« December 2007 | Main | February 2008 »

ミステリーな人生

ひさしぶりに、ミステリーを読みました。
また、浮気して。
もう、何冊浮気したでしょう……。
ドストエフスキー先生、すみません。

キャラもストーリーも現代性もなかなかでした。
でも、僕はやはりミステリーは苦手なんです。

たいてい魅力的なキャラの探偵が出てきて、
「事件 → 推理 → 解決」という流れの中で、
手がかりがいくつも散りばめられているのですが、
僕はたいてい見落とすか、忘れてしまうのです。
だから、犯人がわかったときの、爽快感が弱いのです。

やはり、僕が好きなのは、ブンガクのほう。

 事件でなくテーマ、つまり大きな問い 
→推理ではなく、勝ち目のない格闘 
→解決ではなく、矛盾・葛藤が残る…… 

そして、最後は、割り切れないままながら、方向性がチラリと見える。
そんなのがいいんです。

生きるとは、答のない人生に絶え間なく問いかけること。
わかったと思った瞬間にわからなくなるものをわかろうとすること。

割り切れないから、いいんです。
わからないからこそ、先に進もうとするんです。
もし、わかったら、足が止まってしまうでしょう。
それに、わかったと思っても、たいてい幻想にすぎません。
だから、わからないまま、一歩ずつ進むしかないのです。

娘よ、その算数の問題、わかんないのか?
いいか、わからないときはな、
たしかに、前に進んでるんだ。

ま、苦しめ。

パパが、わからないわけないだろ。
教えるのが、めんどくさいなんて思うわけないだろ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

残りの人生の初日

いい加減、認めることにしました。

もう、人生の折り返し地点を過ぎた、と。

水泳のレースでは、後半が勝負。
勢いよく飛び込み、スピードを上げていきます。
しかし、それもターンするまで。
後半は、もうスピードを上げることはできません。
疲労に耐えつつ、フォームを維持して、気持ちでゴールを目指すんです。
後半に、選手の真価が問われるんです。

前半は、成長し続け
ターンしたら、
後半は、成熟を目指すのが人生。
たぶん。

たとえば、子どもはどんどん成長します。
しかし、それもある年齢まで。
その後は、中身を磨き、成熟するしかないんです。

たとえば、そば屋を経営したとして、
売り上げを伸ばしたり、支店を増やしたりするのが成長で、
どれだけおいしいそばをつくるかを追求するのが成熟。
一日限定何食とか決めて、売り切れたら閉店という具合に。

これまでは、足し算。
あれこれ手を出し、あちこち顔を出し、
気づけば、贅肉のようなしがらみがまとわりついていました。
あれもこれもできるほど、僕は器用でもなく、時間も限られています。

でも、これからは、引き算。
いろいろ捨てて、
厳選して残ったもののために生きようと思います。

娘よ、今日は、パパの残りの人生の初日だ。
わかるか?
明日も残りの人生の初日だぞ。
たぶん、明後日も……

ああ、いそがし、いそがし。
だから、皿洗えって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日楽しみなこと

このごろ、毎日、ちょっと楽しみなことがあるんです。

それは、なぜか、うちに帰ること。

5時近くになってくると、ワクワクしてくるんです。
職場をさっさと後にして、
スーパーに寄って、食材を買って、
娘を学童へ迎えに行き、
タイマー付オイルヒーターで寒くない程度に温まったうちに到着。

ネクタイをしめたまま、すぐにキッチンに立ちます。
このごろ、キッチンがきれいになり、
以前にも増して料理が好きになりました。
腕も多少上がったようです。

なっ、娘よ。
だから、何か言えって。

で、僕の得意料理は、なんと言っても、ごはん。
白米でも、玄米でも、とてもおいしく炊けるようになりました。

食後は、南部鉄瓶で湯を沸かし、グリーンティータイム。
デザートは、最近、なし。

ダイニングテーブルを片付けると、
そこで、ノートパソコンを立ち上げ、僕は自分の時間。
娘も、本を読んだり、テレビを見たり、時に勉強したり自分の時間。

娘と交代で、本持って長風呂に入り、
一日の最後に日記を書いて、
湯たんぽで温まった布団で入る毎日。

特に、何かするというわけではないのですが、
こんなのが、いいんです。
とっても。

娘よ、パパがこの頃楽しみにしてるの何か知ってるか?
それは、なんと、うちに帰ることだぜ。

え、同じだって?

真似すんなって。

はいはい、明日は学童早く迎えに行くって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モッタイナくない

日本が世界に誇るコトバの一つ。

モッタイナイ。

ノーベル平和賞を受賞したエコロジストのマータイさんが、
このコトバを世界に広めたいと言ったのは有名な話。

たしかに、その通りです。
エコのためにも。

しかし、うちでは、モッタイナイは要注意なコトバなんです。
モッタイナイと捨てられず、モノがあふれ、
モッタイナイと残り物を食べ、贅肉がつき……
このまま、うちで、モッタイナイを続けたら、
モッタイナイ・モンスターになってしまいます。
つまり、きたないうちに暮らすデブ。

この季節になると思い出す俳句。

 身に余るものみな落とし冬欅

冬、葉をすべて落とした木々が、
青空に突き抜けるように凛と立つ姿が好きなんです。

街路樹が、落葉樹なのは、日だまりをつくるため。
葉を落とすのは、内に力を蓄えるため。
冬、今は、葉を落とすときなんです。
落ち葉掃きはたしかに大変ですが。

だから、このごろ、思い切って、捨ててるんです。
モノだけじゃなく、いろいろと。
たしかに、捨てるたびに、モッタイナイと思います。
だから、モッタイナくない暮らしを目指すことにします。

とかく、あれもこれも欲しくなるのが人情ですが、
人生は、配られたカードで勝負するしかないんです。
だから、今あるものを最大限に活かすようにしたいと思います。

で、娘よ、新しいテレビあきらめな、モッタイナイだろ。
リモコンはないけど、まだ見れるし、
お客さんが見ると、スゴいと言ってくれるし。

いいか、人生はな……

おい、話の途中で、風呂行くなって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ヘンなとこでケチ

先日、娘と、お互いのいいところを四つずつ言いあいました。

いいところを、言ってもらうのは、なかなか気持ちのいいものです。

「じゃ、パパの嫌なとこね」
「そんなの、言ってくれなくてもいい」
と、僕が言ったにもかかわらず、娘は言いました。

ヘンなとこでケチ。

なんだそうです。

たとえば、ホームシアターセットは買うくせに、
1977年製のおんぼろテレビをいまだに使い続けていたり。

僕は、けっこうな浪費家ですが、
たしかに、ヘンなとこでケチです。
いわれてみれば、
他のひとが金をかけないところに金をかけ、
他のひとが金をかえるところに金をかけない。
そんなことがよくあります。

娘よ、これはしかたがない。
他のひとが見のがしているところに、
小さな幸せは落ちているものだ。
パパは、プロの小さな幸せ発見家なんだから、
これも職業病だ。
許せ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

極上の緑茶を飲む休日の朝

ここ数日、ゾクゾクしてたんです。
職場では、風邪やらインフルエンザやらが大流行していて。
風邪の前兆を感じたんです。
だから、昨夜はたっぷり栄養をとって、あったかくして、
めずらしく早めのベッドイン。

で、今朝は、眠気がなくなるまで寝て、すっかりよくなりました。

休日は、目覚めてから、たっぷりヨガをします。
本を持って、風呂に長く入ります。
時間をかけて、ブランチをつくります。
娘は、たいてい昼まで寝ているので、
優雅なおひとりさまタイムとなります。

このごろ、南部鉄瓶で湯を沸かします。
実家で何年も眠っていたものをもらってきたんです。
これで、緑茶を入れると、とてもまろやかな味になります。
鉄分が湯に溶け出して緑茶成分と反応し、甘くするらしいです。

おひとりさまで、陽だまりの中、
朝から、ジャズを聴きながら、
極上の緑茶をちびりちびり、と。

独身主義万歳!

さて、ブランチには、玄米を炊きました。
こぶを中に入れて、すりゴマをまぶし、おにぎり。
おかずは、里芋とこんにゃくを煮ました。
そして、極上の緑茶。
やはり、ごはん同様、お茶も美味くなくっちゃいけません。

このブランチを、肉食の娘は、文句も言わず、食べました。

そして、午後も引き続き、それぞれのおひとりさまタイム。

で、娘よ、このごろ、お茶が美味くなって、幸せだな。

え、なにも変わらないって?

違うだろよ、ぜんぜん。

ダイエットする前のパパと後のパパくらい違うだろ。

だから、どっちも変わらないとか言うなっつーの。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

世界を変える第一歩

新しい年の新しい月も、もう終わろうとしています。

さて、今年は、僕は一つの目標を立てました。
たった一つの。
それは、洗濯したら畳む。
ただ、それだけ。

去年まで、洗濯物はカゴに入れ、
それが山になり、溢れていました。
毎朝、その山を漁るのが大変でした。
特に、靴下のペアを掘り当てるのが。
片方はすぐ見つかるのですが、もう片方がなかなか見つからなくて。
朝の時間は、1分でも貴重、よく朝からイライラしたものです。

で、今年は、洗濯が終わるたびに、
僕の服やタオルやナプキンなどを畳んで、定位置に入れるんです。
すべて、収まると、とても気分がよくなります。

娘のものは、畳んであげません。
カゴに入れておき、畳め、というだけ。

親子というのは、不思議に、似るもので、
僕が畳むと、娘も自分のものを畳んでしまうようになりました。

洗濯したら畳む、
こんな簡単なことを、
家事の基本中の基本ともいうべきことを、
今年はきっちりやろうと思います。

娘よ、これが世界を変える第一歩だ。
大きなことは、こんなちっぽけなことから始まるんだ。

え、世界と洗濯物が、どういう関係があるかって?

娘よ、まだズレがわかってないな。
世界は、ズレで成り立っているんだ。
ま、今は、わからなくてもいい。

え、昨日洗濯したのが山になってるって。

ま、そういうときも、たまにはある。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ズレてこそ

仕事で、自分探しをしてはいけない。

今日、読んでいた本の中に書いてありました。

なるほど。

今の仕事は、自分にあっていない。
今の自分と本当の自分は違う。
どこかに本当の自分の居場所があるはずだ。
なんて、つい思ってしまったりもします。
40を間近にした今も。

でも、人間なんて、しょせん、ズレの中にしか生きられないんです。
今の自分と本当の自分のズレ、
このズレこそ、実は、人間の本質。

理想と現実のズレ、
自分と他人とのズレ、
書きたいことと書かれたものとのズレ、
なりたい自分となれない自分のズレ、
と、きりがないほどのズレの中に僕たちはいるんです。

自分探しは、そんなズレをなくそうとすること。
ひとは、そもそもズレの中に存在するので、
自分探しには、終わりはなく、無意味なことも多いのです。

二物配合とは、俳句の言葉。
思いがけない二つのものを一句の中に詠み込むこと。
その二つのズレが、かけ離れていればいるほど、その作品世界は広がるそうです。

かつて、文学の師が僕に言いました。
お前の文は、喉が渇けば水を飲む、って感じだ。
まったくズレがわかってない。
ズレがわかれば、文学もちっとも難しくない、と。

そう、ズレてこそ人間。

娘よ、パパが他のお父さん達とズレていても気にするな。
このズレこそ、大事なんだ。
わかるか?

だから、はずかしくないって。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おひとりさまの覚悟

またまた、浮気して、1冊読みました。
「おひとりさまの老後」
ご存じ、フェミニストの上野千鶴子さんの本。
独身子なし女性の「おひとりさま」で生きて、老いて、死ぬ覚悟の本。
名言が散りばめられ、ブラボーでした。

僕も、「おひとりさま」の予定なので、とても勉強になりました。
僕が独身主義なのは、もう女性を所有したくないからです。
僕は結婚したらきっとまた所有したくなるにきまってますから。
人間は、モノじゃないので、所有することも、されることも不可能なんです。

さて、「おひとりさま」と「さま」をつけるからには、
大人にならなくては、立派なおひとりさまとはいえません。

自立してこそ、大人のおひとりさま。
まず、家事ができなくっちゃいけません。
家事は、日々の暮らしをアートにまで高める創作活動。
僕は、まだまだ修行中です。

個人主義も大人の条件だと僕は思っています。
自分を大切にする。
同じように自分を大切にする他者も大切にする。
自己犠牲する人にかぎって、自分を大切にしないで、
他者にも自己犠牲を強い、他者を大切にしないものです。
その行き着く先は、会社や国のために人生を捧げる全体主義。
だから、僕は個人主義なんです。

自立に必要な三種の神器、自分の時間、自分の空間、そして自分の金。
この三種の神器で、おひとりさまでも楽しめるワザを身につけ、
それでも、一人では生きていけないことを熟知し、
ひとりだけどひとりではない人間関係を築くのです。

「人」という字は、僕には、支え合っているというより、
大きい方が、小さい方に寄りかかっていいるように見え、嫌いなんです。
だから、僕が好きなのは、「人間」のほう。
ひととひとのあいだには「間」が必要なんです。
お互い、自分の足で立って、よりかかるのではなく、よりそうのです。

僕が、娘と二人で暮らしていけるのは、
お互い、「おひとりさま」が好きだからでしょう。
休日一日、二人でうちにいても、お互い勝手に楽しむワザを身につけています。
そのおかげで、僕は自分の時間をちゃんと持てています。
二人でいられる条件は、きっと、ひとりでもいられることなのでしょう。

娘よ、パパがじいちゃんになったら、
おひとりさま達が寄り添えるコミュニティ村つくるから、
たまには、遊びに来いよ。

え、まだあきらめてなかったのかって?

