« November 2007 | Main | January 2008 »

ANOTHER YEAR IS OVER.

今朝、大掃除の仕上げ。
シュフの主戦場キッチンをピカピカに磨きあげました。

気づけば、昼、娘を起こしました。

娘よ、いくら家訓が、遅寝遅起きブランチだって、
このごろ寝過ぎだぜ。

そして、僕たちは実家へ。
両親の店の大掃除を手伝いに。
ガラスを拭いたり、カーテンを洗ったり、細かいとこに雑巾がけしたり……

だから、娘よ、大掃除中にケータイ小説読むなって。
言われるまで、何もしないのはダメだって。
で、ちょっと何かして、イバるのは、もっとダメだっつーの。

晩御飯は、少し早めの年越しそば。
ここのところ毎年、僕が担当してつくります。
今年は例年以上においしくできました。
だてに毎日そば弁当食べていません。

実家にはテレビが4台あるんです。
僕は毎年、格闘技を見ながら、隣のテレビの紅白を聞くんです。

ところが今年は、たまたまチャンネルをかえると、
NHK教育で「第九」の放映していました。
ちょうど最終楽章に入ったところ。
指揮者のパッションが伝わり、目頭が熱くなりました。
一年の終わりの思いがけない感動に感謝。

紅白も格闘技も終わるころ、
年越し寿司を食べることになっています。

父ちゃん、いつも寿司ありがと。
来年もよろしく、週一でいいからさ。

そして、年が明けたら、娘と軽キャンピングカーで出発。
初詣、そして、初日を見るんです。

だから、娘よ、中学生になっても行くに決まってんだろ。

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大掃除フィナーレ

いよいよ、今日は大掃除最終日。
ちょっと展開が変わってきました。

まず、友達に電話。
娘の服を捨てるから、欲しかったらおいで、と。
その友達には、小学校2年生のお嬢さんがいるんです。

午前中に、来てくれたので、とりあえず大掃除を中断して、
まず、お茶を出し、なかなか食べきれないクリスマスケーキをあげました。

ヒマそうな友達は、なんとお嬢さんと、大掃除を手伝ってくれる、と。
ラッキー。

友達は、山のように積まれた本を、大きさで分類し、、
段ボール箱を近所のコンビニからもらってきて、その中にすべて入れました。
古本屋に売ってくる、と。
もうしわけないので、もちろん、その代金は、友達の日当ということに。

娘も、友達のお嬢さんに手伝ってもらい、おもちゃ箱の整理。
娘は、いろいろ彼女にあげて、感謝されていました。

お昼は4人で簡単に、パン、豆カレーとチーズフォンデュ。

午後まだ明るいうちに、あれほど邪魔だった本の山がなくなりました。
友達の車に、本が入った段ボール箱を積み、
友達は、お嬢さんと娘といっしょに、車で出かけて行きました。

その間、僕は、風呂を沸かし、「カラマーゾフの兄弟」2巻を読み耽りました。

夕食は、お礼に、友達一家を招待することに。

実は、大根と白菜と人参があって、食べきれず、困っていたんです。
で、鍋にすべて入れて、一気に処分することを思いついたのです。

いちおう、掃除機をかけ、雑巾で床を拭き、
ゴミをすべて集積所に出し、
スーパーで、鶏の挽肉とイチゴ1パック買ってきました。

夕方、友達一家が4人でやってきました。

うちのパーティは、働かざる者食うべからず、
もちろん、全員参加で、ディナーとデザートの準備。

鍋は、醤油とみりんと味噌味で、鶏肉団子も入れました。
テキトーに思いついてつくった鍋でしたが、絶品。
デザートは、イチゴのババロアです。
イチゴをミキサーにかけ、生クリームを混ぜ、ゼラチンで固めるだけの簡単スイーツ。
こちらも、絶品。

本も片付き、野菜も片付き、本当に幸せです。

ちなみに、友達は、110冊本を売り、4690円ゲットしたそうです。

友よ、来年も、お願いっ!
また、古本とおいしいごはんあげるからさ。

娘よ、パパはもう完全燃焼したぜ。
まだ、きたないとこあるけど、春休み、またがんばろうぜ。

で、明日は、実家の大掃除、手伝うぜ。
パパは、掃除、楽しくて、好きになったぜ。

え、どうせ続かないくせにって?
今年中は、続けてみせるって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨガ的大掃除

大掃除、二日目、
とちゅう娘とけんかもしましたが、
今日も順調です。

朝、ヨガをしていて思ったのですが、
大掃除とヨガは似ているよようです。

ヨガでは、まず新しい空気を吸い、古い空気を吐きます。
窓を開け、うちの換気をするように。
ヨガで、いろんなポーズをとると、普段使ってない筋肉に刺激を与えます。
普段、手の届かないところにたまった埃を取り除くように。
ヨガをすると、贅肉がたしかに減り、スッキリします
大掃除をすると、ガラクタがたしかに減り、スッキリするように。
ヨガで、大切なのは、ヨガライフをキープすること。
大掃除でも、きれいにしたら、その状態をキープすることが大切。

娘よ、パパはヨガ3ヶ月毎日続けたんだから、
大掃除を終えたら、プチ掃除を毎日続けるぜ。
だから、毎年同じこと言ってる、とか言うなって。

今年は、ついに本を捨てることを決意しました。
本棚をよく見ると、もう読まないと断言できる本がたくさん。
片っ端から、本棚から抜いて放り投げていくと、山になりました。

ははは、娘よ、新しい本のためのスペースがたくさんできたぜ。
人生はな、中身いっぱいの箱、捨てなきゃ入らない……。
だから、何度でも言うって言ってるだろっ。

大掃除と同時進行で、お節料理作りも。
僕の担当は、中華風豚の角煮と、栗きんとん。
なかなか、おいしくできました。

娘よ、味見するか?
いやだって?
だから、食べてみなくちゃ、おいしいかどうかわかんないだろ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうひとやま越える

昨日は、僕の誕生日登山で、ひとやま越えた僕と娘ですが、
今日から三日間で、もっと高い山にトライすることになりました。

大掃除というひとやまを越えるのです。

今朝、あの本に書いてあったように、換気かんきカンキ。
そして、きれいな空気の中で、ヨガをしました。

娘を起こし、玄米おにぎりのブランチ。
食後、カラマーゾフの兄弟2巻を持って、長風呂。
それから、娘を留守番させ、髪を切りに行きました。

うちに帰ると、始まっていました。
大掃除が。
娘は、ここ数年使ってなかった勉強机と格闘していました。
中学に入ったら、使うんだそうです。
娘の勉強机は、地層ができるほどの堆積物がそびえる山のよう。

僕もまずベッドルームから片付けることに。
ここにも、何年もかけて堆積した埃や本がありました。
ベッドルームは、一日の終わり始まる場所。
心と体にエネルギーを充電するところでもあります。

