつけないで、
一口ずつ味わいながら、食べていました。
同じ寿司でも、そちらのほうがおいしそうでした。

僕たちがいつまでもしゃべっていると、
おばあちゃんは、残った海苔巻きを母に包んでもらい、
席を立ち、僕たちや他のお客さんに、「お先に失礼します」と挨拶をしました。

そして、おばあちゃんは、お客さん全員に、
お菓子を一つずつくれました。
ちょっと大きめのメロン味のキャラメル。
上品でまろやかな甘さ、絶品でした。

「お元気で。さようなら」、とおばあちゃん。
「さようなら。お気をつけて」、と僕たち。

おばあちゃんは、ゆっくりゆっくり、歩いて帰っていきました。

最近、郊外の大型ショッピングモールが大人気。
一方、商店街は、さみしくなるばかり。
もうすぐ、実家のある町のはずれに、また一つできるそうです。

しかし、車のないお年寄りは、そんなところには行けません。
もし、歩いて行ける町の店がすべてなくなったら、どうするのでしょう?

だいぶ年齢を重ねてきた両親ですが、
そんなおばあちゃんが来れるようなこの店を、
一日でも長く続けて欲しいものです。

娘よ、これからも、じいじとばあばを応援するぜ。

え、いつもタダで寿司食わせてもらってるくせにって。

………………。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

余韻の時間

たとえば、いい映画を見た後など、
おいしいコーヒーを飲む必要があるんです。
ひとり、静かに。
映画の世界から、すぐに現実の世界には戻らず、
余韻に浸りながら、パンフをめくり、記憶を定着させるために。

そんな時間が、大切なんです。
毎日というわけにはいきませんが。

ワーキング・シュフは、気づけば、働きっぱなし。
職場で、うちのことを考えながら、働き、
うちで、職場のことを考えながら、家事をして……
充実はしていますが、なかなか忙しいのです。
特に頭の中が。

娘よ、わかるか?

で、今日は、娘が朝から出かけたので、
僕は、ひとりで、映画に行くことにしました。
昨日給料日だったので、買い物も兼ねて。

上映まで時間があったので、無印良品で買い物。
中国茶葉、ペン、トレーナー、オリーブオイル入れを。

時間がなくなってしまったので
昼食は、コンビニおにぎり。

映画は、大人の映画、ひとりで来て正解でした。

そして、御一人様コーヒータイム。
男と女、老いと死、そして愛について考えながら、
今日の日記を万年筆でさらさらと書き始めると……

携帯メールが。

娘よ、帰りは夕方だって言っただろっ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

偶然のような必然的なお茶

先日、卒業生に、横浜中華街のお土産をもらったんです。
大学合格の報告のために学校に来たときに。
「先生、お世話になりました」、と言って。
僕はほんのちょっとアドバイスしただけで、
合格は彼女の実力だったにもかかわらず。
茉莉花茶、とパッケージに書いてありました。
ジャスミンティーの茶葉です。
僕と娘の一番好きな中国茶。

そのわずか数日後、またもらいものをしたんです。
なんと、中国茶器セット。
もちろん、本格的なモノ。

僕が保育園児の頃お世話になり、今もかわいがってくれる先生から。
引っ越しの片付けで出てきたモノらしいのですが、
きっと僕が好きにちがいない、と僕を思い出してくれたようです。

まさに、そのとおり。

 「心の準備ができると、師が現れる」

これは、中国の諺です。
まさに、シンクロニシティ。
偶然のように見えても、実は必然なんです。

そうえば、本ももらったんです。
茶葉をもらった日と茶器をもらった日の間に。
「タオとユングの生涯」
そう、シンクロニシティは、ユングが言った言葉。

15年くらい前、祖母と台湾を旅行したとき、
中国茶の実演を見たんです。
それ以来、ずっと欲しかったんです。

茶壺を湯で温め、茶盆に捨て、
茶壺に茶葉を入れ、湯を注ぎ、捨てて、
もう一度湯を注ぎ、
茶壺に湯をかけて、茶壺を温め、
茶を茶こしを使って茶海に入れ、
聞香杯に注ぎわけます。
すぐに、茶を茶杯に入れ、聞香杯に残る香りを味わってから、
茶杯の中のお茶をいただく。

こういうめんどくさいのが、僕は大好きなんです。
なにか儀式のようで、茶を入れながら、心も落ち着きます。

で、娘よ、今夜もまた茉莉花茶飲むぞ。

え、めんどくさくないかって?