ちょっと忘れてただけだって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

昨日のケンカの詳細

昨日は、娘とケンカしました。
小さい頃は朝になれば忘れた娘、
今朝もまだ不機嫌で、クチをきかないまま登校。

さて、ケンカをふりかえってみます。
学童から、うちに帰ってきてからのこと。
僕は、すぐにキッチンに立ち、晩ごはんの用意。
刺身を買ってきたので、煮物と味噌汁をつくっていました。
そのとき、娘は、なぜか突然、気まぐれに片付けを始めました。

僕は、きれいなうちで不味いものを食べるより、
迷わず、
きたいないうちでおいしいものを食べることを選ぶので、
整理整頓や掃除は、苦手なんです。

「パパ、こんなとこに、カバンとか置きっぱなしにしないで」
僕は手を休めず、とりあえあず、無視。
「パパ、カバン片付けて」
で、僕はぶち切れたわけです。

「たまに家事してイバるな!」

その後、静かな夜と朝を迎えることになったわけです。

生きているかぎり、シュフに休みはないんです。
うちに帰れば、腰を落ち着けることもなく、
一秒でも早くごはんをつくろうと、キッチンに立つんです。
その間、娘は、たいてい、テレビを見ながら、ソファでゴロゴロ。
皿洗いくらいはすると、時々言う娘、三日続けたことはありません。

娘よ、それで、パパがキレないわけがないだろよ。

これが、子どもなら、まだ許せるのですが、
大人だったら、一緒に暮らすのは、不可能でしょう。

僕たちの不仲を心配した娘の母親が、先ほど、電話してきました。

座ってればごはんが出てくると思ってるのは許せない、と僕。
それがまさに私が思っていたこと、と彼女。
それで、僕と彼女は大笑い。

今日、学童へ迎えに行くと、
娘が、一言、あやまれよ、と。
もちろん、僕はあやまらず、シュフ業について語りました。
そして、いつしか仲直りしていました。

娘よ、さっきママに聞いたけど、
ママんちじゃ、皿洗いしまくってるらしいじゃんかよ。
おい、うちじゃどうなってんだ。

うちでは、職場や学校と違って、気が抜けないんだぞ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

浮気した夜

今年は、浮気しないように心がけていたんです。

本の話です。

年末から、ずっと新訳「カラマーゾフの兄弟」を読んでいます。
全5巻あって、今、4巻に入ったところ。

去年まで、浮気ばかりしていました。
並行して、3~4冊くらい読んでいました。
ハードカバーの小説、新書、文庫、写真が多めの本など。
それが全部入っているので、持ち歩くカバンの重いこと、重いこと。
ところが、多くの本は手にとっていたのですが、
読み終わらない本も少なくはありませんでした。
飽きてしまうと、また他の本を読み始めたりして。

で、この前のクリスマスに、
新訳「カラマーゾフの兄弟」全5巻を大人買いして、
自分にプレゼントしたんです。
そろそろ、大人の読書をしよう、と。

年末からは、浮気もせず、一途に読んでいます。
昨日、4巻に入ったところです。

やはり、ものごとは、「一度に一つずつ」が基本。
このほうが、落ち着いて、集中できて、とてもよいんです。


しかし、昨日、たまたま娘の母親に、一冊手渡されたんです。

「冷蔵庫のうえの人生」

シングルマザーと娘が、
冷蔵庫に磁石でくっつけたメモで、
語るというストーリー。
すべてのページが、そのメモ。

ちょっとめくったら、一気に、
今日一日で最後まで読んでしまいました。

買い物リストや帰宅予定時間や行き先だけでなく、
仕事、離婚、娘の恋、、ペット、父親、学校などの話もします。
二人は、すれ違ってるけど、すれ違っていないんです。
お互い、自立しているけど、一人じゃない。

娘の設定は、15才。
ちょっと、勉強になりました。

二人は、喧嘩もするけど、
そのたびに、お互いの理解が深まるようです。

ちょっといい本でした。
しかし、浮気は一日で終わりです。
また、カラマーゾフの兄弟に戻ります。

ところで、娘よ、もう4時間もクチ聞いてないぞ。

おい、その本おもしろいだろ?
ずっと、黙ってるつもりかよ。

うちらも、冷蔵庫で、会話してみる?

いぐね?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つくづく結婚できない男

先日、たまたまテレビで「結婚できない男」を見ました。
とてもおもしろく、僕もつくづく結婚できない男だと実感。

あの主人公は、すぐにこだわるんです。
お好み焼きやステーキの焼き方だけでなく、
クラッシック音楽を高音質で聴くとか、
人生ゲームは1968年初代復刻版を買うとか。

これは、自分で稼いだカネを好きに使えなければ、
なかなかできないワザです。

何か買うとなったら、
徹底的にリサーチして、
最高級なものを買う。
これぞ、シングルならではのショッピング。

そういえば、専業主婦と暮らしていたころは、
旅行も買い物も、ほとんどした記憶がありません。
だから、金のかからない仕事に精を出していました。

今は、いったん何か凝り始めたら、
妥協せず投資して、徹底的にこだわってしまう。
ウンチクが傾けられるようになったころ、
また他の何かに凝り始める……
この魔のスパイラルこそ、まさにシングルの醍醐味。

最近の妥協なきシングルならではのお買い物。

北欧製の座布団。

8400円もしましたが、
長時間のデスクワークでも、お尻が痛くならないスグレモノ。
誇り高きシングルとして、「安物買いの銭失い」はできません。
今、お尻の感触に幸せを感じながら、
つくづく結婚できないこと実感しています。

え、娘よ、このクッションどうしたかって?

