« November 2006 | Main | January 2007 »

この一年

この一年間、僕個人としては、幸せだったんです。

家族はみな、心身ともに健康なまま、今日この大晦日を迎え、
一年半の長編小説連載もなんとか最終回までたどりつき、
毎日ブログも書き続け、
昼間の仕事は、いい加減がよい加減で、大過なくこなせ、
娘といろんなところを旅して、
多くのひとと出会うことができ、
芸術至上主義で、感動を主食として、
たまにはデートなこの一年。

小さな幸せを、毎日、見つけられたんです。
つまり、これが大きな幸せなのでしょう。

本当にいい年でした。

しかし、防衛大臣が誕生し、
教育基本法が「改正」され、
戦争へまた大きく一歩踏み出した一年でもありました。

国内では、格差はさらに広がり、
イジメ問題も深刻になりました。

自分だけよければよいのなら、
僕は来年も幸せでしょう。
おそらく、再来年も。
自分の小さな世界にこもり、外界に目をつぶればいいのですから。

しかし、娘よ、パパがそんな幸せに満足するわけないだろっ。
来年も、いっしょにたたかうぜ。
たたかうってことは、ケンカすることじゃない。
あきらめないってことだ。
何をあきらめないかだって?

そりゃ、決まってんだろっ。
そう、Love & Peace だ。
もう千回以上言ってきたんだから。

Love & Peace^^v

今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

大掃除終わる

今日も、大掃除。
しかし、いろいろあって始めたのは、昼過ぎ。
しかも、途中、親子で美容院で髪を切ったり、
その帰りに、ごはんを食べに行き、
そこで、食後、ポケット将棋で一局打ったりしていたので、
あっという間に暗くなってしまいました。

山登りには向く僕ですが、
大掃除には向かないようです。

それでも、今日はネバーギブアップでした。
まず、掃除機を、いつもかけないところまで、かけまくりました。
電子レンジや引き出しの中まで。
そして、ガラス拭き。
それから、下のレールの掃除。
家中をやると、けっこうな労働です。

娘は、書き初めをやってから、服やマンガの整理。
途中、すぐにマンガを読み出すので、
なかなか進まず、僕を何度も怒らせました。

「パパは、このごろ、すぐ怒るんだから」、と娘。

娘よ、怒るよっ。
ったく……。

僕は、最後にキッチンをピカピカに磨き上げました。
キッチンは、シュフの主戦場、世界の中心。
手を抜くわけにはいきません。

油汚れには、洗濯用液体石鹸がいいようです。
泡立てて、スポンジの固い面でこすると、すぐにとれます。
シンクの水垢は、お酢プレー。
酢と水を1対2、スプレー容器に入れたもの。
吹きかけて、スポンジで擦り、雑巾で拭きとります。

娘は、小さなマイ洗濯板を持っていて、
雑巾を張り切って何枚も洗ってくれました。

やりたかったことの3分の1もできないうちに、
今年のうちの大掃除は終了となりそうです。

僕は、明日、実家の大掃除を手伝うつもりです。
娘は、明日は昼間で寝て、母親とディズニー・シーで年を越す予定。

さ、娘よ、ベッドルームをホームシアターにして、
スター・ウォーズⅢとⅣ、見ようぜ。

え、今から?
そう、今からだ。
夜中の12時過ぎても、関係ない。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大掃除始まる

ついに、心を決めて、大掃除を始めました。

僕は、道具から入るタイプなので、
掃除用ブラシとゴム手袋と埃よけのマスクを買ってきました。

今日、娘も張り切って、風呂場やトイレを掃除しました。
僕は、とりあえず、お節料理の中華風豚角煮を準備して、
洗い物や、たまったアイロン、
そして、昼飯なのか夕飯なのかわからない食事を作りました。

気づけば、あっという間に夕方になってしまいました。
ガラス拭きやベランダの片づけもしようと思っていたのに、
暗くなってしまったので、今日は終了。

娘よ、明日があるさ。

しかし、明日はさ、
昼近くに起きて、ベッドに入ったまま、
ブランチしながら、ホームシアターでDVD見るのやめようぜ。
スターウォーズⅠとⅡ、2本は見すぎだ。
明日は、スターウォーズⅢ、1本だけにしようぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

人生は登山であり、登山は人生である

今日は、昨日天候のため順延となった登山に行ってきました。

登山と、いっても、上りが1時間半、下りが1時間ほどのもの。

この登山は、毎年、12月27日、つまり、僕が一つ年をとるたびに、
水泳部員をつきあわせて行うイベント。
もちろん、娘も連れて行きます。

最近、映画三昧の僕は、運動不足のためすこし不安だったので、
昨日、たまたま通りかかったスポーツ屋で、杖を買いました。
グリップにストラップがついていて、三段伸縮式のなかなかのもの。

最近、料理もさぼり気味で、弁当はコンビニで買いました。
カップラーメン、おにぎり、野菜ジュース、粉末ホットレモン、
そして、登山には欠かせないらしいチョコ。

部員を引き連れて、登るつもりが、
すぐに最後尾になり、
娘に励まされながら登りました。

去年もこんなつらい思いをしたことを、すっかり、忘れていました。
今日は、杖があって、三本目の脚となり、本当に助かりました。

水泳部員たちは、おしゃべりしながら、スイスイ前を行き、
僕は、無言で、息を切らしながら、一歩ずつ進みます。
娘は、先頭集団についたり、僕の様子を見に来たり。

途中、僕が部員に声をかけて、二回、休憩しました。
その時飲んだ冷たい緑茶のおいしいこと、おいしいこと。
うちで飲んでも、なんとも思わないのが、不思議でした。

ようやく、頂上に着くと、僕たちの住む街を見下ろすことができました。
残念ながら、うっすらと雲がかかり、富士山と海は見渡せませんでしたが。

キャンプ用コンロで、お湯を沸かし、
娘とカップラーメンを食べました。
部員たちにうらやましがられながら、
山頂で食べるラーメンの美味なこと美味なこと。
部員たちがかわいそうになったので、ホットレモンは飲ませてあげました。

帰りは、いつも、あっという間に、下山できます。
行きのつらさもすっかり忘れて。

山男の同僚に聞いたことがあります。
山に向く人と向かない人の違いを。
いいことばかり覚えている人は、山に向き、
悪いことばかり覚えている人は、山に向かないと。

もちろん、今、僕の頭の中は、
カップラーメンのおいしさと、
山頂からの絶景のことしかありません。

だから、僕は山に向く人。

娘よ、またそこらの山に行こうぜ。
だから、疲れるとか言うなって。

いいか、人生は、登山だ。
嫌なことは忘れ、いいことばかり覚えておく。
わかるか?

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

民主主義合宿

今朝、娘と目覚めたのは、僕が勤務する学校。
昨夜から、僕が顧問の生徒会本部の一泊合宿、
合宿所に生徒たちと泊まり込んでいたのです。

僕が考える合宿のテーマは、民主主義を学ぶこと。

で、何をしたかというと、まず自炊です。

メンバーたちは、夕食のメインテーマを決めます。
で、イタリアン・ナイトということになりました。
そして、4つチームを作りました。
チーム・レッド、チーム・グリーン、チーム・ホワイト、チーム・ブラウン。
それぞれ、その色のイタリアンを作ることになったのです。

買い出しリストを作り、買い出しに行き、早速、調理開始。
娘は、チーム・グリーンに入れてもらいました。
そして、一時間もすると、色鮮やかな料理がテーブルに並びました。
サラダ、ミートソース、和風キノコパスタ、カルボナーラ。

どれも、おいしくできあがりました。
この頃では、男子も家庭科を習っているので、なかなかの腕前です。

僕は何をしていたかとうと、厨房をぐるぐる歩き回り、
ときに、質問に答えたり、味見をしたりするだけ。

だから、娘よ、パパは楽してたんじゃないって。
みんなが自分たちで話しあって助けあえるように、黙ってたんだって。
そうそう、チーム・グリーンのサラダうまかったぜ。

きっちり片づけをして、翌朝のごはんの仕込みをして、次はディスカッション。

僕が出したお題は、
「ドラえもんのキャラで誰が生徒会長向きか順位づけをせよ」
まず、メンバーが一人ひとり、順位をつけ、
次に、グループで話しあって、順位を決めるというもの。
1番は、静香ちゃんとなったのですが、
ドラえもんとジャイアンのどちらがいいか、
熱い議論が深夜まで続きました。

僕は何をしていたかというと、
議論を黙って聞いていて、娘に宿題をやらせていました。

ディスカッションの後、
娘は、僕がプレゼントしたたまごっち版人生ゲームで、
生徒たち数人を巻き込んで、遊んでいました。
こちらも盛り上がったようです。

娘よ、いいの買ってもらってよかったな。
DSより、いいんじゃね?

朝、そうとう眠そうだったメンバーたちは、ちゃんと起きて、
掃除組と朝食調理組に別れて、働いていました。
いつも休みは昼まで寝ている娘も、早起きして、手伝いました。
そして、焼き魚と味噌汁の朝食をとり、
合宿所を来たときよりも美しくして、解散となりました。

娘よ、パパはなんだか疲れたよ。
え、何もしてないじゃんって?
だから、何もしないからいいんだって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

途中下車の小冒険

昨日、映画には、電車に乗って行きました。
目的地の県庁所在地の二つ前の駅あたりで、
海が見えるんです。

一度も降りたことのない駅。
この先も降りることはなさそうな駅。
おそらく、その駅から海は近いのでしょう。
昨日は少しの間だけ見える海を見ながら
ずいぶんと海に行ってないことに気づきました。

で、映画が終わると、昼食もとらずすぐ電車に乗りました。
切符は、県庁所在地から二つ先に行ったところまで。

その駅では、乗り降りするひとはほとんどいませんでした。
小さな駅でした。
駅前には、そば屋と写真館と魚屋しかない、静かなところ。
歩いているのは、ほとんどお年寄りか前掛けをしたご婦人たち。
突然、自転車に乗った高校生が歌を歌いながら走ってきたので、驚きました。

駅からまっすぐ南に歩くと、
5分で海に着きました。
天気はよくて、風はなく、あたたかくて、
防波堤に座り、しばらく波の音を聞いていました。
遠く左には、風車がまわっていました。
遠く右には、ぼんやり海を眺めている人がいました。

おなかが空いたので、駅前のそば屋に入りました。
老夫婦が、DSで遊ぶ孫を見ながら営む店。
上箱天そばを食べ、そば湯もちゃんと飲んで、
また外に出て、路地を覗くと、小さな喫茶店がありました。

その日は娘を早く学童の迎えに行く約束をしていたので、
長居はできなかったのですが、ちょっと入ってみました。

店内は、シックな和で統一されたセンスのいい雰囲気。
マダムと少しおしゃべりをしました。
独特な器は、マダムが陶芸教室で焼いたものでした。
テーブルクロスなどもすべて手作り。
夫を亡くし、三年ほど前に、娘の近くのこの地に店を出した、と。
近くに小さな畑を借り花を育てるのが楽しみで、夫の墓に持っていく、とも。

この駅で、ふらりと降り、一人で海を見に行き、
帰りにここでコーヒーを飲んでいく女性がけっこういるそうです。
「女性が一人で入りやすい」のが店のテーマとか。

あっという間に時間は過ぎ、マダムに再会を誓い、
わずか2時間ほどで、海辺の町を後にしました。

誰かにこの小さな冒険のことを話したくなりました。
でも、あまり話さないほうがよさそうです。
きっと話を聞くだけでは、つまらないでしょうから。

娘よ、誰にも教えないようにしようと思ったけどさ、
やっぱり教えてやるぜ。
今度、連れてってやるよ。

だから、何もないから行きたくないとか言うな。
バカンスは、何もないって意味なんだぜ。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとりぼっちし放題のXmas

今朝、連日の夜更かしでなかなか起きない娘に一言。

「おい、大変、なんかあるぞ」

娘の食卓のイスには、クリスマスプレゼント用包装の大きな箱。
娘は、めずらしく、包装紙を丁寧にはがします。

「やったー、パパ、ありがとう」

だから、娘よ、一瞬でも、「サンタからかも」って思えって。

箱の中身は、娘がずっと欲しがっていたたまごっち版人生ゲーム。

「これで、友達来ても遊べるよ」

僕ははっきりと言いました。

「それは、クリスマスプレゼントじゃないから」
「はいはい、小説の出演料でしょ」

そして、娘は、学校に行きました。

お金の一番いい使い方は、社会のために使うこと。
次にいい使い方は、自分のために使うこと。
ダメなのは、子どものために使うこと。

と、どこかで聞いたことがあります。
だから、僕は、娘を送り出してから、出かけることにしました。
よりよくお金を使うために。
そう、自分のために使うために。

一人で。
娘が学校にいっている間、一人ぼっちし放題です。

まず、県庁所在地まで行って、映画を見ました。
「敬愛なるベートーヴェン」
ブラボーな映画でした。
みっともない人生を生きたベートーベンですが、
苦悩を突き抜け、歓喜にいたり、
名曲を作り、永遠の生命を手に入れたのです。
僕も魂を込めて小説を書くぞ、と決意。

パンフを買って、その感動の余韻に浸りながら、
大きな文房具店へ。
僕は文房具が大好きなんです。
僕のためのプレゼントを買いました。
高級な文房具。
胸のポケットに入るサイズのシステム手帳。
僕はメモ魔なんです。
これで、毎日、幸せメモメモ生活が送れます。

帰りは、ちょっといいところに立ち寄りました。
こちらのレポートは、また明日にでも。

さ、娘よ、たまごっち人生ゲームやるぞ。
え、明日学校だって?
そんなの関係ねーぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)>  → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんということもないイブな日曜

今日は、なんということもない一日を過ごしました。

すでにおととい、クリスマスパーティを済ませ、
昨日は、実家でも、ビーフシチューとクリスマスケーキをふるまったので、
今日はいつもの日曜日と変わらない休日となりました。

実家で、目覚め、祖母の味噌汁の朝ごはんを食べ、
兄は、今日、デイケアに行き、
娘はひいおばあちゃんから書道を習い、
母はなんかのパーティにでかけ、
僕は、父を手伝い、店に出ました。

夕方、娘と、ネット&マンガ・カフェに行きました。
僕たちは、大好きなんです。
今日は、ペア・ソファー席で、マンガを読みまくりました。
ドリンクバーがあって、テレビも見ることができます。
極楽、極楽。

夕ご飯は、祖母が、とろろ汁を作ってくれました。
とろろ芋をすって、鯖のダシの味噌汁を混ぜ、
それをごはんにかけて食べるのです。
とてもおいしかったのですが、娘は嫌いなのです。
だから、娘だけ、おそうざいの骨付きチキンを食べていました。

夜、兄をデイケアに迎えに行き、
途中で、缶コーヒーを一本飲んで帰り、
一緒に風呂に入って、髪を念入りに洗ってあげました。

さきほど、実家から帰ってきたのは、11時近く。
玄関には、娘のプレゼントが、母親から届いていました。
絵本や靴やお菓子……。
僕からのクリスマスプレゼントがない娘は、「いいでしょ」と大喜び。

娘よ、パパはもうクリスマスプレゼントちゃんとあげたから。
秋に折り畳み自転車を。
「クリスマスプレゼントいらないから買って」と言ったよな。
パパは忘れないぜ。

しかし、幸せそうな寝顔で眠る娘よ、
パパはちゃんとプレゼント用意してあるぜ。
そろそろ、枕元に置いてやるかな。

だけど、これはクリスマスプレゼントじゃあない。
パパの長編小説連載終了記念プレゼントだ。
モデルに使わせてもらったから、そのお礼だ。

また、モデルに使わせてもらうから。
そこんとこ、夜露死苦っ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ビーフシチューなイブ前夜

昨日作ったビーフシチューは、われながら、絶品でした。
ただ、デミグラソースの缶詰を買ってきて、
その缶に書いてあるレシピどおり作ったのですが。
手間ひまと愛情をかけたのがよかったのでしょう。

ビーフシチューは、僕が子どものころ、特別な料理でした。
父が、気まぐれに、年に一回か二回しか作らないもの。
鍋の中に、木の葉が入っていて、
なぜ、そんなものが入っているか不思議だったのを覚えています。

すし職人の父が作る唯一の洋食。
母も祖母も作れなくて、
父だけが作る聖なる料理。

たまに父と二人で外食するときは、
いつも同じレストランで、ビーフシチューを食べました。
ほうれん草のソテーもいっしょに。

僕は男は大人になったら、
レストランではビーフシチューを食べ、
年に1回は自分でビーフシチューを作るものだと思っていました。

僕がビーフシチューを作るようになったら、
父はもう作らなくなってしまいました。
引退したようです。
今は、食べて感想を言うだけの、評論専門に。

たくさん残ったので、今日はそれを実家に持って来ました。
もちろん、ほうれん草のソテーもいっしょに。
家族はみな喜んで、「レストランみたい」と言って、食べました。

「これっくらいの味が出れば、いいなあ」とは、今回の父の評。

ようやく僕も「大人の男」になれたようです。

娘よ、だから、ニンジンだけ残すから、いやになるんだって。
「先にやなこと」っていつも言ってるだろ。

え、昨日も今日もビーフシチューだって?
文句言うと、明日もビーフシチューにするぞ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマス支度な昼下がり

今日は、午前中、赤点をとった生徒たちに補習。
少人数で、じっくり教えれば、生徒たちはスイスイ学ぶものです。

生徒たちよ、追試、グッドラック!

そして、午後は、休暇をとりました。
今夜は、少し早めのクリスマスパーティ、
とても仕事なんかしてられません。
シェフは、買い物や、掃除や、料理で忙しいのです。

今、食材を切ったり、炒めたりして、鍋でコトコト煮ています。
今夜のメニューは、ビーフシチューとキャロットスープ。
シャンペンも、娘用のクラッカーのおまけ付きのシャンメリーも買ってあります。
ケーキは、シングルママフレンドが、焼いて持ってきてくれます。

お酒も買って、冷蔵庫の奥の見えないところに、隠してあります。

娘よ、子どもは早く寝ろよ。

部屋の中が、鍋からのおいしそうな香りで充満してきました。
バッグ・グランド・ムービーは、古いフランス映画「冒険者たち」
音楽がもの悲しくて、柔らかいフランス語が心地よく響きます。
子どものころから、もう何度見たかわからない映画。

そろそろ、ビーフシチューできあがり、娘が帰ってきます。

娘よ、手伝ってくれ。
掃除まだだから、さ。
今夜は、うまいもの食べて、楽しもうぜ。
もちろん、映画も見るぜ。

だけど、早く寝ろよ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

忘年会な夜

今日で、僕の学校の2学期が終わりました。
通信簿を生徒たちに渡しました。
で、夜は、忘年会。

娘を、娘の母親に預け、大暴れしようと思ったのですが、
残念ながら、彼女の仕事が忙しくて、子連れで参加。

娘との契約通り、忘年会の前に、本屋へ。
「りぼん 超びっくりお正月大増刊号 1032P」を買わされました。
僕が子連れで飲み会に出るのは、うちの職場ではもう見慣れた風景。
同僚たちは、「今日のマンガは厚いねえ」などと娘に声をかけてくれます。

「飲むなよ」、と娘。
「うっさい飲まねえって」、と僕。

娘は、僕が酔っぱらうところを見たくないようです。

僕は、基本的に、飲まないんです。
もともと、酒も強い方ではないので。
それに、飲むとなぜか鼻がつまるんです。

晩酌もめったにしません。
僕にとって、うちに帰ることは、出勤するも同じ。
家事&執筆活動、そんな大事なときに飲むわけにはいきません。

僕はモットーは、「うちで本気(マジ)」ですから

忘年会恒例の抽選会、
娘がクジを引くと、
なんと図書カード500円分が当たりました。
娘は、またもう一冊マンガが買えることになり、大喜び。

同僚たちが、二次会に出かけるのを見送り、僕たちは9時帰宅。

さ、娘よ、バイオリン練習しようぜ。
めんどくさい、とか言うなって。
パパもそう思ってるんだから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家リゾート化計画

僕の職場は、明日、忘年会。
もうすぐ冬休みに入ります。

今年は、思いっきり、心の底から、休みをとろうと思います。
というのは、この3年間かかりっきりだった長編執筆が終わったからです。
これまで、起きている間はずっと頭の中はいつも小説のことでいっぱいでしたから。

今、とても幸せを感じています。
まず、締めきりに追われないことがうれしいのです。

それと、読みたい本が読めることも。
これまで、執筆に参考になりそうなものしか読んできませんでしたから。

自由万歳っ。

この頃、同僚たちによく訊かれるんです。

「冬休みはどこに行くの?」

僕は、職場では、休みは休む人で通っています。
職場には、休みも働く人がたくさんいます。
悪いと思いつつも、休むときはガツンと休みます。
そして、休みはたいてい旅に出るのです。

だから、僕がどこにも行かない、と答えると同僚たちは驚きます。

「じゃ、休みは何するの?」

バカンス@ホーム。

眠りたいときに眠り、おいしいものを食べ、
DVDで映画を見まくる予定です。
リビングルームで、ベッドルームで。
もちろん、ホームシアターの大画面で。

本も読みまくろうと思います。
何かのために読むのではなく、読むために読むのです。

そして、評論活動に入ります。
もちろん、発表の場は、このジロー's カフェ。
ま、ここしかありませんが。

評論とは、やはり、いいと思うことをいいと言うこと。
それで、もし、共感が得られたとしたら、
いいと思う方向に、少しは世界を動かすことにもなるはずです。
教育に「ほめて伸ばす」という言葉があるように、
いいものをめて、いいものを伸ばすんです。
感動を表現して、共感の輪を広げ、ひとの心が変わり、世界も変わるはず。

娘よ、冬休みの宿題なんかさっさと終わらせろよ。
うちらは忙しいんだから。
この冬休み、世界を変えなきゃいけないんだから、さ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日常を生ききること

この頃、「初心者のための『文学』」(大塚英志)という、
とても初心者のためとはいえないガチンコ文芸評論の本を読んでいます。
これが、なかなか、おもしろいのです。

大塚氏は、今、日本は、「戦時下」にあるといいます。
その視点から、名作といわれる作品を読み解いていくのです。

ハッとさせられたことが書かれていました。

「日常」に、つまらなさや生きにくさを感じると、
つい、「わくわく」するような「非日常」を待ち望んでしまう、と。

たとえば、太宰治は、戦中に多くの作品を残し、
戦後はわずか三年しか生きないで、自殺してしまいます。
「日常」につまらなさや生きにくさを感じていた太宰は、
「非日常」の最たるもの「戦争」にわくわくするのです。
そして、戦争が終わり、また「日常」が始まると、
耐えられなくなり、ついには自殺してしまいました。

こんな読みがあるとは、驚きでした。

「なんかいいことないかなあ」という気持ち、
「日常」の中で、自分を見失い、生きている実感を持てない気持ち、
そんな気持ちが、「非日常」の最たるものの戦争を呼び込んでしまうのだ、と。

きっと、今、退屈な日常と、厳しい現実に耐えられず、
憲法を変えれば「なんか変わるかもしれない」と期待しているひとも多いのでしょう。

そう、そこで、僕の仕事です。

コトバでたたかうブロガーとして。
そして、プロの小さな幸せ発見家として。
いつかどこかにある幸せではなく、
今ここにある幸せを見つけ、発信し続け、
華麗なる非日常的な日常を生ききるのです。

娘よ、わかるか?
今を生きるんだぜ。
だから、宿題を後回しにして、マンガ読んでテレビ見ることじゃないって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

華麗なる留守番

今朝は、弁当を二人分つくって、出勤。
一つは僕のもの。
もう一つは、娘のもので、テーブルの上に置いていきました。

今日は、娘は一日お休み。
マラソン大会の代休で。

いつもなら、昼休みに帰り、一緒に昼飯を食べるのですが、
今日は、昼に会議があり、うちに帰れなかったのです。
だから、弁当をつくったのです。
ちなみに、弁当は三色弁ごはん。
さくらごはん(米一合に、酒・醤油大さじ1ずついれて、炊いたもの)の上に、
豚肉そぼろ(挽肉を醤油みりんで煮詰めたもの)、
ほうれん草(茹でて、みじん切りして、おかかと醤油であえたもの)、
炒り卵(溶き卵、はちみつ、マヨネーズをマグに入れ、チンしたもの)をのせました。

娘は、弁当をベッドで食べたそうです。
上半身だけ起こして、クッションを背もたれにして、
膝にトレイを置いて、弁当箱とお茶を置いたのでしょう。

このごろ、うちのベッドルームは、シネマなんです。
僕と娘は、毎晩、布団の中に入り、
ホームシアターの大きな画面で、DVDを見るんです。

昨夜は、娘が今日一日留守番をするというので、DVD4本借りてきました。
おそらく昼頃まで寝た娘は、ベッドで一日ずっと映画を見ていたのでしょう。

娘よ、はっきりいって、うらやましいぜ。
パパも、今度、それやるから。

早く帰ろうと思ったのですが、いろいろあって、
結局、帰りは夕方になってしまいました。
職場を出る頃、娘からケイタイにかかってきました。

「パパ、おなか空いた」
「何食いたい?」
「ナベ」
「ラジャー」

食材を買って、帰ると、
うちの中がきれいになっていました。
DVDに飽きた娘は、掃除をしたようです。

そういえば、娘が一日ひとりで留守番をしたのは、今日が初めて。

娘よ、掃除ありがとよ。
じゃ、今夜も、ナベして、シネマするぜ。
「華麗なる非日常的な日常」、それがうちの新しいテーマだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラボーな日曜日

今日は、娘と、「第九」を聴きに行きました。
こんな田舎でも聴けるのです。
市民オーケストラと市民合唱団のコラボで、
指揮者とソロの歌手たちを呼んでのコンサート。

実は、娘と「第九」を聴きに行くのは2回目。

初めての時は、娘は第一楽章でうとうとして、
第二楽章で熟睡、
最終楽章が終わるまで、目を覚ますことはありませんでした。
その時は、僕の母がコーラスの一員でした。

母ちゃん、あのときは、すまなかったぜ。

今日のコンサートでは、
社会変革活動を一緒にしている同志が合唱団の一員で、
僕と娘のバイオリンの先生も、オーケストラの一員でした。

娘には、今回は、予習をさせておきました。
カラヤン指揮の「第九」のCDがうちにあったので、
第四楽章だけ、行きの車の中で、聞かせました。
それを聴きながら、娘はよく眠りました。

そのせいか、今日は、娘が眠ることはありませんでした。

で、今宵の「第九」はというと、ブラボーでした。
140人の市民合唱団員が、半年間、練習を重ねてきて、
全身全霊で、「歓喜の歌」を謳いあげたのです。

よほど本番のできがよかったのでしょう。
指揮者が、最後にガッツポーズをして、「歓喜」を表現したほど。

「第九」は、オーケストラに初めて合唱をあわせた画期的な作品。
フランス革命に感銘を受けた市民派ベートーベンは、
もともと宮廷のものだった管弦楽に、
初めて市民の声を加えるという大胆な挑戦をして、
新しい音楽を作り上げたのです。

だからこそ、このような市民が歌う「第九」は意味があるのです。

ベートーベンは「第九」を作ったとき、
音楽家の命とも言うべき聴力を失っていました。
初演の指揮も、バイオリンの弓にあわせて、タクトを振ったそうです。
観客の拍手が聞こえないベートーベン、
客席を振り向き初めて観客が拍手喝采をするのを見て、
気絶したとは有名な話。

まさに、「苦悩を突き抜け、歓喜に至れ」

芸術至上主義万歳!

娘よ、だから、励まし合ってさ、もう少し真面目にバイオリン練習しようぜ。
いつか、「第九」を弾くときもあるかもしれないからさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> →  クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人生はマラソン、なんてこともない土曜日

今日は娘の小学校のマラソン大会。
娘はこの日が来るのを、何ヶ月も前から恐れていました。
僕の悪いところばかり似る娘、僕同様、体育が苦手なんです。

娘は布団をかけずに寝たりして、
なんとか風邪をひこうと努力したのですが、
健康なまま、この日を迎えたのです。

昨夜、娘は僕の父に電話していました。
父は、高校の頃、全国駅伝に出たほどのランナー。
娘に、先頭集団についていき、ラストスパートをかけるよう指示しました。

同僚の体育の先生が、バナナがいい、 というので、
今朝僕は娘にバナナジュースを持たせ、
レース前に一気飲みするよう指示。

レースが始まりました。
1500Mのコース、小学生にはとても長い道のり。

娘は、開始早々、先頭集団から遅れ、
往年の名ランナーに伝授された作戦は断念。

順位は、例年通り、後ろから数えたほうが早いくらい、
そして後半さほどペースが落ちないままゴール。

娘よ、順位は気にするな。
うちは芸術至上主義なんだから、さ。
ベストをつくせば、それでいい。

レース後、晴れやかな表情で娘がやってきました。
バナナジュースのおかげで最後ふんばれた、と。
タイムが練習の時より大幅に上がったそうです。

娘よ、よかったな。おつかれさん。
人生にはこんな日も必要なんだぜ。
よし、明日はがんばってグータラするぜ。

さ、夜はこれからだ。
何する?

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

常に、次へ

実は、僕は恋多き男なんです。
つまり……
それだけたくさんの女性にフラれてきたということです。

生きていても意味がない、
なんて思ったことも数え切れないほどあります。
それでも、今、なんとか生きています。

そんな僕が支えにしてきた言葉。

「常に、次」

そう、フラれたら、次の恋を探す。
これで、何度も絶望から這い上がってきたのです。

今日、教育基本法が「改正」されてしまいました。
だから、もう次を考えなくてはなりません。

たしかに、「改正」はされてしまいましたが、
ま、この僕が「改正」されるわけではありません。
現場教師は、そんなヤワじゃないんです。

今回、マスコミはあまり報道していませんが、
本当に多くの人が、運動に参加しました。
それまで、教育基本法のことをよく知らなかったひとたちまで。
アベシンゾウたちは、寝た子を起こし、これだけの敵を作ってしまったのです。
次に痛い目を見るのは、ヤツらなのは間違いありません。

失恋には、新しい恋。
たたかいに負けたら、即、また新しいたたかいを。

そのためには、僕はまず、「新しい言葉」を手に入れなくては行けません。


だから、娘よ、パパはホームシアターでダラダラしてるんじゃないって。
新しいコトバを探してるんだって。
ゴロゴロしてるときも、頭ん中では、たたかってるのが、わからんか?


Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここから、今から

まさか、採決はしないだろうと思っていたのですが……、
先ほど、参議院特別委員会で「教育基本法改正案」可決のニュース。

こんな夜は、きまって歌う歌があります。

今日の帰り、車の中でCDをかけ、
僕が車の中で歌うと、
娘も歌いました。


 「がんばろう」

 がんばろう
 つきあげる空に
 くろがねの男の こぶしがある
 燃えあがる女の こぶしがる
 闘いはここから 闘いは今から

 がんばろう
 つきあげる空に
 輪をつなぐ仲間の こぶしがある
 おしよせる仲間の こぶしがある
 闘いはここから 闘いは今から

 がんばろう
 つきあげる空に
 国のうちそとの こぶしがある
 勝ちどきを呼ぶ こぶしはひとつ
 闘いはここから 闘いは今から


そう、たたかいはここから、たたかいは今から。

娘よ、パパたちは歴史を作ってんだ。
本気(マジ)で。

今日は和牛ステーキ食って気合い入れるぜ。
だから、高くなかったって。
半額だったから、子どもはそんなこと心配するな。

では、今宵もサイバーアクション!

で、パパのサイバーアクション終わったら、映画見ようぜ。
スルメも買ってきたからさ。
だから、映画っていったらスルメだろ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グランド・オープンな夜

今日、1年半の長い旅が終わりました。
今朝、ついに連載長編「恋文」の最終回のゲラを郵便ポストに投函したのです。

思えば、取材には、いろんなところに行きました。
長野の無言館、広島や東京、シンガポールにも。
もちろん、どこへ行くにも娘を連れて。

いろんな出会いもありました。
モデルになった人たちや、僕の知らないことを教えてくれた人たち。
きっとすべての創作は、出会いの総決算なのでしょう。

はっきりとした構想も、資料もないままの見切り発車。
編集長は、さぞ、はらはらドキドキだったことでしょう。

しかし、僕は信じていました。
天国のおじいちゃんがきっと力を貸してくれる、と。
書けなくなると、空に向かって言いました。

「おじいちゃん、降りてきて」

おじいちゃんは、実際、締めきり際に何度も降りてきて、助けてくれました。

作品のできは、僕にはよくわかりませんが、
とにかく、今日は最終回まで書けたことを喜ぼうと思います。

で、先ほど、届いたんです。
長編を書き終えた僕に、僕がごほうびに買ったプレゼントが。

娘よ、早く宿題終わらせろって。
「先にやなこと、後でのんびり」だろ。

さ、まもなく、ジロー’sホームシアターのグランド・オープンです。

娘よ、オープニング作品は、何にする?


Love and Peace ・・)v


どうか、教育基本法が守られますように。 → サイバーアクション!

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

自分を変える、世界を変える

娘は、ちょいワルなんです。

小学校では、先生に叱られるのが、クラスの女子で一番多い、とか。
先日は、自習中に騒いでいて、校長室にお呼ばれしたそうです。

うちでも、娘は僕に怒られてばかり。
僕が怒るのは、時間の使い方が下手なこと。
ダラダラと、ソファで、テレビを見たり、マンガを読んだりしていて、
「あとでやる」と言いつつ、結局、眠くなり、何もやらずに寝てしまうからです。

娘は、毎晩、バイオリンを練習して、洗い物をして、日記を書くことになっています。
しかし、すべてをこなすのは、週に一度あるかどうか。

娘よ、ったく……。
だから、パパがグータラするのは、全部やること終わらせてからなんだぜ。

昨日は、学童の帰りに、しょんぼりした娘が言いました。

「今日、先生にモモはクチだけって言われた……」
たしかに。
でも、僕は黙って、「そうか」とだけ答えました。
「モモはパパに似たんだよなあ」
「うるさい」

しかし、当たっている……。

学校でも叱られ、うちでも叱られ、
昨夜あたり、娘はついに、自分が嫌いになったそうです。
ちょっと、かわいそうになりました。

で、娘は、メモ帳を取り出し、いろいろと書き始めました。

自分の行動を見直し、
ダメなところリストと、
なおすところリストを作ったようです。

そして、居間にポスターを作って貼りました。

「先にやなこと、後でのんびり」

娘よ、そうだ、それでいい。

今日娘は、先にやることをやっったので、
ゆっくりと風呂に入り、マンガを読み、ドラマを見ることができました。

娘よ、そう、人間は変わり続けるんだぜ。
人間が変わることで、社会も変わっていくんだ。

娘よ、同志よ、世界を変えていくぜ。
本気(マジ)で。

Love and Peace ・・)v

世界を変えるため → サイバーアクション!


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハッピーな鍋

今日も、夕食はナベをしました。

大根と長ネギを実家でもらったので、
骨付きチキンと煮込んで、
ちくわぶを入れ、
薄く味をつけただけのシンプルなナベ。

うちは、ごはんも土鍋で炊くので、
ナベ&ナベなディナーとなりました。

鍋は、ホーローのもの。
色は、ブルー。
フランス製なんです。
ずっしりと重く厚手なので、熱まわりがよく、保温も効きます。

シングルファーザーデビューしたとき、
料理に気合いを入れるため奮発して買った鍋なんです。

直径20センチ、娘と二人でナベをするには、ちょうどよい大きさ。

ガスコンロの火で調理して、
鍋敷きをテーブルに置いて、
その上にドーンと置きます。

炊きたてごはんと鍋から湯気が上がる、あったかい食卓。

具がほとんどなくなり、
ダシとうまみのぎっしりつまったスープは、
卵とごはんを入れ、明日の朝食の雑炊となります。

鍋一つで、こんな喜びを感じられる生活。
僕はつくづく幸せだと思います。

娘よ、他に何を望む?

え、ホームシアター?

あ、それは欲しい……。
絶対、欲しい……。

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新幹線の中から

今、新幹線の中で、これを書いています。
今日は東京で文学の会合があったのです。

田舎に住んでいると、
ガチンコで文学談議することはめったにありません。
だから、年に何回か文学の仲間たちと会うのが楽しみなんです。

今週末、娘は母親と過ごしています。

娘よ、ママに服でも買ってもらえよ。
ママもこの頃は稼いでるんだから、大丈夫だって。

文学は現代の社会を写す鏡ですから、
ペンでのたたかいは、今、いっそうきびしくなっています。
だからこそ、「ペンは剣よりも強し」です。
そもそも、現実がきびしいからこそ書くのですから。

暗黒の時代
そこでもひとは歌うだろうか?
そこでもひとは歌うだろう
時代の暗黒を

今日、仲間の一人に教えられた詩の一節。

娘よ、パパは書き続けるぜ。
で、そっちで、今日の日記書いたか?
え、なんでうちだけ、親子で毎日書かなきゃいけないかだって?

うちはうち、よそはよそっ。

以上。

Love & Peace^^v


今日も応援ヨロシク<(..)>→ランキングに一票!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週もシネマな土曜日

娘のいない今日一日、
遅寝ブランチ昼風呂シエスタな一日を過ごそうと思ったのですが、
先週に引き続き、映画に行くことにしました。

「硫黄島からの手紙」

昨日テレビで、主演の渡辺謙さんのインタビューを見たんです。、
渡辺謙さんは、高校生たちと、戦争について語る活動もしているそうです。
驚いたのは、監督は、あのダーティハリーのクリント・イーストウッド。
アメリカ人が、日本人俳優と協力して作った映画だったこと。

イーストウッド監督は、「戦争は大嫌い」なんだそうです。

それで、硫黄島2部作を作ったのです。
この映画と「父親たちの星条旗」

愛する国のため、愛するひとのために、桜のように散った兵士たち……

なんて、ストーリーはうんざりなんです。

愛するもののために死ぬのは美しい……、
なんて国民に思わせて、
実は権力者のために命を差し出させようとするようで。

その点、その映画はそんなこともなく、
非常にバランスよく、戦争の実体を描いています。

今日は、映画館にたくさんの若い人たちが来ていて、少しうれしくなりました。
映画館を出たら、そのほとんどは、Peace Loverになっていたことでしょう。

さて、先週、成立するかとも思われていた教育基本法「改正」案、
多くの方々の運動と、内閣支持率低下で、またもや採決は延期。
勝負は来週になりそうです。
たしかに、みなさんの声が、強行採決を踏みとどまらせているのです。


で、今日は、新しいサイバーアクションのお誘い。

一つは、Web署名。 13日(水)10時まで。
そして、もう一つは、世論調査

娘よ、わざとバイオリン置いてったな。
ママんちでちゃんと練習しろって言ったのに。
さては、サボるつもりだったな……。

よし、ライバルよ、パパもサボるぜ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

すいとんナイト

今日は、12月18日。
太平洋戦争が始まった日であるとともに、
ジョン・レノンが撃たれて亡くなった日。

今夜は、「すいとんを食べ平和を語る会」というのに参加しました。
戦中に、米がなくて食べたというすいとんをよばれました。
醤油味と味噌味の二種類。
野菜たっぷりの汁に、もちもちのすいとん。

こんなにおいしいとは思ってもみませんでした。
娘もおかわりしていました。

すいとんの後は、講演会。
で、講師は、僕。
2時間ばかし、Love and Peace を語ってきました。

娘に、講演の前に、言ったんです。

「たまには、パパの話聞いてみたら?」
「遠慮しとくよ」
「…………」

僕の講演中、娘は隣で、僕のノートパソコンで、映画鑑賞。
今日は、ハリーポッターを見ていました。

講演会の後、娘を母親に引き渡しました。
その時、彼女が言いました。

「で、今日は何話してきたの?」


今日は、幸せについて話した、と。

幸せには二種類、奪いとる幸せと分けあう幸せがある。
この頃、多くの人が、幸せを奪いあってばかり。
そして、極少数のひとだけが、「勝ち組」気取り。
だから、もっと幸せを分けあおう、と。
「奪いあえば足りなくなる。分けあえば余る」ように。

彼女は笑顔で言いました。

「ほんと、クチだけは、いいんだけどね」
「クチが商売道具なんだって」
「実行が難しいのよね」
「はい」

先ほど、うちに帰ってきました。

さ、娘よ、今日もパパは小説のお仕事。
もうすぐ最終回だからな。
ママと楽しんできな。
ちゃんと、早寝早起きしろよ、ハハハ。
ま、パパは、遅寝遅起きブランチ昼風呂シエスタだけどな。

連日の、

プッシュー。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

呑む夜

今日は、娘が母親とお出かけ。
娘の母親の弟の妻、つまりおばの誕生会で。
泊まりで、明日の朝帰ってくるのです。

で、ひさしぶりに、本当にひさしぶりに、飲みに行きました。
職員室の席の近くの同僚たちと。

最近、職員室の話題は暗くなるばかりでした。
アベ内閣の下、学校が悪くなることは必至だからでしょう。
ま、このままずっと行くとは思いませんが。

今日の店は、古民家のお好み焼きの店。
店長自ら焼いた器も自慢。
職員室とは違う話題に盛り上がりました。

日頃、つきあわないぶん、今日はとことんつきあうつもりだったのですが、
こういう日に限って、飲み会は、あっさり早く終わり、十時前に帰ってきました。

夜は、まだまだです。
さ、これから何をしようかと、思案中です。

だから、娘よ、パパは一人でも心配ないって。
え、一人で、二次会なんてするわけないだろ。
パパは、仕事で忙しいんだから。

プッシュー。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

バイオリンを習って

時に言われることがあります。
バイオリン習ってるなら聞かせて、と。

もちろん、いつもお断りします。
とても、僕の演奏など人に聞かせられるものではありませんから。

何のためにバイオリンを習っているのか、と訊かれることも。

僕は何かのために習ってるわけではないので、いつも答に困ります。

芸術とは、たぶん、そういうものなのでしょう。
芸術のための芸術。
これぞ、芸術至上主義。
何かのためのものは、純度が下がるような気がします。

さて、僕はバイオリンを通して、習ったことがあります。

それは、謙虚さ、です。

僕たちの先生は、音大出たての20代の若い先生。
もちろん、尊敬しています。
小さな子どもでも、おもちゃのような小さなバイオリンで、
僕が一生努力しても到達できないような演奏をします。
そんなバイオリニストたちの前で、
僕は謙虚にならざるをえないのです。

だから、とても、人様に僕の演奏をお聞かせするなど、
恥ずかしくて、恥ずかしくて……。

でも、恥じらいを知るということは、大切なことなのでしょう。

さて、それにしても、復党した造反議員、11人の恥知らず。
そして、それを受け入れる恥知らず政党。
何か習い事でもして、謙虚さと恥じらいを持って欲しいものです。
金と権力の前に、平気で投票してくれたひとたちを裏切るバカたれども。

さ、娘よ、また実家でバイオリン聞かせてやろうぜ。
あそこなら、どんな演奏でも、拍手喝采してくれるからさ。
ホーム・コンサートだ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとのためと書いて

もう十数年前のこと、すごくイヤなヤツがいたんです。
ずっと会っていませんが。
彼が言った言葉がずっと心に引っかかっていたのです。

「俺は、ひとのためなんて、信じない。俺は俺のためだけに生きる」
 
愛するひとのために生きることもあるのでは、と僕が言うと、
彼は言いきりました。

「人(ひと)の為(ため)と書いて偽りと読む。ひとのためなんて嘘だ」

僕は言い返せず、それでも心の中では割り切れず、
今日まで十数年経ってしまったのです。

今日、職員室で、国語の先生とおしゃべりしていて、
そのことを訊いたのです。

なぜ、ひとのためというのが、いつわりなのか、と。

その先生は、すぐに漢和辞典で調べてくれました。

「人の為」ではなく、「人為」なのが偽りだ、と。
人為とは、自然のままではなく、人の手を加えること。

なるほど、これが「偽り」なのです。
あるがままで等身大、自然体に生きるのが、偽りのない生き方。

これで、すっきりしました。
十数年の心に刺さったトゲが抜けたようで。

だいたい、ヤツが「ひとのため」と言うことこそ、偽りだったのです。

アベシンゾウたちが「国のため」というのも偽り。
とことん、「自分のため」ですから。
ヤツらが「平和のため」というのも偽り。
「戦争のため」がホンネですから。

娘よ、漢字はおもしろいぞ。
で、宿題の漢字の書き取り終わったのかよ。
10時からドラマ見るんだろ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自己犠牲しない個人

シングルファーザーもはや5年が終わろうとしています。
昨日たまたま4年前の写真を見て、びっくりしました。

娘よ、あの頃は、あんなに小さくてかわいかったのに……
だから、あの頃パパははあんなに痩せてたのにとか言うなっ。

最初の数ヶ月は、さすがに大変でした。
でも、今は、この自由気ままな生活がいたって気に入っています。

家事もやってみれば、楽しいもので、
育児も、なかなか、エキサイティング。
子どもは成長するので、育児は年々、楽になり、
家事も技術が上がれば上がるほど、楽になり、
なかなか楽しい毎日になってきました。

娘よ、あとは家事分担すれば、もっと楽で楽しくなれるぜ。
お、今日も、洗いものありがとな。
また、明日もうまいものつくってやるからさ。

最初は、まわりのオトコたちに同情されていた僕ですが、
今では、仕事や組織に縛られているオトコたちに僕が同情しています。
日本のオトコたちが解放されるのはいつのことなのでしょう?

さて、娘との生活で、一つ心がけてきたことがあります。

それは、娘のために自分を犠牲にしないこと。

いい意味での個人主義を貫きました。

自分を大切にする。
そのかわり相手も大切にする。
それが、お互いを尊重することになる。

もし、僕が娘のために自分を犠牲にしたら、
きっと、無意識に見返りを求めるでしょう。
パパがこんなにがんばってるのに……、と。
知らず知らずに、娘にも自己犠牲を求めるようになるはずです。

相手のために、自分を殺すのではなく、
相手も自分も生かす道を探るのが、うちのスタイル。

そもそも、自己犠牲は長くは続かないものです。
サステイナブル(持続可能性)が、僕のポリシー。
だから、僕は「がんばらないようにがんばる」のです。

ときに、そんな僕でも娘のために我慢するときがあります。
すると、娘は、ちゃんと次に、僕のために我慢してくれます。
うちでは、フェアであることが大事なんです。
一回叩かれたら、必ず一回叩きかえすように。

アベシンゾウたちは、国民に「個」を捨て「公」に尽くさせたいようです。
ホンネは、「俺たちのために、必要ならば、死んでくれ」
そんなヤツらのための「個」を捨てる自己犠牲はまっぴら。

娘よ、「個人の尊厳」は、誰にも渡しちゃなんねえぜ。
教育基本法に書いてあるんだから。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスな気分

昨日から、車の中で、
クリスマスソングを聴いています。
僕と娘は、移動型人間なので、
車の中がもっとも長く音楽を聴く空間なんです。

冬の風物詩イルミネーションも、
街でも田舎でもきれいに輝いています。

すっかり、クリスマスな気分です。

今日は、実家に行き、いろいろとあげてきました。
腕時計を欲しがる父には、僕の古い(がカッコイイ)腕時計を。
兄と祖母には、チーズケーキ。
母には、書き立てほやほやの連載小説の最終回の初稿を。

夕食は、おばあちゃんが作ってくれました。
里芋とイカとコンニャクの煮物。
なつかしく、おいしく、うれしい味でした。
めずらしく、娘もパクパク食べていました。

今日は、夜、風呂で短編小説を読みました。
昨日映画で見たカポーティの名作、
「クリスマスの思い出」
文庫本の「ティファニーで朝食を」の最後に入っている作品。
「ティファニー」は何度か読んだことがあるのですが、
それに入っている短編を読んだのは初めてでした。

とてもいい、です。

年の離れたいとこ、少年と老女が、小さな家で、
犬とともにつつましく暮らし、
貧しくとも、幸せいっぱいのクリスマスを過ごす話。
そのおばあさんは、毎年、フルーツケーキを30個も焼くんです。
そのための金は、毎年、苦労して工面します。
そして、そのケーキはすべてあげてしまいます。
親しい人から、一度会ったことがあるくらいの人まで。
二人は、お互いのためのプレゼントを作ります。
本当は高価なものを贈りたいのですが、無理なので、凧を。
犬にもちゃんと牛の骨をあげます。

そう、愛とは与えることなのです。
これこそ、クリスマスの精神。

娘よ、今年は、クリスマスプレゼントあげられないのが残念だぜ。
もう、折り畳み自転車、前借りして買っちゃったからなあ。

そうだ、凧、作ってやる。
パパ、実は、得意なんだぜ。
よし、正月は凧上げだ。

だから、外は寒いとか言うなって。

Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シネマなサタデーナイト

今日は、午前中、娘が眠っている間に、
一人で、ファックス作戦決行しました。
参議院議員たちにメッセージを届けたのです。
ファックスは形が残る分、メールより効果があるといいのですが。

さて、娘とブランチをすませ、お互い、長い昼風呂に入り、
その後、映画に行くことにしました。
僕は、月末に連載小説の最終回の初稿を書き上げ、
娘も、月末に無事チャレンジ11月号を終わらせ、
気分をよくしてのお出かけ。

映画は、娘が選んだもの一本と、僕の選んだもの一本、
二本見る予定だったのですが、
上映時間の関係で、僕が選ぶ一本だけ見ることにしました。
娘は、街で、僕が小物を一つ買ってあげることで、了承。

いつもの小さなシネマで。
キャラメルポップコーンもコーラもなく、
エンディングロールが終わるまで立てないところ。

「カポーティ」

作家カポーティが、死刑囚を取材して、本を書く物語。
僕は小説家が主人公の映画が好きなんです。
娘はその映画に全く期待をしてなかったようですが、
最後まで真剣に見ていました。

「よかったねえ」、と僕。
「まあまあね」、と娘。

作家カポーティの産みの苦しみが伝わる、なかなかの力作でした。

実は映画を見る前から、少し頭がふらふらしたんです。
映画が終わる頃には、ちょっと痛くなってきました。

で、パンフを買って、即、帰宅。

娘よ、小物買ってやれなくて、すまなかったな。
うちに帰ったら、またナイチンゲール頼むぜ。

家訓に反して、今夜は早く寝るぜ。
パパの分まで夜更かししろよ。

グッナイ!

Love and Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

なんてステキな冬の週末……

今日から、12月。
うちの近所では、イルミネーションが点灯し始めました。
夜、空を見上げると、星もよく見えます。
光がかすかに揺れて、まさに星が囁いているようです。

12月の休日の朝は、ゆっくり眠ります。
太陽の光が南から部屋に入ってくる頃ようやく起き出して、
少し薄暗いキッチンで、湯気ののぼるスープを飲みながら、
ホームベーカリーで焼きたてのパンを食べる。

そして、今日は何も予定がないことを確認して、
休日をまるまる一日、無意味に過ごすのです。

なんてステキな冬の週末……、

と、思っていたら、昨日、防衛庁の「省」昇格案が、衆議院を通過した、と。

これで、防衛大臣が誕生して、
内閣府から独立して、防衛省となり、
海外の活動が、「付随的任務」から「本来任務」に変わるようです。

すでに世界第4位の軍事費を使う日本、
「省」昇格は、間違いなく、軍国化へのハード面の改悪。
ソフト面の改悪は、もちろん、今争点の教育基本法改悪法案。
そして、本丸は、憲法九条。

ったく……。

少しはのんびりさせてもらいたいものです。

娘よ、とりあえず、明日は昼まで寝てろ。
その間に、パパはファックス作戦決行だ。


Love and Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします <(_ _)> → クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2006 | Main | January 2007 »