« ソウルフルなケイタイストラップ | Main | 温泉街から »

今日は命日

新しいケイタイを手に入れて、
いい気なっていた今日この頃ですが、
昨日、高級携帯電話屋がオープンしたというニュースが。
お値段は67万円からで、最高機種はなんと600万円。
24時間つながるコンシェルジュがスタンバイしていて、
飛行機の手配とか、レストランの予約をしてくれるとか。

ハケン切りでホームレスになったひともいるという東京でのこと。

今日は、小林多喜二の命日。
ペン1本で、権力に挑み、
「蟹工船」を書き、
その結果、権力に虐殺されてしまいました。
しかし、多喜二は、80年経って、復活。
ベストセラー作家として。

貧しい人から、富を巻きあげ、
格差の社会の頂点に居座る人もいれば、
貧しい人の側に立ち、
社会の底辺に根を下ろし、たたかう人たちもいます。
多喜二や、チェ・ゲバラのように。
他にも、そんなに有名じゃなくても、
連帯してたたかおうとする人たちもたくさんいます。

新古典派と呼ばれるネオリベ(新自由主義経済)の理論では、
エコノミックマンという人間を仮定します。
自分の利益のみを追求する人間を。
その世界では、無償の愛なんて、計算に入りません。
他人の利益のためにはエコノミックマンは動かないのですから。
だから、飢えている人のとなりで、ごちそうを食べらるんです。

コイズたちミは、これで社会を動かそうとしたのですから、
うまくいくわけがありません。

なぜなら、人間の多くは愛に生きていますから。

市場原理の世界では、
すべてのものに、値段がつけられ、
交換可能となります。
しかし、マルクスもいうように、
「愛は愛としか交換できない」んです。
値段がつけられなくて、かけがえのないものは、
世界にはいくらもあるんです。

娘よ、かけがえのない娘よ……

え、だから、高級携帯なんかうらやましくないって。
コンシェルジュいたらいいなあ、なんて思ってないって。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« ソウルフルなケイタイストラップ | Main | 温泉街から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソウルフルなケイタイストラップ | Main | 温泉街から »