僕も娘も、ふだんは掃除などしないのですが、
いったん火がついたら、止まらなくなるタイプ。

娘が歓声を上げました。
様子を見に行くと、5千円札を見つけ出したんだそうです。

娘よ、大掃除すると、いいことあるって言っただろ。

僕もベッドルームに戻り、金を探しました。
すると、また娘の歓声が。
今度は、3千円分の図書カードを発見したようです。

僕もベッドルームでお金を探しました。
すると、100円玉が見つかりました。
見つかったのは、100円だけでしたが、いちおうきれいになりました。

娘よ、人生というのはな、中身がいっぱいの箱なんだ。
わかるか?
つまり、捨てなきゃ、新しいものが入らないってことだ。

はいはい、パパが昨日も同じこと言ったんだろ。

大事なことは、何度でも言うぜ。
何度でも聞け。

おい、聞いてるか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山を登って

今日は、毎年恒例の僕の誕生日登山。
職場の裏の山を1時間半かけて登り、
山頂の神社で弁当を食べ、下ってくるという行事。

僕は一つ年をとることが、どんなものか体で確かめるのです。

毎年、娘と水泳部員につきあってもらっています。

いつも、ヒェーヒェーいって、
娘や部員に同情されながら登るのですが、
今年は、疲れる前に、山頂に着いてしまいました。

ひとつ年はとりましたが、
10キロ体重が減ったからでしょう。
もう一回、下山して、登ってもいいくらいでした。

娘よ、パパはまだまだいけるぜ。
山頂から、新しい世界が見えたぜ。

弁当は、塩おむすび、焼きシイタケ、水菜と油揚げの煮浸し。
こんなシンプルなものが、山頂ではとてもおいしく感じられました。

山を下りてから、娘の服を買いに。
今日はいいのがなかったので、
明日も行くのだそうです。

フー。

買い物につきあい疲れてきた僕に、娘が言いました。
へそくりで誕生日プレゼントに文庫本を買ってくれる、と。

お言葉に甘えて、一冊、文庫本を買いました。

「3日で運がよくなる『掃除力』」

掃除の前に、大切なのは、換気なんだそうです。
新し空気を入れ、古い空気を出すことが。
まるで、ヨガのよう。

風呂で一気に読み切りました。

娘よ、本、ありがとよ。

三日で大掃除して、
運がよくなるらしいぞ。
三日坊主とは、
三日で飽きるんじゃなく、
三日で悟ることなんだそうだ。

明日から三日間、やるぜ。
燃えてきたぜ。
大掃除が終われば、新しい世界が待ってるぞ。

で、聞いてるか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

バースデイプレゼント

今日は、おばあちゃんと、前々から約束していた街に行く日。
車で、娘と、おばあちゃんを迎えに行きました。
今日もお洒落に決めたおばあちゃんは、
キャッツアイの大きな指輪をはめ、ダチョウ皮のハンドバッグを持っていました

今日の第一の目的は、僕の誕生日プレゼントを買うこと。
おばあちゃんが、スポンサーです。

昼頃、街に着きました。

まずは、昼食。
個室の座敷で、カニざんまい。
娘も僕も、本格的にカニを食べるのは初めて。
カニ寿司、カニグラタン、カニ釜飯、カニ天ぷら、カニ刺身、カニサラダ……
感動しました。

おばあちゃん、ごちそうさま。

そして、デパートへ。
僕のワイシャツを買いに。
おばあちゃんの買い物哲学は「安物買いの銭失い」
で、バーバリーのワイシャツを買うことにしました。
10キロも痩せると、うれしいことに、チョイスが広がります。
さんざん悩みストライプのボタンダウンシャツにしました。
すると、店員さんがそれにあうネクタイを見せてくれ、
おばあちゃんは、それも買ってくれる、と。

おばあちゃん、ありがと。

デパートで、グルグルまわり、小物をいろいろと買い、
娘もついでにおばあちゃんにipodケースを買ってもらい、
喫茶店でお茶をして、いよいよ、映画館へ。

「続・三丁目の夕日」

キャラメルポップコーンを三人でつまみながら。
売れない小説家が主人公だったせいか、
僕はつい感情移入してしまい、涙々でした。

映画の余韻にひたったまま、
おばあちゃんがラーメンを食べたいというので、
中華料理屋に。

おばあちゃんが、その時、しみじみと言いました。

「おじいちゃんは、大尉だったもんんで、けっこう年金がもらえるだよ」

おばあちゃんは、戦争でおじいちゃんを失いました。
出征は、婚約中で、面会のときに僕の母を身籠もったのです。
そして、シングルマザーとして、やがてシングルグランドマザーとして、
ついにはシングルグレートグランドマザーとして、戦後を生きてきました。

「こんなに贅沢ができるのも、おじいちゃんが命をかけて戦争に行ったからだよ」

僕たちは、ラーメンと北京ダックを食べる前に、おじいちゃんに手をあわせました。
今日の誕生日プレゼントは、おじいちゃんからのプレゼントでもあったのです。

おじいちゃん、ありがと。

娘よ、ひいおじいちゃんに感謝しろよ。

クリスマスプレゼント買ってもらってないって?
パパばかりずるいって?
はいはい、明日買ってやるよ。

え、「安物買いの銭失い」だって?

…………。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

クリスマスケーキの行方

今朝、ひさしぶりに娘が帰ってきました。

「スポンジケーキ失敗したぞ」
「ドンマイ」

巨大クッキーのようなケーキを捨てるのはもったいない、と、
娘と生クリームを泡立て、塗りたくり、苺を散りばめました。

ま、娘よ、来年見てろって。

デコレーションが終わると、電話が鳴りました。
娘は、またまた、クリスマスパーティに招待され、出かけていきました。

娘よ、冷蔵庫のチキン、どーすんだって?

で、午後は、いろいろと用事を済ませました。
運転免許の書きかえ、
郵便局で、各種支払いをして、年賀状を買い、
文具屋でスケジュール帳とゲルインクのボールペンを買い、
電気屋で、ハンドミキサーを見るだけ見て、プリンタのインクを買い、
クリーニング店にも寄ってきました。
今日も、枯葉のように、お札が吹き飛びました。

娘よ、京都旅行は、来年に持ち越しだ。
この忙しい師走にこそ、
仏像ウォッチングと、枯山水たそがれと、抹茶まったりしたかったぜ……。

夕方は、ホームパーティ。
社会変革を夢見るおじさんたちが集まり、キムチ鍋。
僕は、鍋コーディネーターとして、年上のおじさんたちをこき使いました。
うちのパーティは、働かざる者食うべからずです。

今日もおなかいっぱい食べました。
ズボンのベルトをゆるめなくてはならないほど。
とても、ケーキなど食べられませんでした。

で、娘よ、あのチキンと、このケーキ、どうする?

だから、どーすんだって?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとり三昧なイブ

今日の昼間は、久しぶりに、ひとり三昧となりました。

まず、朝、昨夜読み始めた本をベッドの中でまた読み始めました。

新訳「カラマーゾフの兄弟」
昨日、全5巻、大人買い、またまた僕へのクリスマスプレゼント。

読んだり、眠ったり、読んだり、眠ったり……

10時頃、ヨガ、いつもより長めに。

そして、いつもの定位置へ。
ダイニングテーブルのところに座ります。
朝食は、モッツァレラチーズとトマトのスープ。
ただ、小鍋に、チーズとトマト缶を入れ、塩こしょうしたもの。

それから、ベートーベンの第9を全部聞きました。
1時間以上もあるので、こういうときにしか聞けません。
ベートーベンは、30年も構想を温め、
作曲して、初演で指揮したときには、聴力を失っていたのです。
それまで貴族のものだったオーケストラに、市民コーラスを参加させた発想。
まさに、「苦悩を突きぬけ歓喜に至った」芸術至上主義者。

