« December 2008 | Main | February 2009 »

楽しみな週末

週末は、たいてい、実家に行くんです。

土曜の夜は、デイケアに行っている兄を迎えに行きます。
重度の身体障害者の兄は、体が不自由で、会話もできません。
その施設には、兄のような障害者の方がたくさんています。
デイケアの人や何泊かする人やずっと暮らしている人もいます。
みなは、ただ迎えに行くだけの僕をとても歓迎してくれます。
「また来週も来てね。気をつけて帰ってね」と何人も声をかけてくれます。

帰りには、コンビニで缶コーヒーを買います。
必ず。
兄が楽しみにしてるんです。
近くの公園の外灯の下で飲みます。
兄はストローで。

実家に着くと、兄を風呂に入れます。
兄の体は、僕の体のようなもので、
僕は兄の髪もおしりもチンチンも洗います。

実家には、88歳の祖母もいます。
僕と街に映画を見に行くのを楽しみにしています。
このごろは、時に寝込んだりするので、
ホームシアターセットを持ち込み、うちで映画を見ます。
感動は、ボケ防止にいいと思うんです。

祖母は、僕にペン習字を教えてくれます。
去年までは、習字教室を開いていたのですが、
脳梗塞になりかけたときに、閉めてしまいました。
だから、今、僕が祖母の唯一の生徒。

両親は、小さなおすしカフェを、なんとか経営しています。
僕が、実家で祖母と兄と一緒にいるだけで、
安心して、店で商売に専念できるんだそうです。

土曜の夜は、父にすしを作ってもらいます。
このために、僕の平日は5回繰り返されます。

日曜日は、僕が何かおいしいものをつくり、みなで食べます。
料理以外のときは、兄の近くで、グータラするんです。
本を読んだり、頭の中を整理したり、うたた寝したり。

今週は、特に予定もないので、実家に専念できそうです。

娘よ、週末は、グータラするぜ。
しっかり、グータラしろよ。
本気でグータラすると、力がみなぎってくるから。

さ、楽しみだぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

トランクス一丁

僕の好きな女優さんが、ある雑誌に出ていました。

好きな男性のタイプは?、と聞かれ、
トランクス一枚が似合う人かな、と答えたんです。

もちろん、トランクス一枚とは例え、
ナイスバディの男が好きという意味ではないそうです。

ま、体型もそれなりに大事なんだと思います。
You are what you eat.(あなたは、あなたが食べたもの)ですから。
これからも、プチ・ベジタリアンで、ヨガを続けようと思います。

でも、きっと、それだけじゃないんです。

今日も、雨宮処凜本を読んでいたのですが、
(2月8日に彼女とトークするイベントがあるもので……)
「恋愛資本主義」というコトバが出てきました。
ヤツらは、とっても高価なおしゃれなモノを宣伝して、
これを買わなきゃモテないぞ、と脅すのです。
ここに格差社会の非モテ問題があるんです。

そう、だからこそ、トランクス一丁で、
「恋愛資本主義」を打破しなくてはなりません。

トランクス一丁だと、
ブランド服には頼れません。
高価な腕時計もつけられません。
金も入れるところはありません。
肩書きも使えません。

そこで、何で勝負するか、ここが問われているんです。

飾らないこと、ここが大事なんじゃないかな、と思っています。
つまり、
大した自分じゃなくても、
あるがままに受け容れて、
むしろ愛しちゃって、
等身大の自分で生きていけること。

以前、モテようとして、カッコつけていたら、
カッコつけないとこがカッコよかったのに……
と、フラれたことを思い出しました。

さて、娘よ、パパはもうカッコつけるのやめたぜ。
これからは、トランクス一丁で勝負するんだって。

え、毎朝、髪をワックスで立たせてるくせにって?

だから、それはトランクス一丁でもできるだろよ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

七つの教え

以前、ネイティブ・アメリカンに憧れていたことがあるんです。
ネイティブ・アメリカンになるにはどうしたらいいか、考えたこともあります。
本気(マジ)で。

授業でも、熱く語って、
何人かのヤンキーに、
「先生、オレも、インディアンになりてえ」と言わせたこともあります。

今日、職場で捜し物をしていたら、小さなメモが出てきました。
きっと、これは啓示です。
間違いありません。


 ネイティブ・アメリカンの七つの教え。

 1 静かに暮らしなさい
 2 謙虚に暮らしなさい
 3 許しなさい
 4 分けあい、与えなさい
 5 すべての生き物と平等に暮らしなさい
 6 万物の象徴を理解しなさい
 7 すべてのものに感謝しなさい

そういえば、あの頃は暗記していました。

1について

 娘よ、テレビを消す時間を増やせ。

2について

 娘よ、すぐにいい気になるな。

3について

 娘よ、許せ。すぐに許せ。いつまでも無視すんな。

4について
 
 娘よ、分けあい、与えなさい。

5について

 娘よ、今日は、亀にエサあげたのか?

6について

 娘よ、いずれわかるときがくる。

7について

 娘よ、ありがとうを一回でも多く言え。

全般について

 娘よ、やはり、ネイティブアメリカンになるぜ。
 で、パパは、何から始めたらいいんだ? 

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック! 

| | Comments (2)

万国の労働者よ!万国のシュフよ!

僕は、組合に入っています。
かれこれ、十何年も。
僕が入っている教職員組合は、かなりの少数派。
しかし、それなりの存在感があり、それなりの成果をあげています。

以前、僕はバリバリ活動していたんです。
ビラ配りまくったり、
団体交渉で、声高に要求をつきつけたり、
デモに出かけて、シュプレヒコールしたり、
青年部長や執行委員などもつとめたり。

しかし、6年前、シングルファーザーデビューしたとき、
本部の人に「12年ほど休ませてもらいます」と言ったんです。
娘が、小学校、中学校、高校を終えるまで。

それ以来、活動はずいぶんと減ってしまいました。
ここ数年は、組合のしんぶんにコラムを書くくらいで。
同志には、大変申し訳ないと思っていますが。

今日、雨宮処凜さんの本を読み返していて、
組合のチカラについて再認識したんです。

もし、フリーターが、「明日から来なくていいよ」と言われたら……
きっと多くのひとが泣き寝入りするでしょう。

しかし、ここで組合なんです。

一人でも入れる組合があるんです。
二人集まれば、組合を作ることもできます。
そして、団体交渉を申し入れます。
これは、憲法で保障された権利なので、雇用者は拒否できません。
労基法では、解雇は1ヶ月前に通告しなくてはなりません。
また、解雇するならば、1ヶ月分の給料を払わなくてはなりません。
だから、団体交渉で、要求すれば、そのどちらかが実現するんです。
確実に。

なんてブラボーな、労働組合。

何年も組合に入っていて、そんなことを忘れていました。

やはり、今こそ、万国の労働者は団結しなくてはなりません。

自由、平等、団結っ!

