« おじいちゃんの社長室 | Main | A small but beautiful movie. »

フレンチ・トースト

もう何回見たかわからない、大好きな映画、「クレイマー・クレイマー」
1979年のアメリカ映画、主演はダスティン・ホフマン。

仕事人間の主人公、ある日突然、妻が離婚を切り出し、出ていきます。
六歳の息子を残して。

翌朝、寝坊して、息子に起こされる主人公、
あわてて、息子と二人でフレンチ・トーストを作ります。
作りかたも、どこに何があるかもわからない主人公、
息子に新しい状況の説明もままならないまま、
結局、朝食はできあがらず、息子を学校に送り、出勤します。

ダスティンは、当時、実生活でも離婚したばかり。
この役だけは、やりたくなかったそうです。
だからこその迫真の名演技。その役者魂には脱帽。

映画の終わり頃、またフレンチ・トーストを二人でつくるシーンがあります。
二人で暮らし、すでに一年半がすぎていました。
無言で、まったく無駄のない連携プレー。
二人の歴史を感じさせる感動的なシーン。
その日は、母親のところに息子が行くことになっていました。
つまり、二人の生活が終わる日でした。

さて、僕は娘と二人で暮らし、三年が経とうしています。
映画を真似て、フレンチ・トーストは何度もつくりました。
今では、その味に飽きてしまい、僕たちは見るのも嫌になってしまいました。

今日は、娘のいない日曜日。
僕は、実家で、84才の祖母と心身障害者の兄と過ごしています。
先ほど、フレンチ・トーストを二人につくってあげました。
二人ともおいしそうに食べていました。
祖母は、こんなおいしいもの初めて食べた、と言いました。
以前にも何度かつくってあげたことがあるのですが、黙っていました。
祖母がこの味に飽きることはなさそうです。

今夜は、祖母が魚を煮てくれるそうです。
夕飯が楽しみです。

Peace^^v

|

« おじいちゃんの社長室 | Main | A small but beautiful movie. »

Comments

初めまして。

「フレンチトースト」について窒ラていたら、こちらのブログに来てしまいました。

少し前、久しぶりに衛星放送で「クレイマークレイマー」を観ました。フレンチトーストと言えば、「クレイマークレイマー」を思い出しますね。

ちなみに妹は、初めて「クレイマークレイマー」を観た様で、明石家さんまさんの番組はこの映画を真似ていたと知って驚いていました。

最近、頻繁にフレンチトーストを作っています。以前は、卵と牛乳と砂糖を混ぜた物に食パンをひたして焼いていました。今は、色々と研究しています。フランスパンにしてみたり、はちみつを加えたり・・・お麩で作ってもおいしかったですよ。

それでは。又、フレンチトーストが食べたくなってきました。

Posted by: mee-kei | March 14, 2005 at 09:22 AM

いらっしゃいませ、mee-keiさん。

カフェ開店準備中とは……、
しかも、憧れの沖縄で!

沖縄に行ったら、ぜひお茶させてください。

僕もあと20年くらいしたら、
ジロー's カフェを開店する予定なんです。

店と土地はもう確保済!
実家なんですけど……。

僕がその店継ぐと、なんと4代目なんです。

以上、4代目店主(予定)でした。

Posted by: ジロー | March 14, 2005 at 06:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/3097964

Listed below are links to weblogs that reference フレンチ・トースト:

« おじいちゃんの社長室 | Main | A small but beautiful movie. »