あ、ちょっと、お得かなと思って、買ったんだけど……

はいはい、
モモもクッション欲しいんでしょ。
はいはい、
パパばかりズルいってことでしょ。
はいはい、
明日、行けばいいんでしょ、明日。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ビリーよりスゴい

サステイナビリティは今世紀のキーワードの一つ。
最近よく聞く言葉ロハスのス、sustainability
日本語で訳すと、持続可能性。

ま、つまり、続けられること。

使い捨てじゃなく再使用または再生する、とか、
いつかなくなってしまうことがない、とか。

さて、去年、大流行していたビリーズブートキャンプ。
あれは、そうとう痩せるそうです。
僕は、あの映像を見ているのが好きです。
あのテンポとリズムとしゃべりが。
もちろん、やったことは一度もありません。

ちょうど、僕も体重を落とそうと思っていた頃だったのですが、
まわりで、ビリーで数キロ痩せた、とか聞いても、
一度も、やろうとも思いませんでした。

なぜか?
僕は、がんばるのが嫌いだから。
どうせ、続かないことはわかっていますから。

よく僕がシングルファーザーだと知った方が、
がんばってるのね、と言ってくれることがありますが、
いつも困ってしまいます。
なにせ、がんばってませんから。

ダイエットでも、そうですが、
目的は、がんばって、痩せることではなく、
痩せた状態をキープする、
つまり、サステイナビリティなんです。
痩せて喜んでるようじゃ、ダメ。

今や、豪邸に住むビリーだそうですが、
あのブームも今年は続かないでしょう。

そこで、ヨガ。
僕が毎日、チョコチョコっとダラダラ続けているヨガ。
このブームは、なんと、5千年続いているんです。
ビリーとは、格が違います。

そう、毎日少しずつ一歩ずつ続けるのが大事。
僕のライフワーク、「世界Love and Peace化」も、そう。
サステイナブルにあきらめない、これがいいんです。
「勝つヤツは、強いヤツじゃなく、あきらめないヤツ」らしいですから。

娘よ、いいか、今年はマイコツだぞ、マイコツ。
そう、毎日コツコツ、だ。
パパがなぜ、この6年間、毎日一日も欠かさず、
日記を書くようにうるさく言ったかわかるな。

サステイナビリティって知ってるか?
日本語でやさしく言うと、

「がんばらないようにがんばる」

でも、ちょっと子どもには早いけどな

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年問題

何かと騒がれた2007年問題、
うちは、なにごともない1年でした。

僕は大きな新年の抱負は掲げていたものの、
結局は、一歩も進めずじまい。
つくづく、大きなことより、大事なことがあると反省。
大したものじゃないけど、あるとないとじゃ大違いなものとか、
大したことじゃないけど、続けると続けないとじゃ大違いなこととか。

さて、始まったばかりの2008年。
この1年ばかりは、なにごともないわけにはいかなそうです。
我が家の2008年問題があるからです。

娘が中学生になり、
僕が40才になるのですから。

今日は、中学校の入学説明会に、娘と参加。
二人とも、緊張しっぱなしでした。
先生はこわそうだし、学校はきびしそうだし……。
娘は、かなり、ビビっていました。

スカートを履いたことのない娘が、
毎日、スカートを履いて、学校に行き、
勉強もむずかしくなり、
部活動も始まるんです。

僕は、40才を迎えるにあたり、
とりあえず10キロのダイエットは成功したので
今年は、ブンガクをもっとマジメにやることにします。
去年1年充電して、次作のテーマも決まったことですから。
今度は、本格台所小説です。

「やだなあ」と何度もため息をつく娘よ、
パパも、好きで、40才になるわけじゃないんだって。

たぶん、これからも、嫌なことの何倍もいいことあるって。
嫌なこともなくっちゃ、人生つまんないって。

パパは、ステキな40代を迎えるぜ。

娘よ、顔を上げろ、ルック・アップだ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二つは二つのままに……

しばらく前まで、僕はやたらと世界を二つに分けたがりました。
たとえば、ミギとヒダリとか、労働者と資本家とか、勝ち組と負け組とか。
そして、どちらかに属して、もう一つとたたかうのが好きでした。

今、世界を二つに分けろと言われたら、
僕は、迷わず、うちの中とうちの外に分けます。
面積は、関係ないんです。
うちの中は、全世界を相手にできるほど、大切なところなんです。

世界を二つに分けて、たたかわせることに飽きた僕は、
そのうち、その二つを一つにしようと考えるようになりました。
正反合という感じに。

対立も統一も、どちらもなかなか難しいものです。

今は、二つのものがあったら、どちらもアリだな、と思います。
できれば、その二つが、共鳴しつつ、交響するのが理想。
どちらが上でどちらが下ということもなく。

以前は、うちの中よりうちの外が大事でした。
そして、うちの中のほうがうちの外より大事になりました。
今は、あっちへ行ったり、こっちに来たり、
どちらも大事で、どちらも楽しむようになりました。

一つのものを二つにしたり、
二つのものを一つにしたり、
どちらも、無理なこと。
だから、二つのものは二つのままに交響する……。


今日一日、そんなことを考えていたら、
あっという間に一日が終わってしまいました。

娘よ、パパの言うことわかるか?

え、パパがちゃんと仕事してきたのかって?

大丈夫だって。
学校は、先生ががんばるところじゃなく、
生徒ががんばるところなんだから。

娘よ、明日も学校でがんばってこい。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

拾いモノ

先日、ゴミ捨て場に缶とビンを捨てに行ったとき、
ちょっといいものを拾いました。

小さな香水のビン。
シンプルだけど美しい形に惹かれたのです。
他にもいくつか捨ててあったのですが、一つだけ持って帰りました。

よく見たら、シャネルNo5。
あのマリリン・モンローのつけていた香水のビン。
かすかに残る香水は、たしかにいい香りでした。

その小ビンを、ぬるま湯ですすいだり、
重曹で匂いをとったりして、乾かしました。

今は、そのビンに、アロマオイルを入れ、
風呂場に置いています。
風呂に入るとき、
お湯に数滴たらし、
ヨガの呼吸をするんです。

その日は、休日で、昼頃起きた娘に、小ビンを自慢しました。
うらやましがった娘は、すぐにゴミ捨て場に走りました。
しかし、時すでに遅し、缶もビンもすべて回収された後でした。

ま、娘よ、早起きは三文の得っていうだろ。
パパみたいに、昼少し前に起きれば、小ビンもらえたのにな。

僕も娘も、拾いものが得意なんです。
娘は、通学路で、よくおもしろいものを拾ってきました。
大きな釘とか、ガラス片とか、鎖のとれたキーホルダーとか。
1年生の時、死んだ雀の子を拾ってきたときには驚きましたが。

僕が最近拾ったものでは、学校の中庭にいた小亀。
今、うちの水槽で飼っています。
他には万年筆。
ここ数年、職員室の電話口のペン立てに見捨てられていて、
ペン先はインクがつまり、カートリッジの中にはインクが粉になっていました。
これではかわいそうと、先日いただき、ぬるま湯に二日つけて、再生させました。

娘よ、最近、何も拾ってこないな。
また、いいもの見つけてこいよ。
小さな幸せはそこらに落ちてるもんだぞ。

え、もう大きくなったから拾わないって?

