« September 2008 | Main | November 2008 »

ジコケンジヨク

自己顕示欲、なかなかやっかいなものです。

僕は、昼間、学校で生徒達に好きなことをしゃべりまくり、
夜は、ブログや執筆活動で好きなことを書きまくり、
自己顕示欲全開の毎日を送っています。

そんな僕は、自己顕示欲がそうとう強いようです。
はずかしいかぎりです。

自己顕示欲は、きちんとコントロールしなくてはいけません。
でないと、他人の話を聞かず、自分のことばかり話してしまいます。
これは、いけません。
人は誰も、口は一つ、耳は二つ、
つまり話す二倍聞くようにできているのです。


 秘すれば花

見せびらかすのではなく、ちらっっと見せるのが芸。
言いたいことを全部言ったら、おもしろくないし、伝わらないものです。

 離見の見

自分を客観的に見る目も大切です。
みっともない自分は、自分を離れないと見えません。

今日は、ダラダラとここに書かず、
日記でも書きながら、自分を見つめなおそうと思います。

娘よ、自己顕示欲って知ってるか?
教えてやるか??
で、聞いてるか???

とりあえず、パパは黙る。
なんか話せって。

おい、寝るなって。
明日土曜日なんだから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

問題いろいろ

学校の問題と実社会の問題では、大きな大きな違いがあります。
いつも教師として生徒と接しているときに思うことです。

学校の問題は、常に答が一つ、わからなかったらセンセイが教えてくれます。
一方、実社会の問題は、答がないこともあり、答が複数あったりもします。
センセイはいることもありますが、答は自分で探すことのほうが圧倒的に多いようです。

この違いを知らず、
実社会でも、答がいつも一つで、
上に聞けば教えてもらえると思ったら、大間違い。

もしそんなことを信じているひとばかり増えたら、
例外は認めず、すべて統一、
答は常に上から下へ伝達され、
気づけば、あっという間にファシズムの完成となってしまいます。

だから、僕は教師として、
答はテキトーに教えるんです。
「それもありだね」とか「どっちでもいいんじゃない」とか。
答が一つじゃないことを教えるために。
そして、「わからない」と生徒によく言います。
答は自分で探すしかない、と教えるために。
たとえ、「それでもセンセイ?」と言われても。

いつか、生徒達もわかってくれるでしょう。

だから、娘よ、これはワザとだって。
わかんないからテキトー言ってるわけじゃないって。

なに、このごろ高三教えてるから、パパには難しいんじゃないかって?

楽勝だって。
計算尽くだって。

いい加減信じなさい。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

メモ帳の中の言葉

さきほどメモ帳を開いたら、
ある俳優さんのコトバがメモしてありました。

 だれかひとりが「ああよかった」と感動してくれること。
 ワン・ターゲットでいいんです。
 その人がきちっと理解して受け止めてくれたら、まわりに波及する。
 最初から不特定多数に発信しようったってうまくいきません。

その俳優さんは、誰でもその顔を知っているようなベテランなんですが、
表現者としてその謙虚で真摯な姿勢に感動したんです。

 To the world, you are just someone.
 But, to someone, you are the world.

 (世界の中では、あなたはただの誰か、
  しかし、誰かにとっては、あなたは世界。

僕の好きな英語の言葉を思い出しました。

娘よ、パパは燃えてきたぜ。

だから、すぐ冷めるくせに、とか言うなって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2)

家事再開

昨日は熱が出て、喉が痛くて、
娘に看病してもらい、家事もしてもらったのですが、
今日は、まだ微熱があり、少し喉が痛いものの、
なんとか、三食作って、いちおうシュフ業をこなすことができました。

固いものを食べたくなかったので、夕食はキムチ鍋うどん。

食べ終わって、洗いものをしていると、娘が言いました。

「よくそんなにめんどくさいこと毎日できるね」
「そう?」
「昨日すごい時間かかったもん」

一瞬、こんなの簡単簡単、と言おうと思ったのですが、やめました。

「ま、めんどくさいけどね……」

その時、きっと娘の尊敬のまなざしが、僕の背中に突き刺さっていたはずです。

で、娘が言いました。

「パパ、ほんとに昨日具合悪かったの?」
「悪かったに決まってんだろ」
「実は家事やらせたかったから、仮病つかったんじゃない?」

娘よ、…………。
家事ストライキするぞ。

具合悪いから、先に寝る。
グッナイ、勉強、ひとりで、がんばれよ。

だから、仮病じゃないって言ってんだろっ!

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

娘、キッチンに立つ

僕としたことが、熱を出してしまいました。
毎日ヨガをしているにもかかわらず。
まだまだ、修行が足りないということでしょう。

今朝、起きたら喉が痛かったんです。
熱もありました。
遅れて職場に行き、ちょこちょこっと働き、早く帰ってきました。

で、夕食の準備は娘におまかせ。
娘はエプロンをしてはりきっていました。
ごはんを土鍋で炊いて、
豚肉とほうれん草の鍋。
僕にはおかゆを。

娘よ、うまかったぜ。
あとはまかせた。

グッナイ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (3)

おいしいそば的人生

今、そばつゆをつくり終えたところです。
明日から一週間分の弁当の。
まだ、そば弁当ライフは続いているんです。

そばは、好きというより、すっかり生活の一部になってしまいました。

先日、隣町のそば屋まで遠征して、
かき揚げそばを食べに行きました。
時には、プロの味を、と。
ちょうど、新そばが出ていました。
古いそばとの違いはよくわかりませんでしたが、もちろん美味。

今日、テレビで粋なそばの食べ方というのをやっていました。
ほぼ毎日そばを食べる僕の食べ方とは違いましたが、
ま、僕は僕でそばを愛してるので、
これまでどおりテキトーに食べることにします。

さて、おいしいそば屋さんには、憧れてるんです。
まず、営業は、お昼時だけ。
売り切れたら、閉店です。
営業時間を伸ばし、もっとひとを雇って、
店を大きくして、たくさんそばをつくれば、
もっともっと儲かるでしょう。

しかし、おいしいそば屋さんは、そんなことはしないんです。
店は小さいまま、売り切れごめんの営業で、
儲けることよりも、おいしいそばをつくることに集中するんです。
まさに、サステイナブル(持続可能)で、スモール・イズ・ビューティフル的。
スタンディング・オベーションでのブラボーです。

身の丈をちゃんと知り、
自分以上でもなく以下でもなく等身大で、
あるがままに、自然体で、
がんばらないようにがんばり、、
配られたカードでの勝負をあきらめない。

細~く、長~く。
これが、そばの神髄。
熱しやすく冷めやすい僕は、そんな細長な持続力を身につけたいものです。

明日からまた、昼休み、そばを食いながら、
おいしいそば屋さん的人生哲学を構築しようと思います。

な、娘よ、次の弁当、そばにしたら。
パパがつくってやるぜ。
うまいぜ。

はい、ふつうのお弁当つくらせていただきます。
もちろん、ビジュアル重視で。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

つながってないようでつながっている

大学では、アメリカ文学を勉強したんです。
といっても、原文より、翻訳本ばかり読んでいましたが。

「意識の流れ」という技法を知ったのもそのころ。

これは、心に浮かんだことを、そのまま書いていく技法。

たとえば、

おなかがすいたなあ、
昨日食べた餃子はおいしかったな、
餃子といえば中国、いや横浜
横浜では、彼女とデートしたなあ、
彼女、元気かなあ……

と、意識の流れを、そのまま書いていくんです。

ものごとは、筋道立てて、順序よく、進めるべきです。
たいていの場合。
食事も、食前酒、前菜、メインディッシュ、デザートといただくのがいいんです。

しかし、いつもそう順番どおりにいくとはかぎらないし、
いつも順番どおりだと、次が予測できて、飽きてしまいます。

テストでも、順番どおりやるより、
わかるところから解いたほうが、
いい点がとれるものです。

娘よ、聞いてるか?


僕の持ち歩くノートには、
小説の構想が書いてあったり、
レシピがメモしてあったり、
新聞の切抜きが貼ってあったり、
映画の感想や、
娘とのけんかの様子や、
少しは仕事のことも書いてあったりします。

項目分けも脈絡もなく、順番もデタラメで、
まさに「意識の流れ」そのものですが、
これはすべて、僕という一人の人間が書いたものなので、
実は、僕の中では、一貫性があるんです。
誰もわかってはくれませんが。

だから、娘よ、パパの話は飛ぶんじゃない。
すべてつながっているんだ。
ただ、2点間の距離が遠すぎて、あいだの説明が面倒なんだって。

パパの言葉のすべては、ラブ&ピースのためだ。
わかるか?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

雨の動物園

今日は一日、大雨が降っていました。
そんな日にかぎって、遠足だったりしました。
行き先は動物園。

生徒達に遅れて、
僕は一人、傘をさして、動物を見ていきました。
こんなにじっくり動物園をまわったのは初めてでした。

とってもおもしろいんです。
動物園は午前中だけの予定だったのですが、
一日ひとりでまわりたくなるほど。

まず、カンガルーが歩くのを観察。
歩きにバージョンが2つあることを発見。
速いバージョンでは、後ろ脚だけでピョンピョン。
遅いバージョンには、驚きました。
前脚と太い尻尾の3点で体を支え、後ろ脚を前に浮かせて運ぶんです。

次に、クロザル。
モヒカンなんです。
ワックスをつけて髪を立たせたみたいに。
そんなモヒカンどうしが毛繕いをしたりしていて、
僕はクロザルの前で固まってしまいました。

ライオンは、雄と雌がよりそって寝転び、
ずっと雨宿りしていました。

この感動を通りかかる生徒達に話すのですが、
ただ僕を笑うだけで、
なかなか理解してもらえませんでした。

雨は一日降り続いていましたが、
それはそれで、楽しい遠足となりました。

娘の土産は、いつものご当地キティちゃんシャープペンシル。

夜は、センセイたちと呑み会があったんです。
だから、呑み会の前に、娘に焼きうどんをつくりました。
バイオリンは、僕はサボり、娘はひとりで行くことに。
焼きうどんを食べる娘に、カンガルーとクロザルとライオンの話をしました。

「すごくね?」
「すごいねえ」
「今度動物園行かね?」
「行きたい。クロザル見たい」

娘よ、理解してくれてありがとう。
パパはうれしいぜ。
いつ行く?

で、ほんとにすごいと思ってる??

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

スマイル

笑いは最良の薬、そんな諺があります。
笑うだけで健康になるのだとか。
これは、事実なんだそうです。

脳がポジティブなとき、笑顔になるものです。
脳がネガティブなとき、暗い顔になります。

ということは、
ネガティブな気分のときでも、
笑顔をつくると、脳がポジティブになるのか?

答はイエス。
ペンを水平にして口に加えて、
お笑いのビデオを見ると、
脳はポジティブに反応し、大笑いするんです。
口角が上に上がると、脳はポジティブになるんです。
逆に、ペンを縦にして、口にくわえると、口角が下がり、
脳はさほどポジティブに反応しないんです。

なるほど、最良の薬になるわけです。

この夏、我が水泳部は、やけに記録が伸びたんです。
これまで15年も水泳部監督をしてるのですが、
この夏が一番でした。
何がよかったのか、よくわからなかったんですが、
やはり、これも笑顔が関係していると思うんです。
この夏のテーマは、Smile and Challengeでしたから。
きついときこそ笑顔、と言い続けてきたんです。
僕は威厳がないので、叱ってもあまり効果がないんです。
だから、いつも笑顔で、褒めまくったのもよかったのでしょう。

不景気には、お笑いブームが起こるのだそうですが、
これも、笑ってポジティブになりたいと、無意識に思うからでしょう。

あのさあ、娘よ、さっきからさあ、
ずっとバラエティ番組見て、笑いまくってんだけどさあ、
たしかに笑いは大切だけどさあ……

さっさとテレビ消して勉強しろっつーの。
うっせー、口答えすんな。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

平日の夜のシネマ

今日は、僕も娘も早く帰ってきました。
たまには映画にでも行こうと。
娘が宿題を片付けるのを待って、出発。

まず、CD屋によって、おバカタレントのニューアルバムを購入。
娘が大好きで、僕も知らないあいだに好きになっていました。へ
CDを聴きながら、ノリノリのドライブ。

やはり、映画は、平日の夜に限ります。
明日仕事なのに行くというのが、
ハイになっていいんです。

もちろん、僕はお持ち帰り仕事はあったのですが、
そこは、得意の「創造的先延ばし」で。

6時前には、県庁所在地に着きました。
映画は7時半からだったので、
車を駐め、とりあえずデパートへ。
小物ショッピングして、久しぶりの外食。
娘が母親とよく行くらしいベーグルの店で。
食後は、隣の店でチョコアイスを買い、舐めながら映画館へ。

今日の映画は、やたらと景色がいい、ユルユルなストーリー。
僕と娘は、この手が大好きなんです。
悲しみを抱えながらも、ダラダラと過ごすダメ男たちの物語。
なかなかブラボーでした。

そして、11時ごろ、帰宅。

もう、仕事は先延ばしはできそうもないので、これからやろうと思います。

おい、娘よ、明日学校だろ。
早く寝ろよ。
え、パパは寝ないのかって?

じゃ、寝る。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

創造的にグータラする

明日できることは今日やるな、

これは僕のモットーなんです。

明日できることを今日やったら、
明日は明後日のことをやることになり、
明後日はまたその次の日のことをやることになり……
気づいたら、「今を生きる」のを忘れてしまいます。
これは、大変なこと。

人生は、「いつかどこか」にあるのではなく、
まさに、「今ここ」にしかないのですから。

しかし、今日は、明日できることを今日やりました。
職場では、テキパキ働き、仕事を早めに片付け、
うちでは、もらった渋柿を40個皮を剥いてベランダにつるしました。

明日は、夜、映画に行くんです。
娘と。
もし、今日できることを明日に伸ばしたら、映画に行けなくなってしまいます。

だから、いつものポリシーを曲げて、仕事に精を出したんです。
これも、芸術のため。
いたしかたありません。

で、さきほどまで、お持ち帰り仕事を、がんばろうと思っていました。

そしたら、プロフェッショナルという番組を見てしまったんです。
茂木先生は言いました。
次の質問に答えてのこと。

休日、あれもこれもしようと思っても、結局グータラしてしまい、
自己嫌悪に陥ってしまうが、どうすればいいですか?

先生によれば、それは「創造的先延ばし」だ、と。

脳というのは、目標に向かって行動する以上のことをしている。
実は、無意識に先延ばしにして、脳の奥底はフル回転で、
次の創造的なことのために、思考を整理したりしている、と。

なるほど。

僕がいつも、ヒマさえあれば何もしないことにも、大きな意味があったのです。
どうりで、グータラしつつも、やけに充実感を持てたわけです。

娘よ、やはり、パパは正しかったぜ。
誇り高きクリエイティブなグータリアンと呼んでくれ。

とりあえず、お持ち帰り仕事は、創造的に先延ばしすることにする。
で、もう寝る。
寝ることも、茂木先生が言うには、脳の活性化にはいいらしいぜ。
だから、創造的に眠るぞ。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0)

秋の夜長は食後のティータイム読書

食欲の秋の理由を聞きました。
理科の先生から。
冬は、自然界には、食べ物があまりたくさんありません。
だから、秋に食いだめする生物が多いそうです。
もちろん、人間も生物ですから、そのメカニズムが働いているのだとか。

ま、僕は、一年中、食うために生きているので、関係のない話ですが。

秋といえば、お茶がおいしくなる季節です。
そう、日本茶が。

というのは、夏は、うちでは冷たい麦茶ばかり飲むんです。
涼しくなると、麦茶がなぜかおいしくなくなります。
きっと夏に麦茶がおいしいのは、
生物学的には、
麦茶に汗をかいて失われるものが入っているからでしょう。

で、最近、しばらく眠っていた鉄瓶が大活躍し始めました。
鉄瓶で湧かした湯で、お茶を淹れるとまろやかな味になるんです。
たまに、茶葉を焙烙で焙じて、つまりから煎りして、
茶色い香ばしいほうじ茶を飲みます。
娘が好きなのは玄米茶。
煎餅のような味のする緑茶。
今度買ってこようと思います。

なんてステキなお茶ライフ。

さて、今日は、食後、お茶を淹れて、テレビを消し、
ソファで静かに読書することに。
娘は推理小説の文庫本、僕は例のスポ根青春小説。
その次に読む本も、ネットで頼んでいて、今日届いたんです。
本は一年中読みますが、とりあえず、読書の秋ということで。

娘が、ソファで足をオットマンにのせ、先に読み始めました。
僕はとりあえず皿を洗ってから読むことにしました。
たまには、こんな文化の秋もいいものです。

で、皿洗いも終わり、娘と僕のお茶を淹れ、
本を読もうと、ソファのほうを振り返ると……

娘よ、眠るの早っ。
おい、起きろっ。
秋の夜長の読書はどうした?
パパが淹れた茶どーすんだっ??

ま、いい、パパが二杯飲む。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ソウルフルなサンデー

今朝は背中が痛くなるまで寝て、
一日、実家でグータラ過ごしました。
娘と、祖母と、兄と。 

目覚めると、持参したヨガマットを広げ、いつものヨガ。
もうヨガなしでは僕の一日は始まりません。
朝風呂とブランチの後、
バイオリンをさらっとおさらいして、
ペン習字を祖母に見てもらってから、
ずっと読みかけの本を読んでいました。
祖母にお茶をいれてもらい、
菓子をボリボリつまみながら。

「武士道シックスティーン」
高校の女子剣道部のガチなスポ根小説。

おやつは、ホットケーキ、娘と焼きました。

娘も昼を過ぎても、ずっとパジャマでグータラ。
ビデオに撮りためたテレビドラマを見ていました。
4時間も。

娘よ、そのグータラ度、なかなかだな。
あなどれぬ。

それにしても、グータラしすぎたので、娘とボーリング場へ。
勝負です。
卓球の。

僕は娘にのどうしても教えたいことがあったんです。

「勝っておごらず、負けてくさらず」

三回ほど娘に暗唱させて、卓球の勝負。

前回は、僕が勝って、娘はふてくさったんです。
で、今日は、娘が勝って、大はしゃぎ。

だから、娘よ、勝ってなんだって?負けてなんだって?

もう、僕は娘には勝てないでしょう。
今日で引退を決意しました。

「武士道シックスティーン」を読んでしまったので、
娘と本屋に行きました。
僕は、続編「武士道セブンティーン」を。
娘は、今人気の推理小説の文庫本を。

夕食は、祖母が肉を食べたい、というので、
韓国料理に初チャレンジ。
韓国料理本を持って、兄の遠足がてら、買い出し。

10年ほど前、ソウルでプルコギを食べたんです。
おいしくて、その味が今も忘れられないほど。

祖母を助手にキッチンに立ちました。
コチュジャンをたっぷり使い、
牛肉と野菜を漬け込み、
ジャージャー焼くと、あのソウルの味になりました。

まさに、ソウルのソウルフード。
みんなが幸せになるおいしさでした。

娘よ、今日もいい日だった。
感謝する。

で、本は読みかけたら、最後まで読めよ。
それから、勝っておごらず、負けてくさらず、覚えとけよ。

え、パパは何冊も読みかけの本があって、卓球も引退したくせに、って?

娘よ、親を乗り越えるのは、子の義務だ。

だから、パパは跳び箱の踏切台みたいなもんなんだって。

負けてくさってないから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→ クリック!


| | Comments (0)

土曜の午後はシエスタ

今日は娘の中学校の合唱祭、
昨夜うちで大声で練習を充分して、今朝出かけてました。

僕も遅れて市民文化会館に行きました。
1学年2クラスずつの小さな中学校の合唱祭、
全員が一生懸命歌っていて、心が洗われました。

合唱祭は午前中に終わり、
ランチはうちで、広島風お好み焼き。
キャベツをどっさり入れて。
娘が帰ってきたとき、ちょうどできあがりました。

デザートはバナナマフィンをつくることに。
新聞の切り抜きのレシピをとっておいたんです。
けっこう簡単にできました。
しかし、オーブンで40分焼いている間、
娘は待ちきれずシエスタ突然。
僕もバナナマフィンをオーブンから出し、遅れてシエスタ。

目が覚めると、もう真っ暗になっていました。

さ、娘よ、もう夜だ、起きろって。
で、今夜は夜更かしして、明日は昼まで寝るぞ。

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0)

3分の1ずつ

ワークライフバランス、このごろよく聞く言葉。

うちの校長は、家庭サービスの時間もとってください、と言いますが、
モーレツに働く同僚たちは、そんな時間をとてもとれそうもありません。
ママさん先生たちも、早く職場を出ますが、家事育児に大変そうです。

 8時間を労働のために
 8時間を自分のために
 8時間を睡眠のために

とは、1886年の記念すべき第1回メーデーで言われたこと。

要は、仕事は、人生の3分の1にすぎないということ。
あとは、僕の場合、家族のために3分の1、
そして、自分のために3分の1。

自分のために、自分のためだけに、しっかり3分の1とっておくのがミソ。
これがないと、自己犠牲をする人生となってしまいます。

自己犠牲をする人は、
必ず、他人にも自己犠牲を求めます。
そして、よりかかりあう息苦しい関係となっていきます。

 私はこんなにあなたのためにやってるのに、
 なんであなたは私に何もしてくれないの……

そんなこと言われたら、
そんなこと思われてるという気がしたら、
僕は、裸の大将になって旅に出たくなるかもしれません。

子育てでも、自己犠牲をするのは禁物。
子どものために、親の人生を捨ててはいけません。
親も親の人生を生き、子どもも子どもの人生を生きる。
そう、人生は交響曲。
違う楽器の違うメロディがハーモニーを生むんです。

だから、娘よ、今はパパの時間だから、
セーラー服にアイロンなんかけられっつーの。
自分でやれ。

はいはい、明日の朝、かけます。

しかし、娘よ、いいか?
パパには、パパのパパによるパパのためだけの時間がある。
そこんとこ夜露死苦っ。

聞いてるか?
スト突入するぞ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


Love and Peace ・・)v

| | Comments (0)

秋の夜の鍋

今日は、むしゃむしゃ野菜が食べたくなったんです。
娘も、以前より、野菜を欲しがるようになりました。

で、今夜は、鍋。
同僚に教わったレシピ。

キャベツをどっさりルクルーゼの鍋に入れて、
シメジと豚肉をのせて、
酒をふり、蓋をして、火にかけます。
やがて、野菜から水が出てきて、グツグツと。
蓋をとると蒸気が逃げてしまうので、
耳を澄まして、鍋の中を想像しながら、待ちます。

玄米ごはんをよそってから、
鍋ごとテーブルの上に置きます。
蓋をとると、湯気が立ちのぼり、
温野菜化したキャベツとシメジ、白くなった豚肉が姿を現しました。

ポン酢をつけて、
娘の中学校の話を聞きながら、
テレビも見ながら、
おいしくいただきました。

僕はうちへ帰ってくると、
すぐにキッチンに立ち、
ごはんを食べて、皿を洗って、
その後もずっとキッチンにいます。
テレビを見たり、PCに向かったり、お茶を飲んだり。

今も、娘の明日の朝食のリゾットを作りながら、
ダイニングテーブルで、これを書いています。
娘は、勉強部屋で、いちおう勉強中とのこと。
僕から教わることはとうぶんないそうです。

リゾットは、うちで、最近ブーム。
ニンニク、タマネギ、米をオリーブオイルで炒め、
コンソメスープでお粥になるまで煮込み、
粉チーズを最後に混ぜるだけ。
マッシュルームやアスパラなどを、入れても美味です。

娘よ、明日も、ウサギみたいに、むしゃむしゃ野菜食うぜ。

はいはい、肉も買ってきます。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0)

早くうちに帰ろう

今日も早く帰ってきました。
娘より早く。
娘は、部活はなかったのですが、どこかに遊びに行っていました。

今日は、玄米菜食ディナー。
舌より、体が喜ぶメニューです。
食後は、ヨガ教室をサボり、娘とお勉強。

実は、昨夜、娘と大喧嘩したんです。
大声でののしりあって。
娘の苦手な数学を教えたときに。
娘は寝起きで、テレビが見たくて、イライラ。
僕も、思考停止する娘にイライラ。
そして、大爆発。

で、今日も、数学を教えたんです。
娘は、宿題がたまっていて、明日テストがあって、
僕の助けが必要になったんです。

そんな感じだったので、今日は平和でした。
そういえば、僕がはりきって教えたときは、必ずケンカになっていました。
まさに、You can take a horse to water but you can't make him drink
(馬を水飲み場まで連れて行けるが、飲ませることはできない)

あの学力世界一のフィンランド、
図書館の数が多かったり、
教師は大学院卒でだったりもするのですが、
やっぱり、一番の決め手は、残業がないことでしょう。
親は早く帰ってきて、子どもとたっぷり時間を過ごすのです。
ちなみにサービス残業は、世界で、日本にしかないのだとか。

万国の父よ母よ、早くうちに帰ろう!

娘よ、これで明日のテストは大丈夫だ。

もし、ダメだったら、また教えてやるって。

だから、遠慮するなって。

タダで教えてやるって。

英語も教えてやるぜ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0)

夕方のキッチン

水泳シーズンが終わってからというもの、
職場を5時に出ることが増えました。
なかなか、いいものです。

今日はなんと娘より早く帰ってきました。

早速、ロールキャベツとリゾットをつくり始めました。
昨日、娘の歯の矯正具をきつくしたので、やわらかごはんです。

しばらくすると、冷たい雨の中、靴下を濡らした娘が帰ってきました。

「おかえり」、と僕、キッチンに立ったまま。
「なんかいいねえ」、と娘。

うちに帰ると、おかえりと言われ、
キッチンからおいしそうな匂いがする……。
娘はそんなのに憧れていたようです。

「これから毎日早く帰ってきて」、と娘。
「無理」

しかし、娘よ、努力はする。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

非体育の日

今日は体育の日、
といっても非体育会系の僕は、
まったく体育とは関係ない日を過ごしました。

もちろん朝ヨガはしましたが、ヨガはスポーツじゃないんです。
競うとか、無理するとか、しませんから。
ひたすら内なる真の自分に向かいあい、いつかは宇宙と向きあう。
まさに、僕向き。

さて、先日の日本人科学者ノーベル賞受賞フィーバー。
僕もすごいなあ、と感心していたのですが……

 助手がわりの妻の内助の功あっての受賞。
 今もほとんど自分で電話をとらない。

との記事を見て、一気に冷めてしまいました。

オトコが大きな仕事を成し遂げて、
オンナが陰でオトコを支える……。

内助の功というのが僕は嫌いなんです。
夫だけにスポットライトが当たり、
妻には陽が当たらず、夫の出世が自己実現となる。
ある意味、女性に社会的死を強要するような。

離婚前は、それが自然で、目指したことさえありましたが、
今はもうまっぴらです。
僕は独身主義ですから、身のまわりのことをしてくれる女性もいりません。

自分のことは自分でやって、自分の足で立ち、
よりかかるのではなく、よりそう。
自由で、平等で、
「必要性」ではなく、愛だけによってつながる。
そんな男女関係がいいな、と思っています。

しかし、最近、気づいたのですが、
僕自身は、内助の功をするのが好きなんです。

たとえば、教師として。
僕は、おれについてこいタイプではないので、
後ろのほうで、ひっそりと応援するんです。
目指すのは、星一徹にしごかれる飛雄馬を無言で見守るお姉さん。


娘よ、何かになるなら、パパが内助の功してやるぜ。
もし、大物になって、稼いだら、こづかいくれよ。
孫の面倒もまかせとけっ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

ひとり散歩する秋の一日

今日、実家のまわりを、一人散歩しました。

小学校の通学路を通りました。
あんなに遠かった小学校に、すぐ着いてしまいました。
よく遊んだ神社に行くと、こんなに小さかったことに驚きました。
いつも通った商店街は、店がほとんどなくなっていました。
かつては歩行者天国も行われていたのが、信じられないほど。
老夫婦が住んでいた家は、空き家となって、ずいぶん経っているようでした。
町全体が、老いたようでした。

この休みに、両親の店を手伝ったのですが、
父と母は、実にいたわりあって、働いていました。
なんともハートウォーミングな光景。

季節は、すっかり秋。
あんなに熱かった夏が嘘のようです。
もう終わった祭りの笛と太鼓が、
耳の奥からまだ聞こえてきます。

実家の台所で僕がつくったのは、父のリクエストで、煮込みハンバーグ。
挽肉に塩こしょうしただけのハンバーグを焼き、
タマネギ、シメジを炒め、デミグラスソースで煮込みました。
つけあわせに、ニンジンのグラッセもつくりました。

実家の面々に料理の腕を絶賛され、いい気分でうちに帰ると、
やがて、娘がはっぴ姿で帰ってきました。
娘は、祭りの様子を、一気に報告しました。
田舎の小さな祭りですが、そうとう盛り上がったようです。

祭りが終わると、日に日に寒くなってくるでしょう。

娘よ、やばいぜ。
秋が攻めてきたぜ。
夏男のパパは、ピンチだ。

どーする?
どーすりゃいいんだ??

とりあえず、食欲で乗り切るぜ。
明日、なに食いたい?
パパが何でもつくってやるぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

朝ごはんにごはん

今日から、僕の住む町ではお祭りです。
といっても、参加するのは娘だけ。
ここで生まれ育った娘と違い、
僕はよそ者なので、お祭りは関係ないのです。

で、娘は朝出て行くと、ずっと帰ってこないので、
たまにはじっくり朝ごはんをつくってやることにしました。

今日の朝ごはんは、ごはんです。
白い米を炊きました。

僕はごはんを炊くのが得意なんです。
一粒一粒が凛と立ち、つやがある銀シャリを。
味噌汁を作り、冷蔵庫にあった豚肉を焼きました。
味付けは、にんにく、しょうが、しょうゆ、みりん、カレー粉。
千切りキャベツの上に、焼いた肉をドサっとのせました。

「おいしい!」、と娘。

娘よ、当たり前だ。
魂が入ってるからな。
ソウルフードだ。

はっぴを着て、出勤前の母親に髪をセットしてもらった娘が出ていくと、
残りのごはんを、おにぎりにして、ラップで包みました。
具は塩昆布。
残りの味噌汁は、温めなおして、水筒へ。
冷蔵庫に、ひじき煮があったので、小さなタッパーに入れました。

この朝ごはんは、実家へ、ケータリング。
朝寝の祖母が目覚めるころに、実家に着きました。

「おいしいやあ」、と祖母。

ごはんが上手に炊けていて、
味噌汁もひじき煮も味付けがいい、と。

やはり、朝ごはんにはごはん、日本の心です。

で、ちなみに、僕の朝ごはんは、いつもの豆乳野菜ミックスジュース。
実家に向かう車の中でゴクゴクと。
これが一番。
朝ごはんにごはんは、僕は苦手なんです。

で、娘よ、いつ帰ってくるんだっけ?
今夜は帰ってこないんだっけ??

とにかく、パパのケイタイに連絡しろ。

食事をつくって待ちぼうけくらうシュフなんて、パパはごめんだぜ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0)

ブラボーなひと

スゴイなあ、と思うんです。

まず、ノーベル化学賞をとった下村脩さん。
クラゲから緑色蛍光たんぱく質を発見したそうです。
驚いたのは、下村先生がつかまえたクラゲの数。

なんと、85万匹。

下村先生は、ものすごく頭がいいだけじゃないんです。
コツコツとクラゲをつかまえ続けました。
家族にも手伝ってもらいながらも。
何がスゴイかって、信じ続け、諦めなかったこと。

ブラボーです。

昨日、「風のガーデン」というテレビドラマを見ました。
「死」がテーマの物語。
それを、実生活で癌と闘い、死と直面していた緒方拳さんが演じたんです。
まさに、文字通りの命がけの演技だったことでしょう。

こちらも、ブラボーです。

僕も少しはがんばろう、と思いました。

娘よ、今度ばかりは、パパも本気(マジ)だぜ。

で、いっしょに、がんばっちゃう?

だから、今度は本気(マジ)だって言ってるだろ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0)

チョコナッツクッキーな夜

今、クッキーを焼いています。

娘はダイニングテーブルでお勉強中。
さきほどは、僕の手伝いをしました。
そう、試食目当てです。

今日は、秋晴れの空の下、
僕の学校の体育大会。

授業のない学校、
生徒たちは大好きですが、
僕も大好きなんです。

勉強が苦手で、授業中しょんぼりしている生徒が、
学校行事になると、とたんに輝き出す。
そんな逆転現象を見るのは、教師としての醍醐味。

僕のクラスは、男子が5人しかいなくて、
何かと不利なんですが、ベストを尽くす姿に、
非体育会系の僕も胸が熱くなりました。

で、ごほうびに、クッキーを焼いているんです。
ナッツ入りチョコクッキー。

オーブンから、いい匂いがしてきました。
もうすぐ焼き上がります。

娘よ、宿題終わらせないと、試食させてやんねえぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

長~い夜

このごろ、外に出ると、やけにいい匂いがすると思ったら、
キンモクセイでした。
職場にも、うちのまわりにも、あるんです。
この匂いがキンモクセイとは知らなくて、娘が教えてくれました。

水泳シーズンが終わり、水泳部監督の僕は前より早く帰ります。
余裕を持って、夕食の準備にとりかかることができるようになり、
創作意欲と食欲も増してきまました。

夜になると、虫の音がいくつも重なって、心地よく響きます。
夜空が澄んで、星もきれいに見えるようになりました。

今夜は、娘は祭りの太鼓の練習に行き、
僕は、ひさしぶりに、ヨガのレッスンに行ってきました。
毎朝うちでヨガは続けているのですが、レッスンはごぶさたしてたんです。
筋トレ系のポーズや新しいポーズをして、いい刺激になりました。

今、娘が宿題をやっている横で、
このブログを更新しています。

わからないところがあったら、すぐ質問できるよう、
ここにいるように、と娘に言われたんです。

秋の夜長は静かに過ぎていきます。

で、娘よ、先に寝ていい?

はいはい、がんばって起きてます。

Love and Peace ・・)v 


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

7年目の北風と太陽

7年前の今日、
同時多発テロの後のこと、
アメリカは、アフガニスタン空爆を開始しました。

ビン・ラディンをかくまうタリバンをやっつける、と。

で、7年経った今、
あれほどの爆弾を落としても、
ビン・ラディンは消息不明のままです。
数え切れない民間人も殺されてきました。

タリバンは、空爆された民衆の怒りを栄養に勢力を増し、
パキスタンに拠点を移し、世界中の過激派と合流し、
子どもでさえ洗脳して、自爆テロ戦士に仕立てています。

干ばつと貧困にあえぐ農民が大麻を栽培して、
タリバンがそれを高く買い取るということもあるのだそうです。

テロをなくすどころか、増やしているのが現状。
結局、チカラ技だけでは、ダメなのでしょう。
作用があれば反作用があるのです。

テロの最大の原因は、貧困。

もし、世界が100人の村だったら、
世界の富の59%を6人が独占していて、
その全員がアメリカ人なんだそうです。

だったら、爆弾の代わりに、その富をばらまいて、
貧困をなくしてしまうほうが、
テロをなくすには近道なのかもしれません。

今さらながら、「北風と太陽」の話を思い出します。

娘よ、これからは、やさしく怒らないパパになるぜ。

え、怒っても恐くないだと?

……………………。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

非線形な人生

この春、僕が監督をしている水泳部に、
マッチョな新入部員が入ってきました。
そうとう鍛えてきたらしく、胸板が厚く、筋力もナンバーワン。

かといって、一番速いかというと、そうでもないんです。
少し長い距離になると、女子に負けてしまったりもします。

僕が彼に言うのは、「チカラ技だけじゃダメ」、と。

マッチョな筋トレの動きは、直線的ですが、
水泳の動きは、複雑で非線形な曲線を描きます。

やたら力を入れるのではなく、力を抜くところも大切。
ずっと力を入れていたら、バテて、後半勝負できません。

そこのところが、彼はわかってきたらしく、だいぶ速くなってきました。
今後が楽しみです。

わき目もふらず、まっすぐ、がんばる……

それだけで、乗り切れるほど、人生は単純ではありません。

右肩上がりにまっすぐ成長し続ける経済もないんです。
それを信じて、バブル崩壊やサブプライム問題も起こったんです。

くねくね曲がりつつ、上がったり、下がったり、非線形が自然、人生。

誕生と死の2点間を直線で結ぶような人生は味気ないものです。

寄り道しながら、がんばらないようにがんばる。
それでも、諦めることだけはしない。

そんなんでも、うまくいくことも多いような気がします。

しかし、娘よ、あんたは、まっすぐ、がんばんなさい。

とりあえず、テレビ消して、勉強しろって。

え、パパもラジオ聞きながら、ブログ書いてるくせにって?

お、大人はいいんだって、大人は。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (1)

秋来たりなば……

今日は、今年最後の水泳大会に行ってきました。
朝5時半起きで。
選手達が奮闘して、大会が終わると、今シーズンもついに終了。
帰りの車を運転していると、さみしくなってきました。
毎年のことですが。

で、夜は娘と合流して、実家の町の秋祭りに。
娘も僕も夜店が大好きなんです。

クレープを食べながら歩き、
水飴をなめながら歩き、
娘は羞恥心グッズねらいでピンボールをしたり、
僕は祖母に天津甘栗を買ったり、
糸切りばさみで何でも作る飴細工を眺めたり。

娘と行く夜店も、これが今シーズン最後。
秋の夜風に吹かれて、帰ってきました。

娘よ、パパはこれから何を楽しみに生きていけばいいんだ?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

長期戦突入

昨日の夕方から、娘とずっとクチをきいてませんでした。
本当にムカついたんです。
で、ずっと無視。

昨夜、僕はさっさと自分の寝室に行き、ずっとこもっていました。
今朝はいちおう起こしてやったのですが、
朝食の準備はしませんでした。
娘はパンか何か食べて、部活に行ったようです。

娘が帰ってきて、無言のランチ。
冷蔵庫にあるもので、ナポリタンを。

食後は、ついに直接たたかいが始まりました。
娘が蹴ってきたので、蹴り返し、
叩いてきたので、叩き返し、
つねってきたので、つねり返し、
くすぐってきたので、くすぐり返しました。

最後は、口に水を含み、吹きかけあいに。
僕は娘の背後に回り、ペットボトルの水を服の中に入れました。

うちの中が水浸しになったので、休戦となりました。

休戦中、捜し物をすることにしました。
実は、僕の愛用の万年筆がなくなったんです。
たしかにカバンに入れておいたのですが。

「見つけてくれたら、賞金出すぜ」、と僕。

娘はすぐに見つけてきました。

「はい、お金ちょうだい」、と娘。

娘よ、パパの大事なもの隠す攻撃は卑怯だぞ。
金なんかあげるかっ。

約束やぶるのかって?

うるさいっ、卑怯者にやる金はないっ。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (3)

Change!

僕はずっと保守的だったんです。
自分では革新的のつもりだったのですが。

ずっと古い型にとらわれていました。
かといって、その型が好きだったかというと、
そんなに好きだったわけでもなく、
他の型を知らなくて、
他の型にするのが少し恐くて、面倒だったんです。

以前、陶芸家の方が言っていたのですが、

「伝統とは、革新の歴史のこと。
 時代にあわせて変え続けないと、残らない」、と。

なるほど

で、何の話かというと、髪型なんです。

丸坊主だった僕が、髪を伸ばすようになって、
初めての髪型は、角刈りでした。
つまり、髪が短く、前髪が立っているスタイル。
ずっとそれで来たんです。
多少の変化はありましたが。

で、昨夜、娘と美容院に行きました。
娘は、前髪だけ、カット。
僕は、ま、ずいぶん伸びたので、カットして、髪型も変えに。

美容師さんは、僕の毛が伸びて大喜び。
これで何でもできますねえ、と。
創作意欲が湧いてきたようです。

美容師さんは、ノリノリで、ザクザク、切っていきます。
最近の流行りは、計算尽くの無造作。
テキトーに見えるけど実は考えてる、みたいな。
それなら、僕の大好きなスタイル。

「モヒカンにしましょう」
「はあ」
「前髪はアシメにしちゃいましょう」
「は、はあ……」

美容師さんの勢いは誰にも止められません。

モヒカンといっても、頭の中央がフワフワさせるだけで、
アシメというのは、アシメントリー(左右非対称)で、
前髪の右側のほうを長くしたんです。

自信満々で笑顔の美容師さん、
こんなに革新的なひと、ひさしぶりに見ました。
後ろや横からも鏡を使って新しい髪型を見せてくれました。
よくわからない自分が映っていました。

「次はメガネも変えちゃいましょう」
「ああ、はい」

日本も大きく変わろうとする今日この頃、
僕も少しは変わろうと思いました。

帰りの車の中で、保守的に前髪だけをカットした娘に訊きました。
「で、どうよ?」
「全然似合わない」
「……」

翌日、生徒達に笑われる自分が、容易に想像できました。
で、不安な夜と朝を過ごして、出勤。

結果は、とっても好評でした。
もっとも辛口の女子にも、チャラチャラした男子にも。

娘よ、そんなに保守的でどうする?
パパは、これからも革新でいくぜ。

「歴史の傍観者になるな」

新しい家訓だ。おぼえとけ。

で、明日、メガネ屋、行かね?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ソウルフルなギョーザ

水泳シーズンが終わり、
水泳部監督の僕の帰宅時間が早くなりました。

もう秋、僕の創作意欲がもりもり湧いてきます。
料理の。

今夜は何をつくろうかと、勤務中、考えていたら、
もう10年以上も前、ギョーザパーティに招かれた時を思い出しました。
中国人のお母さんが、ギョーザを作ってくれたんです。
日本人のお父さんは、そのギョーザに惚れて、結婚したんだとか。

とにかく、たくさんつくるんです。
みんなで。
まず、テーブルの上に粉を振って、皮を作り始めます。
そして、タネを包むと、キッチンに運び、茹でられて、戻ってきます。

そのパーティのメニューは、基本的にギョーザだけ。
あとはビール。

つくる、つくる、たべる、たべる、のむ、のむ、しゃべる、しゃべる……

20個くらい食べても、許してもらえません。
そのお父さんは50個食べたという武勇伝を持っていました。

タレは、醤油、ニンニクおろし、ごま油。

僕もがんばって数え切れないくらい食べました。
翌日、教室中にニンニクの匂いが充満して、大ブーイングだったほど。

これぞ、ソウルフード。

で、今日は娘より早く帰って、準備をしました。
粉を練って、寝かして、娘を待ちました。

娘が帰ってきたら、一緒につくろうと。

しかし、娘はソファに横になると、即、熟睡……。

しかたなく、一人で、記憶を頼りに、皮から作り始めましたが……

大苦戦。

皮を重ねて置いて、一枚ずつはがしてタネを包んでいたら、
最後のほうで、皮と皮がくっついてしまいました。
なんとか、20個くらいは作り、
くっついた皮は、広げて15センチくらいの巨大ギョーザにしました。

ようやくできあがり、娘を起こし、形のいびつなギョーザのディナー。
タレは、ニンニクを避け、酢醤油で。

「わ、お化けギョーザ」
「それは、ナイフとフォークで食え」
「パパ、ごはんは?」
「ない」
「じゃ、パン食べる」
「ギョーザにパンか?」
「うん、ピーナツバターつける」
「……」

ま、こんなものでしょう。
もう少し、修行が必要なようです。

娘よ、パパはまたギョーザ挑戦するぜ。
え、皮はスーパーで買ってくれば、って?

娘よ、シュフをなめるな。
そんな妥協はできないぜ。

次は、手伝えよ。
家事分担せざるもの食うべからずが家訓だ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0)

サラダ組

先日、辞任した大臣の失言の一つ。

 「日本は単一民族」

あれは、権力側のホンネなんだと思うんです。
自分の色に染めて、例外は認めないで、出る杭は打つような。

僕は学校で働いていますが、
センセイたちも「単一」がお好きなようです。
制服を着せて、従順な子を、大量生産するような。

僕が、中学生の頃、とんがっていたのは、
そんな「単一」な学校が嫌いだったからなんです。
今もセンセイらしくないのは、そんな「単一」なのが苦手なためでしょう。

学校というところは、時に、例外を許すと、
野放図になり、収拾がつかなくなることがあります。
だから、とりあえず「単一」にしておくのが無難なんです。

毎日、キッチンに立ち、ひととおり料理はできる僕ですが、
いまだに、サラダだけは、難しいと思うんです。

野菜が何種類か入っていて、
それぞれ個性を主張して、混ざらず、
それでも調和してるのが、おいしいんです。

しかし、そんなおいしいサラダは、めったにつくれません。
だから、しょっちゅう娘に「野菜食え」と強要することになります。

僕は、アナーキー・ティーチャーですから、
バラバラだけどまとまっているサラダ組を目指しています。
しかし、うまくいくときより、うまくいかないときが多いのが現状。
でも、諦めてないんです。
10年前より、断然、うまくいくときが増えていますから。

で、娘よ、やっぱり、野菜もっと食え。
今回、風邪引いたのは、パパのサラダ、いつも残すからだ。
わかったか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (3)

« September 2008 | Main | November 2008 »