« 僕に必要なひと | Main | 他の誰にも出せない答 »

休日、一人、うちで……

昨日は、一日、一人でいました。
娘は、ごはんも食べずに朝八時にうちを出てきました。

僕はというと、短編をなんとか一つ仕上げ、(ボツかも)
掃除して、洗濯して、
ベランダのバジルを収穫、ジェノベーゼにして瓶詰めして、
ネットサーフィンをして、いろんな人のブログを読んで、感心して、
カフェの更新もして、メールの返事も書いて、
本を開いては昼寝、起きてまた読み始めては昼寝して、
あっという間に、夕方近くに。
あ、昼ご飯食べるの、忘れた。

夕食にカレーをつくって、ナンを焼きました。
ナンは、ホームベーカリーで、簡単につくれるんです。

そしたら、娘が電話をかけてきて、夕食には帰らない、と。
まったく……。
テレビを見ながら、一人、ナンをカレーにつけて食べました。

食後、また本。
「自由からの逃走」
なかなか、難しい文章で、すぐ眠くなります。
自由は、尊いもの。多くのひとが血を流して、勝ち取ったもの。
しかし、あるひとたちは、自由になると、孤独で不安になります。
すると、何かに服従したくなる。
それが、ファシズムにつながっていく。
と、なかなか、恐ろしい話。おもしろいのですが、難しい、眠くなる……。

九時、娘が倒れ込むようにして、帰ってきました。
秋祭りを、一日、満喫してきたようでした。
娘は廊下に倒れ込み、僕もその横に倒れ、
横になったまま、娘が祭の報告を一気にまくしたてるので、それを聞きました。

それから、娘は腹が減ったと、
冷めたナンをチンしたカレーにつけて、食べました。
田村正和と黒木瞳のドラマを一緒に見ました。
黒木瞳演ずる専業主婦が、いろいろ悩んで、とてもリアル。
二人で、釘付けになってしまいました。

風呂に入って、バイオリンの練習をやるかやらないかで、喧嘩。
娘の機嫌が悪いということは、眠いということ。
バイオリンはやりましたが、日記は休んで、娘は就寝。

僕は日記を書いて、カクテルを飲みながら、また本。
難しいのか、眠いのか、なかなか進まない。

そんな具合に一日が終わったのですが、

結論、

「専業主婦(夫)」は、もう終わってる。

僕には、絶対できません。
誰にも、強制できません。

Peace ^^v

|

« 僕に必要なひと | Main | 他の誰にも出せない答 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 休日、一人、うちで……:

« 僕に必要なひと | Main | 他の誰にも出せない答 »