じゃ、もうすぐ40で今も拾うパパはどーすりゃいいんだ?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (2)

大したことじゃないけど……

昨日は、ここらは、この冬一番の寒さだったとか。

実は、この僕は、今まで言わなかったのですが、
恥ずかしながら、
毎年、冬の間ずっと、モモヒキ履いていました。
ズボンの下に履くあのタイツみたいな。
足が、特に、冷え性だったんです。

で、今年の冬はというと、モモヒキ履いてないんです。
昨日は街へ出たんですが、モモヒキなしでも大丈夫でした。

おそらく、ヨガが効いたんだと思います。
もう4ヶ月ほど、毎日、続けていますから。

ヨガといっても、毎朝、早起きするわけではないので、
朝食前にちょこちょこっとするだけなんです。
休日はたっぷりすることもありますが、平日は10分くらいなもの。
そんなちょこっとヨガでも、毎日続けると、効果があるのでしょう。
たぶん。

大したことじゃないけど、するとしないとじゃ大違い。
そんなことを今年は一つでも多く続けたいと思っています。

たとえば、
一日の家事の終わりにキッチンをひと拭きする、とか。
洗濯した物は山にしないで畳む、とか。
気に入った言葉はすぐメモする、とか。
どれも、大したことじゃないけど、するとしないとじゃ大違いなこと。

おいしいコーヒーを淹れる方法も、そう。
道具といい豆を用意したら、
たった数分の間の一つひとつの動作に心を込めます。
そして、そんなひと手間ひと手間を積み重ねて、
たった一杯のコーヒーの中に、凝縮するのです。

娘よ、今日、日記書いてないだろ。
パパは知ってるぞ。
大したことじゃないけど、毎日続けると、違うぞ。

皿洗いも、毎日続けたら、もっと違うぞ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大したものじゃないけど……

昨日は、冷蔵庫に食材を完備して、
気合いを入れてたんです。
今日一日、グータラしよう、と。

ところが、突然娘が、友達と街へ買い物に行ってもいい?、と。
どうぞ、どうぞ、と駅まで送るつもりだった僕。
この時期、子どもたちは、お年玉でリッチなんです。

ところが、友達のお母さんが、子どもだけじゃ心配、と言ったんです。

ったく、娘よ、一日グータリアン・デイの予定だったのに……。

で、僕が娘と娘の友達を引率することに。

街に着くと、娘たちと別れました。

僕は、一人、街を歩くのが、大好きなんです。
予想外のチャンス到来となりました。

まずはレトロな喫茶店でコーヒータイム。
そして、小物ショッピング。
インテリアショップで、浮箸という箸を2セット。
プラスチックですが、置くと箸先が浮き、箸置きがいらない箸。
金物屋で、1,5mm幅で切れるスライサー。
昼食は、田舎山菜そば、わさびがホンモノでした。
MUJIで、ペットボトルにお茶を入れるときに便利なミニじょうご。
キッチングッズ店で、緑茶の色がよく見える中が白い湯呑み。
カフェでまたコーヒーを飲み、本日入荷の新鮮なコーヒー豆を。

雑貨屋と本屋が一緒になった店で、スゴイ本を見つけました。
フランス映画「ぼくの伯父さんの休暇」のイラスト付ノベライズ翻訳本。
「ぼくの叔父さん」は大好きで、DVDを持っていたのですが、
「~の休暇」はずっと見たいと思っていて、まだ見ていなかったのです。
まさか、装丁も美しいそんな本が存在していたとは。

人間の欲望は、ヒマラヤ山脈を金塊に変えても、満たされないそうです。

だから、小物を買って幸せになれる僕は、幸せなんだと思います。
今日買ったのも、一番高いもので1575円でしたから。

うちに帰ると、娘と、お互いに買ったばかりの小物を見せあい、
今日のできごとを、お茶を飲みながら、報告しあいました
娘は、プリクラを入れる缶、スポンジボブの福袋など。

大したものじゃないけど、これがあるとないとじゃ、大違い、
そんなモノを手に入れるのが、小物ショッピングの醍醐味。
経験と感性に裏打ちされた目がないとできません。

しかし、娘よ、いくら小物でも、たくさん買うと、金かかるぜ。
パパはまたビンボーになったぞ。
で、残ってるお年玉で、米買ってくんね?
パパの財布空っぽなんだからさ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユウセンジュンイ

優先順位、これは大切なんです。

何か共通のものについて、誰かと話していて、どうも盛り上がらないとき、
それは、たいてい、お互いの優先順位が違うとき。
一人がそれが大好きで、もう一人がそれほどでもなかったら、
その温度差で、会話がつまらなくなるのです。

優先順位とは、時間の優先順位でなくてはなりません。
一番大切なものに、一番たくさん時間をかけるんです。

ところが、それがままならないのが現実。
だから、たたかわなくっちゃなりません。

人生は、一度しかなくて、時間も無限にあるわけではありませんから。
あれもこれも手を出していたら、何もしないうちに死んでしまいます。

いつかどこかで何かを実現しようと、思っていたら、
きっと、それは実現しないでしょう。
「いつか」は、ずっと来ないし、
「どこか」は、どこにもないし。
人生は、今ここにしかないのですから。

自分の居場所は、自分が今いる場所なんです。
地球は球体なので、世界の中心は、常に今いるところ。
自分探しは、もう見つけているものを見ないで、探すこと。
自分の居場所も、世界の中心も、本当の自分も、今ここに。

そう、優先順位の低いものに、時間をとられているわけにはいきません。

さ、娘よ、一番大切のものに、一番気持ちを込めなくちゃだめだぞ。

今、ここで、やらなくてならないものが何か、ちゃんとわかってるか?

え、パパの一番大切なもの何かって?

