« お茶しよう | Main | 新たな革命思想 »

終りではなく……

夏と言えば怖い話。
この夏、一番怖かったのは、「1984年」でした。
ファシズムが支配する社会ほど、
怖いものはありません。
世界中の幽霊が登場する大河怪談があったとしても、
これにはかないません。

とにかく政府に逆らったら死刑。
監視は行きとどき、
子どもが親でさえ密告するよう教育されている。

ファシズム国家の常として、絶えず戦争状態。
国民の憎悪をかきたて、
ファシストへの愛を強要する。

鬼畜米英、天皇万歳……

北朝鮮は恐ろしい、許せない、憎たらしい。
教育基本法に愛国心を盛り込め。
平和憲法を変えろ。

東京では、
君が代を歌わない、また歌うよう指導しない教師が大量処分。
反戦らく書きをした青年が、器物損壊で、有罪判決。

「1984年」の主人公が「党」に強いられている仕事は、
歴史を書きかえること。
「党」に不都合なことはなかったことにして、
「党」の都合のいいように、なかったことをあったことにして、
粛清された危険人物は、存在すらしてなかったことに……。

「歴史」にまで手を出し始めたら、もう終り……、
と思っていたところに、
これまた東京で
ある中高一貫校で、例の歴史教科書がつかわれることになったというニュース。
歴史学者たちから総スカン、侵略戦争美化の悪名高き教科書。

「1984年」の怖さは、50年以上前にイギリスに書かれたにもかかわらず、
現在のこの日本にも通じるところ。

もう終り……、ではなく、
これからが始まりなんです。
やつらとのたたかいが。

Peace^^v

|

« お茶しよう | Main | 新たな革命思想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25180/1290647

Listed below are links to weblogs that reference 終りではなく……:

« お茶しよう | Main | 新たな革命思想 »