« 他の誰にも出せない答 | Main | 須藤元気 »

リアル・スーパーマン

小学生のころ、スーパーマンが大好きでした。
そのころから洋ものが好きだった僕は、
アメリカのコミック(翻訳もの)を取り寄せては、読んでいました。
スーパーマンに憧れるあまり、
無地のTシャツに、マジックでSマークを書いて着たこともあります。

だから、六年生の時に映画化された時は、大感激。
おばあちゃんに連れられ、街まで見に行きました。

そのスーパーマンに扮したクリストファー・リーブさんが、
先日、息をひきとりました。

リーブさんは、俳優として絶頂にあった95年、
乗馬中の事故で、脊髄損傷、首から下が動かなくなりました。
直後は自殺も考えたリーブさんですが、
「体の不自由さが私の人生を規定するのを拒否する」と宣言、
壮絶なリハビリを耐え抜き、社会活動家として活躍し始めました。

障害に立ち向かうその姿に、「二度ヒーローになった男」と呼ばれるようになります。

最近は、あらゆる臓器や組織になるES細胞を研究を支援する活動をしていました。
人間の受精卵を使うこの再生治療の研究推進は、アメリカ大統領選の争点でもあり、
ブッシュ大統領は反対の立場をとっています。

98年には、なんと俳優としてもカムバック。
ヒッチコックの名作「裏窓」のリメーク版。
裏窓から殺人事件を目撃してしまう、
けがで椅子に座ったまま動けない主人公を演じました。

リーブさんは、「再び歩く」ことを、決してあきらめてはいませんでした。

僕にとっての、スーパーマン(またはスーパーウーマン)は、
決して、弾丸より速く電車よりも力がある「強いひと」なんかではありません。

リーブさんのような、逆境の中にあっても輝いているひとなんです。

リーブさん、あなたこそ、リアル・スーパーマン。
クリプトン星から、ブッシュ大統領が負けるよう、地球を見守っていてください。

Peace ^^v

|

« 他の誰にも出せない答 | Main | 須藤元気 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リアル・スーパーマン:

« 他の誰にも出せない答 | Main | 須藤元気 »