家族に決まってんだろ、家族に。

だから、自分のくせに、とか言うなって。

ま、当たってるけどさ……

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

朝寝朝ヨガ朝風呂な休日

仕事始めから、初めての休日。

朝寝しました。
眠気がまったくなくなるまで。
ヨガもしました。
気のすむまで。
朝風呂もしました。
カラマーゾフの兄弟3巻を読み飽きるまで。

昼前に思い残すことがなくなり、
無性に料理がしたくなり、三色ご飯弁当を三つもつくりました。

昼ごろ、娘が、おなかが空いた、と目覚め、
弁当をひとつ食べました。

それから、近所の古民家のお店へ行きました。
ちょうどお客さんが来て、そこに連れてって、と言ったので。
お好み焼きと焼きそばを鉄板の上でつくり、
サラダとこんにゃくの刺身も食べました。
弁当を平らげたばかりの娘も食べました。
その店のマスターが作った素朴な器もステキでした。

おやつは、お客さんにもらったサツマイモをうちで焼きました。
フーフー言いながら、ホクホクの焼き芋を食べました。
焼き芋をおいしくつくるには、とにかくいい芋を手に入れること。
今日のサツマイモは、ずっしり重く、とてもいい芋でした。

お客さんと僕にコーヒーを淹れ、
娘にはロイヤルミルクティーをつくり、
ティータイム。
外は静かな雨、ゆっくりと時が流れていきました。

さて、まだ弁当が二つ、上等のサツマイモが2本。
実家に持っていくことにします。

さ、娘よ、出かける支度しろよ。

え、パパは三色ごはん弁当食わないのかって?
パパは作りたかっただけだから。
おばあちゃんと兄ちゃんにあげるんだって。

パパは、今夜はすし食べるんだって。
週一回、すし食わないといけないんだから。

で、娘よ、明日も明後日も忙しいぞ。

朝寝して、朝ヨガして、朝風呂入って、ブランチ、そして、シエスタ……


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

レボルーション@キッチン

ここ数ヶ月、すっかりソファに座らなくなりました。
お気に入りだったリクライニングチェアにも。

ヨガを続けているせいでしょうか。
よくわかりませんが、うちであまりダラダラしなくなってきました。

この頃うちでの定位置は、キッチンシンクとダイニングテーブルの間。
ここに、以前デスクで使っていた回転椅子があるんです。
ダイニングテーブルの上にはパソコン、くるりと後ろを向くとキッチン。
料理するか、お茶をいれるか、食べるか、書くかで、毎日、夜が終わります。

年末に大掃除をしてキッチンはピカピカ、
今のところ、まだその状態をキープしています。

大掃除の時、物置で、いいものを見つけました。
シンクにわたしてのせるステンレスの穴あきボード。
その上にボールやまな板を置いたりでき、キッチンが広く使えるようになりました。
穴が空いているので、水を流して洗えたりもします。

こういう小さなことが、
うちの中では大事件。
まさに、キッチン革命です。

冬休みに研究した成果が多少出て、
お茶もコーヒーも、以前よりおいしく飲めるようになりました。
これも、キッチン革命。

僕へのクリスマスプレゼントに、小さな鍋を買ったんです。
フランス製の鋳鉄のストウブというブランドの。
これがまたスグレモノ。
ごはんもおいしく炊け、焼き芋もうまく焼け、オーブンにも入ります。
これもまた、キッチン革命。

クエン酸の粉を水に溶かし、スプレー容器に入れ、
シュッシュとシンクにかけて、拭き取ると水あかがとれます。
コンロまわりの汚れは、ファミレスでいただいてきたウェットティッシュできれいにします。
塩が入っていた容器に重曹を入れ、そこら中に振りかけ、
焦げや匂いや汚れを取ります。

ピカピカのキッチンで、今日も革命を起こします。

娘よ、うちのキッチン、大変なことになってるぞ。

え、全然、変わってないって?

だから、パパは、ここから世界を変えるんだぞ。
本気(マジ)で。

そこんとこ、ヨロシク。
家事分担も、ヨロシク。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミスマッチな人生

先日、テレビにミシュランの三つ星寿司職人の二郎さんが出ていました。
NHKのプロフェッショナルという番組。
82才の今も現役、いまだに向上心を持ち続ける職人、尊敬です。

そんな二郎さんが言いました。

 自分にあう仕事なんてない。
 仕事に自分をあわせるだけ。

それほどの職人でも、そうなんだなと驚きました。

いつか、どこかに、自分にあった仕事があるはずと、
自分を探しの旅に出たくなることもありますが。

同じような文章を見つけました。
内田樹さんのコトバ。

 多くのひとの人生はミスマッチ。
 間違った学校に行き、
 間違った仕事に就き、
 間違った配偶者と一緒にいたり……

 これも「ご縁」と、与えられた環境でベストを尽くすんです。
 そうでないと、自分探しで人生を浪費してしまう。

なるほど。

そういえば、僕の尊敬するスヌーピー先生も同じことを言っていました。

 「配られたカードで勝負するしかないのさ」

僕は教師生活はや15年。
自信を持って言えることが一つだけあります。

それは、僕が教師にあってない、ということ。

たまたま、バブル期に、
就職活動をまったくしていなかった僕が、
公務員の人気が落ちたため、
運良く、県立高校教師になれたのです。

これも、ご縁です。
ありがたく、がんばらせていただこうと思います。

ま、高校生らしくない高校生も少なくないわけですから、
教師らしくない教師も、多少は、必要とされるかもしれません。

娘よ、だから、パパもしっかりやってるって。
たまに、ミスすることもあるけど、
今日だけは、たまたまミスを三つもしてしまったけど、
心配すんなって。

がんばらないようにがんばるから、さ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> →  クリック!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

必修科目家庭科

かれこれ、もう十数年、英語教師として働いてきました。
僕は、典型的なスキゾ人間なので、
ときに、他の教科も教えたくなるときもあります。

国語の教師になって、文学を教えたいとか、
夏だけ、体育で水泳を教えたいとか思うこともありました。

今は、家庭科の教師になりたい、と強く思います。
調理実習で、シュフのワザを見せたり、
仕事をしながらでもできる家事のワザを伝授したり、
新しい男と女の関係ついて語り合ったり、
裁縫は苦手なので、生徒たちといっしょに学んだり、
家事せざるもの食うべからずと、暗唱させたり、
と、働くシュフの背中を見せながら……
想像するだけでも、楽しくなります。

今は、受験シーズン。
一日も早く、家庭科が東大の受験必修科目となることを望みます。

娘よ、今のうちに、家庭科、本気(マジ)でやっといたほうがいいぞ。
大学受験で、必要になるかもしれないからな。
家庭科は、うちでも勉強できるぞ。

いいセンセイがいるぞ。

今、ここに。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

本物のホンモノ

今年は、ちょっと暮らしを変えようと思っています。

大量生産 → 大量消費→ 大量廃棄、
この終わりのないサイクルの外に身を置くことを目指すんです。

最近、職人の手仕事的に惹かれるようになってきました。
いいモノをただ手に入れるのではなく、
そのモノに込められたワザに、敬意を払うようにしたいんです。
誰にでもできる仕事ではなく、その職人しかできないワザに。

