« 長い一週間 | Main | 独身主義者たちの日曜日 »

シエスタでクレープな土曜の午後

今日、卵入り焼きそばの昼食を終えると、
娘に言いました。

「さ、寝るよ」
「え?」
「シエスタ」
「は?」
「昼寝だって」
「はいはい」

僕たちは、それぞれマンガを持って、ソファに横になりました。
今日のマンガも、三丁目の夕日。
うちでは、三丁目の夕日ブームがまだ続いているんです。

きっと、あの「不便さ」がいいんでしょう。
現代を、「無痛文明」と呼ぶ学者もいるようです。
今は、何でも便利になって、苦労せずいろいろできるので、
努力して何かを得るという達成感を持てなくなっているというのです。
そんな達成感こそ、生きる実感なのに。
不便だと、努力はもちろん、他人と協力することも必要。
努力してしんどいことを乗り越え、他人と連帯感が生まれての達成感。
それが、今、きっと求められているのでしょう。
快適で便利な家を離れ、不便な自然の中にキャンプに行きたくなるのは、
そんな生きる実感を取り戻すためなのかもしれません。

No pain, no gain. (痛みがなくては何も手に入らない)

僕はそんなことを考えながら、いつしか眠っていました。

2時間以上眠ったでしょうか。
至福のシエスタを満喫していると、
娘に叩き起こされました。

「パパ、いつまで寝てるの?」
「あとちょっとかな」
「生クリームやってよ」
娘はそうとう怒っています。

そういえば、今日はクレープを作ることになっていたのです。

娘が怖いので、ホイップ、ホイップ。
娘はせっせと生地を作っていました。
電子レンジでできるんです。

そして、至高のティータイム。
クレープのおいしさに、娘の怒りもおさまっていました。

さ、娘よ、今日はシエスタもしたから、パパは徹夜で小説書くぜ。
で、あのさ、このごろ、なんですぐ怒るんだ?
ま、外じゃ、いい子で通ってるみたいだけどさ。

Love and Peace ・・)v


今日もランキングの応援よろしくお願いします → クリック!

|

« 長い一週間 | Main | 独身主義者たちの日曜日 »

Comments

素晴らしい成長です、ももちゃん。
あと2年もすれば、毎日怒ってます。
お父さん、とか、おかあさんとか関係なく。
だから頭の隅っこにでも
覚えてさえいたら思春期乗り越えられるかしらん。。。
なんて!
今日は長女に「どうして先輩に1年違うだけでえらそうに言われないといけないの。」と言うので
社会に出た時の話をびしっ!としました。
今はいろんなことに怒りの感情があるんですね。
私が中学の頃はそんなことすら
思ったことがなかった、素直?!だったのかしら?

電子レンジで出来るんですね、クレープ。
あぁ、おいしそう。。。

Posted by: ippo | June 24, 2006 at 10:46 PM

え、娘は成長して、
毎日怒るようになるんですか!

しかたがないです。
これも選んだ道。

そういえば、よく僕も怒ってましたね。

クレープ、また食べたくなってきました。
娘よ、またつくってくれ。

Love and Peace ・・)v

Posted by: ジロー | June 26, 2006 at 09:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/10660100

Listed below are links to weblogs that reference シエスタでクレープな土曜の午後:

« 長い一週間 | Main | 独身主義者たちの日曜日 »