ぜんぜん。
おいしいもののためには、パパは妥協しないんだって。

え、仕事もそれっくらいがんばれって?

…………。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

明日地球が滅びようとも

春は、別れの季節、
今年は、組合の大先輩の先生が定年退職を迎え、
席も近くで、仲良くしていたので、本当に悲しくなります。

その大先輩は、聞き上手。
おしゃべりな僕にとっては生命線ともいえる存在でした。
この春、僕はきっと途方に暮れることでしょう。

その大先輩は言います。

「もう教えるのは飽きた」、と。

教え子達が成長していくのを永年見てきて、
自分も成長したくなった、と。

「これからは学ぶ」そうです。

大先輩は、囲碁も習い始めたんです。
なんと僕に弟子入りして。
お互い初心者なので、けっこういい勝負。

いつか聞いた言葉を思い出しました。

 明日、地球が滅びようとも
 今日、私はリンゴの木を植える

実は、僕たちには大きな夢があります。
それは、ラヴ&ピースなコミュニティ村をつくること。

娘よ、明日、地峡が滅びようとも、
パパ達は、諦めないぜ。

仲間入る?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

旅のあと

先日、娘と飛騨高山に行き、
食べたいものを、食べたいときに、食べたいだけ食べ、
ブラブラ歩き、役に立たなそうなモノを買ったり、
生まれて初めてあんなにたくさんの雪を見て、
それは、それは、楽しい時を過ごしたんです。

旅に出ると、
つくづく、自分の帰る場所がよくわかります。
そして、心の中に誰がいるかも。
この確認作業は、時に必要なのでしょう。
土産を買うのは、その作業の一環。

で、今日は、両親の店が定休日だったので、
朴葉味噌パーティをすることにしたんです。
もちろん、高山で買ってきた土産。

ホットプレートに、アルミホイルを敷き、
そこに水を含ませた朴葉を置きます。
その上に、味噌、豆腐、肉、シメジ、ネギをのせ、
あとは、香ばしく焼き上がるのを待ちます。

家族6人そろっての久しぶりの夕食。
そういえば、正月以来。
土産話をしながら、高山名物をシェア。

「パパ、飛騨牛おいしいね」、と娘。
「高山のと同じ味?」
「うん、同じくらいおいしい」

肉は、近くのスーパーで買ったものですが……
テキトーにつくったわりには、
宿で食べた朴葉と同じ味で、
おいしくいただきまいた。

娘よ、まだ朴葉残ってるから、
また朴葉パーティやろうぜ。
そして、食後は……
そう、モノポリーだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

鍋&モノポリーな夜

このごろ、食べてばかり、今日もホームパーティでした。
今日のお客は、女子ばかり。

いつものように、客をこきつかって、料理をつくりました。
今日は、シンプルに、水炊き。
ごはんを炊き、お餅も入れました。
デザートは、いつものイチゴのババロア。
会費1人500円でしたが、おなかいっぱいになりました。

今日は、みんなでゲームをする、と僕は決めていました。
モノポリーを。
一度もやったことがないのですが、おもしろいかな、と思って。

で、始まったんです。
誰もが、モノポリーは初めて。

基本的には双六なんですが、
土地を買ったり、家を建てたりして、金儲けするゲーム。
最初は、みなつまらなそうに、サイコロを振っていたのですが、
だんだん、ルールがわかってくると、おもしろくなってきました。

要は、土地を独占すればするほど、金が貯まるんです。
そう、モノポリーとは、独占という意味。
金は、金のあるところに集まり、
金が金を産み出すんです。

このゲームに勝つことは、
ひとの弱みにつけこみ、
土地を買い叩き、儲けまくり、
格差社会の頂点に立つこと。

なんと、リアルで、非常なゲーム。
モノポリーとは、独占という意味。

しかし、これが、本当にエキサイティングなんです。
金が貯まると、うれしいんです。
そして、その金を運用して、
さらに貯まると、さらにうれしいんです。
こんな僕でもギラギラしてきて、驚きました。

で、今日のモノポリーの勝者は、
なんと、娘。
みな破産寸前なのに、
しっかりと金を貯め込んでいました。

娘よ、そんな儲けてうれしいか?
パパは、教育した覚えはないぞ。

しかし、次は負けないぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

このごろのホワイトデー

今日も、ホワイトデーのクッキーの配達。
おかげさまで、好評なんです。
で、レシピを。

 「抹茶クッキー」

 小麦粉 160g
 抹茶パウダー 15g
 無塩バター 120g
 粉砂糖 60g
 卵黄 1ヶ

 バターを室温に戻してやわらかくして、練る。
 粉砂糖を数回に分けて入れ、卵黄も入れ、練る。
 振るった小麦粉と抹茶パウダーとバターを、ヘラで混ぜる。
 2つに分けて、棒状にして、ラップに包み、冷蔵庫で固める。
 固まったら、タクアンのように切って、2回に分けて焼く。
 オーブンは、180度で、16分。
 焼けたら、クーラーの上に置く。やわらかいので取り扱い注意。
 
 「ジンジャークッキー」
 
 小麦粉 180g
 ショウガすり下ろし 大さじ1
 あとは、全部同じ。

今日は、教え子から、何度もケイタイにかかってきました。
僕のおとりこみ中にもかかわらず。
先日、ホームパーティに来た男組の一人から。
そのときのデザートのイチゴのババロアがおいしかったので、
ホワイトデーで、ガールフレンドのために、つくることにしたのです。
僕の的確なアドバイスで、なんとかできあがったことでしょう。
そして、ガールフレンドも、たとえ失敗しても、喜んだことでしょう。
来年は、クッキーの作り方を教えてあげようと思います。

娘よ、これが教育だ。
わかるか?

手作り男子、増殖中だぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

冬のキリギリス

「アリとキリギリス」の話をよく思い出します。

つくづく、思うんです。
僕はキリギリスだなあ、と。
みんなががんばっているときに、グータラしてるので、
結局、最後は、締め切りに追われるのです。

ま、たいてい、締め切りには間に合いますが。
もちろん、ギリギリで。

今日も、朝、クッキーを焼き上げて、
なんとかホワイトデーに間に合って、配ってきました。

アリは、よく働き、人生を仕事に捧げます。
一方、キリギリスは、大して働かず、人生を芸術に捧げます。
アリが、定年になると、困ったことになります。
仕事以外に、人生の過ごし方を知らないからです。
そこで、芸術至上主義者キリギリス登場、
アリに、人生の楽しみ方、つまり芸術を伝授するんです。
レッスン料は、アリが夏に蓄えたエサ。
以前は、あまり仲良くなかったアリとキリギリスですが、
ようやく、晩年、仲良くなります。
めでたし、めでたし。

と、これは、僕の妄想。

娘よ、勉強がんばれ。
毎日コツコツ、とな。
アリになるんだ。
社会は、アリでもってんだから

え、キリギリスがいいって?

ダメだ。
うちに、2人もキリギリスがいたら、困るだろ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

クッキーを焼く夜

今、クッキーを50枚ほど焼いたところです。
抹茶クッキーを。

明日、ホワイトデーなもので。

なんでも、ギリギリにやる癖が直りません。

もう夜12時近く。

これを書いたら、もう50枚焼こうと思います。
今、タネを冷凍庫で固めてるところ。
こちらは、流行りのジンジャー・スイーツ。
ショウガをどっさりすり下ろして入れました。

さきほどから、部屋の中が、いい匂いで充満しています。

で、娘よ、味見してくれ。

バレンタインチョコのお返しで、
一番最初に食わせてやるぜ。

しかし、娘よ、眠くなってきた。

ジンジャークッキーの味見は、
明日の朝に延期だ。

 明日できることは、今日するな。

この言葉、誰言ったか、知ってるか?

パパだぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

男のパーティ

今日は、男だけのホームパーティ。

先日巣立った僕のクラスには、
男子が5人しかいなくて、結束が固かったんです。
僕も含めて、男組を結成したほど。

で、娘は、男組が来るといったら、
母親のところにいってしまいました。

そう、男の、男による、男のためのホームパーティ。

ガッツリいきたいという彼らのリクエストで、
豚の角煮をつくりました。
昨夜、豚バラ肉ブロックを、3時間蒸して、仕込んでおきました。

うちのパーティの料理は、参加者全員でつくります。
豚角煮だけはつくっておいたのですが、
春巻きを、みんなで巻いて、トースターで焼きました。
デザートも、イチゴのババロアをつくりました。

男組の団結力でつくった料理は、
とにかく、びっくりするほど、どれもおいしくできました。

ブラボー!

で、料理を囲んでの、
男の、男による、男のための語り。
女がいたんじゃ話せない話もたくさんあるんです。

もうすぐ社会人として働き始める彼らに、
僕の古いネクタイをあげました。
そして、ネクタイの着付け教室。
何度も練習したのですが、
結び目がなかなか三角形になりませんでした。

そして、夜遅く、娘が、母親に連れられ帰ってきました。

娘よ、女組も楽しかったか?

で、料理少し残しておこうと思ったけど、
ヤツらが、全部、食べちゃったぜ。

すまね。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

美の革命

このごろ、心がけていることがあるんです。

それは、テーブルの上に、ものを置かないこと。

ついつい、いろいろものがたまってしまうんです。
ケイタイ、ペン、リモコン、置き放しの湯呑み、本、紙類……

シュフにとって、ダイニングテーブルは、キャンバスのようなもの。
料理や食器で、食卓を表現をする場。

ここが、散らかっていてはいけません。

本当なら、クロスをかけて、ランチョンマットを敷きたいところですが、
そこまでは、僕のシュフ能力では無理なので、
せめて、ものを置かないように心がけることにしたんです。

といっても、昨日から、ですが……

先日、旅行のバスの中で、民藝の本を読んだんです。
柳宋悦先生の「民芸とは何か」
これは、まさに、美の革命の名著。

美は、裕福なひとだけが持つものではありません。
美術館に飾られているようなモノもたしかに美しいのですが、
ふだん、生活の中で使うモノの中にこそ、美があるんです。
つまり、「用の美」、使いやすくて、デザインのよいモノの中に。

本当に美しいのは、
名人がつくる高価なモノでもなく、
大量生産でつくる安モノでもない、
丈夫で、シンプルにデザインされ、
そして、生活の一部になるようなモノ。

たとえば、
お気に入りの湯呑みとか、
デコったケイタイとか、
旅先で買った小さな皿とか、
手の一部となるペンとか、も……

金持ちが独占していた美を、
我々の生活の中に奪い返す、
まさに、美の革命。

こんな時代だからこそ、
日常のありふれたモノの中に、
美を見いだすことが大事なんです。

だから、娘よ、テーブルは、物置じゃないって言っただろ。

え、パパのモノ、あるくせにって……

だから、パパのモノは美しいからいいんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

オーガニックに美しい

このごろ、美のことについて、よく考えるんです。

自然はなぜ美しいのか、とか。

冬の天気のいい日、
職員室の窓から、
マグカップ片手に、
ぼんやりと雪化粧した富士山を見ていたんです。

「きれいですねえ」、と理科の先生が言いました。
「なんで、自然は、美しく見えるんですか?」、と質問。
その先生は、しばらく考えて、答えました。

「人間も、自然の一部だからじゃないですか」

なるほど、
日々、文明の中で生きていると、
つい忘れがちな自然との連帯感。

まさに、オーガニックな美しさ。

organicとは、有機的とか組織的といった意味。
つまり、オーガニックとは、自然とつながっている状態のこと。

先日、有名な建築家が、
両親のために立てた小さな家の写真を見ました。
向かいあう椅子の間にテーブルがあり、
そこの窓からは湖が見えます。
まるで風景画のような窓。
とても、美しいと思ったんです。

借景的美。

人間は、そもそも、何もつくれないのです。
ただ、自然にいただいたものを、コーディネートするだけ。
自然の力なくしては、何も生み出せないのです。
自然を前にしたら、謙虚にならざるをえません。

オーガニックといえば、食べ物ですが、
そんな食べ物がおいしいのも、
体が自然と、ダイレクトに、つながるからでしょう。

だから、娘よ、パパはヒマだから、
職場で、そんなことばかり考えてんじゃないって。
忙しいんだけど、自然がささやきかけてくるんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

