締め切り際な日々

今、「星灯4号」のために、
短編小説を書いていて、
締め切りが迫り、
編集長がかなりご立腹なんです。

ところが、こんな時に限って、
先日書いてみた「一文物語」が、
次々と頭に浮かび、
それを書き留めるのに忙しく、
短編小説が頓挫中なんです。

ああ、困った、困った。
いっそ、一文物語集で許してもらえないかな、
と、思っているんです。

では、そのいくつかを。

 教え子がジョンレノンミュージアムの土産に買ってきてくれたマグには
 War is overと書かれていて、
 取っ手が割れた時には、
 世界平和のためにその教師は全力で修繕し、
 その後も何年も使い続け、
 ジョンレノンミュージアムは一度も行かないうちに閉館したらしいが、
 今日、ジョンレノンの命日を静かに迎えている。

 ジョン・レノンを射殺した男が持っていた
 「ライ麦畑でつかまえて」を
 男は学生時代に初めて読んでから、
 すでに何度も読み、
 ひとに貸しては返ってこないので、
 そのたびに買い、、新訳も買ったが、
 やはり古い訳のほうが好きで、
 原書も持っているが、これは未読で、
 未だにこの作品を超える傑作に出会ったことがない。

 男が学生時代に読んだ宮沢賢治の物語、
 みすぼらしい格好をして汚い言葉で真実を語る土神、
 華麗な格好をして美しい言葉で嘘を語る狐、
 二人はともに樺の木を愛していて、
 ある日、土神が狐を殺し、大きな声で泣くが、
 男はその涙の意味を三十年近く考え続けていて、
 自分は土神より狐に近い人間なんだとは自覚している。

 男がココアを飲むたびに思い出すことは、
 冬の夜、塾帰りに、親友を捨てて、
 恋人と一組しかない手袋を片方ずつはめ、
 もう片方の手をつなぎ、 
 バスターミナルまで歩き、
 自動販売機の七十円の紙コップに入ったココアを
 ベンチで分けあって飲んだ時の温かくほろ苦くて甘い味だった。

さ、執筆にとりかかろっと。
もう、一文物語、思いつきませんように。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

もし愛しているのなら

If you love someone, let them go.
If they return, they are yours.
If not, they never were.

もし愛しているのなら、行かせてあげなさい。
戻ってくるなら、その人はあなたのもの。
戻ってこなければ、もとからあなたのものではない。

これは、ジブラーンの詩の一節。
昔のガールフレンドに教えてもらいました。

二十代半ばの頃、
僕たちは別れたんです。
二十年後にまた会おうと約束して。

そして、本当に二十年経ったら、
彼女は末期癌に冒されていました。
もうすぐ死ぬから見舞いに来い、と。

で、その約束を果たすことになりました。
彼女は、イギリスで家族を持っていたので、
イギリスまで会いにいったんです。

彼女の夫も僕を歓迎してくれ、
子どもたちもすっかりなつき、
ホームステイさせてもらったんです。

そして、帰国の朝、キッチンで、
彼女がその詩を教えてくれました。
英語でスラスラといったので、
よくわからなったのですが、
帰国してから、あらためてメールできいたんです。

それ以来、愛について考えるときは、
必ず、その詩のことを思い出します。

恋なら、行かせないでしょう。
愛なら、逆に、行かせるんです。

僕は職業柄よく恋の相談を受けるんです。
今度、この詩を教えてあげようっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

12月6日の思い出

今日、12月6日は記念日なんです。
小学校6年生の時、
プロレスが大好きだった祖母と僕に、
母がチケットをプレゼントしてくれたんです。
ちょっと早めのクリスマスプレゼント。
生まれて初めての本物のプロレス観戦。

 「世界最強タッグ戦」

隣町にまさかの人気の外国人レスラーたちが勢揃い。
ザ・ファンクス、
ミルマスカラス&ドスカラス、
ブッチャー&シーク、
日本代表は、鶴田&G馬場。

僕は外国人レスラーが好きだったのですが、
祖母はジャイアント馬場となら結婚してもいい、
と言っていたほど愛していました。

その日、馬場はシークとシングル戦、
どうなることかと緊張していたら、
あっという間に場外乱闘になり、
僕たちは本気で逃げまくりました。
試合の結果は、両者リングアウト。
G馬場が負けることなく、ホッとしました。

逃げるときに、
椅子の上にパンフを置き忘れ、
場外乱闘が終わって戻ると、
もうなくなっていました。
僕が落ち込んでいると、
祖母はもう一冊買ってくれました。

こんな冬の寒い夜のこと。
バスに乗って帰ってきました。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

今日も一文物語

今日もいくつか思いついたんです。
一文物語。


 毎日、朝早く出勤し、
 自腹で購入した豆を挽いて、
 淹れたてのコーヒーを魔法瓶の中に入れ、
 同僚にふるまっている彼は、
 同僚に感謝され、
 俺は好きでやってるだけだからと微笑んでいるのだが、
 実はこの職場の支配者になることをここ数年企んでいる。

