« June 2007 | Main | August 2007 »

できたてランチ

娘の夏休みも本格的に始まりました。

娘の学童は、とても親切で、6年生まで面倒見てくれるだけでなく、
夏休み中も、朝から夕方まで開いているだけでなく、昼食も用意してくれます。

まさに、学童様々。
シングルペアレントの強い味方。
学童なくして、僕のシングルライフは成り立ちません。

しかし、娘は、夏休み中、学童に行かないんです。
何度僕が勧めても、
友達が来てと頼んでも、
娘は首を縦に振りません。

夏休み中の学童には、子どもたちは玩具を一つ持っていくことが許されます。
だから、この頃、子どもたちのほととんどが、任天堂DSを持ってくるのです。
うちは、家訓で、電子ゲーム禁止なんです。

ゲームはもちろん一日中やっていいわけではありません。
時間を決めて、そのときだけ遊べるんです。

DSを持ってない娘は、そのゲームの時間が耐えられないのです。

かわいそうな娘よ、うちに生まれたばっかりに……。
でも、買ってやんね。
許せ。

僕は午前中はいつもプールに行きます。
水泳部監督として。
そして、練習が終わると、うちに帰り、
娘と昼ご飯をたべるのです。
といっても、娘にとっては限りなくランチに近いブランチですが。

今日は、トマトとズッキーニのパスタをつくりました。

肉食の娘がうるさいので、
冷蔵庫の隅にあったベーコンをカリカリに焼いて、
娘の皿の上にだけのっけました。

うちでの、できたてランチ。
至福の味です。

しかし、娘よ、これから毎日昼間で寝る予定か?
3日に1回くらいランチつくってみろって。

おっと、今日はシエスタし忘れたぜ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

我が道を行く

昨夜は、つい遅くまで、開票速報をみてしまいました。
残念ながら、護憲第三極は精力を伸ばせなかったものの、
予想通り、アベシンゾー政権は「歴史的敗北」となり、一安心。

と、思ったら、アベシンゾー、続投宣言。
今回の敗因は、ひとえにスキャンダル、
「美しい国」政策は支持されている、とのこと。

お坊ちゃん育ちのアベシンゾー、
きっと小さい頃からまわりにちやほやされ、
欲しいものは何でも手に入ったのでしょう。
だから、一度やると言った憲法改悪と国家主義教育、
何が何でもやり通そうとしているのです。

ふー。

もうこうなったら、がんばれアベシンゾー。
このまま、その鈍感力で、我が道をつきすすめ。
与党の支持率を落ちるところまで落とすのが、新たな使命だ。
そして衆議院解散、ついに政権交代、これこそ世のためひとのため。

さて、今日は、急に映画を見ることにしました。
ビデオレンタルの前を、ちょうど娘と通りかかり、
夕食後、シネマナイトとすることにしたんです。

早く見たかったので、夕食は簡単なものに。
娘は今日安かったステーキ、僕は最近マイブームのとろろ汁。

で、スクリーンと麦茶を用意して、
ひさびさのホームシアター。

見た映画は、「世界最速のインディアン」

オートバイ世界最速記録保持者、
おんぼろバイクを何十年も改良し続けて、
70才を越えてもなお記録を更新し続けたおじいちゃんの映画。
なんと、実話。

決してあきらめず、我が道を行くおじいちゃん、
その姿に、出会ったひとはみんな支援者となっていきます。
僕も娘も、勇気も元気ももらえました。

そう、Never Give Up!

夢を実現する簡単な方法、
それは、あきらめないこと。

たとえ、今、何かしてなくても、
もしあきらめていなければ、
それは、前に進んでいることになるんです。

ま、アベシンゾーにも、あきらめずがんばって欲しいものです。
他のひとでは、こうは支持率下げられそうにありませんから。
がんばれアベシンゾー。
咲いて散るより、散って咲け。

で、娘よ、あんたもこの夏がんばれ。
え、何をがんばるかって?
家事分担しかないだろよ。

ま、パパは、いつものように、
がんばらないようにがんばらせてもらうけど、さ。

もちろん、我が道を行くぜ。
娘よ、止めるなよ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シエスタな、あまりにシエスタな日曜日

昨日、夜更かししたわけでもなく、
今朝、早起きしたわけでもないのですが、
今日の午後はよく眠りました。

今朝、母親と映画に行く娘を駅まで送り、
少し買い物をしました。
文庫本サイズの厚いノートに、バカンス用の半袖シャツ。

ブランチは、おばあちゃんのみそ汁と母が育てた胡瓜。

食後、新しいノートに万年筆で書き始めました。
新作らしきものの書き出しらしきものを。

で、眠くなり、寝ました。
全身から力が抜け、体が重くなるようなシエスタ……

おやつは、おばあちゃんがトウモロコシを焼いてくれました。
香ばしいにおいで目が覚めたのです。

それから、またノートを開きましたが、書くか書かないうちに入眠。

実家は、縁側から風がよく通るんです。
首ふり扇風機の微風があれば、
すっかりトロピカル風なシエスタができます。

ようやく目が覚めると、退屈する兄ちゃんと遠足。
いつもの大きな池の辺に車を停め、カフェオレ・タイム。
水辺は涼しい風が、車の中を吹き抜けていきます。

その後、一人で田んぼ道を散歩しました。
一面に広がる稲、風が吹くと波が立つようでした。
用水路では、タニシがひげを揺らしながら、ゆっくりと動いていました。
タニシをとって帰り、食べようとも思ったのですが、やめておきました。

実家では、夕食はいつも僕がつくります。
おばあちゃんのリクエストで、三色ごはんを食べました。

あれだけ寝たので、今夜は目が冴えるでしょう。
アベシンゾーの負けっぷりでも見ながら、
新しいノートの新しいページに書きとめようと思います。
Love and Peace 元年の初日を。

娘よ、ハリーポッターおもしろかったか?
パパはこれから仕事して寝ることにするよ。
教師は、夏休み、いろいろ忙しいんだから。


ップッシュー。


Love and Peace ・・)v   

今日もランキング応援ヨロシクお願いします → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日が最後の日

思えば、1999年、
日本の右傾化、つまり軍国化が始まりました。
「国旗・国歌法」で国家主義の一歩を踏み出し、
「盗聴法」で、国民監視の一歩を踏み出し、
周辺事態法」で、海外派兵の一歩を踏み出したのです。

そのころは、僕は今にもまして能天気で、
「このままじゃヤバい」という先輩方の声を、
恥ずかしながら、聞き流していました。

途中から、さすがの僕もヤバいということがわかり、
毎日、love and peaceを発信し続けることにしたのですが、
それでも、戦争への流れは止まらず、

そして、今年はついに、アベ政権が、
国家主義教育を進める「教育基本法改悪」、
初の防衛大臣を誕生させた「防衛庁の省昇格」
憲法を変えるための「国民投票法」まで通してしまったのです。
ちゃっかり、コイズミが郵政民営化で得た議席数を使って。

もう戦争へのリーチか、とも思ったのですが、
この流れも、ようやく明日で終わるようです。
日本がもっとも戦争に近づいた8年間でした。

さきほど、期日前投票をしてきました。
娘がものめずらしさに、ずっと後ろをついてきました。

「パパ、もっと丁寧に書きなよ」

と、娘が僕の字に文句をつけました。

で、反戦の老舗の政党に入れてきました。

さ、娘よ、明日は夜更かししながら、祝杯をあげるぜ。

え、ママと映画で、そのまま泊まってくるって?

・・・・・・・・・・・・・。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケンカ続行中

もうかれこれ、24時間近く、
娘は僕とクチをきいていません。
ケンカ最長記録、更新中です。

きっかけは、ささいなこと。
学童に迎えに行ったとき、
娘の友達とおしゃべりしたんです。

そのとき、僕は自分のことを「パパ」と呼んだのです。
「パパはね~」などと話したのです。

外では、娘は「お父さん」と言っている娘、
それで不機嫌なんです。
たしかに何度も娘に言われたことなのですが、ついクチに出てしまうのです。

娘よ、怒り続けるのもいいけどさ、ならお父さんと呼んだら?

二人で暮らしていて、クチをきかないのは面倒なことです。

娘よ、もう話したいくせに、さ。
パパには、いや、父さんにはわかってるぜ。
ま、勝手に無視してろって。

パパは、それどころじゃないぜ。
アベシンゾーを追い込んでんだから。。

この週末、Love and Peace な政党が、勝利をいただくぜ。

すべては、愛と平和のために。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

リトマス試験紙的なもの

とにかく、天下分け目の参議院選、
そのリトマス試験紙となるのが、
憲法九条に対する態度だと思うんです。

つまり、それは、ひとの命に対する態度なんです。
誰にとっても、たった一つの、限りある命に対する。

戦争しても仕方がないと思うことは、
ひとが死んでも仕方がないと思うこと。
権力側の人間は、決して戦争には行きませんから、
ま、庶民の命は消耗品と考えることにつながります。

これが、福祉や教育や経済にしても、、すべての根底になるんです。

だから、九条に対する各党の態度が、最重要判断基準となるわけです。

自民党は、もちろん、九条を変えることが悲願。
戦力不保持・交戦権否認の規定を完全に削除し、
自衛軍の保持、集団的自衛権の行使を主張。
集団的自衛権は、みんなで日本を守ることではなく、
アメリカが攻めたら、一緒に攻めるということ。
今まで一人も殺したことがない自衛隊が、殺しに行くこと。

公明党は、九条一項、二項の「堅持」を言いつつ、
自衛隊や国際貢献について、「加憲」の論議の対象にすると言います。

民主党は、国連決議があれば、海外での武力行使を認めるというもの。
「ネクスト外務大臣」は、国会で「改憲し自衛軍を書き込め」と要求し、
小泉首相に「賛成だ」と答えさせています。

と、どれも、危なかっしいもの。

九条は現実と矛盾している、
そんな声をよく聞きます。

理想と現実は、矛盾しているものです。
そして、その矛盾こそが、現実の暴走を止め、
戦争を許してこなかったのです。
60年以上も。

娘よ、分かるか?
パパの言ってることと、やってることが違うのは、
矛盾の意味を、パパが教えてやってるんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

保護者面談

この頃、毎日、保護者面談なんです。
高校3年生の担任教師として。
通信簿を渡しながら、今後の進路について話しあうのです。
この夏は、生徒たちにとっては勝負の季節、
いい加減がよい加減の僕も本気(マジ)にならざるをえません。

さて、そんな今日、僕は娘の小学校に行ってきました。
今度は父として。
娘の通信簿を受け取り、学校の様子を聞きました。

ま、いいこともあれば、悪いこともありました。

しかし、娘よ、何回、反省文書かされたんだ?

ま、パパが小学生の時よりはイイ子みたいだけどさ……

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海が恋しい

もうずいぶんと海を見ていません。

最後に海に行ったのは、娘とビーチグラスを拾いにいったとき。
もう、二、三ヶ月は経っているはずです。

今、もうれつに海が見たい気分なんです。

二十代の頃、海辺の町に5年間住んだことがあります。
職場からも、海が見下ろすことができ、
海を見ない日は一日もありませんでした。

今日も一日仕事があったのですが、
暇さえあれば、文庫本をペラペラめくっていました。
海辺に暮らすひとたちのライフスタイルを写真付きで紹介する本。
その本を開く度に、とても仕事どころではなくなりました。
とても、危険な本。

それにしても、紹介される家に、モノがないことないこと。
撮影のためにどこかに隠しておいたとしか考えられません。

それとも、カッコよく暮らす人は、あまりモノを持たないのか……。

よし、娘よ、週末は海を見に行くぞ。
え、ママと映画の約束したって?

ま、いっか、どうせバカンスで海行くから。

じゃ、とりあえず、掃除だ。
掃除を成分分析すると、80%は捨てることだ。

それにしても、捨てるモノが多すぎる……。

だから、パパのモノは捨てるものないって言ってるだろっ。

Love and Peace ・・)v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏本番!