トマト事件

自立は、ずっとテーマだったんです。
我が家の。
つまり、自分のことは自分でする。
これは、大事なこと。

たとえば、家事。
僕が再びシングルとなり、シュフとなる前は、
ずっと身のまわりに女性にしてもらっていました。

自分のことは自分でしないで、
誰かによりかかるのは、
結局、長続きしなくて、
お互い、不幸になってしまうものです。

よりかからないで、よりそう。
そのためには、自分の足でしっかりと立つ。

で、先日のこと。

娘とごはんを食べていたら、
僕がトマトを箸でつかみそこね、
テーブルの上に落としてしまいました。
ちょうど娘の近くだったので、娘に頼みました。

「ちょっと、拭いといて」
「こぼしたのは、パパでしょ」
「まあまあ、拭いといて」
「自分のことは自分でして」

間。

「いつも、いろいろやってやってんだろ。それっくらいやれよ」
「イヤ」

ふたたび間。

「拭け」
「イヤ」
「なんでだ?」
「いつも自分のことは自分でしろって言うじゃん」

さきほどより長い間。

で、結局、娘は拭いたんです。
僕が「もう朝起こさないし、朝ごはんもつくらない」と言ったら。

で、そのケンカは収束しました。

しかし、娘よ、それじゃ交換条件じゃないか。

やっぱり、なんだか、納得できないぜ。

おい、ケンカやりなおしだ。

来るなら、来い。

だから、無視は卑怯だぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

旅の終わりの晩ごはん

ようやく、旅を終え、我が家に帰ってきました。

旅の非日常が終わり、
いつもの日常が始まります。

ずっと、ご馳走やらお菓子やらを食べていたので、
夕飯は、うちでつくることにしました。

なんだか、白いごはんのおにぎりを食べたくなったんです。
むしょうに。

まず、白米を、土鍋で炊いて、おにぎり。
うちにある野菜を具にして、味噌汁。

ただ塩揉みした白菜の漬け物を添え、
鉄瓶で湯を沸かし、静岡茶も淹れました。

「これだけ?」と文句を言ってた娘ですが、
「もうないの?」とぺろりと食べてしまいました。

ほっとするおいしさ。

娘よ、やっぱり、うちのごはんが最高じゃね?

だから、最高だろ?

おい、最高って言わないと、明日もおにぎりと味噌汁の晩ごはんだぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

飛騨高山より

今、温泉旅館で、ダラダラしているところです。

今日は昼すぎに高山に着きました。

昔の町並み、両側には店がいっぱい。
雑貨屋、煎餅屋、甘味処、骨董屋……
ずっとぶらぶらしていたくなる、とてもいいところ。

しかし、時間が限られていたので、
まず高山ラーメンを食べ、裸の大将、山下清原画展へ。
娘が大ファンなんです。
戦争に行くのが嫌で放浪し、
花火が大好きだったようです。
花火の絵葉書を買いました。
それから、少し、食べ歩き&小物ショッピングしたら、もう時間。

泣く泣く、高山とはお別れ。

こちらでは、山が白いんです。
もちろん、雪で。
美しいんです。

娘よ、明日帰らなきゃならないなんて、悲しすぎだぜ。

だから、また来るから。
春休みでいい?

さ、寝る前に、ヨガしようぜ。
あ、すまん、旅用ヨガマット忘れた……

Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

旅支度な深夜

ここ数日、予習で忙しいんです。

娘と、明日から行く飛騨高山の。
ヒマさえあれば、ガイドブックを開きます。

ガイドブックは、1冊じゃダメなんです。
こっちには出ても、あっちには出てない情報が必ずあるからです。
最低2冊を見比べて、そしてインターネットを併用ししなくては。

