« 休日、一人、うちで…… | Main | リアル・スーパーマン »

他の誰にも出せない答

先日、ある若い先生と、議論になりました。

その先生が、職員室でぼやきました。
「生徒が、ぜんぜん、ものを考えられない。考える力がない」
そこで、ちょっと待った、と僕が言いました。
「ものを考えないって、ものを考えるひま、与えてないでしょ」
「え?」
「次から次へと出る宿題。早朝補習、土曜講座、模擬試験……」
「だから?」
「それで、考えるひまある?全部、つきあってたら、立派な学力バカになる」
「学力バカ?」
「与えられた問題だけをこなし、自分で考えない。ついには、従順な犬になる」

少し、間。

そして、その先生が一言。
「従順って、悪いことですか?」
そこで、僕は言葉を失い、議論は終わりとなりました。

自分を無力と考え、孤独と不安で、力のあるものに服従したくなる。
まさに、自由からの逃走。
E・フロム先生が、1941年にナチスの台頭を目にして、警告したこと。

教室では、教師が問題を出す。
教師という権力者がその一つの答えを握っている。
できればほめられる。
できなければ、落ちこぼれとなる。
みんなで同じ答えを出し、教師に従順になっていく。
もちろん、これは悪いことではありませんが、
これしかないと、とっても悪いことになるような気がします。

その日、うちで作文を書いていた娘が、僕にききました。
「パパ、どうしたら、作文上手に書ける?」
僕は、作家として、答えました。
「他の誰かが書きそうなことは、絶対に書かない。自分しか書けないことを書くこと」

そう、他の誰にも出せない答え。
それこそ、実社会の問題で求められること。

いいこと言ったなと思った瞬間、
他の誰にも書けない新作を、
まだ一文字も書いてないことに気づき、自己嫌悪。

娘よ、パパにお手本見せてくれ!

Peace ^^v


|

« 休日、一人、うちで…… | Main | リアル・スーパーマン »

Comments

こんにちは!
>>「他の誰かが書きそうなことは、絶対に書かない。自分しか書けないことを書くこと」
これ参考にさせてください!
それから、リンク貼らせていただきます、よろしくお願いします。

Posted by: コングBA | October 13, 2004 at 03:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/1661098

Listed below are links to weblogs that reference 他の誰にも出せない答:

» ものを考える力 [yoshi cool]
ジロー's カフェの「他の誰にも出せない答」からトラックバック。 考える力がな [Read More]

Tracked on October 13, 2004 at 01:53 PM

« 休日、一人、うちで…… | Main | リアル・スーパーマン »