ブンガクの効能

よく言われる話。
コップに水が半分入っていて、
「もう半分しかない」と見るか、
「まだ半分もある」と見るか。

ものの見方で、
頭の中の世界は、
まったく違うようです。
で、結局、頭の中の世界が、世界のすべて。

ブンガクとは、要は、「ものの見方」

誰の人生にでもあるような、
ありふれたものに価値を見いだし、
誰の人生もありれたものなんてことはない、
と表現すること。

だと思うんです。

ブンガクの目を持って歩けば、
近所の見慣れた場所も観光地になります。

ブンガクの目を持って暮らせば、
小さな幸せの中に、
大きな喜びを見つけるでしょう。

ブンガクの目を持って出会えば、
周りはかけがえのない人ばかり。

いつも会うたびに、
不幸自慢をする友人がいるのですが、
きっと、ありふれた人生の中に、
日々、苦しみを見つけるのでしょう。

ものの見方なんて、
何かのきっかけで、
ガラッと変わることがあります。
ものの見方が変われば、
頭の中の絵は描きかえられるでしょう。

その友人に、
今度、ブンガクすすめてみよっと。
同人誌でも売りつけるかな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

幸せなひとりぼっち

昨日、今日と休み、
ひとりでブラブラと。

今日は、まず朝寝して、
コタツで、ビデオ鑑賞と読書、
昼は、インド・カレーとチャイを。
で、ミニ・シアターで映画鑑賞。

「幸せなひとりぼっち」

スウェーデン映画、
一人暮らしの頑固なおじいさんの話。
イラン人家族やゲイの青年や猫と出会い、
氷のような心が徐々に溶けていきます。
ひとりぼっちの僕の心もほっこり。

小林多喜二の母の映画「母」
前売り券を二枚買いました。
母と見に行くつもりです。

映画の前と後には、
もちろん、カフェで一休み。
文庫本を読みながら。

帰りには、中古CD屋にも寄りました。
古い映画のDVDとサントラを購入。
これも、ちょっとした出会いでした。

もう一軒、カフェ行こうかな。
シメのコーヒーね。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

娘旅立つ

今朝早く、娘のLINEで起こされました。

やはり我慢できずに一人で来てしまいました、と。
河原の写真付きで。

夜行バスで、横浜から京都へ一人旅。

カフェでモーニング。

古本屋に入り、
店主に本を選んでもらい、
で、その店主とツーショット。
山本有三の文庫本を二冊、
カフェや河原で読んだようです。

僕は、コタツでダラダラして、
鉄板皿で卵焼きにのっけたナポリタンをつくりランチ。
コーヒーやらココアやらを飲みながら、
甲子園、百条委員会、ネット、コロンボ、

で、夕方、散歩へ。
古道具屋と古着屋をのぞき、
暗くなるまでゆっくり歩きました。

娘は日帰りなんだとか。
そのうち、写真が届くでしょう。

僕は明日も休みなんです。
まずは、夜更かしをすることにします。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ふつうであること

人生の折り返し地点をとっくに過ぎ、
いつも自慢と悪口ばかり、
そんな晩年は嫌だなあ、と思います。

エラくなりたかったのに、
エラくなれなくて口惜しくて、
だから、
自慢で、自分を大きく見せたり、
悪口で、まわりをおとしめたりして、
ちっともエラくない自分を、
少しでもエラく見せようとするのです。

「ふつうである勇気」を持とう、と決めました。
アドラーの言葉です。
そう、等身大の自分を受け入れるんです。

ブカブカの服が格好悪いように、
等身大の自分より大きく見せようとしたら、
みっともない、みっともない。

配られたカードで勝負する。

ポーカーなら、
どんなショボい手札でも、
はったりをかませば、
勝つこともあるんです。

ないものをあるように見せるんじゃなく、
あるものをあるがままに見せる。

これが、きっと「ふつうである勇気」を持つことなのでしょう。

このごろ、
自慢と悪口が増えてきたので、
気をつけよっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

質問力

たまに、BGMがわりに、
「刑事コロンボ」をビデオで再生するんです。
何作か撮りためてあるので。

いつも同じ格好。
よれよれコート、
細いネクタイ、
一見、さえない刑事。

車は、ボコボコのポンコツ。

ひとなつっこくて、
バカにされながらも、
謙虚に、教えを請い続けます。

コロンボの質問がいいんです。
とぼけながら、鋭く矛盾をつきます。
犯人は、上から目線で、答えます。
その矛盾をごまかそうとしますが、
ますます、矛盾が明らかになってしまいます。

コロンボは、最後の最後まで、
犯人に敬意を払いながら、
質問を重ねて、
徐々に追いつめていくんです。

さて、この頃、国会中継を見るんです。
テレビやツイキャスの中継、
ツイッターでの実況投稿などで、
スポーツ観戦のように追っかけていきます。

議席数では、野党を圧倒する与党ですが、
野党の質問には、負けっ放し。
まったく、理屈が通らない答弁ばかり。

一番好きなのは共産党、
たんたん質問をして、
さんざんnしゃべらせ、
矛盾が出てきたところで、
独自入手資料で、トドメを差す。
国会は、まさに武器を言葉に持ちかえた戦場。
こんなにエキサイティングだとは知りませんでした。

自分のスタイルを貫く。
服でも、コミュニケーションでも。

そして、質問力。
コロンボにも、
国会議員にも、
学ぶところ、ありすぎです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ラブ&ピース政治

タテかヨコか、
ぶんどるかわけあうか、
政治はこれがすべて。

エラい人に従う社会か、
みんなで作る社会か。

ぶんどってくるいひとにすがるか、
ぶんどるひとからうばってわけるか。

タテで、ぶんどるのが、アベ政治。
ヨコで、わけあうのが、ラブ&ピース政治。

どっちがいいのかって話。

タテで、ぶんどる政治は、
ファシズム国家で、
戦争に向かうようです。

アベ首相の狙いはひとつ。

戦争できる国づくり。

一言も口に出しませんが、
これは間違いなさそうです。


さ、ラブ&ピース派は、今が正念場。
潮目はとっくに変わっている。

さ、泥船は沈み始めたよ。

いったる。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

おしるこ

子どもの頃、
うちには土間のお勝手があって、
よく祖母と一緒にいたんです。

石油ストーブがあって、
その上にやかんがかかっていました。
たまに、祖母がおしるこを作ってくれました。

「甘くするにゃ、塩を入れるだよ」

反対の味で、メインの味を引き立てるのでしょう。

おしるこの鍋の隣で、
お餅を焼いて、入れるんです。
お餅のかわりに、小麦粉の団子の時も。。
 
甘酒をつくってくれることもありました。

「甘くするにゃ、塩を入れるだよ」

甘酒も同じセオリー。

この町の老舗の甘味処、
夏はかき氷だけを売り、
夏が終わると、おしるこを出すんです
カリッと焼いたお餅が入ります。
まあ、美味なこと、美味なこと。
真っ赤な福神漬けがついてくるんです。
これも同じセオリー、実に合うんです。


祖母が旅立った今は、
父がおしるこをつくってくれます。
いつも忘れた頃に。
このおやつが一番です。

この週末、ひさしぶりに、
餅つき機で餅をつくろうかな。

父ちゃん、おしるこ、そろそろだよ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→

| | Comments (0)

潮目が変わった

うちの中ではお父さんが一番エラい。
で、長男がその跡を継ぐ。
女は妻としてお父さんを支え、
母として長男を支える。
家族はみんなお父さんの言うことききなさい。

ま、これが家父長制。

国の中では天皇が一番エラい。
で、皇太子がその跡を継ぐ。
国民は天皇の子として、
なんかあったら、命を捧げ、
天皇の国を守りなさい。

ま、これが天皇制。
教育勅語のキモ。

そんなタテ社会が、
ファシズム国家として、
戦争に突き進んだんです。

だから、戦後、日本を平和にするために、
タテの国をヨコにしたんです。

婚姻は、両性の合意のみに基づくようにして、
家父長制をなくすことに。
そして、天皇は、元首ではなく象徴に。
神から、人間に変わったのです。

ただその家に生まれただけで天皇になる国で、
ただ日本に生まれただけで隣国を管だし、
ただ男に生まれただけで女にいばる。

そんなクソったれな国はもうなくなったはず、
と思っていたら、
いつしかそれに近づきつつあります。

安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を言います。
戦後が嫌で、つまり、戦前がいい、と。

そういう安倍首相も、
あの家に生まれなければ、
政治家にすらなっていなかったでしょう。

ああ、やれやれ。

でも、潮目も変わったことだし。
さ、終わりの始まりの始まり始まり。

いったろっと。


Love & Peace ・・))v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

一番病警戒警報発令中

一番病、
常に一番を目指す。
これは悪いことではなさそうですが。
ちょっとこじらせると大変。

一番いい学校に行って、
一番大きい政党を支持して、
一番偉い人の心を読む。
そう、忖度。

一番偉い人のやりたいことを、
その優秀な頭脳で想像して、
偉い人のやりたい以上のことをして、
偉い人を喜ばせて、
自分も偉くなろうとする。

この一番病が蔓延しているようです。
政界や役所、教育界でも。

だから、偉い人が、直接、何も言わなくても、
一を知って十を知る一番病患者たちがせっせと動き、
ものごとが偉い人の思惑通りに進んでいくのでしょう。

僕にも一番いい学校に行った友人が何人かいます。
しかし、一番病にはかかってないんです。
その友人たちは、誰の話もよく聞き、
その優秀な頭脳を弱者のために使います。
一番になることよりも、
自分の良心に従うことを優先しているようです。

ほんとに頭が下がります。

一番になったことがない僕が言うのもなんですが、
一番になることより大事なことはいくつもあるようです。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

人生のはかり方

この季節になると開く本があります。
洋書で、エッセイ集。
最初のが一番好きで、
それだけ読むんです。

子育てをすでに終えた中年女性が、
毎日、朝を静かに迎える。
とても丁寧に、いつも同じ手順で。
まるで宗教儀式のように。

と、ただそれだけの話。

これを初めて読んだのは、
まだ二十代だった頃。
いつかはそんな大人になりたいと思いました。

ずっとずっと先の頃と思っていましたが、
ついに、その年齢になったようです。

僕は早起きは嫌いなので、
彼女のようには朝を迎えられませんが、
何でもない日常を繰り返し、
いつしか儀式のようになることは、
身をもって実感しています。

 人生は、何で測るのか。
 本で測る。
 一冊の本で測る。
 おなじ本を、読み返すことで測る。

これは、長田弘さんの詩。
たしかに、この本は人生を測る本。
ようやく、大人の仲間入りかな。

早起きはしませんが。

繰り返すとは、
毎日、同じことをして、
毎日が同じじゃないことを知る儀式のようなもの。

さ、明日も今日と同じような日を過ごそうっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

«お金ではなく