« 今日の授業風景 | Main | ドラえもんで、斬る »

「バリバリのハト派」

ギター侍、大好きでした。
でも、飽きてしまいました。

なぜか?
芸能人を斬って、笑いをとって、何になるの?
世間には、斬るべき相手は、数え切れないほどいるのに……。
一度、ギター侍が小泉首相を斬ったことがありました。
オチを期待すると、「あなたの好きなのはエックスジャパンですから、残念」
って、斬ってないじゃん。

そこで、最近読んだ本「バリバリのハト派」 
著者は、女子供文化評論家の荷宮和子先生。
この先生の「言葉」という刀の切れ味は、抜群。

傑作です。
僕の新しいバイブルとなりました。

今の日本を仕切っているのは、いい家に生まれた人間。
たとえば、政治家三代目、小泉首相。
その思想は、いい家に生まれなかった人間はどうなってもよい、ということ。
つまり、強きを助け、弱気をくじく。

そんな輩が、
一部の人間が富と成功を手に入れ、その他大勢がそのおこぼれで暮らす国を目指している。
その他大勢は、「負け組」となるのだが、その少なくない数が、仕切る側を支持している。
たとえば、イラクで人質になったひとたちに「自己責任」という言葉をあびせたりして。
これは、自分は負けていると感じている輩が、「仕切る側(勝ち組)」に同調して、
反体制派の人たちを叩いて、「支配者(勝ち組)」の気分を味わっているだけ。
まさに、政府高官ごっこ遊び。

荷宮先生は、そんな輩を一言で斬る。

アホである。

この国を、生まれによって、戦争をさせる側と、する側に分断しようとしている輩。
そんな輩は、日本という国、日本人であることを、やたらと誇りに思う。
そして、民族のすばらしさを強調するくせに、過去の過ちには目をつぶる。

そんな輩の中には、
自衛隊員の戦死を願っている者もいる。
憲法のせいで応戦できず死んだという既成事実を作るため。
そして、憲法9条を変えるため。

どうしようもない見栄っ張りの小泉たち。
いつもブッシュにいじめられてるので、自分も強いところを見せたいのだ。
その小泉たちを支持し、負け組のくせに勝ち組の気分に浸ってるその他大勢。
そんな輩が、憲法改正&自衛隊派兵大賛成と叫んでみても、
いざ戦争になって、自分の命が危なくなれば、
「やだやだ、ボク、死にたくない」と叫ぶに決まっている。

そして、先生は斬る。

本当にアホである。

先生のご専門である「女子供文化」とは、
「民主主義社会としての日本が崩壊してしまえば
きっと「差別される側」に分別されてしまうであろう人間が、
『差別と戦争は許さない』という姿勢に基づいて作り出した文化」

もう、感激です。オトコたちが見下すオンナコドモ、最高じゃん。
もやもやしてなかなか形にできなかった不満を
スッキリ言葉にしてもらって、スカッとしました。

最近、執筆をさぼりぎみの僕もやる気が出てきました。

よし、娘よ、とりあえず「宝塚」見に行くぜ。

これからは、僕もバリバリのハト派、バリハトでいきます。

バリハト宣言!万国のバリハトよ、団結せよ!

Peace ^^v

|

« 今日の授業風景 | Main | ドラえもんで、斬る »

Comments

おひさしぶりです。
すんごくウケました。(^o^)

テレビを見ていて思います。
笑いをとるなら、芸能人の悪口言ったり誰かを笑いものにしたりしないで、
もっと政治家を斬ってよ~って。

Posted by: sachiko | January 24, 2005 08:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「バリバリのハト派」:

» 荷宮和子 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
Counter: 565, today: 5, yesterday: 9 荷宮和子 † 名前:荷宮和子(にみやかずこ) 【blogmap|... [Read More]

Tracked on January 25, 2005 12:30 PM

« 今日の授業風景 | Main | ドラえもんで、斬る »