« TrueLove②学校編 | Main | TrueLove③国家編 »

書斎、その後

うちには、立派な書斎があるんです。
僕はうちに帰れば、作家。
天井まで届く本棚に世界の文学がずらり。
そして、大きな黒いデスク。

娘が小学校に入ると、
娘の学習机が僕のデスクの隣に並びました。
僕が執筆しながら娘の宿題を見れるように、と。

実は、僕、家事が苦手なんです。
料理は、気合いを入れているので、問題はないのですが、
掃除、整理整頓が、まったくダメ。
うちの中は、ちょっと気を抜けば、すぐにカオス状態。

では、急な来客があるときは、どうするか?
僕たちは、簡単な方法をあみ出しました。
来客は、リビングに通すので、
僕と娘は、リビングにあるものを、次から次へと、書斎に運ぶのです。
あっという間に、リビングはきれいになります。
ものがない空間というのは、実に心地がいいものです。

この頃、僕の主戦場は、ダイニングキッチンになりました。
ここで、料理を作り、ここで、書く。
娘もいつしか、ここで、宿題をするようになりました。
ここが、僕たちの世界の中心なんです。

来客時に、放り込んだものは、どうなったか?
今も書斎にあります。
増えることはあっても、減ることはないようです。

今、書斎は、ハムスターの部屋と呼ばれています。
ハムスターが一匹、ゆうゆうと暮らしています。

Peace ^^v

|

« TrueLove②学校編 | Main | TrueLove③国家編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/1780148

Listed below are links to weblogs that reference 書斎、その後:

« TrueLove②学校編 | Main | TrueLove③国家編 »