もちろん、そんなモノばかりに囲まれて暮らすのは不可能なので、
少しずつ、一つずつ、増やしていけたらいいな、と思うんです。

何も由緒ある職人が作ったモノでなくても、
たとえば、娘が作ったモノでも、僕が作ったモノでもいいんです。
大したものじゃなくても、ずっと使い込んでいるうちに愛着が沸いたモノも、
何度も捨てられそうになりながらも、なぜか残っているモノも、
そんな世界に一つしかないモノたちも、味があります。
万人がいいと思わなくても、少なくとも僕がとてもいいと思えば。

食べ物でも、どこからやってきたかも、
誰が作ったかもわからないようなものは、
もう、食べたくありません。
偽装されたものは、すべてそのようなものですから。

大量に、速く、キカイで、作られたものではなく、
一つずつ、じっくりと、ワザで作られたモノが、
ホンモノなんです。
また、自分の目を信じ、自分でいいと思うものが、
ホンモノなんです。

僕ももうすぐ40才、
そんなホンモノを見ぬく目を身につけたいものです。

娘よ、パパは、もうホンモノしかいらないぜ。

だから、「安物買いの銭失い」って、小学生が言うなって。
まずは、大量の安物の中から、ホンモノを見つけろって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スキマのある生活

今日から、娘も僕も学校が始まりました。
ひさしぶりに暗いうちにベッドを出て、
朝食の雑煮を作り、
短めのヨガをして、
僕のそば弁当を作り、
おばあちゃんに買ってもらったワイシャツとネクタイで出勤。

そして、なんとか、長い一日を終え、娘を学童に迎えに行き、
うちへ、帰ってきました。
大掃除をして、今のところまだきれいなうちへ。

うちの中には、スキマがいっぱいあるんです。
本やガラクタを大量に捨てたからです。
本棚や、押し入れや、机の上や下や、家具のまわりにスキマが。
うちの中に、風が通るのを感じます。
風が通れば、埃はたまりません。
そのスキマにまたなにか新しいものが入ってくるような期待感、

このスキマのおかげで、うちの中が、ずいぶんと居心地がよくなりました。

大掃除とは、大廃棄でもあったのです。
モノ以外にも、ちょっといろいろ捨てました。
だらだらと読みもしないのにとっていた雑誌の購読を止めたり、
だらだらと顔を出していたつきあいをやめたり……

うちの中だけでなく、僕の中にもスキマができたんです。

スキマは、大事です。
心に余裕が生まれ、
新しいものを呼び込みます。
何も持たない手でしか、何かをつかめないのです。
いつもおなかがいっぱいでは、食べ物はおいしくありません。

今年は、僕のスケジュール帳には、
たくさん予定を書き込もうと思います。
予定がないという予定を。

で、娘よ、3連休どこ行く?

え、うちでのんびりするって?

なかなかやるな。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昼ジャズでカフェ気分

ジャズは、夜聴くもの。
と、ずっと思っていました。

でも、最近、昼間、うちでジャズを聴くんです。
コーヒーを、気合いを入れて、淹れて。
ここ数日の研究の成果を最大限に発揮して。
コーヒーカップを片手に、
ちょっとしたカフェ気分。

今日は、昼近くに起きて、
ヨガを丁寧にしてから、
カラマーゾフの兄弟3巻を持って長風呂、
それから、ジャズをかけ、限りなくランチに近いブランチ。
実家からもらってきた抹茶茶碗で雑煮を。
デザートは、僕が作りすぎて食べきれない栗きんとん。

娘は、大掃除でようやくきれいになった自分の机で、宿題のラストスパート。
僕は、カフェ気分で、パソコンに向かいました。
いい加減、書き終えないと怒られるものがあったんです。

ジャズは、ipodをウーハー付きのスピーカーにつなぎ、
シャッフルして聴くんです。

午後はずっとカフェ気分から抜けきれず、
原稿も大して進みませんでした。

おやつの時間になり、
柏餅作りセットがあったので、
急に作り始めました。

娘をダイニングに呼び、
ジャズと和菓子でティータイム。

だから、娘よ、一口食ってすぐマズいとか言うなって。
パパだって、そう思って食べてんだから。

おやつの後、また僕と娘はそれぞれの宿題を。
娘は、数年ぶりに使うきれいな机で、はかどったようです。
僕は、キッチンを背中に、ダイニングテーブルで、
ちょっと行きづまるとすぐ、コーヒーを淹れたり、何か料理したり……
はかどるわけがありません。

夕食は、娘に鍋焼きうどん、僕にはトマトのパスタ。

食後、娘はゴールが見えたのか、テレビを見ながらゴロゴロ。
僕はヘッドホンでジャズのベースに聞き惚れながら、ブログ執筆。

ふー。

娘よ、パパは風呂入ってくるぜ。
え、またかって?

はい、また、です。
もちろん、本も持っていきます。
カラマーゾフの兄弟3巻、今いいところなんだって。

終わるのかって?

娘よ、パパは締め切り際の魔術師なんだぜ。

ま、締め切りすぎてるけどな、ははは。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幸福論

今日は、一日、娘は冬休みの宿題をしていました。
僕も、宿題らしきものがあり、それにとりかかっていました。

娘は、すぐにマンガを読み始め、
僕は、すぐに台所仕事を始め、
おたがい、あまり進みませんでした。

明日も予定はまったくないので、なんとか、終わらせたいものです。

娘よ、明日は本気(マジ)だぜ。

ところで、昨日のホームパーティでは、
もう成人した教え子たちが来たんです。
で、誰々が結婚したとか、結婚したらどうなるか、そんな話題で盛り上がりました。

娘は、その間、話の輪の外で、ひとりテレビを見ていました。

僕は、教え子たちに言いました。

結婚で必ず幸せになれるわけではないが、一度は結婚したほうがいい。
頼むから、僕を、結婚式には呼ぶな。
きっと、式場で、一番冷めきった客となるから。
僕にスピーチを頼んだら、5割の確率で離婚だ。
結婚して、二人くらい子どもに恵まれて、
いわゆる「健全」な家庭を築き、
マイホームを35年ローンで買って、
ワンボックスカーに乗り、
年に1度はディズニーランドに行き、
週末は大型ショッピングセンターへ家族で買い物……
そんな大量生産で作られた「幸せ」を買っても、
幸せになれない確率のほうが高いぞ。

すると、教え子たちからは、一斉にブーイング。
夢も希望もなくなる、と。
で、おきまりの質問。

「センセイは、もう結婚しないの?」

はい、しません。
僕は、「結婚できない男」ですから。
同居よりもデート、妻より恋人、マイホームより世界一周、
つまり、不幸な結婚より幸せな離婚……

意外に大きいのが、好きなモノを買って、好きなところ置ける幸せ。
台所の主となり、シュフとしての誇りを持てる幸せ。
独身でいながら、子育てもできる、この幸せ。

でも、教え子たちは、結婚しても幸せになれるような気がします。
古い男女観にとらわれず、新しい男女関係を築いていきそうで。

教え子たちよ、結婚しろよ。
一度くらいはな。

だから、娘よ、ちゃっかりパパたちの話聞いてるなって。

え、パパは調子に乗りすぎだって?