 子育てを終え、完璧主義者の彼女は、
 小さな事務所で正社員の職を得て、
 会計処理や雑務など完璧に果たすべく、
 サービス残業も休日出勤も厭わず働くのだが、
 いつしかパートの労働時間が減らされ、 
 彼女が模範と持ち上げられたため
 数少ない同僚にも疎まれ、
 その事務所は彼女抜きではとうてい回らなくなったため、
 彼女は仕事を減らすこともできなくなったころ、
 彼女の心が壊れ、現在、就職活動中である。

 意志が強く、体力にも自信がある彼は
 真面目で熱心な教師で、
 Aという方法でダメでも、もう一度A、
 翌日も再度A、
 それでもダメなら、Aの強度と頻度を上げて、
 ひたすらAという方法で挑み続け、
 アルファベットにはBからZまでまだ25もあることにも気づかず、
 まず生徒の心を病ませ、
 最後には自分の心も病み休職することとなった。

 テストではいつもクラスでビリの彼女は、
 いつも笑顔を絶やすことはなく、
 その笑顔のせいで担任教師に反省の色が見えないと叱られるが、
 もし彼女の境遇でその教師が暮らすことになったら、
 すぐに自殺してしまうのはまちがいない。

 その病院の清掃員は、
 院内を清潔にすることで黴菌を減らし、
 医師団とともに生命を救っていると信じていて、
 その空港のシャトルバス運転手は、
 笑顔でハンドルを握り、
 飛行機が世界の人と人をつなぎ、
 戦争を少しでも減らすと信じていて、
 一方、彼はただ仕事のために仕事をして大金を稼いでいる。

 彼女は家族のためを想い、
 いつも料理に、
 一つ余計に具を足して、
 一つ余計に手間をかけて、
 その味の不味さは彼女の愛情ほどに安定している。


 習字の先生だった祖母の遺品から
 細字の万年筆を譲り受けたばかりの孫は
 字が下手で、
 その字はとても読めたものではないが、
 以来、頭の中に次から次へと情景が浮かび、
 万年筆の先から文字が溢れだし、
 胸のポケットにいつも入れてあるメモ帳に、
 一文物語を書きつけるようになった。


他に原稿の締め切りがあるのに、
なぜかいくつもそんな話が浮かぶんです。
浮かぶからには、書き留めなくちゃなりません。

ああ、困った、困った。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

一文物語

先日、奮発して、
3500円もする古本を買いました。

 「一文物語集」
 
すべて、一文で書かれた物語。
ひさしぶりに物語の力を感じた本。
で、僕も触発されて、いくつか書いてみました。


 勝つことより、戦い方にこだわる棋士が、
 今日も盤上に駒で絵を描こうとしているのだが、
 相手があるものでままならないけれど、
 そのスタイルを変えるつもりはさらさらない。

 この居酒屋の一番の論客の彼は、
 頭の中にたくさんの数字がつまっていて、
 どんな論もそのデータの裏付けとともに語り、
 他の客は誰も反論できず、
 感心もしているのだけれど、
 うちに帰れば、
 何年も彼と口をきかない息子が引きこもっている。

 物静かな老教師、要職につくこともなく、
 あと一年で定年を迎えるのだが、
 毎年一人は必ず自殺しそうな生徒を救ってきて、
 そのことを誰にも言わないし、
 誰もそのことは知らない。

 山のあなたのなお遠く幸い住むと人の言う、
 この解釈を、
 幸せは追い続けても無駄だからここで生きるしかない、
 と解釈する経済学部の学生と、
 幸せを追い求め続けることこそ幸せ
 と解釈する文学部の学生は同じ大学に通い、
 親友だったのだが、
 大学卒業後は一度も会うことはなく、
 年賀状のやりとりすらせず、
 今は二人とも幸せについて考えることもなく暮らしている。

 深夜営業の喫茶店、
 常連の三人、男男女、
 いつものように均等に距離を置いて座り、
 冷めたコーヒーが半分残ったカップを前にして、
 文庫本を読むともなく読みつつ、
 一時間ほど時間と空間を共有し、
 それぞれ暗い部屋に戻っていく。

 女学校では禁止されていた洋画を
 よく見に行ったというくらいハイカラだった祖母は、
 自転車に乗ることができず、
 晩年になっても
 自転車に乗れるようになった夢をよく見ると言っていた。

 毎日、同じ時間にこの道を通り出勤し、
 毎日、同じ時間にこの道を戻り帰宅する彼は、
 この道が毎日違うということを知っていて、
 毎日、新しい道を通っていると思っているのだが、
 そのことは誰に言っても理解してもらえないことはわかっているので、
 自分だけの密かな楽しみにしている。

まだ、ポイポイ思いつきそうですが、
他に書かなくてはいけないものがあるもので、
今日はこんなところで。

いつか、ブンガク仲間と泊まり込みで、
一文物語会でも開こうかな。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カッコのこと

ブカブカの服はカッコ悪い。
ピチピチの服もカッコ悪い。
自分以上でも自分以下でもなく、
あるがまま、自然体、等身大、
さりげないのがカッコいいんです。

自分を自分以上に見せようとして、
無理する姿はイタイタしいもの。
自分を自分以下だと思い込んでも、
その姿はイタイタしいもの。

自分を鏡でよく見るいるように、
自分をよく知ることは大事、
自分の見せ方は、生き方を示すこと。

高い服を着ているとか、
奇抜な服を着ていることが、
オシャレなんかじゃないと思います。

カッコよさは、もちろん、服だけじゃありません。
あるがままの自分を受け入れて、
等身大で生きていく覚悟があるかどうか、
ここじゃないかな、と思います。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

教師に向いていない教師参上

小学校、中学校、高校と、
いつも叱られてばかりでした。
時には殴られて。

落ち着きがなくて、
口数が多くて、
反抗もしたからでしょう。

ま、管理教育の時代でしたから。
暴力的な指導で理不尽な校則に従わせ、
内申書で脅し、従順な態度を強要するから、
ついつい、たたかってしまったんです。

勉強は好きだったのですが。

教師だけにはなるまい、
と、いつも思っていました。
で、今、高校教師というオチ。

ずっと教師に向いてない、と悩んでいました。

でも、高校生に向いてない高校生もいるんです。
そんな生徒には、教師に向いてない教師が必要、
僕の出番もちょくちょくあるということで、
なんと、今では、天職だと思っています。

いい子は、従順。
そんないい子がいい教師になって、
また、上に従順。
これでは、労使交渉もできないし、
生徒のためにたたかうこともできません。

ここでまた、教師に向いてない教師参上。
たたかう組合員として、
上にも、アベ政権にも、
ガンガンもの申すというわけです。
これも、大事な仕事。

今では、この職業に就けたことに、感謝感謝の日々です。

ああ、あのバブル期に、
あまたの大企業の誘惑に惑わされず、
この道を選んでよかった、よかった。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

正月は炬燵でダラダラ

昨日は、終電の時間まで、
県庁所在地にいたんです。
忘年会やらポケモンGOやらで。

で、デパートの前を通ると、
ショーウインドウの飾り付けをしていました。
翌日から12月、
クリスマスセールが始まるのでしょう。

大変だなあ、と思っていると、
隣の看板には、
「1月1日から営業開始」
と大きな文字で書いてありました。

何もそこまでしてくれなくても。
元旦はコタツでゴロゴロでいいんです。

正月は、年中無休のシュフも、
料理もしなくていいんです。
三が日くらい料理しなくてもいいように、
と、お節料理が始まったのですから。

祖母が旅立つ直前、
僕は病院で年を越したことがあります。
病院のスタッフさんたちは、、
いつもと変わらない様子で働いていました。
本当に頭が下がりました。

でも、デパートは別。
元旦に買い物する必要はありません。
働かされる従業員が気の毒です。

やはり、日本人は働きすぎです。

 Japanese work long, not hard.

と、アメリカ人の友人に言われてことがあります。
日本人は、ただ長く働く。一生懸命とは限らない、と。

長く働くわりに、生産能力は上がらないんだとか。

練習で疲れたら休む。
すると前より強くなるまで回復する。
超回復理論です。

冬休み、積極的に休息するため、
コタツでゴロゴロすることにします。

そう、メリハリが大事、メリハリが。

Love & Peace ・・)v


| | Comments (0)

愚民製造機

おとといの夜の報道番組はすべて、
歌手の覚醒剤使用がトップニュース。
彼が懲役何年になろうと、、
国民の生活に影響はないのに。

年金が減るかどうか、
TPPを無駄にごり押しするのか、
自衛隊が殺し殺されてもいいのか、
こんな大事なニュースはすべて後回し。
何を最初に報じるかはとても大事なこと。

まったく、テレビは愚民製造機としか思えません。

だいたい、有名人のスキャンダルで騒ぐ人は、
自分よりはるか上にいた人が、
自分より下に落ちていき、
それを喜ぶ意識がどこかにあります。

他者は自分より上か下か、
そんな人間観しか持てないから、
そんなゲス根性が生まれるのでしょう。

だいたい、麻薬依存症の人は、
犯罪者である前に、
重症患者なんです。
良心で病気は治せません。
刑事マターではなく、医療マター。
この観点が抜けています。

テレビが主な情報源の人と話が合わないんです。
まるで、違う世界を見ているようで。
最近の悩みです。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

こんな一日

今日は、火曜日。
両親の店の定休日。
兄をコメダに連れてく日なんです。
兄にとっては、週に一度のお楽しみ。

僕も定時に仕事を終え、
合流しました。

コメダ珈琲は、
障害者にとても親切です。
兄が行くと、何を言わなくても、
ストローを持ってきてくれるんです。

シロノワールという、
ソフトクリームがのったパンケーキを、
みなでシェアしました。

夕食は、天丼をとりました。
先日、原稿料が入ったので、
僕がごちそうしたんです。

こんな日が一番幸せに感じる今日この頃。
年齢を重ねることも、悪くないものです。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

«アナーキー in ザ・日常生活