今日は、大暑、暦では、一年で一番暑い日だそうです。

快晴、今日プールサイドに行くと、気温35度。

夏、30度を超すと、僕はうれしくなってきます。
そう、夏は、熱くなくっちゃいけません。

今日は、いろいろと忙しく、泳げなかったのですが、
明日こそ、絶対、泳ごうと思います。

さて、さきほど、バカンスの宿を予約しました。
伊豆の海辺の町に。
バカンスといっても、短めの3泊4日。

露天風呂付きのコンドミニアム。
もちろん、キッチンがついています。

ちょっと山あいにあるのですが、
昼間は、ダイビングで海三昧なので、
オーシャンビューじゃなくても、よしとします。

1人1泊3000円也。

と、なかなか、リーズナブルなお値段。
これで、自炊すれば、かなり安くあがりそう。

娘よ、パパは炊飯用土鍋持ってくぜ。
あと、うちの冷蔵庫にあるものも根こそぎ持ってくぜ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マジックナンバー3

以前、文学の師に言われたことがあります。

何かものごとを考えるとき、
3つの柱を立てるといい、と。

なるほど、3というのはおさまりのいい数字、
たとえば、3本足のイス。
2本足では立たないし、4本足ではガタガタするが、
3本足なら、常に安定します。

とかく、ひとは白か黒かで、答を出しがちですが、
グレーという答が、実世界では、最も多いものです。
だから、白か黒かの二者択一はよく行き詰まるのでしょう。

あれかこれかで迷い、にっちもさっちもいかなくなったら、
もう一つ、第3のものを加えて考えるといいのです。

あの時、ブッシュは言いました。
テロの味方につくか、アメリカ々の側につくか、と。
それで、アメリカの側について、痛い目を見た国がいくつあったことか。
もちろん、もっとも痛い目を見たのはイラクですが。

あの時、日本は、どちらでもなく、第3の道を選ぶべきだったのでしょう。
こう言えばよかったのです。

 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
 国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する

と、憲法9条を読み上げるだけでよかったのです。

たかが3分の1、されど3分の1。

つまり、この9条を変えさせないために、
国会議員の3分の1が必要なんです。
与党も最大野党も、これを変えようとしているのですから、
Love and Peace な第3極がいないと困るんです。

娘よ、1週間後は、Love and Peace な政党の勝利に祝杯をあげるぜ。
パパがおいしい精進料理つくってやるぜ。

ま、とりあず、今日は、その前祝いだ。

プッシュー。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南米ナイト

昨夜、突然、電話が鳴ったのです。
着信は、公衆電話。

相手は、デビッド君。
この春、結婚式に呼ばれ、カナダまで行って会った友達。

彼は、コンピュータのチップを作るエンジニアで、
テキサスから、東京に出張でやってきた、と。
明日には台湾に行くという超多忙ビジネスマン。

で、先ほど一緒にディナーを食べてきました。
残念ながら、娘は母親のところだったので、一人で行ってきました。

ペルー料理。
この町にあるんです。
もちろんペルー人がシェフの店。
壁には、マチュピチュやナスカの地上絵の写真が貼ってありました。

テキサスから来たということで、
テキサス出身のブッシュについて聞きました。
ご当地でも、人気はついに地に落ちたそうです。

アベシンゾーよ、次はお前の番だぜ。

さて、料理は、
豆の入ったごはん、ステーキやフライドフィッシュ、
ペルーの炭酸飲料やジャガイモの前菜も。
思ったより癖のない味付けで、おいしくいただきました。
今度、娘を連れて行くことにします。

娘よ、南米の魂を味わいに行くぜ。

え、パパはベジタリアンやめたのかって?
だから、デビッドに悪いから、つきあって肉食べただけだっつーの。
これが、国際交流だって。

それより、ママに選挙よろしくって、伝えておくれ。
だから何党に入れてって言うかは、わかってるだろ。
そんなこと、言わなくても、さ。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飲み会ドタキャンナイト

今日は、僕の学校の終業式。
大掃除をして、通信簿をわけ、
いよいよ明日から夏休み。

といっても、赤点補習や進学補習があったり、
部活動があったり、保護者面談があったりと、
まったくの休みというわけではないのですが、
それでも、やはり、夏休みというのはうれしいものです。

あのバブル期に、引く手あまたの中、この職を選んでよかった……。

で、今夜は、職場の同僚たちと反省会。
つまり、暑気払い、簡単にいえば飲み会です。

僕はたいてい飲み会には、
マンガを一冊買うことを条件に娘同伴で、
車で出かけ、もちろんノンアルコールで参加します。

今日、ふと思ったんです。

そうだ、キャンセルしよう、と。

で、思い切って、幹事に頭を下げ、ドタキャンを告げました。
返金はないよ、と言われましたが。

で、予定通り、バイオリンのレッスンに行き、
スーパーで買い物をして、
うちでドラえもんを見ながら、キッチンに立つ……。

この開放感!

今、あのアベシンゾーを倒す最大のチャンス、
酒なんか飲んで、くっちゃべってる場合じゃありません。

で、今日は、娘が母親のところに行くんです。
もうすぐ、迎えが来るはずです。

やはり、飲み会なんて行ってる場合じゃありません。

娘よ、ママとこの週末楽しんで来いよ。

え、パパはどうするかって?

ははは、仕事に決まってんだろよ。
シュフ作家には、うちでも休みはないんだって。

だから、うちに誰か来るなんてことも、酒を飲むなんてこともあるわけないだろ。

え、なんでさっき掃除機かけたかって?

ま、なんとなくだ。

さ、パパのことなど忘れ、いってらっしゃーい。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元ヤンじゃなくて

元ヤン先生こと、義家先生、
ずっと応援していたんです。

大きな声では言えませんが、実は同じ元ヤン教師として……。

ところが、義家先生、今回の参議院選挙で、自民党から出馬とか。
やらせタウンミーティングまでして教育基本法を変え、
愛国心を子どもたちに叩き込もうとするあの党から。
しかも、「集団的自衛権」(注1)を認めるとまで発言してる始末。
そうなると、もちろん、現実と矛盾する憲法(注2)改正も訴えています。

 注1 アメリカの戦争をお手伝いする権利
 注2 現実と矛盾してるからこそ、武力行使を許していない憲法

要するに、元ヤンとは、決して今もヤンキーの精神を持っているということではなく、
ただ、昔ヤンキーだったというボッケー(注3)のことなのでしょう。

注3 ヤンキーが言われて最も傷つく呼称

そういえば、僕の世代の不良少年は、
ヤンキーではなく、ツッパリと呼ばれていました。

ツッパるとは、強いヤツらに対抗すると言うことで、
マジメなヤツがビビって言えないことを、
代弁するのが大きな仕事でした。

義家先生、ありゃ、真のボッケーです。

今回の選挙では、自民党にガチンコでツッパる政党に勝ってほしいものです。

え、娘よ、パパは昔不良だったかって?

そんなことあるわけないだろ。
文学好きなガリ勉だったんだって。
それを、元ツッパリって言うんだぜ。

だから、近所で変な噂流すなよ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黄昏な散歩

今日、学童から娘を連れて帰ると、娘が言いました。

「どこか行くとこないの?」
「ないよ」
「スーパーとかは?」
「うちにあるもので晩ごはんはつくる」
「文房具屋は?」
「今のところ、必要なものはない」

娘は、先週末、新しい靴を買ったのです。
オレンジで、穴がたくさんあいたサンダルのような靴。
サンダルは学校に履いていけないので、試したいのです。

とりあえず、夕食前のまだ明るいうちに、
まだ投函していない手紙があったので、
ポストまで歩いていくことに。

黄昏時は、涼しくて、快適。
で、遠回りすることに。

ウォーキングではなく、散歩。
痩せるためとか、健康のためとかではなく、
目的もなく、ただダラダラと、
しゃべりながら、何度も立ち止まりながら、歩くのです。

うちのまわりは思ったより緑が豊富で、
そのことに、今さらながら、驚きました。
梅雨でたくさん水を得たせいか、緑に勢いがあります。

近所に、蓮池があるんです。
大きな丸い葉っぱに、大きな水滴が転がり、
ピンクの蓮の花がところどころに咲いていました。

田んぼや茶畑の中を歩きました。
エキサイティングな娘の小学校ライフの様子を聞きながら。
娘の靴は、とても履き心地がよさそうでした。

今日、一番驚いたのは、ストローくらいの太さのヘビ。
地面の上をニョロニョロ這って逃げていきました。

おなかが空いたと何度も言う娘とうちに戻ると、
電気をつけ、料理をつくり、テレビを見ながら夕食。
メニューは、玄米、れんこんフライ、サラダ。
こんな献立が、このごろ、おいしく感じるようになりました。

電気とガスと水、今日はとてもありがたく感じました。

娘よ、これが当たり前と思うなよ。

新潟へ → サイバーアクション!


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

オレについてくるな

僕がもっとも言いそうにない言葉、

「オレについてこい」

実は、かつて言ったことがある言葉。
愛する女性たちに。
ま、全員にフラれましたが……。

僕は教師ですから、ときに言わなくてはなりません。
有無を言わさず。
ま、たいてい、ついてきてもらえませんが……。

オンナはオトコについてこい、
国民は政府についてこい、
「愛」があるならついてこい……。

これがアベシンゾーたちの基本的スタンス。
戦後レジームから脱却して、
戦前レジームに突入するために。

ひとは、孤独で、不安になると、
ツイテコイというひとに惹かれたりもします。
自由から逃走して。

愛とは、自由と平等に基づくものですから、
ツイテコイというひとについていっても、
その偽りの愛はいつかなくなり、
けして、幸せにはなれないものです。

だから、
一緒に歩くというのがいいんです。
ともに顔を上げて、前を向いて。
これが、すこーし愛して、ながーく愛するコツ。

さて、今度の選挙では、とともに歩いてくれるような政党に期待です。

娘よ、しかし、子どもは大人についてくもんだろ。

だから、、皿洗いしとけって。

パパは召使いじゃないっ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初花火

今日は、午前中、僕の学校の野球部の応援に行ってきました。
県大会の1回戦。
娘は、野球のルールは知らないのですが、
ノリノリの応援で、退屈はしなかったようでした。
結果は、コールド勝ち。

その後、買い物へ。
娘の。
ボーナスが出たことがばれてしまったのです。
さんざん、連れ回され、娘は半ズボンとサンダルを買いました。
僕も何か買おうと思ったのですが、
結局、Tシャツ1枚と食材だけ。

枝豆を衝動買いしたんです。
で、うちに帰ると、早速、枝豆パーティ。
塩湯でして、冷まして、娘は麦茶、僕は缶ビールで乾杯。

だから、娘よ、パパは好きでビール飲んだんじゃないって。
冷蔵庫にあると邪魔だから、仕方なく片付けたんだから。

今日は、近所で、野外フェスが行われていました。
網戸越しに、ロック調の音楽が聞こえてきます。
娘は、熱心に聞き入っていました。
有名アーティストが来ていたようです。

僕はそんな音楽を聞きながら、シエスタ。

夕食は、空豆も衝動買いしたので、冷製スープを作り、
厚揚げとニラの甘辛炒め、トマトスライス、そしてそうめん。

食後のお茶を飲んでいると、ドーンと音が聞こえてきました。
僕たちはあわてて、ベランダへ。
野外フェスの終わりには、花火が上がるのです。

今年初の花火でした。

娘よ、だから、冷蔵庫の中の缶ビールが邪魔なんだって。
スペース空けなきゃ、入らなくなっちゃうだろ。

ップッシュー。

枝豆、残しときゃよかたったぜ。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嵐の後の静かな日曜日

台風4号、天気予報によれば、今日の昼頃、最接近とのこと。
そこで、兄と祖母を放っておくわけにはいかないと、
娘と二人で、昨夜から実家に行き、緊張しながら台風を待っていました。

ところが、昼頃になると、天気がよくなり始め、
これが嵐の前の静けさかと思っていたら、
そのまま快晴となり、台風はどこかにいってしまいました。

そこで、一安心した僕と娘は、
とりあえず、ネットカフェに行き、一休み。
僕は雑誌をペラペラ、「20世紀少年」の21巻も読みました。
娘は少女マンガをペラペラ、インターネットも少々。

2時間ほどして、また実家に戻り、娘はお習字。
僕の祖母が先生なんです。
月謝がタダで助かります。

僕は、娘にがんばれと声をかけ、シエスタ。

夕食は、ナスがあったので、味噌炒めにでもしようと思っていたのですが、
なんと、東京の金持ちの親戚が、高級和牛肉をクール宅急便で送ってくれたので、
祖母は、僕にそれを料理しておくれ、と。

娘は、焼き肉が食えるとあって、大喜び。

実は、まだ、ベジ生活続けてたんです。
だから、昨夜の寿司も、ちらし寿司はやめ、
納豆巻きとアボガドロールにしたのです。

とりあえず、包みを開けてみると、
見事なまでに霜降りの和牛肉。

つけあわせは、オクラの輪切りと、マイタケのソテー、プチトマト。
その肉は、軽く塩こしょうして焼いて、ニンニク醤油にドボンと味付け。

早速、みんなで和牛を食べました。
また、その肉の、美味なこと、美味なこと。
やわらかさ、まろやかさ、とろけるほど。

だから、娘よ、パパは仕方なく肉食ったんだって。
ほんとは、ナスだけでよかったんだけどさ。

うそじゃないって言ってるだろ。
だから、パパは肉のおいしさもわかるベジタリアンなんだって。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

インドカレーと西遊記な雨の休日

久しぶりにゆっくり眠り、目覚めると、
雨の休日。
好きなんです。

朝10時ころベッドを出ると、まだ眠る娘を放置して、
ホームベーカリーでナンをつくりました。
昨夜11時ころ、今日のブランチはインド・カレーと決めたんです。
深夜、僕はキッチンに立ち、シンガポールで買ったカレー粉の封を開け、
たまねぎ、にんにく、しょうがを炒め、
うちにあるスパイスを適当に入れ、枇杷ジャムも入れ、
大豆の水煮を使い、豆カレーを作っておいたんです。

さて、おなかが空いて、匂いにつられ起きてきた娘と、
限りなくランチに近いブランチ。

娘は、大の豆嫌いだったようで、
カレーのスープだけ、ナンにつけ食べていました。

「パパ、それでもおいしいよ」
「豆食え」
「いや」
「豆」
「むり」

娘よ、なぜこのうまさがわからんか?

午後は、映画を見に行くことに。

「西遊記」

いつも、娘が選ぶ映画を見に行くと眠る僕ですが、今日は完観。
孫悟空の言葉が忘れられません。

一人ひとりの人間は弱い。
しかし、ナマカがいる。
ナマカがいる人間は一番強い。

ナマカとは、仲間のこと。

なるほど。

三蔵法師のお言葉もなかなか。

「生きるとは、たたかうことです」

娘よ、ドイツの有名なユダヤ人も同じこと言っていたぞ。

万国の労働者よ団結せよ!と。

わかるか?

団結して、ガンバロー。

おい、ガンバローは?

だから、無視すんなつーの。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

赤点教師

このごろ、同情されているんです。
生徒たちに。

それは、今年から、教師も通信簿をつけられるようになったから。

今日、授業アンケートを教室でとっていたところ、
ある生徒が、みんなに言いました。

「かわいそうだから、ジロー先生にAつけてあげて」

常に仕事より家庭優先、
いい加減がよい加減、
がんばらないようにがんばる、
そんな僕が勤務成績がいいわけがない、
と生徒たちは思っているのです。

「ありがとう。でも、どうせダメだから……」

と、僕が一言ぼやくと、クラスは大爆笑。
赤点補習常連の生徒が言いました。

「やっと私たちの気持ちわかった?」

そう、わかりすぎるくらい、わかります。

どうも力が入らないのです。
アベシンゾーが、教育基本法を変え、
「美しい国」づくりをすればするほど、
力がスースー抜けていくのです。

ま、ヤツらの思うとおりにはがんばらないけど、
僕なりには、がんばろうと思います。
もちろん、がんばらないように、ですけど。

だから、娘よ、パパに同情するなって。
同情するなら、皿洗えって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カウントダウン

一学期も終わりに近づいてきました。
通信簿をつける作業で、忙しくなってきました。
終業式までは、あと数日。

いよいよ、夏休みまで、カウントダウンです。

といっても、今年は、三年生の担任なので、
そんなにヘラヘラもしていられませんが。

さて、参議院選挙も、カウントダウン。

僕も、できることくらいは、やろうと思っています。
僕は教職員なので、地位利用さえしなければ、できることもあるのです。

この前の衆議院選挙は、コイズミが「郵政選挙」だとか言って大勝。
郵政民営化すれば、きっと日本も変わると、多くのひとが投票したのでしょう。

しかし、その後は、アベシンゾーが首相になり、
教育基本法は変えるわ、
防衛大臣を誕生させるわ、
改憲の国民投票法は通すわ、
教育三法で学校をより締め付けるわ、
集団的自衛権(アメリカと戦争する権利)とか、
新憲法制定とか、言い出すわ……。

きっと、そんなことを思って、投票したひとは少なかったはずです。
天皇のために国民が命を捧げる「美しい国」なんて思ってもみなかったでしょう。

コイズミのふんどしで相撲をとるアベをこのままのさばらせておいたら、
本当に、戦争になります。

だから、なんとしてもLove and Peace な政党に勝ってほしいのです。
たとえ政権をとらなくたって、たしかな野党が必要です。

さて、夏といえば、バカンス。
こちらも、カウントダウン。
今日、娘のダイビングスクール入校を申し込みました。

娘よ、ニモが海の中で待ってるぜ。
あれなんていう名前だっけ?
オレンジと白のしましまの魚……。

ま、いいか。

まずはアベを倒してから、
この夏も完全燃焼だ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

完全な不完全か、不完全な完全か

教師は、不完全なほうがいいと思うんです。
生徒が、自分がしっかりしくちゃと、自ら成長していくからです。
もちろん、教師が何もしなくてもいいというわけではありませんが。
ま、どんなにがんばっても、完全な教師にはなれませんけど。
とにかく、教師は、不完全だという自覚と、謙虚さが大切だと思うんです。

「ぼくを探しに」は、僕の大好きな絵本の一つ。
パックマンのような主人公は旅に出ます。
自分の欠けているところにぴったりはまるかけらを探しに。
なかなか、自分にあうかけらは見つかりません。
大きすぎたり、小さすぎたり、もろすぎたり……。
ぴったりはまるかけらが見つかったと思ったら、
急に窮屈になり、そのかけらと別れてしまいます。
そして、自分は欠けたまま、旅を続けるのです。

つまり、ひとは誰もが不完全、何かが欠けたまま、
それでも欠けた部分を埋めようと、生きていくのです。

不完全ゆえ、愛しあえばあうほど、傷つけあってしまうこともあります。
特に、若い頃は。
不完全な相手に完全を求めては失望し、その繰り返しで。

お互い、不完全であることを認めあい、
許しあうのが、愛なのでしょう。
大人の愛。

不完全でいい、というわけではありません。
不完全であることを自覚しつつ、
永遠に、不完全と完全の間で、さまよい続け、
少しでも完全に近づこうとするのが人生。

だから、娘よ、パパの悪いところばっかり責めるなって。
親は、不完全なほうがいいんだぞ。
そうすれば、子どもは親を頼りにせず、しっかりするからな。

パパは、わざと不完全にしてるんだって。
つまり、完全な不完全。
ま、不完全な完全ともいうけど。

はいはい、開けたら閉める、出したら片づける、それっくらいはやるって。
うっさいなあ……。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シンプルに暮らしたい

シンプルに暮らしたいんです。
特にうちの中が散らかってくると、そう思うんです。

うちの中は、来客時以外ほとんど散らかっているので、
つまり、いつも、そう思っているんです。

いろいろ予定がつまり、怒りっぽくなっている時の僕のように、
いろいろモノが多すぎて、イライラしてくるんです。

時に、トラック一杯分くらい、いろんなモノを捨てたくなります。
なかなか、シンプルに暮らせないんです。
だから、シンプルに暮らしたくなるのでしょう。

僕は夏になると、なぜか俳句が好きになるのですが、
俳句は、いらない言葉をばっさり切り、必要最小限の言葉だけを残します。
すると、その言葉が輝き、世界を立ち上がらせるんです。
そんな暮らしが、理想です。

だから、娘よ、またいろいろ捨てようぜ。
大晦日の大掃除が、春休みに延期になり、
春休みの大掃除が、無期延期になったままだから、
この夏休みこそ、大掃除するぜ。
おぼえとけ、大掃除とは捨てるってことなんだから。

僕のうちは散らかっていますが、
一方、僕の人生は、いたってシンプル。
書くために生き、生きるために書く。
ただ、それだけなんです。
しかし、それにすべて入ってるんです。

娘よ、明日の朝食もシンプルでいいか?
ごはんと納豆だけ、とか。
文句言うと、晩ごはんもシンプルにするぞ。
玄米と味噌汁だけ、とか。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アートな時間

今日、学校で、たまたま美術の先生が出張で、
その教室に、自習監督に行くことになりました。

選択授業で、生徒はたったの6人。
素描という授業で、デッサンの勉強をするようです。
6人は、白い画用紙に向かい、鉛筆の線を何本も重ねていきます。
6人の見つめるものは石膏像。

もう完成に近づいているらしく、
僕が美術室に入り、自習だと告げると、
がっかりしたようでした。

「今日、大事なところなのに……」

自習は、多くの場合歓迎されるものなので、驚きました。
僕に絵など描けるはずもなく、
僕はただそこにいるだけだからです。

普段は英語を教えている生徒たちなんです。
きっと僕の授業の自習なら、大喜びしたでしょう。

突然、そのうちの一人が立ち上がり、離れたところに座ります。
しっかり描くように注意しようとすると、彼女が言いました。

「絵を描いてる時間と同じくらい、絵を見ている時間が必要なんだって」

なるほど。

入れ替わり立ち替わり、生徒たちは立ち上がり、
少し離れたところから、自分のデッサンを眺めます。

先ほどの生徒が僕に教えてくれました。

「近くで見ていいと思っても、遠くから見てダメなら、ダメなんだって」
僕は感心しました。
「反対に、近くで見てダメでも、遠くから見てよかったら、いい絵なんだよ」

小説に当てはめると、読んですぐいいと思っても、心に残らなかったらダメで、
読んでダメと思っても、ずっと心に残るものは名作ということでしょうか。

彼女は、しきりに美術の先生のことを話します。
先生は、美術が大好きで大好きでたまらなく、それが伝わってくる、と。
先生は、線路に落ちていた錆びた大きな釘を見て、
どうしてもそれが描きたくなり、
ついにその釘を拾ってきてしまったこともある、と。

彼女たちは、これまで描いた絵をいくつか誇らしげに見せてくれました。
たしかに、上達していることが分かります。

今日は、なんだか得をしたような気分です。
貴重なアートな時間を過ごすことができました。

娘よ、パパはただダラダラしてるわけじゃないんだって。
書いてるときと同じくらい、書いてないときも大事なんだから。

だから、目をつぶってるのは眠いからじゃなく、
目を開けたら近くしか見えないから、遠くを見てるんだって……。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

東京タワー

今日は、ちょっと東京に行ってきました。
日帰りで。
娘と。

僕は朝少しだけ早く起きて、玄米おむすびを作りました。
それをラップで包んで、
空のペットボトルに冷茶を入れて、
娘を起こして、出発。

新幹線の中では、
お互い好きな音楽をそれぞれのipodで聞きながら、
おにぎりのブランチをとり、
その後、読書したり、うたた寝したり、
時にイヤフォンをはずして、コミュニケーションをとったり。
意外に退屈せず、東京に着きました。

今日は、拙作の読書会があったんです。
文学仲間が集まり、文学を語る会。
読書会は午後2時半からだったので、
その前に少し東京見物をすることにしました。

「どこ行きたい?」
「東京タワー」

娘は、他に知らないのか?

で、東京タワー登ってきました。
僕は二回目だったのですが、
娘は初めてだったので、大喜び。
娘は、ママへのお土産と、自分のためのキティ・シャーペンを買い、
二人で、チョコバナナクレープを食べました。

その後、読書会。
娘は僕の隣で、チャレンジをやったり、
「魔女の宅急便」2巻を読んだり、
机に顔を伏せて眠ったりと、
静かに2時間を過ごしてくれました。

読書会の後は、文学仲間と、バーミヤンで食事、
その後、仲間と別れ、僕たちは恒例の小物ショッピングへ。

娘は、マンガ2冊に、シールと便箋、
僕は、さんざん迷い、旅行鞄の中に入れる分納小物入れ。

娘よ、パパは、不完全燃焼だぜ。
ところで、ヘソクリ、いくら持ってるんだ?

そして、帰りの新幹線、
僕はぐったり疲れ、娘はそれほどでもなく、
またお互いの時間を過ごしました。

で、娘よ、12月には、修学旅行で東京タワー行くんだろ?
なんで、今日、東京タワー行ったんだ?
これも予習か???

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベジタリアンになっちゃおうかな宣言

実は、ここ三週間ほど、ベジタリアンな食生活なんです。
肉と魚は、ほとんど食べていません。

ベジタリアン友が、うちに一週間滞在したとき、
つきあって、ベジ食生活をしたのですが、
不思議なことに、それで味覚が変わったようで、
ベジ友が帰ってからも、ベジ食が続いてるんです。
なぜか、あんなに好きだった肉に、興味がなくなってしまいました。

いっそのこと、ベジタリアン宣言しようかとも思ったのですが、
またがんばると続かないのは目に見えているので、
がんばらないようにがんばることにしました。

もちろん、娘は、肉食獣。
だから、おかずを二種類作ることもあります。
玄米も、圧力鍋で炊いて、ちょくちょく食べています。
毎回だと、また娘が反乱を起こすので、飽きない程度に。

何ごとも、押しつけてはいけません。
好きなものでも、押しつけられたら、嫌いになるものです。

今、本当に、ベジなものがおいしく感じるんです。
だから、ベジタリアンになるというわけでなく、
ただ、好きなものを食べていて、
それがたまたまベジなものというだけなんです。

娘よ、肉食獣の娘よ、こっちのごはんはおいしいぞ。

え、だから、今日、パパが焼き肉屋に行ったのは、
つきあいでしかたなく行ったんだって。
行きたくなかったんだけど、さ。

え、うまかったかって?

うまかった……。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

勝負の夏

実は、昨日、本気(マジ)で泳いだんです。

ずっと前に、運動神経抜群の女子生徒に訊かれたんです。

「先生、泳げるの?」
「まあね」

もちろん、泳げます。
速くはないけれど。
いちおう、バッタ、バック、平泳ぎ、クロールの4種目くらいは。

「じゃ、先生、私と勝負しようよ」

彼女は、運動部の部長で、体育委員長。
ちょっと負けそうな気がしました。
そこで、まさか4種目は泳げないだろうと、
「じゃあ、個人メドレーならね」
と、軽く言ったら、
「オーケー、じゃ、いつやる?」
と、勝負することになってしまいました。

彼女は、水泳部員ではないものの、
かつてはスイミングスクールに通っていたとか。
それにしても、生まれながらの勝負師の風格。

で、昨日、勝負の日になってしまいました。
20歳以上も僕が年寄りで、
それに、運動不足とメタボという三重のハンデ。

この日のために練習を、
とは思ったのですが、
結局は練習はしませんでした。

勝負は、100m個人メドレー、4種目を25mずつ。
水泳部員と、彼女の応援団に囲まれ、マネージャーの笛でレース開始。

最初のバタフライ、調子がよかったんです。
ここで差をつけ、得意のバックでその差をキープ。

そして、後半。
それまでとは、違う世界が待っていました。
ガクンとスピードが落ち、全身が重くなり、息苦しくなってきました。
もう勝負から逃げてしまいたくなる衝動に駆られながら、
必死に最後のクロール。
腕が上がらなくなってきましたが、
まだ、彼女の姿は横に見えません。
苦しさはさらに増し、気持ちが切れかかった頃、
ようやく、ゴールタッチ。

僅差の勝利。

これまで、水泳部監督として、部員たちにレースの前に言ってきました。
後半は必ずつらくなるから、気持ちで後半勝負、と。

しかし、しかしです。
こんなに後半がつらいとは、思ってもみませんでした。
こんなにも気持ちで負けそうになるとは、知りませんでした。

その勝負の後、水泳部員たちが、急に輝いて見えました。

昨日から、我らが水泳部は新チームとして練習を開始。
テーマは、後半勝負できる体力と気力とチーム力をつけること。

まだ、夏本番は、これから。
今年も熱い夏になりそうです。

さ、娘よ、バカンスの計画そろそろ立てようぜ。

え、勝負の夏じゃないのかって?

だから、誰にも負けないステキなバカンスを過ごすんだって。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鈍感力を持った、話を聞かないひと

先日知って驚いた数字、18回。

それは、アベ内閣の強行採決の回数。

母が、よく言うんです。
「偉いひとと偉くないひとの違いは、ただ一つ」
それは、ひとの話を聞くか、聞かないか、だと。

もちろん、話を聞くのが偉いひと。

だから、アベシンゾーは、最悪なんです。
鈍感力なるものを兼ね備えた、筋金入りの話を聞かない人。

たしかに与党の議席数は多いのですが、
それはアメリカの財界の圧力に屈したコイズミのペテンで得た議席。
税金を一円も使っていない郵便局を、
税金の無駄遣いと悪者に仕立て上げて。

そのコイズミのふんどしで相撲をとったアベシンゾー。
ひとの話は聞かない、聞かない。

やらせタウンミーティングまでして、教育基本法を改悪、
防衛庁を省に昇格させ、初の防衛大臣を誕生させ、
改憲のための国民投票法に続き、、
愛国心・国家主義的教育をいっそう進める教育三法も成立させ、
おじいちゃんが活躍した戦前へ、逆に突き進んでいます。

そして、アベシンゾウが狙う「集団的自衛権」
それは、みんなで日本を守る権利ではなく、
アメリカと一緒に戦争をする権利。
今のところ、憲法9条が、なんとかそれをストップしていますが、
なぜそんなにアメリカの戦争のお手伝いをしたいのでしょう?

もしかしたら、おじいちゃんが、
戦犯としての死刑は許してもらった御恩を、
アメリカに返そうとしているのかと、疑ってしまうほど。

さて、次の参議院選挙、
改憲・加憲政党と改憲準備政党で、
3分の2の議席をとらせてしまうわけにはいかないでしょう。

我々は、微力だが、無力ではない。

娘よ、できることをまずする、それが大事だぞ。

え、パパはひとの話聞かないって?

そんなことはない。
モモの話を聞かないだけだって。
よそじゃ、ちゃんと聞いてる。

うちはうち、よそはよそ、だけにな。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大人の、大人による、大人のための休日

今日は、先週末の休日出勤の代休で、平日の休日。

朝ごはんを娘と食べ、娘を送り出し、
僕の、僕による、僕のための、僕だけの休日となりました。

まず、ベッドに戻り、読書。
そして、二度寝。
とても、幸せでした。

目覚めてから、多少、片づけと掃除をしました。
最近、娘がうるさいんです。
うちの中が散らかってるから落ち着かない、などと。

娘よ、そう思ったら、自分が掃除しろっつーの。
家事は、先に気がついたひとがやるんだってーの。
パパは、召使いじゃねえっ。

で、僕のモノだけ片づけました。

それから、いろいろとおつかいに。

ようやく、待ちに待ったボーナスが出たので、
まず、冬物をドカンとクリーニングに出しました。
その後、銀行に行き、様々な支払いを済ませました。

昼は、禅寺で、精進料理を食べることにしました。
先日、アメリカ人のベジ友が、食べにいっておいしかったと言ったので。
山あいの静かな寺、参道を上っていくと、
予約なしでは食べられない、とのこと。

ベジ友よ、どうして食べられたんだ?

しかたなく、うちでごはんを食べることに。
街で一番大きなスーパーでちょっと買い物をして、
文房具屋に寄り、200円万年筆を衝動買い、
本屋にも寄り、ベジ料理の本を一冊買って、帰りました。

ちなみに、ランチは、ベジ友に教わったトマトのパスタ
パスタは、今日買ったオーガニック全粒粉スパゲッティを。
この頃、これが毎日のランチでもいいくらい、やみつきになっています。

午後から、雨が降り出しました。
あわてて、干していた布団をしまい、
その後、しばらくベランダの緑たちを眺めていました。
この季節、雨の音を聞きながら、緑を眺めるのが好きなんです。

午後3時、娘が帰ってきました。
今日は、学童を休んだんです。
そして、焼き上がったばかりの抹茶クッキーで、ティータイム。
紅茶を飲みながら、娘の今日一日の学校の詳しい報告を聞きました。

特に何をしたというわけではないのですが、
こんな一日もたまには必要なようです。

で、娘よ、今度の休み、あの禅寺に精進料理食べに行かね?

おい、無視すんなって。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スモール・ライフ

先週末は、高級車に乗っていたんです。
水泳部の遠征で、レンタカーを借りたために。
8人乗りの普通のワンボックスを頼んだのですが、
ちょうど、そのクラスの車が店になくて、
最高級クラスの大きな車を、普通の車の料金で借りることができました。

ちょっと娘を乗せたら、大喜び。
僕の運転中、車の中を行ったり来たり。
「大人になったら、この車買うから」、と娘。
たしかに、この車で旅に出たら、快適でしょう。

その高級車を返した今、またいつもの軽自動車に乗っています。
やはり、僕にはこちらのほうが快適。
小回りが利き運転しやすく、燃費も税金も断然安く、駐車も楽ちん。
なんといっても手が届く等身大な感じがいいんです。

まさに、スモール・イズ・ビューティフル。

家も、小さい方が好きなんです。
家族はいつも声の届くところにいるし、
それに、だいたい、掃除が楽ちん。
シュフ歴5年3ヶ月の僕は、いまだに掃除は苦手。

恐竜は大きくなりすぎたから、絶滅し、
会社も大きくしすぎて、よくつぶれます。

我が家の家族構成は、二人と最小ですが、
これも、物事は早く決まるし、とにかく自由で、楽ちん。
「行ってみる?」「いいね」で、すぐに出かけられますから。

やはり、スモール・イズ・ビューティフル。

等身大が、一番、楽ちん。

娘よ、日に日に大きくなる娘よ、もう大きくなんなくていいよ。
大きいのは、その態度だけで充分だから。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏支度

今日も30度を越える暑い日となりました。

僕は、夏が大好きなんです。

子どものころ、運動音痴な僕に見かねて、
教育ママと親戚中から呼ばれていた母が、
僕をスイミングスクールに入れたのです。
一つくらいは、運動で得意なものを持たせよう、と。
それで、水泳だけは得意になり、夏だけは、いい思いができたのです。

それから、ずっと、僕は夏が一番好きなんです。

夏になると、持ち歩くものがいくつかあります。

まず、扇子。
教室は、エアコンがなく、暑いんです。
ネクタイは、この頃つけないのですが、
狭い教室には生徒がぎっしり、熱気がこもっています。
だから、扇子は必需品。

それと、「俳句歳時記・夏の部」
夏の季語が辞書のように調べられ、
いくつかの俳句とともに入っている本。
適当に開いて、俳句を読むと、心が涼しくなります。

うちは、来客時以外、クーラー禁止なんです。
毎年、大学時代にもらった扇風機一つで、乗り切っています。
クーラーをつけないのは、娘も僕も、クーラーのない学校に通うから。
もしクーラーに慣れてしまったら、昼間がさらに地獄になりそうで、コワイのです。
それに、エコですから。

娘よ、今年の夏も、熱くいくぜ。

え、パパが一人の時、クーラー使ってんじゃないかって?
ははは、そんなわけないだろ。

娘よ、もう寝たか?

ピッ。

よし、これならお客さんが来てもクーラー使えるな。
試運転しとかなきゃ。


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

We did our BEST.

ついに、6月が終わりました。
6月は、僕の1年で一番忙しい月。

ここ1ヶ月で、土日の水泳大会が、三つ。
今週末も、娘を、母親に託し、部員たちとたたかってきました。

今日も昨日も、超早起き。
そして、超遅寝。
僕は、明朝早く起きなくてはならない夜にかぎって、目が冴えるタイプ。

水泳部の三年生は、高校時代のすべてのレースを、今日終えました。

これは自信を持って言えることですが、
僕は、まったく運動部監督に向いていないタイプ。
おそらく、ナメられ度は、県下ナンバー1でしょう。

そういえば、今日引退した部員たちには、
僕が怒られたことはあっても、
僕が怒ったことは一度もありませんでした。

部員たちは、こんな情けない監督の下、
常に練習で手を抜かず、
ベストを出し続けることを決してあきらめず、
最後の最後まで泳ぎきりました。

自分にきびしい一方、僕にはやさしく、Do Our Best.
中学の水泳部時代、サボり魔だった僕には、できすぎた部員たち。
まったく、たいしたもんです。
先生と呼ばれるのが、恥ずかしくなります。

僕は、誰かにいばられることが大嫌い。
僕の人生の脚本主演監督を誰にも譲るつもりはありません。
だから、僕にもいばらず、誰とも対等に接しようと心がけています。
ま、しかし、学校で、特に生徒相手には、これが裏目に出ることが多いんです。
まちがいなく、指導力不足教員。

しかし、たまにこれがうまくいくんです。
自ら考え、自ら律し、自らの足で立つ生徒が、本当にたまに育つんです。
これからの日本をきっと支えてくれるような。

部員たちよ、日本の将来はまかせた。
今度は、僕がついていくよ。
明日からはきびしい練習から解放され、高校生活の最終楽章。
廊下で僕を見かけたら、たまには話しかけておくれ。

おっと、娘よ、ママんとこで楽しんでるか?

だから、せっかくプリペイド携帯買ってやったんだから、
パパのメールに返事しろっつーの。

で、いつ帰ってくんの?
今夜か、明朝か?

ま、パパも二日間がんばったということで……


プッシュー。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »