夜汽車な気分

東京から帰ってきました。
終電で。

子どもの頃、父と東京に行ったことがあるんです。
何で行ったのかは覚えていないのですが、
夜、父と電車に乗っていたら、
乗客を見ながら
父が言いました。

「みんな、それぞれのうちに帰るだぞ」

たしかに、
一緒に電車に乗っていても、
帰る家は違うんです。

「すごいねえ」

と、僕は答えました。

当たり前のことですが、
人の数だけ、人生があって、
それぞれの人生にドラマがあり、
そのほとんとを知ることはありません。

そんなことを、すごいと思ったんです。

田舎の夜の電車で、
車窓から家々の灯りを見ていると、
あの時と同じ気持ちになります。

 いつもいつも通る夜汽車、
 静かな響き聞けば、
 遠い町を思い出す

保育園で習った歌です。
子どもの頃、静かな夜、、
布団の中で電車の音を聞きながら、
その歌を歌ったものです。
これも、そんな感じ。

今、そんな気分なんです。

さ、ウイスキーちびちび飲って寝るとします。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

読書会の余韻ナイト

東京に来ています。
今日は小さな教会で読書会。
クリスチャンの中に混ぜてもらい、
遠藤周作の「白い人」について語ったんです。

第二次世界大戦中のフランス、
ドイツ人とフランス人のハーフの主人公は、
ナチに加担し、拷問に携わります。

サディズム、
エロティシズム、
ヒロイズム、
もちろん、キリスト、
これらがテーマ。

読書会の後の二次会、
〆の喫茶店でも話は続きました。

同じ場面でも違う見方があり、
読み飛ばした文を指摘してもらったり、
一冊で何冊文も楽しめる読書会でした。

さ、今日はカプセルホテルにいるんです。
ブランデーをちびちびやってから寝ます。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ひどい話

4月から小学校の道徳では、
成績がつけられるようです。

小学校一年生の教科書では、
ある物語の中で、
検定前はパン屋だったのだが、
検定後は和菓子屋になったとか。

「国や郷土を愛する態度」などを学ぶ観点で、
「パン屋」では不適切なんだとか。

文科省が書きかえさせたのです。

天下りで甘い汁を吸い、
例の愛国幼稚園教師を3人も表彰する文科省、
この国の教育のトップがこのザマ。

アベは、「愛国教育」をやりたいんです。
だから、まわりが忖度して、
森友学園問題が起こったんです。

エラい人が何も言わなくても、
エラい人の気持ちを読んで、
エラい人が喜ぶことを実行する。
時に悪いことさえ。
そう、忖度(そんたく)。

で、たとえバレても、
エラい人は命令してないから、
トカゲの尻尾切りで逃走。

日本の教育の目的は、
忖度する子を育てることではありません。

はい、たたかいますとも。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

今日はカレー、明日も

今日は来客があり、
ひさしぶりに料理をつくりました。
早めに帰り、
証人喚問を聞きながら、
カレーを三種類つくりました。
ごはんを炊いて、
ナンも焼いて。

籠池氏は、
ガチ右翼ですが、
そこは嫌いなのですが、
嘘はついていないように聞こえました。
純粋な右翼なんだな、とも思いました。
あのヘイトっぷりは正しいと思いませんが。

これは真相解明の始まりなのでしょう。
アベ政治の終わりの始まりでもあるのでしょう。

手羽元のカレー、
トマトのカレー、
ホウレン草のカレー、
それぞれ、それぞれの美味、
承認喚問のニュースをはしごしながら、
とても盛り上がりました。

カレーは余ったので
明日の朝ごはんと弁当にして、
実家にも持っていくことにします。

あ、ナン、魚焼きグリルで、うまく焼けました。

一晩寝かせたカレー、楽しみです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ブンガクの効能

よく言われる話。
コップに水が半分入っていて、
「もう半分しかない」と見るか、
「まだ半分もある」と見るか。

ものの見方で、
頭の中の世界は、
まったく違うようです。
で、結局、頭の中の世界が、世界のすべて。

ブンガクとは、要は、「ものの見方」

誰の人生にでもあるような、
ありふれたものに価値を見いだし、
誰の人生もありれたものなんてことはない、
と表現すること。

だと思うんです。

ブンガクの目を持って歩けば、
近所の見慣れた場所も観光地になります。

ブンガクの目を持って暮らせば、
小さな幸せの中に、
大きな喜びを見つけるでしょう。

ブンガクの目を持って出会えば、
周りはかけがえのない人ばかり。

いつも会うたびに、
不幸自慢をする友人がいるのですが、
きっと、ありふれた人生の中に、
日々、苦しみを見つけるのでしょう。

ものの見方なんて、
何かのきっかけで、
ガラッと変わることがあります。
ものの見方が変われば、
頭の中の絵は描きかえられるでしょう。

その友人に、
今度、ブンガクすすめてみよっと。
同人誌でも売りつけるかな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

幸せなひとりぼっち

昨日、今日と休み、
ひとりでブラブラと。

今日は、まず朝寝して、
コタツで、ビデオ鑑賞と読書、
昼は、インド・カレーとチャイを。
で、ミニ・シアターで映画鑑賞。

「幸せなひとりぼっち」

スウェーデン映画、
一人暮らしの頑固なおじいさんの話。
イラン人家族やゲイの青年や猫と出会い、
氷のような心が徐々に溶けていきます。
ひとりぼっちの僕の心もほっこり。

小林多喜二の母の映画「母」
前売り券を二枚買いました。
母と見に行くつもりです。

映画の前と後には、
もちろん、カフェで一休み。
文庫本を読みながら。

帰りには、中古CD屋にも寄りました。
古い映画のDVDとサントラを購入。
これも、ちょっとした出会いでした。

もう一軒、カフェ行こうかな。
シメのコーヒーね。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

娘旅立つ

今朝早く、娘のLINEで起こされました。

やはり我慢できずに一人で来てしまいました、と。
河原の写真付きで。

夜行バスで、横浜から京都へ一人旅。

カフェでモーニング。

古本屋に入り、
店主に本を選んでもらい、
で、その店主とツーショット。
山本有三の文庫本を二冊、
カフェや河原で読んだようです。

僕は、コタツでダラダラして、
鉄板皿で卵焼きにのっけたナポリタンをつくりランチ。
コーヒーやらココアやらを飲みながら、
甲子園、百条委員会、ネット、コロンボ、

で、夕方、散歩へ。
古道具屋と古着屋をのぞき、
暗くなるまでゆっくり歩きました。

娘は日帰りなんだとか。
そのうち、写真が届くでしょう。

僕は明日も休みなんです。
まずは、夜更かしをすることにします。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ふつうであること

人生の折り返し地点をとっくに過ぎ、
いつも自慢と悪口ばかり、
そんな晩年は嫌だなあ、と思います。

エラくなりたかったのに、
エラくなれなくて口惜しくて、
だから、
自慢で、自分を大きく見せたり、
悪口で、まわりをおとしめたりして、
ちっともエラくない自分を、
少しでもエラく見せようとするのです。

「ふつうである勇気」を持とう、と決めました。
アドラーの言葉です。
そう、等身大の自分を受け入れるんです。

ブカブカの服が格好悪いように、
等身大の自分より大きく見せようとしたら、
みっともない、みっともない。

配られたカードで勝負する。

ポーカーなら、
どんなショボい手札でも、
はったりをかませば、
勝つこともあるんです。

ないものをあるように見せるんじゃなく、
あるものをあるがままに見せる。

これが、きっと「ふつうである勇気」を持つことなのでしょう。

このごろ、
自慢と悪口が増えてきたので、
気をつけよっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

質問力

たまに、BGMがわりに、
「刑事コロンボ」をビデオで再生するんです。
何作か撮りためてあるので。

いつも同じ格好。
よれよれコート、
細いネクタイ、
一見、さえない刑事。

車は、ボコボコのポンコツ。

ひとなつっこくて、
バカにされながらも、
謙虚に、教えを請い続けます。

コロンボの質問がいいんです。
とぼけながら、鋭く矛盾をつきます。
犯人は、上から目線で、答えます。
その矛盾をごまかそうとしますが、
ますます、矛盾が明らかになってしまいます。

コロンボは、最後の最後まで、
犯人に敬意を払いながら、
質問を重ねて、
徐々に追いつめていくんです。

さて、この頃、国会中継を見るんです。
テレビやツイキャスの中継、
ツイッターでの実況投稿などで、
スポーツ観戦のように追っかけていきます。

議席数では、野党を圧倒する与党ですが、
野党の質問には、負けっ放し。
まったく、理屈が通らない答弁ばかり。

一番好きなのは共産党、
たんたん質問をして、
さんざんnしゃべらせ、
矛盾が出てきたところで、
独自入手資料で、トドメを差す。
国会は、まさに武器を言葉に持ちかえた戦場。
こんなにエキサイティングだとは知りませんでした。

自分のスタイルを貫く。
服でも、コミュニケーションでも。

そして、質問力。
コロンボにも、
国会議員にも、
学ぶところ、ありすぎです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ラブ&ピース政治

タテかヨコか、
ぶんどるかわけあうか、
政治はこれがすべて。

エラい人に従う社会か、
みんなで作る社会か。

ぶんどってくるいひとにすがるか、
ぶんどるひとからうばってわけるか。

タテで、ぶんどるのが、アベ政治。
ヨコで、わけあうのが、ラブ&ピース政治。

どっちがいいのかって話。

タテで、ぶんどる政治は、
ファシズム国家で、
戦争に向かうようです。

アベ首相の狙いはひとつ。

戦争できる国づくり。

一言も口に出しませんが、
これは間違いなさそうです。


さ、ラブ&ピース派は、今が正念場。
潮目はとっくに変わっている。

さ、泥船は沈み始めたよ。

いったる。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

«おしるこ