打たないシュートは入らない

今日は水球部の応援にいってきました。
一緒のプールで練習してるんです。
僕が顧問の競泳部は、超ユル部ですが、
水球部は、妥協なき超ガチ部。

しかし、チームのメンバーは5人だけ。
水球は1チーム7人でプレイするので、
2人足りないんです。

それでも、今大会に参加。
もちろん、勝つ気で練習していました。
隣で練習していると、
その熱気で焦がされそうなほどでした。

さて、本番、
いくら勝つ気でたたかっても、
人数不足は明らかに不利で、
得点を取ることすら大変。

しかし、最後まで諦めず、
1点でも多く取りにいくチームは、
観客を感動させ始めました。

交替もせず、
足りないメンバーの分も泳ぎ、
メンバーたちはそうとう疲れていたでしょう。

で、最後の試合、相手チームは強豪。
すると、驚いたことが起こりました。

相手チームの二人がまったく動かないんです。
プールの隅に浮いたまま。

そう、相手の監督は、
5人対5人のガチンコ勝負を決断したのです。

試合は接戦に。
応援にも気合いが入りました。
結果は、2点差の惜敗。

勝つか負けるか、
これは、もちろん大事。
でも、たたかうかたたかわないか、
こっちが、もっと大事。

なんだか、僕まで、やる気になってきました。
はたして、競泳部のメンバーたちはどう思ったか?

そう、打たないシュートは入らない。

よし、打ったる。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

まるちゃんに会いに

ちょっと清水にいってきました。
まるちゃんランドに行こうかな、と。
先日、さくらももこさんが旅立ったこともあって。

さくらももこさんは同年代、
ゆえに共感するもの多々なんです。

「もものかんづめ」というエッセイ本を買いました。
有名な本で知っていましたが、読んでなかったもので。

まるちゃんランドで、
記帳させてもらったあと、、
海風に当たりながら、
ソフトクリーム片手に、
最初のエッセイを読みました。
水虫と格闘する話。

ほとんどのひとが見落とすような、
日々の生活の中の些細なものを、
すくいあげて、見せてくれ、
笑わせてくれたり、
ほろりとさせてくれたり、
と、ここが世界で愛される理由でしょう。

明日は日曜日、
そう、ちびまる子ちゃんの日、
楽しみになってきました。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ほぼ毎日のこと

毎日続けるって決めたら、
毎日続ける。
当然のこと。

でも、サボっちゃう日もある。
なら、次の日二日分やればいい。

でもでも、二日さぼっちゃうことも。
そのときは、三日分やればいい。

と、高校のときに学んだんです。
毎日のラジオ講座で。

遊びにいってるときは、
母に電話して、
カセットテープに録音してもらいました
カセットテープはA面とB面しかないので、
二日分しか録音できないので、
サボるのは二日までと決めて

ということで、
今日はもう一つ、
ブログ書きます。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ダブル麹生活

今日の朝食は、卵かけごはん。
鍋で炊いたごはんに、
卵をかけて、醤油麹を入れて。
他におかずはいらないほどの好物。

残りのごはんで、
チャーハン弁当を作りました。
卵、ネギ、チャーシュー、
今日は枝豆も入れました。
味付けは、コショウと塩麹。
30年のつきあいの中華鍋で。

朝も昼も、おいしくいただきました。

醤油と塩のダブル麹生活。

明日も米麹のお世話になろっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

鎖につながれた象

3年前の今日、未明、
「戦争法」が成立しました。

そう、9月19日は一生忘れられない日。

絶対に止める、
と、行けるデモにはぜんぶ行きました。

この町でも、
隣の町でも、
県庁所在地でも、
国会前でも。

 国民は法律に従わねばいけない。
 そして、その法律をつくる権力者は、
 憲法に違反する法律はつくれない。

このルールをアベ内閣は破ったんです。
そう、立憲主義をないがしろにしたんです。

もう、国が国じゃなくなるレベル。

その後は、もうやりたい放題。
悪法を次々と強行採決。

モリカケ問題などのスキャンダルも、
ごまかしまくって、にげまくって。

忖度官僚は、
隠ぺい、ねつ造、改ざん、
これら三種の神器で、
アベ政権の援護射撃。

で、直近の世論調査では、
アベ内閣の支持が、
不支持を上回ったとか。

あれから3年経って、
多くの人が冷めてしまったようです。

鎖に繋がれた象に、
電流を流すと、
最初は暴れるのですが、
そのうち暴れなくなるんだとか。

3年前も、
今日も、
ただできることをするだけ。
諦めずに。

アベを支持する人も嫌いですが、
すぐ諦める人も嫌いななもので。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

天丼ナイト

今日は、実家で、
両親と兄と、
天丼をいただきました。

たまに書評の仕事をするのですが、
その原稿料で、
いつも、天丼を食べるになってるんです。

今回の本はちょっと苦労したので、
美味しさも格別でした。

次はどんな本を頼まれるかな?
すでに次の天丼が楽しみになってきました。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

非国民上等っ

納得させて政治するのが民主主義、
納得など関係ないのがファシズム。

国民の大半が納得してないのに、
ゴリゴリ押し進めるのがアベ政治。

もう、うんざり。

そして、そんなアベを許す日本人。
不祥事にはすっかり鈍感になって。

ドーピングで健康に見せかけているアベノミクス、
これに多くの日本人が騙されて。

ねつ造、隠ぺい、改ざん、
これら三種の神器で、
ますますデタラメ政治は続いています。
モリカケ問題なのすっかり忘れて。

ちょっとくらい汚いことをしても、
おいしい思いさせてくれるのが、
いい政治家と思い、
お祭りかなんかで、
そんな政治家に名刺をもらうと、
すぐにうかれる田舎者。

いつも、いい人で、
仏壇と政治の違いもわからず、
アベ政治を支える創価学会員たち。

ほんと、日本人にもうんざり。

もう、非国民でいいや。

え、黙れって?

はい、棺桶に入るころまでには。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ソロ・キャンプ・バイ・ザ・シー

昨夜は、海にいってきました。
車で。
朝、波の音で目覚めたいな、と。

僕の軽バンの後ろを平らにして、
キャンプ用のマットを敷くと、
寝心地がいいんです。

眠くなるまで、
波の音を聞きながら、
焚き火を眺めていました。
湯を沸かしてコーヒーを飲んだりも。

朝、本当に波の音で目覚めました。
もう暑くもなく、
車中泊は快適です。

湯を沸かし、
スープとコーヒーをつくり、
カニパンで朝ごはん。

波が荒れていて、
なかなかの迫力でした。

今日は部活があったので、
そのまま、海から出勤。

ちょっとくせになりそうです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

みんなハッピー

スポーツ観戦が好きなもので、
よく見に行くんです。
本校の運動部の応援に。

僕の授業では、
あまり目立たない生徒が、
試合で大活躍したりすると、
めちゃ感動します。

つくづく、高校生は、
教室だけで生きてるわけじゃない、
と、思い知らされます。

とかく、教師は、
生徒の教室での姿だけで評価しがち。
それでは、多面的な人間の、
一面しか見ていないことになります。
見ているようで、見ていない。
そんな評価される生徒はかわいそうです。

さて、今日は、運動部ではなく、
文化部を見にいってきました。
吹奏楽部の定期演奏会。

毎年、行くんです。
兄と。
母もついてきます。

もちろん、今年も感激。
兄も体を揺らして聴いていました。
兄には言葉のいらない音楽が一番。

音楽を楽しむ姿が、
こちらも楽しませるのでしょう。

スポーツだと、
負けてがっかりすることもあるのですが、
音楽だと、価値も負けのないので、
みんなハッピーで帰れます。
ここが、演奏会のいいところ。

さ、次は、僕の母校の定期演奏会行こうかな。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

セマフカ、ナカソト

ユダヤ人の文学に興味があるんです。

独自の文化の狭い世界を、
深く掘り下げる作品が。

井戸のように、
深く深く掘っていくと、
地下水脈に当たり、
水が沸き上がってくるように。

その地下水脈は、
表面ではわからいけれど、
広く世界とつながっている。

狭い世界の中を書いていても、
その世界の外の人の心に響く。

狭く深く、
中から外へ、
で、セマフカ、ナカソト。

そんな作品を書きたい、
と、ブンガクの仲間に言ったことがあるんです。

だから、今回頼まれた書評の本は、
そんなユダヤ人が書いた本でした。

軽い気持ちで読み始めたら、
とても重厚な作品で、
なかなか読み進めず、
ただただ圧倒され、
ほんとうに〆切のギリギリまで粘って、
ようやく書評を送りました。
たった660字でしたが。

書評のできはどうあれ、
勉強になりました。

さ、そろそろ、本気出さなくちゃ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

«あの夏から3年