今回は、同僚達と、バスでの団体旅行。
限られた時間と行動範囲の中で、
どれだけ自分の旅をするか、が勝負。
予習は欠かせません。

僕のモーレツな予習っぷりに、まわりは驚いていました。
このモーレツさを、日々の仕事で見せることはないからでしょう。

さて、旅は、テーマを決めなくてはいけません。
今回の旅は、「マイ審美眼」です。

最近、「民藝」関連のの本を読んでいます。
民藝とは、高価な芸術品ではなく、日常生活で使うモノに美を見いだす哲学。
そう、「用の美」

自分がいいと思ったものを、本気でいいと言い切ること。
ひとは、他人がいいと言ったものを、いいと思いがち。
自分がいいと思っても、自信を持てず、いいと言えなかったり、
CMに好きな女優などが出てれば、すぐにいいと思ってしまったり。
そんなんじゃ、ダメなんです。
芸術至上主義者として。
ちょっと「眼」を鍛えてこようと思います。

今回は、バスに長時間乗るので、
文庫本を買いに、大きな本屋へ行ってきました。
菓子も買ってきました
どちらも、ちょっと買いすぎました。

先ほど、持ち物リストをつくって、
荷造りを始めたところです。

予定もいちおう立てました。
見るもの、食べるもの、買うもの……
予定は、立てすぎても、いけません。
すべて予定どおりでは、おもしろくないので、
思わぬ出会いの余地も残しておくのです。

おい、娘よ、荷造り終わったのか?

そうか、もう終わったのか……

で、パパは何着てけばいいと思う?

おい、寝るのはまだ早いぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ムダだけれどムダじゃない

先日、ひさしぶりに呑み会に参加したんです。
そしたら、しばらく会ってなかったひとに会いました。

「今、何読んでる?」
「最近、いい映画見た?」
「このごろ、何聴いてる?」

そんな質問がバンバン飛んできて、うれしくなりました。
そういえば、そんな会話しばらくしてなかったもので。

僕が呑み会があまり好きではなかったのは、
話題がいつも決まっていたからでしょう。
仕事のことや、カネのことや、つまり目に見えるものばかり。

その呑み会では、熱く語っちゃいました。
仕事に役に立たず、カネにもならない話を。
とても、楽しい時を過ごすことができました。

大学の時、ギリシャ神話の授業をとっていたんです。
先生は、最初の授業で言いました。

「こんなもの勉強しても、社会でまったく役に立たないと思うでしょう?」

たしかにそのとおりだろう、と思いました。
そして、先生は言葉を続けました。

「私は、そういうことしか教えない主義ですから」

その授業は、真面目に休まずに受けた数少ない授業の一つでした。

実は、人生のほとんどは、ムダ。
幸せは、多くのムダに支えられてるんです。

ムダのないひとは、自分のことでいっぱいいっぱい。
やさしさなんて出てくる余裕がありません。

ムダな人間どうし、
愛しあい、
お互いムダじゃなくなるのが人類。

ムダ万歳!

で、娘よ、いつまでテレビ見ながら、ダラダラしてんだっ。
さっさと宿題終わらせてこいっ。
テレビ見る時間なんて、ムダ、むだ、無駄。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

幸せな隠し味

今日は、少し、落ち込んでいるんです。

あれだけ、心に誓ったのに……
もう、モノはなくさない、と。

手袋がなくなったんです。
新しいモノを買えばいい、とかいう問題じゃないんです。
モノには、僕との歴史があって、その歴史は買えないからです。

ふー。

そんなときは、おいしいものでも食べて、小さな幸せを見つけるしかありません。

このごろ、いつも持ち歩いているモノがあります。
それは、七味唐辛子。

僕は、いまだに、寿司はさび抜きなんです。
もちろん、辛いものは苦手でした。

ところが、たまたま七味唐辛子をうちで見つけ、
ためしに、味噌汁に入れてみたら……
ピリリと香りが広がり、おいしかったんです。
それから、いろんなものにふりかけててみました。
鍋、おむすび、そばつゆ、大根切り干しの煮物……。
どれも、今までに味わったことのないおいしさに。

外食のときも、マイ七味を持参するんです。
そして、店の人に隠れて、ちゃっちゃと振り掛けます。
まさに、隠し味。

今日も、昼は納豆そばにふりかけ、
夕食の鍋にもふりかけ、
もう、やみつきです。
七味には、中毒性があるのでしょうか。

これを書いていると、また思い出し、七味が欲しくなってきました。

手袋を失った悲しみを、
この七味でごまかすことにします。

で、娘よ、七味唐辛子、試してみろって。
うまいぞ。
だから、味わってみなくちゃ、わからんだろ。

おい、聞いてるか?

で、手袋、見なかった?
見つけたら、マイ七味買ってやるぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

旅する器

先日、急須を落として割ってしまったんです。
とても気に入っていたのですが。

すると、ちょうど、この町に、全国陶器市がやってきたんです。
年に一度、全国各地の焼き物産地から、焼き物商人が集まって、
広場に、テントを張り、様々な種類の陶器を売るんです。

毎日、緑茶を飲みまくる我が家では、急須は必需品。
そこで、早速、出かけてきて、さんざん悩んで、一つ買ってきました。
2500円を2000円にディスカウントしてもらって。ま

店の人と、話すと、旅から旅への人生だといいます。
来週には、また遠くの町で、陶器市を開くそうです。

うちの食卓に並ぶ器には、統一性がありません。
旅先で、一つずつ、買ったものばかりで、
そろいの食器がないからです。

それぞれの器は、一つも高価なものではありませんが、
遠くからここまで旅をしてきたものばかり。
旅先で買ったものなどは、使う度に、旅の記憶が蘇ります。
そう、毎日、うちの食卓はにぎやかで、ちょっとした陶器市のようです。

さて、今週末は、娘と、高山に一泊旅行に出かけるんです。
また旅する器を手に入れてこようと思います。
安くて小さくても、ちょっとしたものを。
マイ審美眼を信じて。

娘よ、むこうで、茶碗でも買ってやるか?

だから、キャラ付きなんて、売ってないって。

パパが、ホンモノの見つけ方教えてやるって。

おい、さるぼぼキティちゃんシャーペンなんて、ホンモノじゃないって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

Congratulations!

今日は、卒業式。
僕のクラスの38人が、無事、巣立っていきました。

卒業式では、一人ひとりの名前を呼び上げます。
名簿には、ふりがながふってあるのですが、
これが、また、緊張するんです。
今日は、緊張のあまり、速く読み上げすぎてしまい、
生徒達はあわてていたようです。

生徒会長が、答辞で、言いました。
今、日本は冬のようで、
冬は、待っていれば、春になるが、
日本は、黙っていても、春にならない。
みんなで、春を呼び込まなくてはならない、と。

ブラボー!

そういえば、今年も、僕のクラスの生徒達は、
いい加減でテキトーな僕をあまり頼りにせず、
自力で、いろいろ調べ、努力して、進路を決めていきました。
僕の仕事は、ほぼ、話を聞いて、見守るだけ。
卒業式までに、無事、全員行き先が決まり、ホッとしてます。

僕が、教壇に立ち続けているのは、
世界Love and Peace化計画の一環。
きっと、僕の生徒達が、世界を変えてくれることでしょう。
もちろん、Love and Peace な世界に。

娘よ、春は来るぞ。
もうすぐだ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

ビキニな日曜日

今日は、3月1日、そう、ビキニ・デー。
55年前に、第五福竜丸という漁船が、
アメリカの核実験で、被爆した日。
毎年、近くで集会が行われるので、行こうと思ってたんです。
ピース・ラヴァーとして。

しかし、昨夜、祖母が言ったんです。

「ほい、映画行きたいねえ」、と。

祖母は、このごろ、元気なんです。
昨年は、1年の3分の1くらい寝てたんですが。
88歳になってから、好調が続いています。

で、今日は、娘は母親のところだったので、
祖母と二人で映画に行ってきました。

 「三国志」

話題のレッド・クリフではない三国志。
超雲というあまり有名ではない武将にスポットライトを当て、
その後の三国志を描いた、なかなかの大作。

「よかったやあ。私ぁ、こういうのが好きだで」、と祖母。

映画に来たかいがありました。
同志を裏切ってまで。

映画の後は、祖母が食べたがっていたうどんを食べてきました。

来月は、レッド・クリフPart2が公開されるので、
予告を見た祖母は、今から楽しみにしています。

で、娘よ、ビキニって知ってるか?
核兵器くらいビックリな水着ってことだぞ。

また、ゆっくり話してやる。

だから、水着のことじゃなくて、核兵器のことに決まってんだろ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »