« ソウルフルなギョーザ | Main | 長期戦突入 »

Change!

僕はずっと保守的だったんです。
自分では革新的のつもりだったのですが。

ずっと古い型にとらわれていました。
かといって、その型が好きだったかというと、
そんなに好きだったわけでもなく、
他の型を知らなくて、
他の型にするのが少し恐くて、面倒だったんです。

以前、陶芸家の方が言っていたのですが、

「伝統とは、革新の歴史のこと。
 時代にあわせて変え続けないと、残らない」、と。

なるほど

で、何の話かというと、髪型なんです。

丸坊主だった僕が、髪を伸ばすようになって、
初めての髪型は、角刈りでした。
つまり、髪が短く、前髪が立っているスタイル。
ずっとそれで来たんです。
多少の変化はありましたが。

で、昨夜、娘と美容院に行きました。
娘は、前髪だけ、カット。
僕は、ま、ずいぶん伸びたので、カットして、髪型も変えに。

美容師さんは、僕の毛が伸びて大喜び。
これで何でもできますねえ、と。
創作意欲が湧いてきたようです。

美容師さんは、ノリノリで、ザクザク、切っていきます。
最近の流行りは、計算尽くの無造作。
テキトーに見えるけど実は考えてる、みたいな。
それなら、僕の大好きなスタイル。

「モヒカンにしましょう」
「はあ」
「前髪はアシメにしちゃいましょう」
「は、はあ……」

美容師さんの勢いは誰にも止められません。

モヒカンといっても、頭の中央がフワフワさせるだけで、
アシメというのは、アシメントリー(左右非対称)で、
前髪の右側のほうを長くしたんです。

自信満々で笑顔の美容師さん、
こんなに革新的なひと、ひさしぶりに見ました。
後ろや横からも鏡を使って新しい髪型を見せてくれました。
よくわからない自分が映っていました。

「次はメガネも変えちゃいましょう」
「ああ、はい」

日本も大きく変わろうとする今日この頃、
僕も少しは変わろうと思いました。

帰りの車の中で、保守的に前髪だけをカットした娘に訊きました。
「で、どうよ?」
「全然似合わない」
「……」

翌日、生徒達に笑われる自分が、容易に想像できました。
で、不安な夜と朝を過ごして、出勤。

結果は、とっても好評でした。
もっとも辛口の女子にも、チャラチャラした男子にも。

娘よ、そんなに保守的でどうする?
パパは、これからも革新でいくぜ。

「歴史の傍観者になるな」

新しい家訓だ。おぼえとけ。

で、明日、メガネ屋、行かね?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« ソウルフルなギョーザ | Main | 長期戦突入 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソウルフルなギョーザ | Main | 長期戦突入 »