« あるシスターのお話 | Main | サタデー・ナイト »

フライデー・ナイト

この頃、よく話すようになりました。
笑いながら、電話で。
娘の母親と。
娘が驚くほど。

「パパ、仲いいじゃん」
「ああ、そう」

で、先日のこと。
「パパ、何も言わないで、聞いてよ」
「なに?」
「もしもの話だから」
「うん」
「もしね、ママがまた一緒に暮らしたいって」
僕は遮って言いました。
「ない」
「だから、もしもっていってるでしょ」
「ない、絶対ない」
「もしもって、言ってるじゃん」
と、娘は声を荒げました。

僕は娘に説明しました。
 
 パパは独身主義者だから、もう結婚しない。
 他の誰とも暮らすつもりはない。
 ママが元気になったのは、一緒に暮らしてないから。
 それに、ママとは仲良く話すけど、ラブラブではない。
 もう、ラブラブにはなれない。

娘はしょんぼりしていました。
目が潤んでいました。
僕が彼女と仲良く話すので、期待を持ってしまったのでしょう。

それで、ここ数日、
娘はすぐ怒ったり、すぐ泣いたり、情緒不安定。

ふー。

今日は金曜日。
娘は母親のところに行くことになっています。
さきほど、僕と握手して、娘がうちを出ていきました。
今まで、握手などしたことなかったのに……。

さ、今日はシングル・フライデー・ナイト。
まだまだ、夜は更けません。
ははは。

娘よ、パパは心配いらないぜ。
お笑い番組、ビデオとっといてやるからさ。
お互い、週末を楽しもうぜ。

Love and Peace ^^v

 

 

|

« あるシスターのお話 | Main | サタデー・ナイト »

Comments

こんにちは、ここに書き込みは初めてですが・・(一度だけBBSのほうへお邪魔しました)

なんだか娘さんの気持ちがすごくわかります。
淡い気持ちを持ってしまう。
それは子供だからこそ、でも読んでいてとても切なくなりました。
大人の事情はどこまでいっても大人の事情であって、子供にはわからないでしょうね。

別に何かをいいたくて書き込みをしたわけじゃないんですが、ただちょっと、切ないなぁ・・と。娘さんはまだ「切ない」という気持ちを知らない年頃だと思います。いつかこの気持ちを知ったら大人になった証拠なのでしょうか。

父子ともども自分らしく、ファイト!


Posted by: mayo | April 24, 2005 at 12:57 PM

そう、切ないんです。

いつも楽しく暮らしているようで、
ふと、切なさがやってくる。

でも、人生には、切なさも必要なんでしょうね。
 
ファイトー、オウッ!

Love and Peace ^^v

Posted by: ジロー | April 24, 2005 at 02:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/3812483

Listed below are links to weblogs that reference フライデー・ナイト:

« あるシスターのお話 | Main | サタデー・ナイト »