« いのち | Main | 「勝ち犬」のグチ(夫編) »

「勝ち犬」のグチ

土曜の昼下がり、専業主婦の友だちから電話がかかってきました。
「ジロー、今日、お嬢さんとごはんでも食べに来ない?」
「今日、ママのところに行ってて、いないんだよね」

電話越しに、赤ちゃんの泣き声、上の子が彼女を呼ぶ声。

夕食ご招待はまたの機会に、となりましたが、
僕も暇だったので、おしゃべりにつきあうことにしました。

彼女は、子どもたちの世話は、夫にまかせたようでした。
そしたら、次から次へと、「勝ち犬」のグチ。
もちろん、夫の。

たまにうちにいても、ゴロゴロ、私は働きっぱなし。
くさい靴下を丸めたまま洗濯機に入れるので、私がもとに戻さなくてはならない。
こっちは子ども世話で手一杯だから、大人の面倒は見たくない。
家事はまったくできない、いや、まったくやろうとしない。
やってもらいたいことは、いつも簡単なこと、なぜできないのか。
どうして、相手の立場にたって、ものを考えられないのか。
休日は、昼ご飯までつくってあげなくてはならない。
夫が休みだと、頭に来るばかり。二日も休みがあったら、耐えられない。

そのグチは、すべて僕が言われたこと。
子どもをおいて、一週間も出てけば、夫は変わるんじゃない、とアドバイス。

沈黙。

「ジローは再婚しないの?」
「するわけないじゃん。独身主義だから」
「家事も育児もできるの?仕事しながら?」
「僕の基準ではできてる。家事と育児は、新鮮で、楽しい」
「でも、子どもが大きくなったら?」
「恋と革命に生きる」

沈黙。

僕たちが、中学生の頃、
街の進学校には、女子は1割しか入れませんでした。
「女子は生理があるから学力が伸びない」というのがその理由。
家庭科の授業では、男子は別の教室で「技術」のお勉強、工作などをしました。

女は男より劣り、男は家事などしなくてもいいと教育された世代。

「子どもあずけて、働けば?家事は分担して」
と、提案。
「でも、ずっと主婦やってうちにいると、踏み切れないのよね」
「…………」
「また、OLに戻るのもイヤ。あんなのただの雑用係だから」

どうすりゃいいんだ?
娘よ、なんと答える?
帰ってきたら、教えておくれ。

Love and Peace

|

« いのち | Main | 「勝ち犬」のグチ(夫編) »

Comments

女性も、愚痴を言ってるうちは、自分の足で歩いてない感じがしますね。

外に出て働くことも、家事、育児をすることも
同じように、社会での重要な仕事であるとおもいます。
御互いの責任・・・それは外で愚痴るのではなく夫婦でちゃんと話し合って、理解しあいたいものです。(笑)
シングルの言うことじゃないってか~?(^_^)v

Posted by: さっちゃん | January 30, 2005 at 01:40 AM

たしかに、僕にグチを言っても、意味なし。
夫婦のコミュニケーションって大事だね。

って、シングルの出る幕ではないね、やはり。

負けるな「勝ち犬」

Posted by: ジロー | January 31, 2005 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/2736339

Listed below are links to weblogs that reference 「勝ち犬」のグチ:

« いのち | Main | 「勝ち犬」のグチ(夫編) »