ブラボー。

そして、イタリアンそばの昼食。
レタス、プチトマト、モッツァレラチーズを、イタリアンドレッシングであえ、
そばとあわせるだけの、絶品サラダそば。

今日はクリスマスイブということで、
日本の伝統にしたがい、クリスマスケーキを作ることにしました。
とりあえず、フランス映画を見ながら。

「冒険者たち」 

何回見ても、毎回胸が締めつけられる傑作中の傑作。
娘がいたら、「また見るの?」と言われたでしょう。

まず、得意のチーズケーキができあがりました。
これは、簡単で、失敗もないので、保険に。
次に、実は初めてスポンジケーキに挑戦。

映画が終わるまで、メレンゲを泡立て続けましたが、
なかなかツノが立ってくれません。
うちは、電動のミキサーがないので、手動のミキサーを使って。
これは、去年の娘からのクリスマスプレゼント。

面倒で、疲れてきたので、とりあえずオーブンに入れました。
焼き上がるのを待ちながら、「カラ兄弟」を読み耽りました。
で、焼き上がってみると、
やはり、失敗。
高さなし、フワフワ感もなし。

チーズケーキ焼いておいて正解でした。
実家に届けてきました。
実家の面々は、チーズケーキが大好きなんです。

娘よ、イブはママと楽しんでるか。
スポンジケーキは失敗したけど、
チキンは下味つけて、冷蔵庫で寝かしてあるから、
明日、ベランダのハーブといっしょに焼くぞ。

パパは、これからまた「カラ兄弟」読むとするぜ。
さ、文学、文学。

ップシュー。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おばあちゃんとテレビ

僕は実家に泊まるとき、おばあちゃんと枕を並べます。

部屋を暗くしてから、
僕は電気スタンドを持ってきて、布団の中で読書。
おばあちゃんは、布団の中で、イヤホンをつけ、テレビを見ます。
焼き芋かなにかをもぐもぐ食べながら。
入れ歯なので、歯磨きはしなくてもいいのでしょう。
ふつう、お年寄りは、早寝早起きするそうですが、
おばあちゃんは、夜更かし朝寝派、目が開かなくなるまでテレビを見ます。

ちょっと心配なことがあったんです。
それは、おばあちゃんのテレビが調子が悪くなったこと。
ときどき、音が出なくなってしまったのです。
夜になると、今頃、テレビを見れているかどうか、気になっていました。

で、昨日、実家に行ったら……
大きな薄型のテレビがありました。
画面が鮮やかで、中に入っていけそうなくらい。
もちろん、地デジ対応で、BSも見れます。

おばあちゃんは、使い方がよくわからなく苦労していたので、
今日は、つきっきりで、教えてあげました。

おばあちゃん、これで紅白歌合戦も北京オリンピックもばっちりだぜ。

今朝、僕も布団の中で、そのテレビを見てみましたが、
ちょうど温泉の番組をやっていて、
景色もよく、水の音もよく、ちょっとした旅気分になることができました。
おばあちゃんが、幸せだやあ、と何度も言うわけです。

昨日、おばあちゃんが、申し訳なさそうに言いました。
「あんたにゃ悪いけど……」
僕の誕生日にスーツを買ってくれることになっていたのですが、
テレビが予想以上に高かったので、困った、と。

おばあちゃん、ワイシャツでいいって。
それとネクタイ、それだけでいいって。
あ、手袋も、それ以外いらないから。

娘よ、うちにもそういうテレビ欲しいってか?

うちには、1977年製のテレビがあるじゃないか。
昭和のモノだぜ。
ある意味、おばあちゃんのテレビより値打ちあるんだって。

みんながうらやましがるぞ。
もし、売ってくれって言われたら、どうする?
それだけは、困るなあ。

なっ?おいっ、聞いてるか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (1)

おいしさとダイエットの関係

ダイエッターにとっては、試練の季節がやってきました。
忘年会、クリスマスパーティ、大晦日……
と、食べまくり、飲みまくり、
仕上げに正月はグータラするんですから、大変です。

ま、人生、メリハリが大事ですから、
食べるときは、食べることにします。
そして、正月明けには、精進料理で修行に入ります。

この4ヶ月、ダイエットをして、約10キロやせたのですが、
その間、生きるために食い、食うために生きる、この僕が、
はたして、おいしいものを食べなかったのか、というと、
実は、おいしいものは、毎日食べてきました。

誇り高きシュフとして、
掃除を犠牲にして、料理にかけてきたわけですから、
おいしさは、ゆずれないところです。

え、娘よ、うちの中をもっときれいにしろって?
じゃ、きれいじゃないうちで、毎日おいしいもの食べるのと、
きれいなうちで、毎日おいしくないものを食べるのと、
え、どっちがいいんだ?どっちだ?

シュフ・ビギナーのころ、娘の好物を連打して、失敗したことがあります。
好物も連打されると、飽きて、好物じゃなくなってしまうのです。
だから、好物を料理する前は、数日、娘の好きそうじゃないものを作るんです。
そして、ドーンと好物を作る。
すると、娘の喜ぶこと、喜ぶこと。

また、おいしいものを、食べるコツは、
おなかがペコペコになってから食べることです。
だから、うちに帰ってすぐできるのでは、だめ。
「パパ、ごはんまだ?」と3回くらい言わせてから、食べなくてはいけません。
また、カロリー控えめにしてると、何を食べても、驚くほどおいしく感じるものです。

それと、おいしいものを味わうときは、
もうちょっと欲しいな、というところで、終わること。
すると、次回もおいしく食べられるし、飽きることもありません。
デートのように、もっと一緒にいたいな、というところで別れるのです。

芸術至上主義者にとって、おいしさとは、総合芸術です。
味覚だけでなく、視覚、嗅覚、食感、聴覚も総動員しなくてはいけません。
それと、和ベジのように体においしいものを食べると、
五臓六腑に染みわたり、舌だけでなく、体全体で味わうことができるんです。

そんなおいしさが、ようやく、わかるようになってきました。

娘よ、今夜も和ベジでいくぜ。
いやだって?
それでも、和ベジでいきます。

はいはい、クリスマスは、ケーキとチキンだろ。

ただし、つくるの、手伝えよ。
パパは召使じゃないんだから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0)

冬、たそがれる

今日、無事に職場の忘年会も終わり、
そろそろ、たそがれたくなってきました。

たそがれるとは、先日、娘と見に行った映画「めがね」でのキーワード。

できれば、景色のいいところで、
特に何もしないで、
ひとり、ぼんやりと物思いに耽る。
そのうち、思うこともなくなり
心が空っぽになって、軽くなっていく……

たそがれるとは、こんなところでしょうか。

簡単そうですが、実はこれ、なかなかできないことなんです。
特に、何かと世知辛く、常にせきたてられるこのご時世では。

ま、幸い、僕にはたそがれる才能があるらしく、
日々、職場で、ちょっとした時間を見つけては、
遠い山々を眺め、お茶を飲みながら、たそがれています。

そんなインスタントにたそがれるんじゃなく、
本格的にたそがれたくなってきました。

たとえば、冬の京都の枯山水の庭を前に座り、
抹茶を飲みながら、ぼんやりと眺めるとか。
たとえば、波の高い海を前に、
水筒で持参した温かい紅茶をフーフーしながら、飲む、とか。
たとえば、うちで、日だまりの中、
昨晩じっくり煮込んだスープを飲みながら、窓から茶畑を眺めるとか。
たとえば、僕の軽キャンピングカーで出かけ、
中で寝転び、青い空を見上げる、とか。
たとえば、露天風呂の温泉に長く入ってから、
火照った体を外で冷やしながら、川のせせらぎを聞く、とか。


娘よ、明日から冬休みだろ。
たそがれまくるぜ。
どこで、たそがれる?

え、なんだって……?

ディズニーは無理です。
絶対に無理です。
そんなに行きたいのなら、お母さんと行ってください。
もし行ったなら、みやげ、よろしくお願いします。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒いからこそ冬は冬

僕の勤める学校では、
明日が終業式&忘年会。
長かった2学期も終わろうとしています。

この2学期、うれしいことの一つは、体重が10キロ減ったこと。
この体に、500ccのペットボトル20本分もの脂肪をつけていたとは……

もう一つうれしいことは、
冷え性が治ったこと。
去年までは、冬は、足が冷え、ももひきが必需品でした。
恥ずかしながら、ズボンの下にダサいタイツみたいなものを履いていました。
でも、今年は、ももひきなしでも、平気です。

きっと、ヨガが効いたのでしょう。
9月から、毎日、続けてきましたから。
ヨガは、朝、モクモクとやっています。
早起きはしていません。
毎日、朝ごはんと弁当をつくってから、
今までお茶を飲んでボーッとしていた時間にヨガしてるんです。
風呂上がりにも、ちょこっとストレッチ系のヨガを。

無心に自分に向きあう静かな時間が、とても心地いいのです。
義務感ではなく、体が喜ぶので、続けている感じです。
ヨギーになれたことも、うれしいことの一つ。

冷え性は治ったものの、この頃寒くなってきて、
布団に入るとき、足の先が冷え、なかなか寝つけなくなりました。
以前は、娘と寝ていたので、あたたかかったのですが。

で、先日、湯たんぽデビューしました。
といっても、プラスチックの水筒に熱湯を入れ、
フリースの膝掛け毛布にくるんだものですが。
これが、効くんです。

僕は、寒い冬が嫌いじゃないんです。
寒いからこそ、あったかいものがあるからです。
たとえば、ナベ。
このごろ、よくナベをします。
ローカロリーで、かつ、部屋は温まり、加湿もできます。

娘よ、この冬も、完全燃焼で温まるぜ。
冬休み、海見に行こうぜ。
寒いって?
だから、寒いからこそ、行くんだって。

ところで、夜寒かったら、一緒に寝てやってもいいぜ。
どうしてもって言うならな。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LOCAVORE

先日、今年の流行語や今年の字が発表されましたが、
アメリカでも、今年の言葉が発表されたようです。

オックスフォード・アメリカン・ディクショナリーが選んだ、
アメリカの今年の言葉は、Locavore だそうです。

英語を教えたりもする僕ですが、その単語は知りませんでした。
近くでとれた食べ物を食べる人という意味なんだそうです。

foodmile という言葉も最近知りました。
食べ物のフードと距離の単位のマイルが一緒になった言葉、
つまり、その食べ物がどれだけ旅をしてきたかということ。

locavoreは、フードマイルの小さなものを食べるんです。
そうすれば、地元の農家を支援することになり、、
輸送の距離も短くなれば、二酸化炭素の排出も少なくなります。

僕もずっとlocavoreを目指してきました。
スーパーでは、外国産のものではなく、
国産、しかも近郊のものを買うようにするんです。
たいてい、外国産のほうが格安ですが、
ここは、シュフの意地、値札を見ないで、買い物かごに入れます。

僕は冷凍食品が嫌いなんです。
シュフ・デビューしたてのころ、一生分、食べつくして、
飽きてしまい、すべての冷凍食品を見るのも嫌なんです。
今では、うちの冷蔵庫で冷凍保存したものも、舌が拒否します。

イタリア発祥のスローフード運動は、
マクドナルドに代表されるファーストフードに対抗し、
地元の旬のものをじっくり味わおうとする社会変革運動。

おいしいものを食べまくり、
アメリカ帝国主義とたたかうとは、
なんてステキなスローフード運動。

機械でつくられ、
世界中、一年中、同じ味で、
学生バイトでも調理できるものなど、
僕はもう食べたくないんです。

どうせ、外食するなら、
プロがつくったローカルなものを、
敬意を持って、感動しつつ味わいたいんです。

料理は、本来、工場で生産されるものじゃなく、
キッチンで、この手で、つくられるものなんです。

だから、娘よ、パパは一生マクドナルドには行かないって言ってるだろ。
回転寿司も行かねえっつーの。

安くておいしいって?

なんで知ってるんだ?
誰と行ったんだ?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハッピーバースデー・トゥー・ミー

今日は、実家に行ってきました。
両親の店が定休日で、
店を貸し切り、家族で僕の誕生会をしたんです。
まだ誕生日には日がありますが。

先月、おばあちゃんの誕生会をしたら、
それがとても好評で、恒例行事となったんです。
で、今月は僕の、来月は兄の誕生会をすることになりました。

今日も、釜飯の出前をとりました。
うちは、何かあると、釜飯パーティをするんです。
今日のスポンサーは、おばあちゃんでした。

僕の保育園の先生にいただいた絶品100%リンゴジュースで乾杯。

釜飯を食べ終わると、芸術至上主義タイム。
娘がバイオリンを弾きました。
その後、母が兄と「手のひらを太陽に」を歌い、
そして、なんと、おばあちゃんも、歌を披露。
母が子どものころによく歌ってあげた歌で、
大きな字の歌詞カードを作って、練習したそうです。
母も、ピアノの練習曲を弾きました。
ついでに、僕もバイオリンの簡単な曲を弾かされました。

食後のデザートは、母のプリン。
これも、我が家のパーティの定番。
コーヒーは僕が淹れました。

ひさしぶりに、おいしいものを心ゆくまで食べ、
幸福感と満腹感で、胸もおなかもいっぱいです。

娘よ、カロリーをとりすぎたけど、パパは後悔してないぜ。

明日は精進料理だ。
楽しみにしてろ。

え、なんか言ったか?

嫌なら、自分でつくれ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

現在つれづれ中

ときに、古典を読みたくなるんです。
高校生の時に読んだ古文を。
最近は、ビギナーズクラッシックというのがあって、
古典文法など知らなくても、現代語訳でスラスラ読めます。

 今日はこれといった用事もない。
 のんびりと独りくつろいで、
 一日中机に向かって、
 心をよぎる気まぐれなことを、
 なんのあてもなく書きつけてみる。
 すると、しだいに現実感覚がなくなって、
 なんだか不思議の世界に引き込まれていくような気分になる。
 
なんてブロガー的な文章。
これは、「徒然草」の冒頭の部分。

 つれづれなるままに 日暮らし硯に向かいて……

吉田兼好は、アウトサイダーで、
独りぼんやりと物思いに耽る達人。
金や物や権力に執着する人や、
酔いつぶれる人や、
この世の無常を理解できない人を、皮肉ります。

 食は人の天なり。
 よく味いを調えしれる人、
 大きなる特とすべし。

などと、料理ができる男を称えたりもしています。

 月は隈なきをのみ見るものかは。

などと、満月だけを喜ぶことも、無粋だといいます。
雨雲のむこうに月をイマジンするのが心憎い、と。

兼好先生は、独身主義者なんです。

 妻といふものこそ男の持つまじきものなれ。

どんなに好きでも、毎日いっしょにいたらお互い嫌になるから、
離れて暮らし、時々会うほうが長続きする、と言います。
まさに、妻より恋人、同居よりデート、寄りかかるより寄りそう関係。
600年以上も前に、そんなことを言っていたとは、なかなかの書き手。

兼好先生のメッセージは、
人の命も人の世もはかない、
だからこそ、一瞬一瞬、今を生きろ、と。

兼好先生、ブラボー!

