« ブラック・シープ | Main | シネマ&シアターな土曜日 »

グアンタナモ

アメリカは、キューバに米軍基地を持っています。
グアンタナモ空軍基地。
これは、「現代の強制収容所」として、知られているもの。

そこには、テロをするのではないかと疑われたひとたちが、収容されています。
そのひとたちは、裁判にかけられることもなく、拉致されてきたのです。
その数、500人以上。
中には、多くのテロとは無関係の民間人も含まれるようです。
裁判も弁護士との接見もなく、厳しい尋問や拷問もあるようです。

最近、収容者のハンガーストライキが増えていると聞きます。
9回連続でごはんを抜くと、ハンガーストライキと判定されるそうです。
なんと、誇り高く、強いひとたち。
しかし、当局は、鼻腔チューブや点滴で、無理矢理、栄養補給させているといいます。

拘束は、ほとんど一年以上、その間、無実を訴えることもできず、
自殺者も多数いて、後を絶たないそうです。

今日、国会の委員会で、強行採決されそうだった「共謀罪」、
その行き着く先は、こういうことなんです。

「共謀罪」とは、やってないことで、つかまえることができる法律。
そのための警察の盗聴は、1999年にすでに合法となっています。
ヤツらの本当のねらいは、「共謀罪」で、言論を監視し、国民を黙らせること。
なにもしてなくても、あやしまれるだけで罪になる恐ろしい法案。
この場合、あやしいとは、政府にとって都合が悪いということ。

今後、沈黙は戦争協力となるかもしれません。

万国のブロガーたちよ、沈黙を破り続けよ!

え、独り言が多いって?
娘よ、パパはたたかってるんだぜ。
沈黙しないことで。
わかるか?

Love and Peace ・・)v


広げましょう、あきらめず、Love and Peace → ランキングにクリック!

|

« ブラック・シープ | Main | シネマ&シアターな土曜日 »

Comments

先日、子どもが借りてきていた「はだしのゲン」を読みました。
30年ぶりくらいに。
忘れていた、大事なことをいっぱい思い出しました。

この8巻に書かれた朝鮮戦争が始まる時期の話も、現在の状態と似通った感じがします。

今この本をまた多くの大人や、子どもたちに薦めたいなと思っています。

朝鮮戦争から始まった軍需景気・・・
その波につづいた高度経済成長・・・
景気が悪くなってきたから?
戦争でお金儲けをたくらんでいる死の商人が
どこかにいるのかしらね・・・

誰かが無理やり戦争を起こそうとしている・・・

それはだれ?

Posted by: さっちゃん | May 20, 2006 12:01 AM

 雑談日記(徒然なるままに)のSOBAです。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/

 ココログフラッシュに「共謀罪」カテゴリーを登場させよう、と呼びかけています。

 「共謀罪」を永遠に葬り去るために、共謀罪カテゴリーを作ろう!って、なんだか矛盾していると思われるかも知れませんが、、。(^^;(汗)

Posted by: SOBA | May 20, 2006 07:44 AM

さっちゃん

え、ゲンって、髪が生えてきた後も続くんですね。
なんとか、入手して、読みますね。
やはり、戦争はもっとも儲かるビジネスなんですね。

SOBAさん
この頃は、ブログで、世論をつくることができるんですよね。
トラックバックさせていただきました。

Love and Peace ・・)v

Posted by: ジロー | May 20, 2006 08:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グアンタナモ:

« ブラック・シープ | Main | シネマ&シアターな土曜日 »