« 自由から逃走せず愛すること | Main | うちでおいしいごはん主義宣言 »

ジョン・レノンになる

先日、うちのクラスの生徒に頭を下げました。
「そのマンガ貸してくれ」
「教師が生徒のマンガ借りて、いいの?」
「いいのです。貸してください」

で、先ほど読み終わりました。
「ブラックジャックによろしく」13巻。
1~12巻も、その生徒に借りて、読みました。

これに文学が勝てるのかと不安になるほどの傑作。
熱血研修医が、騒動を起こしながら、医療を学んでいく物語。

今回は、精神科の話でした。

頭が薄く、太った新聞記者が出てきます。
決してかっこよくはないのですが、彼は言うのです。

「ジョンレノンになりたい」、と。
自分の言葉で社会を変えるつもりなのです。
精神障害者の差別と偏見をなくすため、
ペンを持って、立ち上がるのです。

 誰も読まないものは「表現」ではない。
 しかし、多くのひとに読まれても、
 そこに伝えたいことがなければ「表現」ではない。

あるとき、同僚に言われます。
そんなことしても何も変わらない、と。
その時、彼は答えました。

「何も変わらないかもな。
 私は何も変わらない」

記事を書き終え、何も変わってないと落胆する彼に、
一緒にたたかった精神科医は言いました。

「変化を感じたければ変わらなければいいのです。
 この先どこへ行っても、
 自分が変わらなければ、それでいい……」

二人は握手をします。

そして、主人公の研修医も、最後に分かるのです。

「最も難しいのは闘い続けることだ」、と。

娘よ、パパもたたかい続けるぜ。
たたかうとは、誰かをうち負かすのでなく、困難に立ち向かうこと。
パパも、ジョン・レノンになるぜ。

教え子よ、明日返すからさ。
14巻出たら、また夜露死苦。

Love and Peace ・・)v

今日も応援よろしく<(_ _)>  →  ランキングに一票!

|

« 自由から逃走せず愛すること | Main | うちでおいしいごはん主義宣言 »

Comments

困難に立ち向かい、闘い続ける事は、自分が自分であるために、自分を嫌いにならないために・・・でも、女が闘いに挑む事が難しい世の中だと感じる事も多々あります。

Posted by: 南保 | February 08, 2006 at 12:05 AM

そんな世の中、
変えちゃいましょう。

団結して、がんばらないように、がんばろう!

オー。

Love and Peace ・・)v

Posted by: ジロー | February 08, 2006 at 08:39 PM

TBありがとうございました。
埼玉のジョン・レノン美術館行かれましたか?彼の言葉も魂を揺さぶるものがあります。

それから、「スタンドアップ」、TBさせていただきます。

また遊びに来てください。

Posted by: カオリ | February 10, 2006 at 12:09 AM

ジョンレノン美術館、
ぜひ行ってみたいと思っています。

春にでも、必ず行ってきます。

また、映画などいろいろ教えてくださいね。

Love and Peace ・・)v

Posted by: ジロー | February 10, 2006 at 09:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/8553522

Listed below are links to weblogs that reference ジョン・レノンになる:

» 「ゴルゴ13」と「ブラックジャックによろしく」と「蝉しぐれ」 [my daily life]
「情熱大陸」でさいとう・たかをさんを見てから、無性に「ゴルゴ13」を読みたくなり、昨日、インターネットカフェに行ってきました。130巻近くあるんですねー。とりあえずその中の1冊を手に取りました。内容がすばらしく濃いんで、読むのにも時間がかかる。私、活字は遅読でも漫画は読むの早い方なんですが・・・。あの番組の後だったんで、違う目線で読むことができました。 ついでに、「ブラックジャックによろしく」�... [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 12:53 AM

« 自由から逃走せず愛すること | Main | うちでおいしいごはん主義宣言 »