甘くない

もし僕が誰かと一緒にいて、
その人にスマホをいじられたら、
それは僕の話がつまらないということだから、
相手がマナー違反というより、
僕が悪いと思うんです。

浮気されたら、
相手に怒るんじゃなく、
自分を磨け、
というのと同じ。

話をちゃんと聞け、
と言われても、
つまらない話なら聞きません。
てか、聞けません。

授業でも、そう。
生徒が居眠りしたら、
それは授業がつまらないから。
生徒を叱る前に、
教師が授業を改善すべき。

 新手一生

他人が差した手は差さない。
一生、新手を追求する。
これは伝説の棋士枡田孝三の言葉。

なるほど、
言葉も常に新しくなくてはいけません。


さ、日々精進です。
コミュニケーションは甘くない

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ロンリー・ナイト

この町に住んで、
もう8年ちょっと、
ようやく近所にいい店を見つけたんです。

各種スコッチウイスキーが揃い、
ジャズが流れ、
落ち着いた雰囲気の店。

サッカー観戦帰りには、
娘と立ち寄って、
マスターにウイスキーを選んでもらい、
オン・ザ・ロックで飲んだんです。。

で、本日、Jリーグが再開、
もちろん、近所のスタジアムに行って来ました。
今日は娘がいなかったので、
帰りに、一人で行きました。

すると、もうその店は、営業していないようでした。

ようやく見つけた隠れ家だったのに。
この町で唯一のお気に入りカフェが、
昨年閉店してしたことも思い出しました。

なんだか、さみしい夜です。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

粘り強さ

粘り強いことは、いいこと。

ま、その通りでしょう。

しかし、たとえば、仕事で、
効率の悪い方法を、
改善することもなく、
耐えて耐えて、
ダラダラ働いたら、
この「粘り強さ」は、
いいことではありません。
むしろ、進歩を阻害する悪いこと。

粘り強くないひとが、
もっとも効率のよい方法を見つけて、
他の多くの人に貢献してきたのも事実。

粘り強さは、しょせん、
多面的な人間の一面。
場面によっては、
いいこともあれば、
悪いこともあるのでしょう。

ものごとは多面的に見る。
特に人間は。

ふむふむ、めとめも。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

終わらない夏

高校野球地区予選真っ最中、
毎日半分のチームが、
悔し涙を流します。

今日は本校野球部も、
強豪校相手に一時はリードして、
善戦したものの、
後半突き放され、
悔し涙を流しました

いつも、ちょっとうらやましくなるんです。
悔し涙を流す人たちを。
悔し涙を流すためには、
地獄のような練習をしているはずです。
そんな経験がないから、
僕は悔し涙を流したことがないのでしょう。

涙は、
心の汗、
泣いたぶんだけ、
強くなるはずです。

こんな僕でも、
スポーツではありませんが、
悔し涙を流したことがあります。

それは、2015年の9月19日の朝。
そう、「戦争法」の強行採決の日。
僕はデモに19回参加し、
全国の仲間もたたかいましたが、
それでも止めることができなかったんです。

2015年の夏は、
僕の中では終わってないんです。
それ以来、ずっと夏。

さ、夏本番、僕の一番好きな季節到来です。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

たたかいはここから、たたかいはいまから

大学生一年生の時、
アパートの隣の部屋には、
同学年の日本文学科の学生がいたんです。
僕の部屋にちょくちょく遊びにくる仲で、
お互い、本を貸しあっていました。

あるとき、僕が「しろばんば」を貸したんです。
中学校の時、一部が教科書に載っていて、
全部読みたくなって買った文庫本。
おばあさんと二人で暮らす少年の成長物語。

お返しに彼も本を貸してくれました

「これ読むと、共産党万歳ってなるよ」

そう、小林多喜二の「蟹工船」

僕はアカは怖いと英才教育を受けていました。
最初の選挙では公明党に入れたくらい。

そんなわけないだろう、と思いながら、
で、読み終わると、
すっかり気持ちはアカに。

話は単純、
労働者は団結して、
ピンハネする資本家から、
カネをきっちりいただこう、
と、ただそれだけのこと。
そりゃ、アカは怖いわけです。
資本家にとっては。

究極の搾取である戦争にも、
アカは当然反対します。
そりゃ、アカは怖いわけです。
政府にとっては。

共産党員で小説家の多喜二は、
牢獄に入れられ、
拷問で虐殺されました。

そんな日本共産党が、
今日で96才のバースデイなんだとか。
もちろん、日本最古の政党。
こりゃ、めでたい、めでたい。

アカが怖いとは、権力者のセリフ。
アベが怖いとは、我々のセリフ。

蟹工船がベストセラーになったのは、
つい数年前のこと。

たたかいは、続いています。

今も。
これからも、ずっと。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

初戦!

今日は高校野球応援に行ってきました。
我が校野球部は、
僕が転勤してきて以来、
夏の初戦で勝ったことがありません。

で、今日、
先制点をとるものの、
逆転され、接戦に。
また負けるのか......
と思い始めたら、
逆転、
といっても1点だけ......

よく廊下ですれ違い、
そのたびにいじってきた選手が、
めちゃめちゃがんばっていました。
3番手投手。
出番はなさそうでしたが、
声を出すこと、出すこと。
仲間を励まし、
相手にプレッシャーをかけ、
ずっと声をかけっぱなし。

いつしか、そんな彼を応援していました。

僕のクラスの唯一の野球部員は、
キャッチャーで、今日は控えに。
控えキャッチャーはなかなか忙しいんです。
ブルペンで二番手投手の球を受けたり、
正捕手が出塁したときなど、
準備ができるまで投球練習の相手したり、と。

サードコーチャーもよく声が出ていました。
点をとるかどうかの走塁の決断をする重要な役割、
迷うことは許されない瞬間の判断、
そうとうなプレッシャーでしょう。

そう、レギュラーの9人以外も、
いっしょになってたたかっているんです。
ここが、高校野球の醍醐味。

さ、明後日は9年ぶりの二回戦!
いったれ、いったれ!

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

マジメとキマジメとフマジメあいだ

ま、どの社会でも、キマジメな人はいます。
たいてい、その社会を支えるのは、
そんなキマジメな人なのかもしれません。

でも、キマジメな人は、
上の誰かが作った型に忠実なだけ。
まわりもその型にはめようとします。
で、はまらないと、怒る怒る。
上の代弁者かよって話

一方、
本当にマジメなひとは、
自分の心に忠実。
心の奥底の声なき声に耳を傾けるんです。

他人のつくった型にはまることより、
自分で型をつくることのようを優先するので、
時に、フマジメと呼ばれることも。

キマジメな人は、
自分の感情に向き合うことを、
サボっています。
その点では、こちらのほうがフマジメ。

マジメでありたいと思います。
キマジメでも、
フマジメでもなく。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

学期末の数字たち

今学期もそろそろ終わり、
毎日、数字に追われる日々。
授業時数、欠席数、、
テストの点数、平均点、順位、偏差値、
そして、通信簿。

僕たち教師も大変ですが、
数値化される生徒たちは、
精神的にもっと大変でしょう。

しかし、
好きな人のすばらしさを、
数字で説明しろ、
と言われても、
それは無理というもの。

そう、数字なんて、
多面的な人間のたった一面にすぎません。

すべての競争は、
その一面を比べるだけ。
勝っても、負けても、
たった一面。

そもそも、人間の魅力など、
数値化できないところにあるのですから。

さ、通信簿を渡せば、
もうすぐ夏休み。

なんのために、
一生懸命勉強して、
教師になったかといえば、
この夏休みのため。

で、明日は球技大会、
どうか晴れますように。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

男もしてみんとてするなり

傘を買いに行ったんです。
昼休みに。
県庁所在地の街中で。

晴雨兼用の折りたたみ傘を見つけ、
ちょうど日差しも強かったので即決。

店を出て、
日傘を差して歩くと......
まあ、快適なこと、快適なこと。
まるで、携帯日陰。

しかし、日傘を差している男は皆無。
すこし、恥ずかしくなってきましたが、
とりま、歩き続けました。

女もすなる日傘というもの、
男もしてみんとてするなり。
そんなことをつぶやきながら。

ちょっと思ったのですが、
マイノリティの人たちは、
いつもこういう思いをしているのだな、と。

顔を上げて、
胸を張って、
歩き続けて、
まわりの意識を変えていく。

こうして、時代がを変わってきたのでしょう。
そう、時代の変えるのは、いつもマイノリティですから。

男の日傘、いいね。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

壁は破るためにある。

人生は、
クローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇である。

チャップリンの言葉です。

今日、ちょっと話題になったんです。
職員室でも、
相談室でも。

今はつらくても、
時間が解決しますよ。
近くばかり見てないで、
壁を破って、
外の世界に出てみれば、
今ここで抱えている問題なんて、
小さなものだってわかりますよ。

相談室に来た教え子が、
そんなことを言って、
僕を励ましてくれました。

こんな僕でも、
うまくいかないことがあれば、
クヨクヨ考えてしまうもので。

そう、気づけば、壁に囲まれて、
小さな世界に安住していました。

そんな壁はまずうち破って、
外のもっと大きな世界を見て、
予想もしないものに出会う。

今の僕に欠けているものは、それかな、と。

壁は、破るためにあるものですから。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

«人間の成分