はい。
気をつけます。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

最高の正月終わる

今朝は、実家で、朝寝をしていたら、
両親も兄ちゃんもいなくなっていました。
それで、おばあちゃんに雑煮を作ってもらい、
残り少ないお節をおかずに二人で食べました。

おばあちゃんが、別れ際に言いました。

「本当に最高のお正月だったやあ。こんなのは初めてだやあ」

去年もこれくらいいい正月だったのですが、
おばあちゃんはすぐ忘れてしまうので、
毎年、最高の正月となるのです。

僕が料理したり、ドライブに連れていったり、ホームシアターを上映したりして、
それが、おばあちゃんはうれしかったようです。

「春にゃ、スーツ買ってやるでね」、とおばあちゃん。

ラッキー。

おばあちゃん、ワイシャツとネクタイはこの前買ってくれたたから、
ホントにスーツだけでいいからさ。
カニも食べることにしよう。

おばあちゃん、来年も再来年もその次もずっと最高の正月になるよ。
まかせといて。

おばあちゃんに見送りをしてもらい、
実家を後にすると、
正月もいよいよ終わりだと実感が湧いてきて、
少し悲しくなりました。

娘を迎えに行き、うちに帰ってきました。
先ほど、ホームパーティを終え、正月もキリがつきました。

明日明後日は、娘とうちで、宿題をする予定です。
僕もちょっと書かなくてはいけないものがあるんです。

僕も娘も、いろいろ食べ過ぎたので、
ベジ料理で、デトックスもしたいと思っています。
もちろん、ヨガも長めにする予定です。

娘よ、明日は一日宿題がんばれよ。

え、クリスマスプレゼントまだ買ってもらってないって?

忘れてた……。

お年玉で、自分で買えば?

だから、無視すんなって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もいい正月

正月は、気分一新するとき。
今年こそ、と毎年気合を入れるとき。

去年の正月も、いろいろ気合を入れたのですが、
あまり、実現したものはありませんでした。
毎年、正月のお餅がなくなるころには、すっかり忘れてしまうのです。

で、去年は、悪い年だったかというと、
とても、いい年でした。
家族はみな健康で、それだけでももうけものです。
毎日おいしいごはんも食べられ、
それでいてダイエットにも成功しましたから。

この三が日、実家でゴロゴロしつつ、
昨日今日とおばあちゃんと兄ちゃんとドライブに行きました。
兄ちゃんの車椅子を車に積んで。
墓参り、ひなびたお寺へ初詣、道の駅でお茶、ファミレスでお茶……
だいぶバリアフリーのところや障害者用トイレも増え、助かりました。
少しはデンマークに近づいてきたようです。

がんばれ、ニッポン。

おばあちゃんが言いました。

「今年は本当にいいお正月だったやあ」

天気もよく、ごちそうもいろいろたくさんあって、
ドライブでいろんなところにも行けたからだそうです。

おばあちゃん、今夜も新春ホームシアター上映するよ。
またコロンボだよ。

さきほど、僕は一人で買い物をしてきました。

新しいジーンズです。
これまでのジーンズはブカブカになってしまったからです。
店員さんにきいて、ウェストが2サイズ細いものを買いました。
これで、気分も一新。

今年も、いい正月となりました。

娘よ、ママんとこで、いい正月過ごしたか?
明日は、帰ってくるんだろ。
ホームパーティだから、お手伝いよろしく。

明日までに、今年がんばること決めとけよ。
え、パパは何をがんばるかって?

細いジーンズで、気分一新ということで、
がんばらないことをかんばる、だ。
これは、大人限定だけどな。

ま、娘よ、今年は中学生ということで、
家事分担をがんばる、これが、いぐね?

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シュフの休日

この正月三が日、娘はいなくて、予定もまったくなし。

実家で、グータラ過ごしています。
僕は誇り高きシュフですが、
年末から水仕事をはりきりすぎて、指先が荒れて痛いんです。
だから、今日は、シュフの休日。

こんなとき、お節料理は助かります。
おかずをつくらなくてもいいからです。
まさにシュフの味方。

しかし、ごはんだけは、僕が炊くんです。
うちから持参した鍋で。
実家の炊飯器で炊くごはんはまずくて……
僕はごはんをおいしく炊くのが得意なんです。

今年の目標のひとつは、
おいしいお茶とおいしいコーヒーをいれること。
お茶もコーヒーも、ほとんどカロリーはないし、
酒を飲まない僕には、ティータイムは貴重な時間なんです。

この冬休み、何度も練習してるのですが、
なかなか納得のいく味が出ません。

豆や葉をどこで手に入れるか、
どのように保存するか、
豆や葉の適切な分量、
ブレンドの割合、
適切な温度と量の湯をどのように注ぐか、
どんな器で、どんな音楽をかけて飲むか……
考えることが数え切れないほどあります。

娘よ、ああ忙しい、忙しい。
とても皿洗いするヒマなんてないぜ。
帰ってきたら、皿洗いよろしくっ。

新年の豊富、家事分担だろっ。

本当に指痛いんだって。

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そして今年も……

元日の朝は、海辺で、娘と軽キャンピングカーの中で迎え、
三年前のように寝坊しなくて、
二年前のように曇ってなくて、
一年前のように娘がディズニーで年越ししてなかったので、
無事に初日の出を拝むことができました。

その後、ジロー一族そろってのブランチ、
おばあちゃんのつくった雑煮とお節、
僕のつくった栗きんとんと豚の角煮、
僕が注文した13800円の三段重のお節。

今年も、食うために書き、
書くために食う一年となりそうです。

そう、僕の次作は、主人公は誇り高きシュフ、本格キッチン小説、
の予定。

今、僕が持ってきたプロジェクタで、
正月恒例新春ホームシアター、
豪華2本立て、「印象派若き日のモネ」と「コロンボ」
座椅子、ドリンク&つまみ。

今日も一日、食いまくり飲みまくり、
連日の超カロリーオーバーです。

とにかく、今年の豊富は決めたんです。

口から入るものと出るを大切にする、です。

つまり、食べ物とか言葉とか、
飲むものも、ヨガの呼吸とかも、です。

娘よ、新年の豊富は、決めたか?
決まんなかったら、パパに言え。

え、何にするつもりかって?

家事分担。

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »