« 星と星のあいだ | Main | 2種類の人間 »

ホームパーティ

人間を、オトコ、オンナ、コドモの三種類に分けるひとたちがいます。

そんなひとのうちに出かけると、よく見かける光景。
オトコは飲んだくれ、オンナは台所、コドモはゲームボーイ。
 
オトコは一番上、コドモの面倒は、オンナがみる。
オンナはオトコの面倒もみて、オンナはオトコの所有物。

僕は、よくホームパーティを開きます。
うちには、オンナはいないので、僕が料理を作ります。
客が来るころ、いつも料理はできていません。
これはわざと、なんです。客にも料理に参加してもらうため。

来るなり、どっかと座るオトコの客もいます。
そういうときは、僕が細かく指示して、料理を手伝ってもらいます。
または、コドモたちに、「このおじちゃん、コドモ大好きだから、遊んでて」と言います。
うちに「オトコ」はいりません。

オトコもオンナもコドモもなく、
みんなで、料理をして、みんなで食べて、みんなでおしゃべりして、みんなで楽しむ。
これが、ジロー流ホームパーティなんです。

今日、あるブログに感激しました。
タイトルは、ジェンダーフリー。

 建築の仕事というのは、生活のすべてをデザインする仕事である。
 仕事だけしているような人間が、生活をデザインできるなんて考えられない。
 料理をしたこと無い人間に、キッチンの使い勝手なんてわからないだろう。
 育児をしたこと無い人間に、子供が安全な空間なんてわからないだろう。
 世の男性の皆さん。
 仕事ばかりしているより、料理とか育児もするほうが、人生楽しいですよ。

と、語る建築士さんの言葉。男性です。オトコではありません。

たしかに、これまでオトコというだけでいばってきた男性にとって、
ジェンダーフリーは、こわいことでしょう。
「革命思想」と恐れる気持ちもわかります。

ははは、オンナ、コドモ、そしてシングルファーザーを甘く見ると、痛い目にあうぜ。

Love and Rebolution!

|

« 星と星のあいだ | Main | 2種類の人間 »

Comments

こんにちは、僕の拙文を取り上げていただいて恐縮です。
僕は何故か、妻の実家に行っても、自分の実家に帰っても、ドカッと座っていると落ち着きません。ついつい、台所に立ってしまいます。そんな僕を快く思わない人もいるみたいですが・・・。
誰か一人だけ働かされてるっていう感じが、なんとも息苦しくなってきてしまうんですね。
やっぱり、みんなで同じ時間を共有できるほうが楽しいに決まってますよね。

Posted by: かわい | January 15, 2005 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/2581154

Listed below are links to weblogs that reference ホームパーティ:

« 星と星のあいだ | Main | 2種類の人間 »