さて、娘よ、これからパパは、つれづれジローになるから。

ダイニングテーブルで、コーヒーを飲みながら、
パソコンの前に座り、ぼんやりと物思いに耽る……

だから、娘よ、パパは、今、ヒマじゃないっつーの。
大忙しなんだって。

なんたって、つれづれ中なんだから。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスプレゼント for me

毎年、クリスマスは楽しみです。
クリスマスプレゼントがあるからです。
僕の、僕による、僕のためのクリスマスプレゼント。

一つじゃなく、二つか三つ。

去年は、ホームシアターセットと、ミニシステム手帳と、白い腕時計。

今年は、というと、今のところ、
小さな鍋、密封できる茶筒、
それくらいしか、思いつきません。

もしかしたら、人生の足し算の時期が終わり、
そろそろ、引き算の時期が始まったのかもしれません。

たとえば、小説を書くとき。
最初は、たくさん書くんです。
そして、ザクザク削っていくんです。
すると、いいものに仕上がるだとか。

僕は自分の書いたものがかわいいので、
自分で削ることができないんです。
すると、たいてい編集者さんが、削ってくれます。
原稿料ともに、ザクザクと。
そうすると、僕が書いたものでも、多少はよくなります。

削れば削るほど、大切なものが明確になり、
また、言わないほうがよく伝わるということもあるのです。

もしかしたら、
僕はもう欲しいものは、たいてい手に入れているのかもしれません。
だから、あとはザクザク削り、
残ったものだけに心を込めるのがいいのでしょう。

そういえば、
プレゼントをもらいたい気持ちより、
プレゼントをあげたい気持ちのほうが、
強くなってきたような気もします。

娘よ、サンタ信じてれば、なんかあげたのにさ。
え、信じてるって?
サンタは、嘘つきには何もくれないんだぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大掃除宣言

年末が近づき、そろそろ構想を練り始めるころとなりました。

そう、大掃除の。

昨年は、大掃除は春休みにすべき、と途中でやめました。
春のほうが温かいし、
学校の年度は春で変わるからです。

で、春、やっぱり大掃除は年末、と、
現在まで延期となっているのです。

掃除は苦手の僕のことですから、
また春に延期しても、年末まで再延期するはずですから、
今年は大掃除やります。
とことん、やります。

娘よ、わかったな。
全国に宣言したから、後には引けないぜ。

大掃除とは、一言でいえば、捨てること、
いや、捨てまくること。
今年は捨てます。
とことん、捨てまくります。

僕自身、だいぶ捨てなくてはならないものが増えてきました。
贅肉は10キロ捨てましたが、それ以外にも、いろいろと。
モノというより、主にしがらみなどです。

人生は限られた時間、
すべてにつきあっていたら、
何もできずに終わってしまいます。

一点集中することが大事です。
時間だけでなく、能力も限られてますから。
捨てれば捨てるほど、何が大事かわかるはずです。

だから、娘よ、今年は捨てまくるぜ。
もう、全国に宣言しちゃったからさ、
後には引けないんだって。

捨ててくれよ、頼むから。
パパのモノは捨てられないんだから、さ。


Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勝利のクッキー

今日は、一日、いい天気、
絶好のスポーツ日和、僕の勤める学校の球技大会でした。
年に何回かしか着ないジャージで出勤。
ダサいダサい、と何人かの生徒にからかわれました。

娘よ、あんたまで、ダサいと言うな。

非体育会系の僕が担任なのにかかわらず、
僕のクラスは、4種目すべてベスト8進出、
優勝一つ、準優勝一つ、MVP二人、と好成績。

慣例で、活躍したクラスでは、
閉会式後は教室で、担任教師からごほうびがあるんです。

隣のクラスの先生は、1人1本ジュースを用意していました。
1本100円ですから、4000円はかかります。
これは、大変。

で、僕は、昨晩、クッキーを焼いておいたんです。
蜂蜜とココナッツ入りクッキー。

「では、僕からごほうびだ」

生徒たちから歓声があがります。

「金はかけてないけど、手間と時間と愛情はかけてあるから」

「金ないのはわかってるって」、とMVPをとった生徒が言いました。

クッキーの入ったタッパーをまわし、クッキーをわけました。
1人1枚。
僕も1枚食べてみましたが、クッキー屋が開けるほど絶品でした。

娘よ、見たか、パパの実力、
生徒たちビビってたぜ。

え、モモのはって?

すまん、食い尽くしてしまった……


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

娘帰宅、話を聞く

ブログを毎日書くようになって、
いいことはたくさんありますが、
その一つは、僕がひとの話を聞くようになったこと。
このおしゃべりな僕が。

僕は、自意識過剰で、自己中で、いつも自分の話ばかりしていたのですが、
この頃は、ブログで、近況を報告し、思うことをすべて吐き出しているので、
今さら、親しいひとに、口で言うことはあまりないんです。
中には、ブログを読んでくれているひともいるので、
近況など今さら話す必要もないんです。

で、いつしか、僕は誰かと話すとき、
聞き役に回るほうが多くなってきました。

これは、とてもいいことです。
口は一つ、耳は二つ、
だから、話す量の2倍、聞かなくてはいけません。

物書きの同志がよくいうこと、
「文学とは他者の声に耳を傾けること」
僕の母のよくいうこと、
「エライ人は、ひとの話をよく聞き、
 エラくない人は、自分のことばかり話す」

先ほど、娘が、修学旅行から帰ってきました。
先に母親とファミレスに食事に行ってきて、
一通り、修学旅行の話をしてきたそうです。

「パパも、修学旅行の話、聞きたい?」、と娘。

娘よ、今日は一日、それを楽しみにしていたぜ。
この頃の、パパは、違うぜ。

さ、お茶でも、淹れようぜ。

土産なんて、パパなんかに買わなくてもよかったのに……

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

娘は東京で

娘は、今頃、消灯、東京のホテルでベッドに入った頃でしょう。
といっても、懐中電灯で照らして、友達とトランプでもやっているとは思いますが。

今日は、東京タワーと「ライオンキング」のミュージカルを見てきたはずです。
明日は、お台場、国会議事党などをまわっってくるようです。

さきほど、呑み会から帰ってきました。
といっても、ノン・アルコールですが。
職場の組合の仲間と忘年会。

僕が日にちを、独断で、娘のいない今日に決めたんです。
場所は、みんなが、僕の両親の店を選んでくれました。

で、僕のこの頃の三大好物の一つ、寿司を食べてきました。
ちなみに、あとの二つは、そばととろろ。
そばは毎日、とろろは週三回、寿司は週一回が、僕の理想です。
ついこの前までの、好物は、焼き肉、ハンバーグ、唐揚げでした。

朝と昼を控えめにして、おなかいっぱい食べてきました。
やはり、寿司はおいしく、寿司屋に生まれたことを感謝しました。
また、土曜日に父につくってもらおうと思います。

さて、娘よ、こっちは雨だったけど、そっちは降ったか?
で、そっちじゃ、何食べてんだ?

だから、娘よ、頼むから、先生にバレて怒られる前に、寝てくれよ。
トランプなんて、いつでもできるんだから。

本当に、パパの土産なんかいいから、早く寝てくれ。

ま、パパはまだ仕事あるから、遅く寝るけどさ。

明日は、土産のことなんか忘れて、思いっきり楽しんでこいって。

ップッシュー。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何事もない冬

日が短くなってきました。
外も寒くなるので、うちにいる時間が長くなります。

そう、おうち文化研究活動には、もってこいの季節。

夏が大好きな僕は、
冬も大好きなんです。
特に12月、
ボーナスあり、冬休みあり、クリスマスあり、誕生日あり、
大掃除あり、お節作りあり、大晦日あり……

冬の夜は、鍋でコトコト、じっくりとスープをつくります。
次の日の朝のために。
そして、翌朝、朝陽を受けた湯気が上がるスープをすするんです。
僕の好きな冬の風景。

冬は小さな幸せを感じる場面が他の季節より多いような気がします。
朝、布団の中にいるだけでも、シアワセ、
昼間、窓際で日なたぼっこするだけでも、シアワセ、
夜、寒い外から、うちに帰ってくるだけでも、シアワセ、
あったかいお茶を飲むだけでも、シアワセ、
新しい手帖を買い、来年を想像するだけでも、シアワセ……

先日、おばあちゃんが、早くも今年を振り返り言いました。

「今年も、家族は健康で、
 特に何事もなく、1年が過ぎて、
 これほどの幸せはないやあ……」

娘よ、パパはもうすぐひとつ年をとるけど、シアワセだ。

だから、誕生日プレゼントなんか気にしなくて、いいって。
心配すんなって。
明日から修学旅行だけど、土産なんかも、いいって。

パパは、今のままで、充分シアワセだからさ。
ほんと、誕生日プレゼントを兼ねた土産なんて、いいって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チーズ・フォンデュで乾杯

今日は、早めに職場を後にして、
代休で娘が留守番をしているうちに帰りました。

「で、晩ごはん、何食べたい」、と僕。
「じゃあ、チーズ・フォンデュかな」、と挑戦的な娘。
「そこにある箱、開けてみ」

娘は面倒くさそうに、箱を開けました。
数秒の沈黙のあと、娘は声にならない声をあげていました。

「ぜったい、パパがつくってくれっこないと思って、言ったのに……」

娘よ、見たか、パパの実力。

さっそく、今日は大きなほうのスーパーに行き、
チーズ・フォンデュ用のチーズを買ってきて、
ブロッコリー、カリフラワー、ジャガイモ、ニンジンを蒸し、
大きなサイコロ状に切ったパンを焼き、
鶏肉と、ウインナーも、ついでに蒸しました。
小鍋で、牛乳とチーズを溶かし、
チーズ・フォンデュ用の器に移し、
器の下のろうそくに点火。

「パパ、フランスみたいだねえ」、と娘。

娘よ、チーズ・フォンデュはフランス料理か?
ま、いっか。

娘が、結婚記念の高級ワイングラスを持ってきて、
シャンメリー(子ども用シャンパン風ソーダ)を注ぎ、
とりあえず、ボーナスに、乾杯。

「パパ、ママからプレゼントあるよ」

おしゃれな包装紙を開けると、
包装紙以上におしゃれな皮の文庫カバー。
僕はハードカバーより、旅に持って行きやすい文庫を愛してるんです。
オレンジ色で、バカンス用の文庫本にかけるににぴったり。
もうすぐ誕生日なんです。

「パパなんかにいらないって言ったんだけどさあ」
「なんでくれたんだ?」
「パパが誕生日プレゼントくれたから、お返しだって」

彼女に誕生日プレゼントあげたことなど、すっかり忘れていました。
そういえば、娘に五百円出させて、残りを僕が援助して買ったんです。

僕の生涯3度目のチーズ・フォンデュ。
初めて食べたときの感動を思い出しました。

「パパ、パリを思い出すよ」、と感動冷めやらぬ娘。

娘よ、で、チーズ・フォンデュは、フランス料理か?
ま、おいしいから、いっか。

そのうち、文庫本持って、フランスでバカンスするぜ。
むこうで、本場のチーズ・フォンデュ食べようぜ。

で、チーズ・フォンデュはフランスか???


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

東京名所2ヶ所

さきほど、東京から帰ってきました。
文学の会議があったんです。
娘は、母親と週末を過ごしています。

で、ただ会議に行くだけでは、つまらないので、
前から一度は行ってみたいところに行ってきました。

かっぱ橋道具街。

シュフのアキバともいうべき、料理グッズの店がズラリと並ぶ通り。
今日は、日曜日なので、半分以上の店が休みでしたが、
それでも、収穫は、ありました。

まず、安売りをしていた和の器の店で。
梅干しや佃煮などを入れるふた付きの有田焼の器。
ペアのマイ箸。
マイ箸は、布の袋に入れると汚れがつきそうだし、
箸箱ではカタカタうるさいし、ずっと悩んでいました。
で、今日見つけたのは、逸品でした。
スリムな箸箱で入れるところが狭いのでカタカタ言わないんです。
ペアだと、お弁当デートにも使えるし、
一日お出かけで昼食と夕食に使えます。

次の店では、菓子作りに便利そうなフランス製木べら、
ジャムなどの瓶の中のものをきれいに出せるシリコンのスプーン。

そして、もう一つ。

この頃、僕が娘に、晩ごはん何がいい?、というと、
娘が言うんです。
「チーズ・フォンデュ」、と。
僕がまだ人生で2回しか食べたことがないものを。
で、手頃なチーズ・フォンデュ・セット見つけ、それもお買い上げ。

今日は、会議中、
頭の中がすぐに食べ物でいっぱいになるので、
集中するのに大変でした。

会議のあとは、懇親会があり、
その後、三人の同志と二次会へ。

僕は、嫌だ、と言ったんです。
他の店に行こうと、何度も言ったんです。
でも、結局、つきあうことに。

メイド・カフェ。

あのメイド服のウェイトレスが出てきて、
本当に言ったんです。
「おかえりなさい、ご主人様」、と。

フツウの喫茶店で、ただウェイトレスがメイド服を着ているだけ。
店内には、オタクの皆さんが、心地よさそうな時を過ごしていました。
僕はぼったくられるかとビビっていたのですが、
コーヒー1杯400円で、それ以上は取られませんでした。
店を出るときは、メイドさんが、「いってらっしゃい」と声をかけてくれました。

今日は、東京まで行った甲斐がありました。
次作の構想も固まりました。
「小さな幸せが散りばめられた豊かな日常をテーマに、
 戦争の対義語としての平和ではなく、平和そのものを、
 主にキッチンを舞台にして、
 明るい家事、明るい育児、そして明るいミドルエイジの恋を描く」

よしっ。

娘よ、明日の晩ごはんは、チーズ・フォンデュだぜ。
野菜もちゃんと食べろよ。

だから、メイド・カフェは行きたくて、行ったんじゃないって。
しかたなく、つきあいで、行ったんだって……


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日から始まる……

今日は、ジョン・レノンの命日。
世界にLove and Peace を訴えたジョンがいなくなり、
我々がLove and Peace を訴え始めなくてはならなくなった日。

その記念すべき日に、
私的なことで大変申し訳ないのですが……
今朝、体重計にのったんです。
すると、9月からダイエットを始めて、今日でちょうど、
10キロ痩せたことになりました。
ついでに、ヘソまわりを計ってみると、
なんと、メタボの数値を切っていました。

そう、脱メタボ宣言!

娘よ、もうメタボとは呼ばせねぇぜ。
だから、変わってない、とか言うなって。
数字はウソつかないんだから。

今日は、娘のマラソン大会もありました。
絶好のマラソン日和、
娘は、もちろん上位ではありませんでしたが、生涯最高の走りをしていました。

それも、そのはず。
娘も、僕につられて、スリムになったからです。
僕が太っていた頃は、娘も太っていて、
僕が痩せ始めたら、娘も痩せ始めました。
それは、きっと僕が食事を作るからでしょう。

だから、娘よ、今日の走り、よかったけど、パパのおかげだぜ。

ついにメタボ脱出、これまで、がんばらないようにがんばってきたかいがありました。
メモメモ、豆乳野菜ジュース、和ベジ、1日水2L、ウォーキング(冬季休業中)……
そして、ヨガ、なんといっても、ヨガ。

ダイエットとは、辞書によれば、、
「やせること」ではないんです。
日常の食事のこと。
つまり、You are what you eat.(食は人なり)ということ。

今日、あるヨガ実践者のブログで見つけた言葉。

 悟りを開く前、木を切り、水を運んだ。
 悟りを開いた後も、木を切り、水を運んだ。

娘よ、パパは、生涯一ダイエッターとして生きていくぜ。

だから、リバウンドなんて、パパの辞書にはないんだって。
真のダイエットが、今日から始まったんだから。

じゃ、パパと、とろろ、食おうぜ、とろろ、うまいぞ。
だから、食べる前から、嫌いとかまずいとか言うなっつーの。
ったく……。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

そういえば、ジェンダー……

そういえば、このごろ、ジェンダーのことをあまり気にしなくなってきました。

シングルファーザー・デビューしたてのころは、
よく「女の中に男が一人」というのを経験しました。
たとえば、参観会や、花屋や、生活雑貨店などで。

僕がただシュフというだけで、
「オトコのひとなのに……エライわねえ」、と言われたものです。

常に、ジェンダーをふっきるために、肩に力が入り、つっぱっていました。

しかし、ここ5~6年で、変わったような気がします。
家事を参加するオトコも、
育児に参加するオトコも、
僕のまわりでは、めずらしくなくなってきました。

高校では、家庭科を、男子もしっかり学んでいます。
僕が高校生の頃は、家庭科はありませんでした。
僕の勤める高校では、女子のほうがいきいきとしています。
ほとんどのカップルは、女子が主導権を握り、フラれるのはたいてい男子。
がんばれ、男子!
きっと、彼ら彼女らが大人になる頃には、日本もずいぶんと変わるでしょう。

先日、娘の中学校の制服を注文してきました。
スカートをほとんど履いたことがない娘が、
来春からは、毎日、スカートを履くなんて信じられません。
やはり、「女は生まれながらにオンナなどではなく、オンナになる」のでしょうか?

先日、読んだ英文での一文。
Boys who can't shed tears can shoot guns.
(涙を流せない男の子が、銃を撃つことができる)

オトコは、常に強く、感情を殺し、自分を捨て、上に尽くす……

そんな権力者によって作られたジェンダーが冷酷な兵士を作ってきたそうです。

なるほど。

やはり、僕は、「男らしさより自分らしさ」、でいきます。

だから、娘よ、中学生になっても、「女らしさより自分らしさ」、で行け。

え、パパは女らしい女のひとが好きなくせにって?

うるさいっ、好きなものはしかたないだろ。
好きなものに理由はいるか?

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック! 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和ベジ&ヨガ・ライフ

海外旅行に行くたびに思うこと、
やはり日本が一番だ、と。
この前、京都に行ったら、その美しいこと、美しいこと。

わずか数日の海外旅行でも、
むしょうにお米のごはんが恋しくなるのです。

あんなに憧れていた北欧デンマークに行けて、
夢のような時間を過ごしたときでも、
ずっとお米のごはんが食べたい、と思っていました。

これまでもいろんな料理をつくってきました。
思いつく洋食はすべてチャレンジしました。
特に、パスタは何種類つくったか数え切れないほど。

で、結局、和食が一番おいしいと思うようになりました。
米は、白米でも、玄米でも。
麺類は、なんといってもそば。
地元の旬な野菜をシンプルに料理して、
味噌汁、豆腐、こんにゃく、納豆、とろろ、
梅干し、つけもの、金山寺味噌……

そして、週末は、寿司。
とにかく、週一回は、寿司。
父につくってもらう、タダの寿司。
僕の子どものころから続く習慣。

和食が、こんなにカロリーが低くて、おいしいとは、
ずいぶんと気づきませんでした。
どうりで、ヘルシー指向の外国人に人気なわけです。

うちは、ダシは昆布と干しシイタケでとるんです。
麦茶を入れる容器に、入れて、一晩おくだけ。
ダシをとったあとの昆布とシイタケは、細く切って佃煮に。
白胡麻を混ぜると、これが、けっこうなごはんのおともになります。
実家に持っていっても喜ばれます。

気づけば、あんなに食べていた肉の量もずいぶんと減りました。
完全ではありませんが、極力ベジタリアンなんです。

ダイエットをしていたら、結局、「和」に行きつきました。
ところで、9月から始めたダイエット、9キロ痩せました。
今は、ローカロリーでおいしいごはんを食べ、ヨガだけは続けています。
ウォーキングは、寒いので、止めました。

こんな和ベジ&ヨガ・ライフ、なかなか快適です。
そういえば、このごろ、冷え性も治りました。

しかし、問題は、娘。
和ベジは、育ち盛りの娘が嫌がるので、時におかずを二つ作ります。
今日も、僕が湯豆腐で娘はクリームシチューだったり。

ま、娘よ、「和」の良さがわかるには、まだ20年早いかな。

ははは。

で、ヨガやんね?

おい、いそがしくないのに、いそがしいとか言うなって……


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おうち文化研究所設立

人間は、ただ生きるために、生きているわけではありません。
そこが、他の動物と、大きく違うところだと思うんです。

いかに生きるか、が大切。
つまり、いかに美しく生きるか。、
これが、家事が、単なる生活の手段ではなく、アートたるゆえん。

そう、家事とは、アートなんです。

ただ、生きるためだけなら、
お洒落も、ごちそうも、インテリアも、ガーデニングもいりません。

僕がシュフ・デビューを飾ったとき、一番驚いたのは、
うちの中にとても豊かな文化圏を発見したことでした。
多くの女性は、うちの中に閉じこめられてきました。
それで、長い時間をかけ、そこに文化を発展させてきたのです。

その文化圏の発見は、
僕にとって、インドでゼロが発見されたくらいの、大事件。
その発見以来、家事は僕のライフワークの一つとなりました。

僕が結婚していたころ、
僕はうちの外のことばかりに夢中で、
うちの中のことには無頓着でした。
うちはいつもきれいで当たり前、
ごはんはうちに帰れば出てくるものでした。

僕は、カノジョの築いた文化を冒涜したのです。
あのころの夫婦喧嘩は、文化と文化の衝突だったようです。

「カーテンの色をどうしようかとか話しあいたかった」
とは、泰葉さんの離婚会見での言葉。
僕は、ひとり、何度も頷きました。

おうち文化を冒涜する行為は、
ひととして、許されるものではありません。
はい。

娘よ、パパはおうち文化研究家になったから。
仲間に入れてやるよ。
ただし、家事分担したらな。
今日から、うちは、おうち文化研究所になったから。
パパは、所長だから、そこんとこヨロシク。

おい、聞いてるか?
まさか、家事を冒涜してんじゃねえだろうな??

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フツウの冬の夜

うちの近所でも、まだ紅葉が見られるんです。
情熱的に真っ赤な。
娘の小学校にも、僕の職場の中庭にも。
先日、京都まで行って、激混みの中、紅葉狩りしてきたのですが、
こんな身近なところにもけっこうあることに驚き、
やはり、小さな幸せは「今ここ」にたくさんあるものなのです。

きっと、急に寒くなってきたからでしょう。

最近、ケータイ小説という横書きの本に夢中な娘、
上を読んでしまったので、下を買ってと、言うので、
学童の帰りに本屋へ行きました。
マンガは、こづかいで買わせるのですが、字の本はフリーに買ってあげます。
僕が、子どものころ、そうだったので。

で、僕も、買うことに。
僕はたいてい、本はネットで買います。
マイナーな本ばかり読むので。
だから、本屋で買うのは、たいていシュフ雑誌。

下をさっさと見つけてきた娘にせかされ、
悩みに悩んで、「暮しの手帖」を買いました。
特集は「ミシン入門」、冬休み、ちょっと作りたいものがあるんです。
楽譜を入れるバッグと、僕のカフェ・エプロン。

娘よ、家庭科で教わったんだろ、ミシン。
パパに教えてくれよ。
パパはほめられると伸びるタイプだから、
そこんとこ、ヨロシク。

晩ごはんは、ちょっとひらめいたんです。
うちに水菜と大根があったので、特売の豚肉だけ買って帰宅。
ナベで湯を沸かし、酒、塩、ショウガの薄切りを投入。
そこに、ピーラーでペラペラに切った大根をどっさり入れ、
豚肉を入れ、アクを取り、
最後に水菜をこんもり入れました。

昨日今日と、ごはんは、玄米。
小さなすり鉢で、ごまをすり、塩を混て、ふりかけを作ります。
これは、娘が担当。

ポン酢をつけるだけのシンプルナベ。
娘も絶賛のおいしさ。
ローカロリーで、野菜もたくさん食べられました。
デザートは、柿を。

夏男の僕ですが、冬も大好きなんです。
こんな冬のフツウの一日が、いいんです。

娘よ、明日はまたナベにしよう。

肉なしということで、湯豆腐。
ねぎとしめじをどっさり入れて。

京都っぽくて、いぐね?

肉ないと生きてけないって?
じゃ、自分で作れ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ペンは剣よりも強し

12月は、物欲月間、ワクワクしてきます。

しかし、今年は、もうすぐ車検があったりして、質素に暮らす予定。

で、あまり高価なものは買えないので、文房具屋によく行きます。
僕は文具オタクなんです。
で、12月は、定番の手帳フェア。
来年の手帳をどんなものにするかで、
来年がどんな年になるか決まるような気がして、盛り上がってきます。

僕は、メモメモ魔なんです。
いつも胸のポケットには、薄いスケジュール帳とブログのネタ帳。
上着の内ポケットには、ミニ・システム手帳。
これには、食べたものや体重、することメモ、備忘録、構想メモ、世界地図など。
それでも足りないので、ICレコーダーのボイスメモも。
運転中や、ベッドにいるとき、浮かんだ言葉を録音するのです。
レシピ用のメモ帳もあります。
旅用のメモ帳も。

で、来年からは、日記帳がわりに、
日本で今一番人気があるらしい、ほぼ日手帳を使うことに。
12月から使えるので、ちょこちょこっと日記のようなメモを書いています。
ほとんどが、食べもの、映画や本の感想や、その日出会った名言など。
つくづく、ひとは、食べたものと感動したもので、できているのだと思います。

ペンは、このごろ気に入ってるのが、ゲルインクの細字ポールペン。
物書き仲間が絶賛していた uni-ball SIGNOの0.38mmシリーズ。
紙の上を滑るように書くことができます。

もちろん、万年筆も大好きです。
手紙や日記は、これでかしこまって書きます。
太字、中字、細字と3本も持ってるんです。
もうすぐ、年賀状で、大活躍する予定。
両面印刷の年賀状には、僕は返事は書きません。

シャーペンも使います。
取材や講演などの速記メモは0.9mm。
洋書に単語の意味を書き込むのは0.3mm。
0.5mmは、まだお気に入りに出会えていません。

まさに「生きるために書き、書くために生きる」生活。

娘よ、ペンは剣よりも強し、知ってるか?

で、明日、文房具屋 行かね?
つきあってくれたら、消しゴム1個くらい買ってやるからさ。

マンガはダメだっつーの。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ゆるゆるサンデー

今日は、目覚まし時計を早めにセットしておきました。

目が覚めてから、確認しました。
今日は休みだ、と。
そして、もう一度眠りました。
この至福のとき……

午前中、娘は地域の防災訓練に出かけていきました。
留守番の僕に、ちゃんと掃除するように、指示して。
娘はいつも留守番のときには掃除しているので、今日は僕が、と。

家事は強制されると、やる気がおこらないものです。
ちょっとむかつきましたが、
自らの意志で、掃除をすることにしました。

朝風呂に入り、ついでに風呂掃除。
風呂上がりのヨガ後、掃除機をかけて、雑巾がけ。
昼ご飯の準備をしながら、キッチンもきれいに。

娘が帰ってきて、満足そうな顔をしていました。
根菜の混ぜごはんを食べ、午後の予定を立てました。

迷うことなく、うちでダラダラすることに。

お茶とミカンを用意して、
カーテンをしめ、
昼からホームシアター。

「らくだの涙」というモンゴルの映画を見ました。
壮大な自然を背景にした、遊牧民の家族の物語。

大草原の真ん中にいるような、ゆったりとした気分になれました
途中、僕はシエスタ。
巻き戻しして、最後まで見ました

僕はうちにいると料理ばかりしてしまいます。
今日も、晩ごはんのおかず、昆布の佃煮、
ホームベーカリーで、ごまパンなど。
書かなくてはならないものが、三つほどあるのに……

冬の昼間、うちの中は、ひなたぼっこのように暖かくなります。
窓の外は、空気が澄みきって、遠くの山まで見わたせました。
こんな絶好のお出かけ日和に、うちでダラダラするのがいいんです。

娘よ、今日もごはんがうまかったな。
もうすぐごまパンが焼き上がるぜ。
寝る前に、味見しようぜ。

え、仕事あるんじゃないのかって?
心配すんな、パパは締めきり際の魔術師だから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ちょっと富士のふもとまで

いつも遠くから眺めている富士山、
今日は、そのふもとまで行ってきました。
娘をつきあわせて。

お母さんたちの集まりで、
パネルディスカッションに呼ばれたんです。

小学校でパネルディスカッションをやったばかりだという娘、
アドバイスしてもらうことにしました。

「資料見たり、読んだりするときは、顔を上げなきゃダメ」
「オーケー。ほかには?」
「ううん、はっきりしゃべること」
「オッケ、ほかには?」
「ま、がんばること」

で、がんばらないようにがんばるのではなく、がんばってきました。
僕が話しているあいだ、娘は会場の隅で僕のノートパソコンを使いDVD鑑賞。

今日、一緒に話したのは、ベテランナース。
「医療改革」の現場での実態が報告されました。

何にでも市場原理を持ち込み、
やたらと民営化して、競争を煽り、
小さな政府をつくり、大きな格差を産み……

こんなコイズミ改革は、やはりインチキだったのです。

 生命を生み出す母親は、
 生命を育て、
 生命を守ることをのぞみます。

とは、会場に掲げられたスローガン。

戦前、政府が女性に参政権を与えなかったのは、
女性が、戦争に反対するから、だったそうです。

先進国中、ダントツに女性議員の少ない日本、
もっともっと女性が社会に進出すれば、
日本はもっともっとLove and Peace な国になるはずです。

娘よ、がんばれ。
パパは、ついてく。

え、パパは何をしゃべったのかって?
ま、それは、いい。

それにしても、連れてってもらって食べた焼きそばうまかったな。
B級グルメ選手権グランプリとったんだぞ。
日本一うまいらしいぜ。

はいはい、パパの仕事につきあったから、漫画一冊だろ。
わかってるって……

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »