« 断固ジェンダーフリー宣言 | Main | ホームパーティ »

星と星のあいだ

キーンと冷え切った夜。
星がきれいな季節になってきました。
天の川もうっすらと空を流れているのも見えます。

茨木のり子さんの詩の一節を思い出しました。

  ひとびとは盗まなくてはならない
  恒星と恒星の間に光る友情の秘伝を

星を見ると、宇宙を見ているような気がします。
しかし、宇宙の実体のほとんどは、星と星のあいだにあるそうです。
ダークマターと呼ばれ、その中にはダークエネルギーが満ちています。
星は、宇宙の実体の1%ほどにすぎないのです。

星座を見ることは、星々ではなく、星と星のあいだの見えない宇宙を見ることなのです。

まるで、文学のようです。
文学では、書かれたことより、書かれなかったことのほうが意味があります。
行間、そこに作家の魂があるのです。

人間は、誕生の瞬間、つまり母子分離の瞬間から、孤独。
人間は、ひとのあいだ、と書きます。
人間の実体も、人間と人間のあいだにあるのでしょう。
他人とのあいだにある絶対に埋められない空間、
その中に人間は取り残されて、存在しています。

その空間は、決してなくなることがありません。
人間は、孤独を宿命づけられているのです。
ただ、その空間に愛を充満させること、
それしかできないのでしょう。

「パパ、はやく、うちの中行こうよ」
と、言われるまで、学童の帰り、僕は駐車場で夜空を見つめています。

娘よ、この感動がわからんか!

Love and Peace^^v

|

« 断固ジェンダーフリー宣言 | Main | ホームパーティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 星と星のあいだ:

« 断固ジェンダーフリー宣言 | Main | ホームパーティ »