娘よ、パパは燃えてきたぜ。
労働組合員としての闘志がな。
また、活動を再開するぜ。

はいはい、家事は手を抜きません。

でも、家事分担率、今、9:1くらいだからさ、
5:5くらいにしね?

何、今すでに5:5だって???

よし、団交だ。

万国のシュフよ、団結せよ!

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

消費税25%の幸せな国

一時期、娘とレゴ・ブロックに凝ったんです。
一日中、うちにこもって、朝から晩まで、街を作ったこともあります。

レゴは、デンマークで生まれました。
デンマークに、レゴランドがあるというので、
旅行費は高かったのですが、
ちょうど原稿料も入ったりしたので、
娘と思い切って行ってきたんです。

街はどこもバリアフリー、
障がい者もお年寄りもたくさん見かけました。
ベビーカーの大きいことにも驚きました。
バリアフリーなので、ガンガン行けるんです。

レストランでは、子どもが靴下で走り回っていたり、
レゴホテルでは、レゴが散らかしっぱなしだったり、
大人は子どもに寛容で、子どもはとっても活き活きとしていました。

飛行機を降りれば、弱者にやさしい国だということが、すぐにわかります。
学校も病院も無料、老後も国が保障してくれるそうです。

しかし、消費税は25%。
ショッピングには、とても慎重になりました。

それでも、デンマークの人たちは、さほど文句を言わないそうです。
高負担高福祉の「大きな政府」を、投票率の高い選挙で選んだからです。
ある調査では、幸福度世界1位だとか。

デンマークは、今でも、我が家の行きたい国ランキング、堂々の1位です。

娘よ、デンマークもう一度行きたいけど、
すぐには行けそうもないから、
明日は、パパとレゴで遊ぼう。
早く帰ってくるからさ。

よし、パパは城でも作るかな。

娘よ、何、作るんだ?

おい、ノリが悪いぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

シェアしてボトムアップ!

オバマさんは、ネットを制して選挙に勝った初めての大統領なのだとか。

WEB2.0時代。

キーワードは、シェア(share)、
このごろ、好きなコトバ。
わけあう、共有する。

たとえば、百科事典。
今は、ネット上のウィキペディアでだいたい間に合います。
誰でも使えて、みんなでつくりあげる百科事典。
まさに、WEB2.0時代的シェア。

以前、百科事典は高価なもので、
お金を持っている人だけのものでしたが、
今は、違います。
ネットさえあれば、貧富の差はなく、みな平等にアクセスできるんです。

以前、僕は何でも手元に置きたいタイプでした。
とにかく、所有して、安心してたんです。
ところが、うちは狭いので、すべて所有することはできくなりました。
それに、お金も限りがあるので、すべて買うことはできません。

でも、シェアできることを知って、
所有欲という煩悩から解放されたような気がします。
ほんの少しですが。

もう一つのキーワードは、ボトムアップ。
これも、僕の好きなコトバ。
上から、ではなく、下から。

つい最近まで、コトバを発信できるのは、
物書きや新聞記者など、一部のひとだけでしたが、
今や、これだけ多くのブロガーたちが、思い思いに表現しています。
少数の人間だけがトップダウンに特権的に発信するのではなく、
誰でもボトムアップに自由に発信することができるのです。

僕は家電を買うとき、必ずブログを検索します。
その家電を買って感想を書いているひとはいないか、と。
広告は、メーカー側の声ですから、ブロガーの声の方が信頼できるんです。
そんな声が拾えるのは、WEB2.0時代ならでは。

幸せはシェアすれば2倍に、
悲しみはシェすれば半分になるそうです。

複雑系科学では、「創発」というコトバがあります。
ルールがあって、皆が動くのではなく、
皆が動いて、ルールが生まれる、といったこと。
そう、トップダウンではなく、ボトムアップで。

なんだか、この方向で、世界は動いていくような気がします。
もちろん、世界Love and Peace 化に向かって。

だから、娘よ、その湯たんぽをパパ専用だって。
貸さない。返せ。
だから、娘よ、夜10時以降はケイタイ禁止だって。
パパがルール決めたんだから。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ガツガツしない

ガツガツ、たくさん食べて、
ぶくぶくに太ったら、
そりゃ、カッコ悪いにきまっています。

ガツガツ、金儲けに走り、
他人の不幸に鈍感なほど金持ちになったら……
こちらも、そりゃ、カッコ悪いに決まっています。

たぶん、欲望のコントロールできない姿は、カッコ悪いのでしょう。

何かを必要なだけ手に入れたら、
それ以上は、さっと誰かにゆずるような、
そんなスマートさがカッコいいんだと思います。

僕のまわりには、
そんなスマートでカッコいい人が、
けっこういるんです。

もちろん、そんなひとになりたいとは思うのですが、
僕には難しいんです。
たぶん、自分が好きすぎるのでしょう。
恥ずかしながら。

だから、娘よ、パパは決めたぜ。
腹八分食べたら、もう食べない、と。
これは、一種のトレーニングだ。
真のピース・ラヴァーになるためのな。

しかし、今日もパパは食い過ぎた……。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

フィンランドなお勉強

このごろ、娘に勉強を教える機会が増えました。
テストがあったり、英検があったり、で。
昨夜は、娘の友達がうちに来て、ジロー塾も開催しました。

教育とはなんだろう、と今さらながら思うんです。

最近、北欧本を1冊読みました。
その中で、学力世界一のフィンランドが紹介されていました。

日本との一番の違いは、
両親が早くうちに帰ってくることでしょう。
父親が長時間労働を強いられ、
母親が家事をすべてまかせられ、
なんて状況もないようです。
夕食をそろって食べ、のんびりと夜をともに過ごすのです。
ここで、子どもの勉強を見たり、読み聞かせをしたりできるんです。

フィンランド人の77%が1日1時間の読書をするというのも驚き。

基本的に、競争とかはないようです。
自分のために、自ら学ぶんです。
知識の量より、わからなかったら自分で調べる能力のほうが重視されます。
落ちこぼれは、徹底的に指導するそうです。
習熟度別クラスもありません。
異質生徒集団の中で、助けあいながら、学ぶのです。

教師は、一斉授業はわずかしかしないそうで、
巡回して、それぞれのペースでに学ぶ子どもたちに教えるのです。
教育は現場まかせ、教科書も教師が選びます。

政府が教育を管理して、
子どもどうしを競わせ、
トップだけを伸ばそうなんて、
バカなことはしないんです。

だいぶ、日本とは違うようです。
フィンランド政府は、日本の旧教育基本法を参考にしたといいますが。
きっと、フィンランドの真似をしても、日本ではうまくいかないのでしょう。
まずは、民主主義は何か、から始めないといけないような気がします。

他にも、も大きな違いがありました。
フィンランドの教師は優秀で、尊敬されてるんです。
光が貴重な北欧の「社会のろうそく」と形容されるほど。

つまり、僕のような教師はいないということ。

…………………………。

ま、とにかく、娘よ、晩ごはんの後はさ、
食器片づけて、一緒に勉強しようぜ。

え、パパは何か勉強することあるのかって?

だから、何を勉強するか考えるのも、立派な勉強なんだぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→ クリック!

| | Comments (2)

小さな学校

昨夜、娘が言いました。
「明日、参観日だから」、と。
突然。

だから、娘よ、急に言うなって。
大人には大人の都合ってものがある。

で、今日は、午前中に仕事をやりくりして、
午後は、家族休暇をとりました。
同僚たちは、いつもあたたかく送り出してくれます。
とてもありがたく思っています。

僕のクラスの生徒達にも、
参観会に行くと言っていくんです。
仕事をほっぱらかして参観会に行く姿を見せるんです。
あえて。

今日の娘たちの授業は、総合学習。
生徒達が、一人ひとりプレゼンテーションしたんです。
それぞれのテーマについて調べて。
川の魚のことや、老人ホームのことや、野菜のことなど。
娘は保育園について調べて、発表しました。

娘の中学は、1学年に2クラスだけ、
教室には、生徒が21人ずつ、
と、とても恵まれた環境です。

教室に40人も生徒がいたら、
どうしたって、管理的にならざるをえません。
そうなると、先生もイライラするものです。

政府は小さくては困りますが、
学校は小さいにこしたことはありません。

娘よ、いい中学でよかったな。
生徒たちも、先生たちも、すごくがんばってるな。

え、パパもそれっくらいがんばれって?

…………。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0)

前夜、やはり前夜

今日、僕のクラスの教室に行くと、
黒板に、いろいろと書いてありました。
生徒達はフランス革命について学んだようです。

僕はフランス革命好きなんです。
「ベルサイユのばら」全巻をネットオークションで落として、
2回通読したことがあるほど。

当時、フランスは、王族や貴族が、富を独占していて、
どの家に生まれたかで、人生が決まる時代。
国民が飢えても、王族や貴族は、免税で贅沢三昧。
これぞ、超格差社会、革命が起こるのも、当然。

フランス革命のおかげで、
人間の価値が、家柄ではなく、人柄で判断されるようになったんです。

自由、平等、友愛っ!

しかし、いまだアメリカでは、セレブたちが富を独占していて、超格差社会。
国民皆保険制度もなく、5千万人が無保険という小さな政府のもと、
大学進学のための奨学金目当てで、戦争に行く若者もいるんです。

そんなときに、金持ちでもない黒人のオバマ大統領就任。
これは、革命と言えるかもしれません。
ギロチンではなく、コトバによる革命。

そういえば、日本も、
一部の「勝ち組」が富を独占していて、
どの家に生まれたかで、「勝ち組」か「負け組」が決まる「格差社会」。
どんなにおバカでも、父が政治家なら、政治家になれたりするんです。
うちが貧しければ、世界一高額の大学進学は諦めざるをえないんです。

しかし、この国では、新たな連帯が生まれ、広がりつつあります。
今、革命前夜なのかもしれません。

自由、平等、連帯っ!

さ、娘よ、パパは、フランス革命の勉強でもするぜ。

え、マンガ読むだけのくせにって?

うるさい、「ベルばら」は、何度読んでも、ブラボーなんだって。
読んだことないくせに、えらそうなこと言うなっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

舵は切られた

今朝、午前2時に起きて、テレビをつけました。
そう、オバマ大統領の就任演説を聴くために。

あれだけの人が、オバマ大統領のコトバを待っていたんです。
あらためて、コトバの力を感じました。

ついに、舵は切られたようです。

カネとチカラで何でも解決する政治に別れを告げ、
「新たな責任の時代」に入るのでしょう。
早速、今日は、グアンタナモ収容所閉鎖に向けて動き出したようです。

先日、新聞に中西巌氏のインタビューが載っていました。
氏は、かつて「新自由主義経済」の急先鋒で、
内閣の「経済戦略会議」の提案づくりに参加していました。
ところが、昨年末、転向を決意したんです。
アメリカ型経済の新自由主義では、国民は幸せになれない、と。
その理由は、そのシステムが強者のみに都合がよく、
結局は経済を不安定にして、格差を広げるからだそうです。

まさに、現実はその通り。

Better late than never.

過ちを正すのに、遅すぎるということはないんです。

次は、日本が舵を切る番でしょう。
競争の時代から、共生の時代へ。

娘よ、パパは眠い。
今日がどんな日だったかは、また話す。

グッナイ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

天国と地獄の話

以前聞いた古い中国のお話。

「天国と地獄はどういうところか?」と訊かれた老賢者が答えるんです。

天国も地獄も、
料理ののった大きな皿のまわりに三人が座っています。
それぞれが1メートルくらいの長さの箸を持っています。
どちらも同じ風景。

しかし、天国と地獄の間には、大きな違いがあります。

地獄では、料理を食べようとしても、箸が長すぎて口に運べません。
みな自分のことしか考えず、料理を前に、おなかはペコペコ。

一方、天国では、それぞれが隣の人の口に料理を運びます。
左の人に食べさせると、右の人が食べさせてくれるんです。
みなは他者のことを考え、おなかは満たされます。

日本では、政府の支持率が低迷し、
アメリカでは、オバマ大統領が、あと数時間で就任します。

世界がどちらに向かっているかは、明らか。

娘よ、家族ってのはな、
長い箸を持ってテーブルに座ってるようなもんだ。
長すぎて、口に食べ物を運べないような箸だ。

どうやれば、食べれると思う?

聞いてるか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

限りある成長、限りない成熟

当たり前のことですが、
誰もが有限性の中で生きています。
限りある命、
限りある収入、
限りある時間、
限りある頭脳、
限りある体力、
限りあるその他もろもろ。

僕は、ついつい、忘れてしまうんです。
それで、時間や金を浪費したり、
ずっと若いままいられる気がしたりするんです。

経済は、限りない成長の呪縛にとらわれていました。
市場を拡大して、収入を増やして……
もちろん、経済も有限性の中にあります。
だから、ずっと成長していくのは、無理なんです。
バブルも崩壊するわけです。

僕は趣味で囲碁を少しだけやるのですが、
「とろうとろうはとられのもと」という格言があります。
欲をかきすぎると、すべて失ってしまうのです。
勝つためには、時に欲を捨てることも大切なんです。

富も資源も、有限で、全体の量は増えません。
誰かが欲張れば、必ず他の誰かがひもじくなります。
奪いあえば足りなくなるんです。
分けあえば余るのですが。

といっても、富む者は、欲張りゆえに、富むわけで、
貧しい者に、分けてくれることは、あまりありません。

コイズミたちは、ここを読み違えていました。
勝ち組にガンガンもうけさせれば、負け組もそのおこぼれにあずけるよ、と。

そこで、ヒダリが登場となるわけです。
団結して、富の再分配を、要求するんです。
これは、たしかに危険思想。
特に、富む者にとって。

エクアドルでは、新憲法で、不安定雇用を原則禁止としました。
昨年1年間で、企業の9割が派遣労働を撤廃したそうです。
アメリカの新自由主義と決別した左派政権は、
7割の国民の支持を得ているといいます。
どこかの首相とは大きな違いです。

人間でも、経済でも、
成長も、ある時期までは、たしかに大事ですが、
成熟のほうが、長期的には、もっと大事です。
体を大きくするのが成長なら、
体の中身を充実させるのが成熟。
成長には限界がありますが、
成熟には限界はありません。

娘よ、まだまだ成長しろよ。
パパは、これからは成熟することにしたから。

もう、いばるのもやめたぞ。
だから、いたわれ。
家事分担の割合も、パパの分、減らせ。
これも成長だぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

早起きした日曜日

今日はめずらしく早起きをしました。
廃品回収の奉仕作業があったもので。
娘とひと働きしてきました。

早起きは三文の得、
たしかに、日曜日が長くなったような気がしました。
そこで、車を飛ばし、無印良品の家の展示に行ってきました。
タダでペン(六角ツインペンセット)をもらえるらしいので。
シンプルできれいな家、吹き抜けもあり、実に感動的。
2000万円くらいで建つそうです。
しっかりと、説明を聞き、ペンをもらってきました。
8本も。

だから、娘よ、パパに1本くらい、くれっつーの……

ランチも、ついでに、無印良品で。
カフェがあるんです。
エスニックな音楽に、エスニックな料理、
オーガニックな気分になれました。

夕方は、僕は出張映写技師として、実家へ。
祖母に映画を見せることにしたんです。
祖母の好きな犬の映画を借りてきました。
「狩人と犬、最後の旅」
部屋を暗くして、スクリーンをたらし、いよいよ上映です。
大自然の風景も美しく、犬もかわいく、祖母は喜んでいました。

そして、僕は出張シェフとして、ひさしぶりにハンバーグを作りました。
どういうわけか、実家の面々は僕のつくるハンバーグが大好きなんです。
本当にごくふつうのハンバーグなのですが。
合い挽き肉とタマネギと椎茸の。
ナツメグを持参して、たくさん入れました。
ソースは、ケチャップ、おたふくソース、醤油を混ぜて。

ごはんができあがると、
娘がようやくシエスタから目覚めました。
ランチの後からずっと眠っていたのです。
車の中で、毛布にくるまって。

今日も、ハンバーグは大好評でした。
いつもどおり、ごくふつうのハンバーグだったのですが。

「映画もいいの見て、ごちそうも食べられて、よかったやあ」、と祖母。

おばあちゃん、僕もよかったよ。

で、娘よ、早起きしても、シエスタ長かったから、プラマイゼロじゃね?
今日のシエスタ長すぎたから、マイナスじゃね??

え、家建てるのかって?
バカ言えっ、だから、ペンもらいに行ったんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

ピースフルなキッチンから

土曜の午後、
南向きの窓から日差しが燦燦と降り注ぎ、
キッチンは日向ぼっこには最適な場所となります。

平日、昼間、うちにいることはないので、
ここがこんなに居心地のいいところだとは知りませんでした。

娘と昼ごはんを食べて、片付けたあと、
テーブルで、娘は、サボっていた勉強を始めました。
英検が近いのです。
僕に指導を仰いできました。
少しだけ、教えてあげました。
英語は、少し教わり、たくさん独習が基本なので。

僕はせっせとデスクワーク。
ネットで調べ物したり、原稿に赤ペンを入れたり、本をペラペラめくったり。
その合間に、白菜を漬けたり、トマトを煮込んだり。

おやつには、日本茶をいれ、せんべいをボリボリ。
とまらなくなり、あっという間に、娘と全部食べてしまいました。

なんと、ピースフルな午後。

そこで、サイバーアクションをすることに。

駐日イスラエル特命全権大使ニシム・ベンシトリ氏のメアドを見つけました。

   information@tokyo.mfa.gov.il

ついに、ブッシュ時代が終わり、
世界はラヴ&ピースに向かうんです。

娘よ、やっぱり英語教えてやる。
英語でメール書いてみよう。

このキッチンは、世界につなっている。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

与えること

僕の好きな絵本の一つ、「おおきな木」
今日、久しぶりに読み返してみました。

 少年とりんごの木の話。
 少年は、りんごの木と、遊びます。
 枝でぶらんこしたり、木陰で昼寝したり。
 青年になると、木とは遊ばず、お金が欲しくなります。
 そこで、りんごをもらい、それを売りました。
 中年になると、家族ができて、家が欲しくなります。
 そこで、枝を切り落として、家を作りました。
 年をとると、人生に疲れ、どこかに遠くへ行きたくなります。
 そこで、幹を切り倒して、ボートをつくり、去っていきました。
 晩年になると、また木のもとに帰ってきます。
 もう何もほしくなくなり、休みたいといいます。
 そして、今は古い切り株となった木に腰かけます。
 木は、何かをあげるたび、いつも幸せでした。

娘が小さいころ何度も読み聞かせしました。
絵がとてもかわいいのです。
原題は、THE GIVING TREE

これを読んだのは、贈与経済(gift economy) という言葉を聞いたからです。

経済は、二つの部分でなりたっています。
一つは、市場経済、交換で成り立っている部分。
もう一つが、贈与経済です。
寄付のように、持てる人が、持たざる人に贈与したり、
また、税金のように、強制的に贈与させられたり。
実は、贈与の部分は4割くらいと、けっこう多いそうです。

経済でも、愛を忘れてはいけません。
そう、愛とは与えること、ですから。

僕は、これまで、いつも何かを得ようとがんばってきました。
そろそろ、得ることよりも、与えることを考える時期なのかもしれません。

娘よ、何が欲しいかではなく、何をあげたいか、それを考えろ。
誰にって?

ま、とりあえず、パパに、でいいぞ。

え、ママにするって?

はいはい。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

今のところピースフルな我が家

このごろ、うちの中が平和なんです。

夢の家事分担は、
ついに現実となりつつあるようです。
炊事は、僕、
掃除は、娘、
洗濯は、全自動乾燥機付ドラム型洗濯機。

僕は、娘が、何かつくって、と言えば、すぐにキッチンに立ちます。
そのかわり、苦手の掃除は、娘にすべておまかせ。

以前、娘をシュフ助手として家事分担させようと試みたのですが、失敗。
上下関係というのがダメだった原因でしょう。
娘も僕もアナーキーなので、強制されるのが嫌いなんです。
だから、分業制がいいんです。
分担したら、対等、お互いの仕事に敬意を払い、文句は言わないというのが。

家事は、分業しますが、
娘の勉強は、わりと共同作業です。
時々、ようやく「待つ」ということを覚えた僕が教えるのです。
怒って、急かして、強制しても、効果がないことがわかったんです。
ようやく。

僕が教えると、とても安上がりで、
送迎もしなくていいので、
金に加えて、時間も節約できます。
そして、いい点がとれたら、喜びを分かち合えます。

だから、娘よ、めんどくさくて、金をケチってるわけじゃないって。

このごろ、娘もキッチンの住民となりました。
よくダイニングテーブルで勉強しています。
僕がいつもキッチンにいるので、
娘には、いつでも質問できて、都合がいいのでしょう。

それに、すぐに食べ物も出てきます。
さきほど、娘に命じられ、夜食をつくりました。
餃子の皮にケチャップを塗り、チーズをのせ、フライパンで焼いただけのピザ。
パリパリ、おいしそうに食べていました。

娘よ、なぜ、パパに1枚くらいとっておかない?

僕の一日の最後の台所仕事は、湯たんぽのお湯を沸かすこと。

さ、娘よ、パパは先に寝るぞ。

はいはい、今、湯たんぽにお湯入れてやるから、待てって。

で、明日の朝ごはんも、あのピザで、いぐね?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

そこほど思考

世の中、とかくプラス思考ばやり。

ポジティブシンキング、
前向きに、
楽観的に、
がんばる……

自然界は、いつもプラスとは限りません。
プラスがあれば、必ず、マイナスもあります。
陰と陽のバランスで成り立っているのですから。
だから、プラスばかり追い求めると、いろいろと不都合があるんです。

勝たなきゃダメ。
強くなきゃダメ。
儲けなくちゃダメ。
効率よくなきゃダメ。
合理的でなきゃダメ。

そんなことばかり言っていたら、疲れてしまいます。
きっと、いつか行きづまるでしょう。

完膚無きまでに相手を打ち負かしても、
実は勝ったとは言えないこともあるんです。

たとえば、議論で、相手を完全に論破したとします。
相手は、負けを認めて、考えを変えるでしょうか?
たいてい、憎悪を抱き、さらに頑固になるだけでしょう。

大事なことは、サステイナビリティ。
続けること、諦めないこと。

そこそこ、ほどほどに、プラマイゼロを目指すこと。
そして、プラマイゼロに持ち込んだら、
マイナスではなく、プラスのほうを見つめること。

これが、「そこほど思考」。
今年のテーマなんです。

で、娘よ、今年のパパの今年のテーマわかったか?

え、これまでの「がんばらないようにがんばる」とどう違うのかって?

だから、言い方が違うんだって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (3)

サイキック・インカム

サイキック・インカムという言葉があるそうです。
精神的収入とでも訳しましょうか。

仕事の収入は、2種類。
お金と、そのサイキック・インカム。

お金をたくさん稼いでも、不幸な人もいるようです。
きっと、サイキック・インカムが少ないのでしょう。

要は、バランスが大事。

サイキック・インカムが高いということは、
自己一致していることでしょう。
自己一致とは、ホンネと言動が一致していること。
だから、ホンネと反対のことをしなくてはいけない仕事は、
たとえ金は稼いでも、サイキック・インカムが低く、ストレスもたまるものです。

グラミン銀行総裁のユヌス氏が、新聞に出ていました。
ユヌス氏は、最初、バングラディッシュの貧しい女性に、
ポケットマネーを貸したことから、マイクロクレジットを考案したひと。
彼女はそのお金で竹を買い、籠を作り、売って、お金を返して、利益を得ました。
それまでは、搾取され、ほとんど利益を得ることができなかったのです。
少額を、無担保で、貸すマイクロクレジットによって、
貧困に苦しむ多くの女性が自立していったそうです。

だてにノーベル平和賞をとっていません。
ユヌス氏の、サイキック・インカムは、そうとう高いでしょう。
サイキック・インカムの長者番付に載るくらい。

ユヌス氏は、ソーシャル・ビジネスの必要性を訴えていました。
人間には、利己的な部分と無私的な部分があり、
無私的な部分を、もっとビジネスにとりいれるべきだ、と。
たとえば、ひとを助けるような企業に投資する。
たしかに、金銭的利益は少ないでしょう。
しかし、ひとを助けられれば、サイキック・インカムは多いはず。
これでいいじゃないか、と。
儲けることは、時に、搾取することになります。
他人の不幸で成り立つ幸福は、長くは続かないものです。

もし仕事をしていて、サイキックインカムが、
お金に比べ、あまりにも低かったら、
誰かを苦しめている可能性が大です。
逆に、サイキックインカムのほうがお金より高かったら、
きっとLove and Peace のために歩んでいるはずです。

しかし、娘よ、シュフ業は、サイキック・インカムのみなんだけど……

そのお年玉、少しわけてくれ。

パパに誕生日プレゼント買ってくれるって言ってたじゃないか。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

巣ごもりなホリデー

今日は、街へ映画に行こう、と約束してたんです。
祖母と。
しかし、残念ながら、今朝から祖母の体調がすぐれず、断念。
「おなかかがぺっちゃんこで、息がせつないだよ」、と祖母。
このごろ、そうなることがよくあるんです。

で、今日は、実家で、巣ごもりすることに。
僕は一日うちのなかで過ごせるかと思うと、ワクワクするんです。

娘は、母親と、おでかけで、
昼頃、実家に着くと、祖母が一人で寝ていました。
さっそく、昼ご飯をつくりました。
あったかいキツネ月見うどん。
石油ストーブの前で、パジャマ姿の祖母といっしょに食べました。
「おいしいやあ。お店のみたいだやあ」、と祖母。
僕は祖母のごはんで大きくなったので、僕の味付けは祖母好みなんです。

食後、僕のパソコンを祖母の布団の横に置きました。
祖母は寝ながらDVDを見ました。
以前録画したとっておきのもの。
チベットの巡回映写技師のドキュメンタリー。

その間、僕は台所で、
本を読んだり、思索に耽ったり、書き物をしたり、
録りだめしておいた正月番組を見たり、
お茶を飲んだり、煎餅をかじったり。

夕食の食材を買いに行きながら、
一人で、喫茶店にも行きました。
おいしいコーヒーを飲みながら、日記を書きました。
こんな時間もとても好きです。

夕食は、豚汁風鍋。
大きな鍋に、豚肉とどっさり野菜を入れ、
醤油とみりんで薄く味を付け、
ショウガのスライスも入れ、
最後に味噌を溶いて、できあがり。

両親も兄も合流して、みんなで食べました。
祖母は、うどんも豚汁鍋もモリモリ食べたので、きっと元気になるでしょう。
昨日あたりから、急に寒くなったのが、いけなかったかもしれません。
うちに帰る前、祖母の好物のサツマイモを焼いておきました。

娘よ、今日は、一日、ママと楽しかったか。
パパも、充実して、楽しかったぜ。
今度は、おばあちゃん連れて、街に繰り出そうぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2)

そこそこほどほどな

同僚に勧めらた本の中に、書いてありました。

貧乏人は幸せそうではありませんが、
大金持ちも幸せそうではない、と。

ならば、どうすれば、幸せになれるか?

「そこそこ稼いで、ほどほどに暮らす」

なるほど。
どうりで、小さな幸せ発見家の僕が幸せなわけです。

市場原理主義では、なんでも値段をつけてしまいます。
つまり、すべて、交換可能になるわけです。

しかし、マルクス先生が言うように、
「愛情は愛情としか交換できない」のです。
金で買えないもの、交換できないものこそ価値があるんです。
ところが、そのようなものは、
あるひとには価値があっても、他のひとには価値がなかったりもします。
ま、そこが、人生のおもしろいところですが。

今日は、街で、ランチをごちそうになりました。
娘もちゃっかり。
お年玉までもらって。

そして、街をブラブラしてから、
夕方、客のふりをして、ホテルに潜り込み、最上階まで行きました。
街を見渡す風景、富士山も遠くに見えました。
すると、東の地平線が明るくなりました。
太陽が昇るわけがないので、おかしいな、と思ったら、
満月が昇ってきたのです。
まるで初日の出のように。
そして、街は、夜景に姿を変えていきました。

この美しさ、しかも、タダ。

僕は一つひとつの灯りの下の物語を想像しながら、
そこそこほどほどな幸せに感謝しました。

さて、僕には夢があるんです。
Love and Peace の発信地となるコミュニティ作りです。
ブンガクで一発当てて、土地を買い占め、村をつくろう、思っていました。
でも、それでは、ダメなんです。
金を稼ぎまくり、土地を独占するという発想が、市場原理主義的なんです。

コミュニティとは、今ここで、一歩踏み出せば入れる場所なんです。
同じ志が、二つあれば、もうその間にコミュニティがあるんです。
すべての一歩がコミュニティに通じるはず。
そこそこ、ほどほどなコミュニティ、そう、「そこほど村」。

娘よ、うちの住所変わったから、よろしくっ。

そこほど村一丁目一番地だ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

カッコいい非線形複雑系

以前は、床屋で髪を切っていたんです。
高校生のころから、ずっと。
そこの椅子に座れば、いつも同じ髪型になりました。
前髪が立って、左右対称で、カクカクっと。

いつしか、その床屋さんは、ウヨクになったんです。
いわゆる、あの戦争は正しかった、という思想。
僕がそんなことないよ、と反論しても、いつも論破されました。
そして、最後にひとこと言われてしまいました。
「かたよった本ばかり読んでちゃダメだよ」、と。

で、美容院に行くようになったんです。

床屋は、バリカンで、直線的に切るのですが、
美容師は、はさみのみで、ふんわりと立体的に切るんです。
その思想の違いに、新鮮な驚きがありました。

このごろ、カッコいいのは、テキトーな感じなんだそうです。
いわゆる無造作ヘア。
テキトーに見えけれど、実は計算されてるような。
直線的な平面ではなく、非線形な立体なんです。
毛先は、いろんな方向を向いていて、複雑系カオス。
アシメ(左右非対称)もあり、動きもあり、
セットはその日の気分で、スタイルは日替わり。

いつも同じスタイルで、左右対称で、直線的なのは、ダサいようです。
保守的でマッチョな感じは。

僕も、毎朝、ワックスを髪につけ、モシャモシャっとしながら、
非線形複雑系なカッコよさを研究しているところです。
毎日、娘や女子生徒に、批評されつつ。

カッコいい、という直感は、えてして正しいものです。
論理的合理性などふっ飛ばして、核心に直結するんです。

時代は、明らかに、床屋的から美容院的になっています。
それを、毎日、鏡の前で感じるんです。

で、娘よ、今日のパパのヘアスタイルどーよ?

え、いつもと同じだって?

娘よ、どうして、この違いに気づかないんだ?
世界は毎日表情を変えてるんだぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

あったかい世界

ダーウィニズムで説明がつかないことの一つは、
他にもいろいろ説明がつかないことが多いのですが、
利他行為なんだそうです。

たとえば、ヒバリの母親は、子どもが襲われると、
怪我をしたふりをして、自分に注意を向けさせ、
子どもを助けようとするそうです。
他にも、蜂とか、もちろん、人間も。

バブルの頃、免許とりたての僕は、
車を運転していて、車輪をドブに落としてしまったんです。
冷たい雨が降っていました。
車が動かなくなって、どうしていいかわかりませんでした。
すると、その時、通りかかった車から降りてきた見知らぬ人が二人、
雨に濡れながら、人力で、車輪を持ち上げて、助けてくれました。
僕がお礼を言おうとするのも聞かず、その二人は去っていきました。

僕が子どものころ、神社に集まったものです。
大きい子も小さい子も、一緒に遊んだんです。
そのとき、トーフというルールがありました。
小さい子や弱い子を、トーフと呼び、ハンデをあげたんです。
鬼ごっこなら鬼にならないし、野球なら三振はなし、とか。

さんざん吹き荒れた「新自由主義」の嵐、
「新自由主義」とは、つまりは弱肉強食主義。
「小さな政府」とは、そんなのを放置する政府。
その政府は、国民を、「勝ち組」と「負け組」に分断し、
格差を広げ、いつも「勝ち組」の味方。

自然界は、弱肉強食。
強いものだけが生存競争に勝ち、子孫を残す。
弱いものは、自然淘汰され、いなくなる……

と、ダーウィンは考えたのですが……

もし、ライオンに食べられるシマウマが、自然淘汰されるなら、
現在のシマウマは、メチャメチャ脚が速いはずです。
もし、キリンの首が、進化して、伸びていったのなら、
首が長くないキリンの化石が発見されたはずです。
もちろん、高速シマウマはいないし、短い首のキリンの化石もありません。

市場経済は、弱肉強食、
強い企業だけが生き残り、
その富で国が栄え、国民も豊かになる……

と、コイズミたちは考えたのですが……

弱肉強食は、食い尽くせば、破綻するんです。
もちろん、破綻しました。

誰でも、利己的な部分と、利他的な部分があります。
合理主義だと、ついつい、利己的な部分に偏りがち。
なにごともバランス、両方なくてはいけません。

人間の利他的な部分をもっと信頼してもいいと思うんです。
利己的な冷たい部分ではなく、利他的なあったかい部分を。
人間は、本来、助けあい、あったかいんです。

僕は冬が大好きなんです。
それは、あったかいからです。
うちの中があったかかたり、
布団の中があったかかったり、
湯たんぽがあったかかったり、
鍋料理があったかかったり。

娘よ、世界はあったかい。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

妄想カフェ開店間近

仕事から帰ってくると、娘はソファで眠っていました。
きっと昨夜遅くまでテスト勉強をしていたのでしょう。
僕は先に寝たので、何時まで起きていたのかは知りませんが。

とりあえず、晩ごはんをつくりました。
ひよこ豆で。
朝、保温水筒の中に、熱湯と一緒に入れておいたんです。
ざるにあけると、やわらかくなっていました。

豆とキャベツを、フードプロセッサーに入れて、ガーっと。
それを丸めて、水溶き小麦粉のドボンとつけ、
フライパンで煎ったパン粉をまぶして、オーブンで焼くと、
なんとなくコロッケのようなものができました。

娘をしつこく起こしましたが、起きません。
しかたなく、一人で食べました。
けっこうおいしくできました。

今日は、一日、妄想してたんです。
リアルのジロー's カフェのことを。
僕は教師の仕事を終えたら、カフェオーナーになる予定なんです。

このごろ、日替わりカフェなるものあるんだとか。
一つの店舗で、日替わりで、違うカフェが営業されるのです。
週一日だけ、カフェオーナーとなるのです。
これならできそうかな、と朝からずっと考えていました。
定年まで待たずに……

その日は、仕事を早めに切り上げ、店に行きます。
お気に入りのキッチングッズや食材を持ち込んで。
ケーキなどは、事前につくっておきます。
料理をして、お客さんと語って、一緒に飲んだり食ったり。

で、いい物件を見つけました。
両親の店です。
定休日に借りるんです。
来たときよりも美しくすれば、タダで借りられるはずです。

妄想は、明日も、暴走することでしょう。

で、娘よ、まだ起きないのか?
晩ごはん、どーすんだ?
ま、いい、明日の朝、食え。

あのさ、明日、くわしく話すけど、
ウェイトレスで雇ってやることにしたから。
よろしくっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

一草粥

今日は1月7日、ということで、七草粥を食べることにしました。
実は、今までの人生で、一度も食べたことがないんです。
仕事帰りに、去年見かけた七草粥セットを買おうと、スーパーに行くと、
もうありませんでした。
もう一軒スーパーに行きましたが、そこにもありませんでした。

娘は、七草粥が何かおいしいものだと勘違いしていて、
今夜、それを食べることを楽しみにしていました。

で、テキトーにつくってみました。

米と水を土鍋に入れて火にかけ、
お粥ができたら、
スティック状に切った餅と、
塩揉みした大根の葉を入れました。

これが、なかなかおいしかったんです。

あったかいうちで、
あったかいおかゆ、
正月を思い出しながら。

テレビでは、年末から毎日、
年越し派遣村とガザ地区紛争のニュース。
今年は、今年こそ、あったかい年になってほしいものです。

ラヴ&ピース、さもなくば一揆を!

娘よ、一草粥だったけどさ、きっとおなかにはいいぞ。
それにしても、おいしかったな。

体が喜ぶおいしさって、わかるか?

明日も、一草粥で、よくね?

はいはい、ちゃんと何かつくります、つくります。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→ クリック!

| | Comments (0)

始動

ついに、娘も僕も、新学期が始まりました。

学校へ行けば、
ハイテンションの生徒達が「あけおめ~」とか言ってくるので、
僕もテンションが上がり、すっかり新学期モードになりました。

あのまま、正月が続いていたら、
まちがいなく食べすぎでブタになっていたでしょう。

実は、今日も新年会があったんです。
職場の仲間と、僕の両親の店で。
またブタに3歩くらい近づいてしまいました。
もしかしたら、ブタを追い越したかもしれません。

娘は明後日のテスト勉強のため留守番をするというので、
いったんうちに帰って、晩ごはんをつくって、出かけたんです。
宴会中に、娘に電話すると、明らかに寝起きの声でした。

で、娘よ、大丈夫か?

だいたい、昨日の夜11時から宿題始めるのは、遅くね?
終わったの、3時過ぎだろ。

今日は、早く寝ろよ。
え、さっき寝たから、眼がさえてるって?

すまん、パパは、今日、先に寝る。
昨日つきあったんだから、許せ。
だから、寝てるときに、「教えて」とか起こすなよ。

え、〆切はどーすんだって?

たぶん、なんとかなる。

じゃ、グッナイ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

新学期前夜

今日は、娘と僕の冬休み最終日となりました。
で、最後の朝寝、起きたら11時でした。
娘も、昼頃、おなかが空いて起きてきました。

実は、娘の学校のテストが、3日後に迫ってるんです。
本当に迷惑です。
ま、冬休み中に遊ばせないようにする作戦なのでしょうが。

いちおう昨日たくさん勉強をしたという娘につきあい、
今日は、ショッピングに行くことに。

娘は、服とバッグとキーホルダーとメモ帳を買いました。
もちろん、お年玉で。
僕も、料理本と北欧本と湯たんぽとアロマ用キャンドルなどを。
娘におごってもらおうとしましたが、拒否されました。

夕方は、うちのキッチンに久しぶりに立ちました。
玄米を炊き、冷蔵庫の在庫でベジおかずをつくりました。
しばらくは、こんなごはんを続けるつもりです。
それにしても、年末年始、食べ過ぎました。

そして、娘は、恒例の冬休みの宿題のラストスパート。

おい、娘よ、終わるのか?

え、パパはなんかないのかって?

しまった、あった……
頼まれていた原稿が。

よし、まだ11時だ。
夜は、これからだぜ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お正月には凧揚げて

もうお節料理も残りわずかになり、
母が、お重箱から、タッパーに移してしまいました。
今日も、祖母のつくった雑煮でブランチ。

今日は、凧を買いました。
百均で、ナイロン製の三角形の。

子どものころ、ゲイラカイトという凧が流行ってたんです。
それをふと思い出したんです。
ゲイラカイトも、ナイロン製の三角形で、とっても高く飛びました。
正月は、いつもゲイラカイトで遊んだものです。

今日買った凧は、ゲイラカイトに似てたんです。
外国製でそうとうしょぼかったのですが、とりあえず買ってみました。

で、娘と、実家の近くの田んぼに行きました。
僕が糸を持ち、10mくらい伸ばし、
娘に凧を持たせ、風を見て、合図をして、手を離させると……

凧は、予想を裏切って、勢いよく揚がっていきました。
105円にしては、よくできています。
と、思った瞬間、急降下して、地面に突き刺さりました。

今度は、娘が糸を持ちました。

「落ちそうになったら、クイックイッて引っ張れ」

僕は、コツを思い出したんです。
娘が、クイックイッと糸を引くと、
落ちそうになっても、凧は空に舞い続けました。

僕はケイタイで実家に電話をかけました。

田んぼの真ん中で、祖母に状況を説明しました。
大声で、何度も。
祖母が、ようやく、僕たちと凧を見つけ、手を振りました。

僕は、凧の次は、駒も回したくなりました。
けっこう得意だったんです。

お餅もお節も食べ、
凧も揚げ、
いよいよ正月も終わりです。
さきほど、実家から、帰ってきました。
暗く、寒い、このアパートへ。
夏の終わりと正月の終わりは、さみしいものです。

で、娘よ、明日は百均に駒買いに行かね?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→ クリック!


| | Comments (2)

ラヴ&ピース元年

もともと地球には二酸化炭素しかなかったそうです。
だから最初の生物は、二酸化炭素を吸って、酸素を吐いて生きていました。
そんな生物が増えてくると、大気が汚染されてきました。
二酸化炭素が減り、酸素が増えすぎ、我々のご先祖様は絶滅の危機に。

そこに、救世主が現れます。
逆に酸素を吸って二酸化炭素を吐く新種の生物が誕生したんです。
それで、ギヴ&テイクで助けあい、絶滅を免れたんです。

そして、ご先祖様はさらなる生き残り戦略を立てます。

なんと、そんな二種類の生物が合体して、
一つの体の中でギヴ&テイクを始めたんです。
このようにして、単細胞だったご先祖様は、体内の細胞を増やしていきました。
長〜い時間をかけて…

で、現在、我々人間は、60兆もの細胞を持っています。
60兆ものラヴ&ピースが体内にあるんです。
戦争なんてやってる場合じゃないんです。

だから生物の進化とは、
弱肉強食で生き残っものだけが子孫を残した結果ではなく、
壮大なラヴ&ピースの歴史なんです。

今年は、ラヴ&ピースな年になると思います。
これまで弱肉強食の競争は充分やってきました。
負け組だの、格差だの、ネットカフェ難民だの、派遣切りだの……
もうこれは災害なんです。

助けあうしかないんです。
奪いあえば足りなくなりまが、
分けあえば余るのですから。

もしこれができないなら、一揆しかありません。

ラヴ&ピースか、それとも、一揆か?
ラヴ&ピースがいいに決まっています。

娘よ、パパが言ってることわかるな。
今年はラヴ&ピース元年だ。
お年玉、パパと分け合えば、余るぞ。
余るほうが、いぐね?


Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0)

おとそ

今日は恒例の新春ホームシアター。
祖母がずっと楽しみにしていたんです。

僕は、登場人物の少ない、ちまちました映画が好きなんですが、
祖母はスケールの大きな歴史大作が好きなんです。

で、今日の映画、「クレオパトラ」
251分、制作費290億円、出演者22万3千人という超大作!

途中で休憩を入れました。
お節を肴に、祖母とウイスキーでおとそ。
昨日ポケット瓶を買っといたんです。
母に見つかると怒られるので、こっそりと。

それにしても、クレオパトラはイイ女でした。
アントニーが国を裏切ってでも愛を貫くのも頷けます。

で、おばあちゃん、寝る前に、もう一杯いく?

おい、娘よ、親戚からのお年玉は預かった。
欲しけりゃ、新年の豊富は家事分担と3回唱えろ。

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0)

ハッピーなニューイヤー

昨夜、僕は祖母と布団を並べ、
「ゆく年くる年」の除夜の鐘を聞きながら、
布団の中で年を越しました。

「おばあちゃん、年越せてよかったねえ」
「涙が出てくるやあ」

今朝は、10時頃、家族がみなようやく起きだしました。
母が雑煮をつくり、
祖母と力を合わせてつくった三重のお節を並べ、
僕が生まれた時から一人も欠けることなく5人で、
ソウルフードなブランチで2009年が始まりました。

実家は僕にとってはパワースポット。
本を読んだり、いろいろと考えたりするにはいい場所。
正月はここでのんびりして、
パワーを蓄えようと思います。

昨日今日で、雨宮処凛さんの本を2冊読みました。
彼女こそ、この現代のカナリア、
魂のこもった言葉に撃ち抜かれました。
2月には、イベントでお話することになってるんです。
で、今、猛勉強中なんです。

さて、今日の夕食は、また家族5人で、
僕がコープで注文したお節と白いごはんでした。

実家は、実は僕のアパートより小さいんです。
それでも、家族が近くにいて、暖房もよく効き、あったかいんです。

さ、今夜も、祖母と同じ部屋で眠るとします。

で、娘よ、しばらくあってないけど、元気か?
ジイジには、明けおめメールしたみたいだけど、さ……


Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »